りほこさんの映画レビュー・感想・評価

りほこ

りほこ

映画(631)
ドラマ(19)

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

"人生は結局同じなんだ。歳をとって同じ話をして。だから優しい人と結婚して欲しい。"
何度も人生をやり直せるパワーを持っているからこそ、繰り返せない事実は切なくて大切。

家族の習慣を楽しむ子供時代、当
>>続きを読む

エリザベス(1998年製作の映画)

3.5

クイーンメアリーというドラマを見て、何となく理解した?世界史で、別の視点からこの作品を鑑賞。思惑がぐるぐる渦巻いていて面白いけれど、本当に物騒な時代だなぁ、、。
ケイトブランシェットの威厳がかっこよか
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

テレビで観ました!
色んな映画や昔の音楽を、彷彿とさせるような新しくて懐かしい映画。
家族とこれはあれだね〜、昔はやった音楽だね〜って話しながら観るのが楽しかったです。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.1

政権を握る権力も政権を覆す可能性のある正義感も、どちらも紙一重なような気がしている。ジャーナリズムの信念自体は、営利目的でない部分が個人的には興味深いと思っていたけれど、これもまた、個人のエゴや善意の>>続きを読む

シークレット・ラブ: 65年後のカミングアウト(2020年製作の映画)

4.3

女性がズボンを履くだけで逮捕されてしまうような、偏見の激しかった激動の時代を2人で共に生き抜いたドキュメンタリー。
2人の昔の写真や仕事場、一緒に住んできたお家、そして2人の関係に気づきながら距離をと
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.5

アガサクリスティー原作、ビリーワイルダー監督の本作品。
体を壊した昔ながらのおじいちゃん弁護士と、法廷での被告者とのやり取り。
弁護士を見て笑って、法廷シーンではシリアスに。作品の緩急やキャラクターが
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.8

大画面ジブリ。もののけ姫が1番好きだと思っていたけれど、堂々1位に浮上しそうなくらい濃厚なストーリーと真意と音楽と作風。

風によって生かされている人々が住む、風の谷。そこに住む人々やそこの姫であるナ
>>続きを読む

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

3.9

サスペンス要素強めな妖艶作品!
ヘザーグラハムさんあんまり観たことない俳優さんだけど、とっても可愛かったぁ。

恋に落ちた、不思議な雰囲気を持つ登山家。彼に隠された秘密に対する疑惑から、だんだん妄想が
>>続きを読む

深夜の告白(1944年製作の映画)

4.5

レイモンドチャンドラー共同脚本。
そりゃ面白いわけだ!!

"殺人は時に甘い香りがする"
ある男性の告白から映画は始まる。
保険金殺人事件であることは、はじめの方に容易にわかるはずなのに、次の展開が気
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.5

ちょっとベターだけど、展開が読めて可愛いし、登場人物結局全員良い人だし、何より2時間ちょっとという時間が映画デートで最適な時間な気がするなぁ。

可愛いシーンがいくつもある。朝4時開店ぴったりにパンを
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.1

人間観察をしている人を観察する不思議な感覚になる映画。心理学やら哲学やら、なんとなくそれらしきことを言っていることで、なんとなくそれらしき雰囲気が出ていると感じる事しか出来なかった、、。

人はなんで
>>続きを読む

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

3.9

1986年 スパクリー監督長編恋愛映画。

ウーマンリブ運動で女性解放運動が起こり、10〜20年くらい経った頃。
女性性の在り方が変わり?見直されて?
自由奔放に、性と生きて振舞う姿が、当時は新しかっ
>>続きを読む

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

3.5

随分前にテレビで観た。
夜の騎士と不思議な町民と首、、。
終始ホラー映画ぽいが、ファンタジー要素もあり陳腐でなく、ティムバートンらしい映画でした。可もなく不可もなく楽しめました。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.3

近年のボディポジティブが具現化された?映画なのでは。個人的には令和になった当日に、たまたまお家で見て、"新しい時代到来"を感じた。
"美しい形"やあるべき姿は人それぞれで、体型もファッションも肌の色も
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

様々なテーマが折り重なる映画。盛り沢山で少々お腹いっぱい過ぎたかなぁ。
障害×性
夜の街
親子関係
双子の存在
海外

自分が楽しむために、誰かへの優しさで行った行為は、必ずしも意図通りに読まれなかっ
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.4

何を思ったか、一時期すごく青春映画が観たくなって観た作品。

主人公の笑顔がとにかく可愛い。
「あいつは運がいい」と言わざるを得ない強運の持ち主であり、憎めない笑顔!可愛いなぁ〜〜!

