ひろさんの映画レビュー・感想・評価

ひろ

ひろ

映画(92)
ドラマ(0)

恐怖分子(1986年製作の映画)

3.6

ストーリーより散りばめられたセンスに目がいってしまう映画だった。
構図から色の配置まで、どこを切り取っても名画のようだった。
劇中、ほとんど音楽がなかったのも新鮮だった。
画だけで魅せるってすごいなぁ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

正義を司る人間が悪に陥る怖さみたいなのは伝わったけど、最上がなぜそこまでしなければならなかったのか…背景が弱くていまいち伝わってこなかった。
沖野と橘が恋仲になるのも唐突すぎて⁇だったし。
題材や問題
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

女性の私からしたら、トラウマを通り越したくらい胸糞シーンの連続だったけど…
ある意味今まで観た映画で1.2位を争うくらい忘れられない作品になったかも。

こういう女の子が案外一番モテちゃうんだよね…と
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

コテコテのコメディと思ってたら、わりと深く考えさせられた。
いろんなことが豊かになって、当たり前のようになってるけど、逆に煩わしいことが増えて本当は生きづらくなってるのかも…
心の豊かさって?って思っ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

DC映画初鑑賞。
ヒーロー総出演はよく知らない自分でもワクワクしたし、それぞれに個性があって最後まで楽しめた!
エズラのフラッシュがオチ担当みたいで、なごんだ 笑

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.1

想像以上に奇想天外な話でビックリした。
死体?ゾンビ?役のダニエルラドクリフはハリポタのイメージが強かったけど、こんな役もやれるんだ…挑戦だっただろうなぁ。
愛、死、恐怖…何も知らなかった子供時代をな
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.5

手に汗握りすぎた。
今はなき、ワールドトレードセンタービルが舞台というのもなんの因果だろう…
本当の実話ということで、こんなの成功させたの奇跡としか言いようがない。
危険を冒してまでやる意味とか、逆に
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

2.4

社会派ドラマだったからか、全体的に淡々と進んでいく感じ。
途中何回か眠くなってしまった…
何が正義か問いかけるという意味では、杉原の葛藤やラストの観る側に委ねるような終わり方はよかったけれど…
投げか
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.3

ギグのシーンはワクワクした!
あと、お兄ちゃんがコナーに自分の思いをぶちまけるところは、胸がギュっとなった。
仲のいい兄弟でも、複雑な思いを抱えてることだってあるよね…

あとは、全体的にビジュアル重
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

ずっとずっと観たかった、やっと観れた。
そして、やっぱり映画館で観るべきだった…
DVDの特典に入ってた製作風景観て、鳥肌立った!
全部手作業すごすぎる…デジタルの時代にあって、こういうアナログの手法
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.8

ラブストーリーはわりと苦手だけど、すっごくよかった。
ルビーかわいい!
ファンタジー色のラブストーリーでなんとなく流れは読めてしまう展開だったけど、最後2人が純粋にカップルとして再出発できそうな終わり
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.5

ラミマレック出てるの知らなくてうぉ!となった。
主人公カップルが最高。
辛い思いをしてきて他人の痛みがわかるからこそ、あんなに慈悲深くなれるのだろうなぁ。

マーカスのラップの歌詞とジェイデンのタコの
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

最初、冤罪がテーマの映画なのかな?と思ったら、いい意味で裏切られたかも。
冤罪はどうなった…?という疑問は晴れなかったけど。
極悪人の所長に鉄槌が下ってスッキリした。

どんな状況におかれても希望と聡
>>続きを読む

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.6

結婚て人生の墓場なんてよく聞くけど、それだけの覚悟を持って臨みなさいってことだと思う。
主人公のエマは結婚に夢を見過ぎたんだろうなぁ〜
現実逃避で身を滅ぼしてしまった。

救いのない内容だったけど、映
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.2

かなり落ちた…
母親が与える影響、育て方、愛情…いろんなことを考えると将来、自分も直面するかもしれない子育てに恐怖すら感じた。
何がどうケヴィンをそこまで駆り立てたかは結局わからなかったけど、彼を宿す
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.3

それぞれの人物がそれぞれの事情を抱えながらも、青春を謳歌しようともがいているんだけども、背景にあるものがちょっと伝わりづらかった…
今では大したことない悩みでも、学生の頃はとてつもなく大きな悩みだった
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.5

脱ぎっぷりがあっぱれ。
池松くん、麦ちゃんの裸体が大勢いる中で際立ってピュアな感じで、それが若さゆえの壊れそうな脆い感情にマッチしてた。
でも、2人には本当の愛が芽生えたと思ったんだけどなぁ。
非日常
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.7

