ひろ

ひろ

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

ところどころ挟まれるザ・アメリカンな演出を除いては楽しめた!

キングコングVSトカゲの構図はちょっとシュールだった。
なんでトカゲ?笑

とにかく映像の迫力がすごかった。。

人類遺産(2016年製作の映画)

4.0

スライドショーのように静かに繰り返される廃墟映像。
目を凝らして観るとその短い間にいくつものドラマがあって。
人の気配は無いのに、そこに居た人の痕跡と息づかいを感じる。
そして、建物も未だ生きているこ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

ハリポタ全作鑑賞してないので、あまり事前知識なく鑑賞。
ある程度の知識でも楽しめた!

ピケットって名前の植物の魔法動物がかわいすぎた。

怒り(2016年製作の映画)

4.3

最後の最後まで犯人が誰かわからなかった。
原作読んでなくてよかった。。

1つの事件をきっかけに巻き込まれる人々の人生が絶望だけに充ちてなくてよかった。
そして、最近起きている理不尽な事件をいろいろと
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.7

とにかくディカプリオがこれでもかと痛めつけられる。。
目を覆いたくなるシーンばかりだし、誰も幸せにならないので後味悪すぎたけど、ディカプリオがオスカー取ったのは納得。
ここまでやるかーと。

民族間の
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます。

途中どっちへ転ぶの⁈ハラハラだったけど、ハッピーエンドでよかった!涙
映像がアニメとは思えないほど綺麗だった。
ストーリー、音楽、声優、すべてよかった!

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.3

あまり期待してなかったけど、全てにおいて作品のクオリティに圧倒された!
近い未来に来るかもしれない、いろいろな緊急事態に置き換えて想像すると怖すぎた。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.6

これは映画館で観たかった。
きっと主人公と一緒に冒険してる気分を味わえただろうなぁ〜

ここでこう言えたら、ここでこうできたら…実際自分も何度空想したかわからない。。
勇気をもらえる映画。

ラストが
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.5

漫画家ってたいへんだな。。
キャストがみんな好きすぎた!
個人的にはこのシーンにこの音楽は…?と思うところが気になって、内容に集中できなかったところが少し残念。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.6

最後悲しすぎた。
あの3人の幸せな絵がもっと見たかった。。
今でこそ性の多様化に理解が示されるようになってきたけれど、この時代は偏見と好奇心の目に晒されることがほとんどだったんだろうな。。

ルディ役
>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

実話が元になってたの最後の最後に知った。。
ので、こんな悲劇的な結末になるなんて予想もしてなかったわけだけど…
とても客観的な映画だと思った。
実話を脚色することなくそのままドキュメンタリーにしたよう
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.1

長さを感じない映画だった。
空気のように流れていく感じ。

ところどころ、え?それって?みたいなとこもあったけど…
岩井俊二の映画はいい意味で雰囲気を楽しむ映画だと思う。

cocco演じるましろさん
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.3

地上波にて。
カットでもされてたのかな。。原作を読んだことがないからなんとも言えないけど、もうちょっと掘り下げてもいいんじゃない⁇
と思うところが多々。
ただ、全体的には楽しめた。
無関係の人や、被害
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.6

地上波にて。
堤真一ってこんな演技もできるんだ。。
謎が解き明かされるにつれてどんどん切なくなっていった。

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.2

観る前はブッとんだコメディーかと思いきや。。わりと切なかった。
堺さんと新井さんの掛け合いがツボだった。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.5

マッドマックスシリーズ初鑑賞。
なので、登場人物の背景は予習してなかったので、ところどころ世界観に馴染めず。。

でも、よくあるヒーローもののアクションかと思ってたけど、ヒューマンな要素もあり、最後ま
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

4.0

ゲイの人…というか、性に対して分け隔てない人って魅力的なんだよなぁ。。好きなっちゃうのもわかる。
特に田中泯演じる卑弥呼が指の先まで美しくて魅入ってしまった。

みんな抑えた演技の中、柴咲コウだけちょ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

5.0

何かを成し遂げるには何かを犠牲にしなければならない…それは時に他人を、時に自分を傷つけてでも。
辛いシーンも多かったけど、最後のコンサートのシーンでニーマンがフレッチャーの言う第二のチャーリーパーカー
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

4.1

ガガガはみがきの歌が耳について離れない(笑)
ハチャメチャすぎたけど、この世界観は好き。
久しぶりに何も考えなくてもいい映画が観れた感じ。
出演者みんなのぶっ飛んだ演技も良かった!

