りほこさんの映画レビュー・感想・評価

りほこ

りほこ

大学生。好きなものには偏りがあります

映画(379)
ドラマ(11)

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

これは最高にゾクゾクするサスペンスだ!

不気味な音楽と不気味な島、
そこにいる人はみんなどこか不自然。
観て行くうちに、違和感を感じ
現実と妄想に亀裂が生じる。

だんだん伏線から見えてくる真実に
>>続きを読む

アルバート氏の人生(2011年製作の映画)

4.3

ミスターノッブス
女性1人で生きるのが困難だった時代、
誰にも秘密で"男性"として
生きざるを得ない彼女の顔は、常に落ち着いていてどこか寂しそう。

自分と同じ人を見つけた時の顔、
驚きと喜びと共感。
>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

3.6

永遠の休息。そういうことか

ジムジャームッシュ好きだけど、これは違ったなぁ。
永遠に流れる不協和音と、
若者が夢見て?ちょいぐれな感じジムジャームッシュっぽいけども
印象的には、なんだかしつこい(笑
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.1

どの性別に分類するとか、同性婚が認められない制度の問題とか
全て一回忘れてしまいたくなる。

夫も子供もいて、さらに身近にいた親友や刺激的な人を"愛する"ことは当たり前のこと。でもその一線を越えると、
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.5

ぐつぐつ、歳を重ねて
愛し方も関わり方も、熟成したハル(父)だからこそできる生き方。
誰もがきっと誰かを好きになるけれど(恋愛以外でも)こんな風に、自分に自信があって好きでいられるって素敵な歳の取り方
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

2.9

初めは彼の苦悩から立ち直って、開眼する様が面白かったけど
ラストの突然のガーディアンオブギャラクシー感、、なんか違ったなぁ!
かっこよかったけどね!marvelどんどん仲間増えてすごい。
もうなんか魔
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.9

湿っぽくて、退廃的な
愛の話。
"もう終わりにしよう"
何回言っても、結局巡り合ってしまう運命なんだね。

重要なのは男同士の愛とかじゃなくて、愛の中でも綺麗じゃない生々しい愛を魅せつけられた感じ。
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.1

赤い帽子と青のダッフル。
プーさんに代わる、現代のマスコットのようで可愛かったなぁ。朝から観ててほっこりしてました。
ミニオンとかもだけど、悪者?的な立ち位置の人はボブカットの人多くないですか?!(笑
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.8

国を2つにわける、って信じられない。
日本を名古屋あたりで二分割するようなもの?!親戚に会えなくなるし、自由に旅行に行けなくなる。
"選択の自由"がないことが、1番の不幸な気がするな。文明が発展して、
>>続きを読む

夢売るふたり(2012年製作の映画)

3.7

この夢って誰の夢なんだろう。
結婚?平穏?癒し?安定?
それもと自分達の夢?

人の夢や、周りに流されるていると
気づいたら自分のところから遠ざかっていることがある。
昔中学の先生に、
例えば自分の頭
>>続きを読む

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

3.8

実話とは知らずに鑑賞。
田舎と都会の空気や時間の違いに
戸惑い続ける彼にすごく共感。

田舎では感じる柔らかい息遣いを
都会では、生身の殺伐としたものを感じる。
どう表現すれば正しいんだろ。
アジアの
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.7

あの雲持って帰りたいなぁ
サガンの小説から来てる"ジョゼ"という名前。
悲愴な雰囲気とは裏腹に
料理が上手くて、ハマりそうな可愛さ。

ふつうの大学生の彼にとって
彼女は"ふつうとは違う"からこそ、よ
>>続きを読む

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

4.5

日本の映画で、(ひねくれ者の私が!)こんなに素直に泣ける映画は初かもしれないレベルで感動しました!!
大学1年の時音声ガイドのボランティアを始めたばかりの頃、お試しでこの映画の冒頭だけ聴きました。その
>>続きを読む

J・エドガー(2011年製作の映画)

3.2

FBI初代長官のFBI創立の実話。
それまで賄賂の忖度の応酬で成り立っていた、アメリカ警察、司法省を180度変えた男。
重厚感のある映像と、ディカプリオの説得力のあるプレゼン。かっこいい
かっこいいけ
>>続きを読む

愛、アムール(2012年製作の映画)

4.5

"如何なる時でも愛してる"は
無条件の愛なのか。

素敵なおしどり夫婦が
介護という現実にどんどん時間は蝕まれていく。
2人の愛はきっと変わっていない。
うわごとを言うアンナの手を握って思いが通じると
>>続きを読む

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.5

デヴィットリンチ監督初鑑賞。
昔ちらっとブルーベルベット観たことあるけどしっかり鑑賞して思ったのは、
こんなに癖があるのかってこと。いくらドラックや酒やタバコといった影響があるにしても
ここまでの恐ろ
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.5