萬斎さんのやさぐれた役が新鮮。
吉田羊演じる元奥さんとの間に起こったエピソードがなくて、そこだけ消化不良。
香川さんの顔芸がやっぱり秀逸。
組織はいざって時は守ってくれない。
最後は自分の信念に従いた
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

最後のライブシーンはもっと長くてもよかった!
ほんとにライブを体感してるような臨場感があった。
フレディマーキュリーはじめ、演じてる俳優陣の演技が本当に素晴らしかった。
孤独はフレディを追い詰めたかも
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

熊谷守一が生きていたら、きっとこんな感じだったんだろうなぁ…それくらい山崎努さんのモリはリアリティがあった。
奥さん役の希林さんとの掛け合いが絶妙。
沖田監督の世界観大好き。
なんとも言えない間まで笑
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

ひと夏の恋が淡い夢のように描かれた映画だった。
観る前はタイトルの意味が分かりかねていたけど、そういうことだったんだ…
なんてロマンチックな愛の交歓だろう。

エリオが理解ある両親に囲まれていてよかっ
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

5.0

一瞬たりとも目が離せなかった。
それくらい濃い映画だった。
単なるドキュメンタリーでなく、家族愛、人生観、いろいろ考えさせられた。
セルゲイポルーニンのことは初めて知ったけれど、
才能と実力の裏にある
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

原作漫画を読んだことがないので、何の予備知識もなく映画館へ。
キャラの基本情報だけ頭に入れて。

キャラ立ちがすごい。。
そこは、やっぱり原作ありきですね!
濃ゆい濃ゆい。
そして、散りばめられるギャ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

ところどころ挟まれるザ・アメリカンな演出を除いては楽しめた!

キングコングVSトカゲの構図はちょっとシュールだった。
なんでトカゲ?笑

とにかく映像の迫力がすごかった。。

人類遺産(2016年製作の映画)

4.0

スライドショーのように静かに繰り返される廃墟映像。
目を凝らして観るとその短い間にいくつものドラマがあって。
人の気配は無いのに、そこに居た人の痕跡と息づかいを感じる。
そして、建物も未だ生きているこ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

ハリポタ全作鑑賞してないので、あまり事前知識なく鑑賞。
ある程度の知識でも楽しめた!

ピケットって名前の植物の魔法動物がかわいすぎた。

怒り(2016年製作の映画)

4.3

最後の最後まで犯人が誰かわからなかった。
原作読んでなくてよかった。。

1つの事件をきっかけに巻き込まれる人々の人生が絶望だけに充ちてなくてよかった。
そして、最近起きている理不尽な事件をいろいろと
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.7

とにかくディカプリオがこれでもかと痛めつけられる。。
目を覆いたくなるシーンばかりだし、誰も幸せにならないので後味悪すぎたけど、ディカプリオがオスカー取ったのは納得。
ここまでやるかーと。

民族間の
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

途中どっちへ転ぶの⁈ハラハラだったけど、ハッピーエンドでよかった!涙
映像がアニメとは思えないほど綺麗だった。
ストーリー、音楽、声優、すべてよかった!

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.3

あまり期待してなかったけど、全てにおいて作品のクオリティに圧倒された!
近い未来に来るかもしれない、いろいろな緊急事態に置き換えて想像すると怖すぎた。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.6

これは映画館で観たかった。
きっと主人公と一緒に冒険してる気分を味わえただろうなぁ〜

ここでこう言えたら、ここでこうできたら…実際自分も何度空想したかわからない。。
勇気をもらえる映画。

ラストが
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.5

漫画家ってたいへんだな。。
キャストがみんな好きすぎた!
個人的にはこのシーンにこの音楽は…?と思うところが気になって、内容に集中できなかったところが少し残念。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.6

最後悲しすぎた。
あの3人の幸せな絵がもっと見たかった。。
今でこそ性の多様化に理解が示されるようになってきたけれど、この時代は偏見と好奇心の目に晒されることがほとんどだったんだろうな。。

ルディ役
>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

実話が元になってたの最後の最後に知った。。
ので、こんな悲劇的な結末になるなんて予想もしてなかったわけだけど…
とても客観的な映画だと思った。
実話を脚色することなくそのままドキュメンタリーにしたよう
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.1

長さを感じない映画だった。
空気のように流れていく感じ。

ところどころ、え?それって?みたいなとこもあったけど…
岩井俊二の映画はいい意味で雰囲気を楽しむ映画だと思う。

cocco演じるましろさん
>>続きを読む

>|