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.2

私の身近にもGIDの人がいるからか、複雑かつ切ない気持ちで観てしまった。
90年代ってこんなにも理解されてなかったのかな…
題材はヘビーだけど、映像の美しさ、現実と非現実の繰り返し、劇中のBGM…に気
>>続きを読む

図書館戦争(2013年製作の映画)

4.1

地上波にて。
あるようでなかったような設定に、はじめは戸惑いつつものめり込んじゃいました。
アクション多めだったけど、恋愛要素もあって、ベタだなーと思いつつも久々にキュンとしてしまった(笑)
岡田くん
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.7

どのホラー映画よりも怖かった。
これを観て、男性陣が女性恐怖症にならないといいけど…
デジー最初気持ち悪いと思ったけど、たぶん彼が一番本気でエイミーのこと愛してたと思うのに。。

不気味な音楽がさらに
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.3

友だちににいい映画だけどオススメはしないって言われた意味わかった。
重いし、苦しかった。
思春期特有の鬱屈したあの感じ…忘れてた感じ思い出した。
誰かを苦しめて、苦しめられずにいられない時代。
蒼井優
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.2

スポコン熱血映画かと思って観たら、わりと深かった。
ペコとスマイルの友情と絆にほっこり。
昔、窪塚洋介の演技苦手だったけど、今観るとすごく新鮮。うまいなーって思う。
脚本クドカンだったんだ!

凶悪(2013年製作の映画)

2.4

ん〜とにかく陰鬱で後味が悪かった。。
人ってこんなにも悪人になれるんだってことのオンパレードで、そこはタイトルの凶悪通りだったけど…登場人物の背景がみんな曖昧で、もやもやした感情のまま終わってしまった
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.5

究極の親離れ、親孝行の旅って感じだった。
シェリル自身のリハビリでもあったけど。

いろいろ考えることがあって、まとまりきらないなぁ〜
すべてのことに意味があり、絶望にあっても生き続けること…この旅で
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.8

地上波にて。
小さい頃、ドラえもん大好きで映画公開の時は一作も逃すまいとお母さんに連れて行ってもらってたなぁ。
声優さんが入れ替わると同時に、自分の中のドラえもん人生(?)にも自然と区切りがつき。。以
>>続きを読む

ジョン・レノン,ニューヨーク(2010年製作の映画)

3.8

私が生まれる前には、もうこの世に存在してなかったジョンレノン。
ジョンレノンのイメージは、私の親世代のカリスマで、イマジンを歌ってる人…くらいの知識しかなかった。
写真で見たことはあっても、動いている
>>続きを読む

永遠の0(2013年製作の映画)

4.3

涙が止まらなかった。
今の日本があるのも、今の自分がいるのも、戦争という時代に翻弄され犠牲になった人達無くしては存在しなかった。

もう二度とこんな悲惨な戦争は繰り返してはならないと思った。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.2

母は、女は、やっぱり強い。
そして、何があっても親子というのは変わりなくて、それが時に鬼になることであっても愛しているからこそ、なんだと思う。

はじめは自分の衝動のままに発言し行動していたスティーブ
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.5

なんの接点もなかった人たちが、いつしかお互いに刺激しあって新しい自分を見つけていく。
なんかいいなぁ。
海苔食べてるシーンと浜辺にポツンと重そうな監督椅子が置かれてるシーンが好き。
沖田監督の映画は淡
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.8

みんなキャラ際立ちすぎ(笑)
桃李くんのクズ男ぶりが意外にもしっくりきてて、振り幅の広い俳優さんだなぁと思った。
戸田恵梨香もよかった!
きっかけはどうあれ、結果みんながハッピーエンドになってよかった
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

どんなにいい教育を受けても、どんなにお金があっても、知識があって頭が良くても、人は経験して実感してはじめて心が育まれるのだと思う。
心の宝を大切にしようと思った。

ジャッジ!(2013年製作の映画)

4.0

地上波にて。
すごい豪華メンバー。人間模様が面白おかしく描かれてて、最後まで見飽きなかった!
妻夫木くんはシリアスもコメディーもなんでもこなせちゃうね。

>|