そろそろアベンジャーズ投稿も終わりかな、、!
また好みの、曖昧なぬる〜っとした映画観たくなってきたんだもん

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.7

記録。
トムヒが好きで随分前に観たのを思い出しました

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.2

marvel一気見大作戦、無事継続中です。
ロバートダウニーjr. の魅力にやられる女性続出なの納得。
冷静で皮肉めいていて、かつジョークセンスのある優しさはきゅんとする!

hu-luなんでアイアン
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

前作より好き!
ちょっと渋めの音楽がダサかっこよくていい!!
ガーディアンオブギャラクシーのなにがすごいって銀河を救おうと(邪心たっぷりに)しているところ。
人間味あり、宇宙人だからチグハグなところも
>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

5.0

映画の授業で紹介された映画。

キートンの中で1番おもしろいらしい。
映画の中に主人公が入っちゃう展開、今観てもおもしろい。CGのない時代にここまでできたのは本当にすごいです!
アメリカというより、フ
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.8


なにも知らずに、有名だから観てみたけど
これリアルに考えるとすごく怖い。
でも言葉の壁を超える、人情を綺麗に白黒表してて面白い。
すっきり、いいね!って言いたくなる映画

トムハンクスってこんなに太
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

夏の暑苦しくて虫がいて空が青くて
草むらで寝て、本読んで、音楽を奏でて
初めて触れた昼間が好き。


春に滞在していた
フィリピンの田舎での思い出とリンクして
少し懐かしくなった
もちろん北イタリアの
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.0

いつの間にか知らないキャラ増えてて
話が追いつかない、、!
でもブラックパンサーとかスパイダーマンとかホットなヒーロー出てきて
どんどん面白くなってるのでは???
個人的にはどれを観ても、どのシリーズ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.0

記録
アベンジャーズより雰囲気かわいい。
音楽いいなぁ。昔っぽくてちょっとチープな感じ

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.1

記録
みんなみたいに、映像がどうこうとか
内容が話とリンクしてて面白いとか
濃い内容はわからないけど、面白いね(笑)

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.0

記録
アクションはこういうの昔よく観てたけど、また再熱の予感(今更

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.5

子供向けの映画かと思いきや、
すごく奥深くて心が洗われるような作品でした。
アンティーク調の雰囲気や音楽。
駅の屋根裏は秘密の空間。

ニューシネマパラダイスみたいだなあと。

クロエモレッツは子供の
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

4.3

こんな悲劇的な主人公だっけ?が初めの印象。
豪遊や豪華絢爛な家、その影に密やかに持つ彼の真の想い。全ては想い人のため。

アメリカン・ドリームと恋心は両立出来ず、それをわかっていながら情熱に走ってしま
>>続きを読む

不機嫌な果実(1997年製作の映画)

3.5

不機嫌な表情と曖昧な態度。
ナチュラル小悪魔な南果歩さんの圧倒的存在感。
可愛いっていうより、もはや魅力の塊。
こりゃモテるだろうし、下手したら1人で空回りしちゃう危なっかしい人。

こんな人になりた
>>続きを読む

ぼくのバラ色の人生(1997年製作の映画)

5.0

すっごく可愛い雰囲気のファンタジー、それは彼にとっての現実逃避の世界。
子供にとって言葉は刃のようで、
初めは理解を示していたお母さんも次第に世間体を意識して冷たく接し、
初めからことを重大に捉えてい
>>続きを読む

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

4.0

今になって初めて鑑賞。

考えさせられるなぁ、ダンケルクみたいにただ存在する兵士の1人を描いている。

"生きて帰りたい"なんて、口が裂けても言えない。でも心がそう叫んでいる。強い想いがあれば生き延
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.3

ウィルスミス見たさで鑑賞です。
はぁあ〜、かっこいい
内容云々よりもウィルスミスの魅力に全て持っていかれました私。巧妙な手さばきや爽やかなトリックも見所ですね

ジゴロ・イン・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.8

ちょっと気の抜けたラブコメ❤︎

宗教要素あり、ウディアレンのあの独特の胡散臭さあり(笑)大人の雰囲気出ちゃうサックス入りの音楽あり
こういう雰囲気大好きだなぁ。お洒落なんだけど下ネタ要素満載。逆か、
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.9

麻薬捜査を行うベテラン警察官デンゼルワシントン。そこに新米としてきたイーサンホーク。
デンゼルの"悪"がすごい。視聴者としては、どこかで彼が本当は何かしらの考えがあっての酷いことをしているんだろうなっ
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.0

"芸術を売れるものにするためには才能だけじゃない"
昔からすごく疑問なの 芸術の良し悪しの評価基準はどこ?凡人には難しい(笑)

当時のポップカルチャーブームに乗った新たな芸術の商法、独特な作風、口達
>>続きを読む

>|