友達の車を借り
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.1

中学の理科の先生に教えてもらった作品。やっと鑑賞出来ました。

ホラーかと言われると、映像的にはそうかもしれない。幼い男の子の謎の力と、その世界観は怖い。その男の子に寄り添う"先生"は温かく、親身。先
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.0

クリスチャンベイルといえば、バッドマンかアメリカンサイコという事で鑑賞。
映画史に残る狂気的且つ残虐な殺人シーンで有名な本作品。更にこの映画は(当時の?)主人公でなく、本作にはほとんど登場しない"アメ
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.1

現在はいつしか過去になって、人はどんどん変わっていく。
悲しいけれど当たり前、それが楽しいと思えたら丸儲けだなぁと思わせてくれる青春映画。

8mm(1999年製作の映画)

3.4

作りも話も昔ながらの部分が多くて、今見るとツッコミどころ満載になってしまう!ニコラスケイジ頑張ってるなぁ!って終始応援したくなる。
ストーリーは重苦しく、ポルノ社会の裏を描いた斬新なテーマ(であっただ
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.6

"この道を知っている"
故郷や家庭に憧れて、バイクを投げ捨て道端で寝て、道を進む男の子2人のロードムービー。彼等は男娼をしている。ホモセクシュアルや近親相姦等の社会を描いた危険な香りがしつつも、あくま
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

4.3

父の日はビッグフィッシュだよなぁと思ってたけど、見事にひっくり返された。生と死、愛がテーマのただひたすら美しい映画だった。

この作品は愛について定義が語られることが多い。(主に父)
父曰く、"雷が起
>>続きを読む

ルディ・レイ・ムーア(2019年製作の映画)

3.4

夢を叶える為に、多少の無理はいとわない!熱い気持ちと行動力のある1人のコメディアンが、黒人コメディアンとして大成するストーリー。彼の自信と行動力が人々を惹きつける。ただアメリカンジョークにどこまで笑っ>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.5

毎日映画を観ていた時期、疲れて箸休めでインド映画を挟もう〜(失礼)と思って軽い気持ちで見始めたら、考えさせられることも沢山あって、良い映画だった。

2001年のインドでは、生理は忌み嫌われて、1週間
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

1940年に、チャップリンは"後世の正論"を唱えていた。ただこの時代では特に、人々の心には響かないものだったのだろう。

ひょんな事から記憶を失った理髪師。帰ってきた街では警察が悪事をはびこり、"ユダ
>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

4.8

ライムライトとは、昔の照明器具の名前。涙無くして観られない、切なすぎる映画。
"華やかなライムライトの陰で、
老いは去り 若きが登場する"

舞台は1914年、イギリス。落ちぶれた道化師(喜劇スター)
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

4.3

舞台はバチカン市国。2016年にローマ法王であるベネディクト16世が生前退位をし、コンクラーベを経て、次に選出されたのがアルゼンチン出身のフランシスコ。
この2人の交流を描いた作品。(実際には退位した
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

2.5

リリーコリンズ観たさに鑑賞した。しっかりハッピーエンドで、可愛らしい映画だった記憶がある。幼なじみ恋愛にフィルターかかっちゃうのは、海外も一緒なんだなぁ。
1回の過ちで夢を諦める女の子の状況、他でも観
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.1

すっごく明るくて元気の出る映画。
今いる環境が嫌なら、自分で作り出そう!てポジティブな発想が素晴らしい。ご飯はすごく美味しそうで、息子はとっても可愛くて優しい。友達と軽く観るのに向いてるなぁ!途中話し
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.1

青春映画の金字塔であるこの作品。

青春映画には甘酸っぱくて、尖ったものがあるけど、ある意味本質を突いてくる。私は映画に感動を求めすぎていたなぁ。

普段の学校ではキャラクターもグループも違うため、全
>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

3.2

薬師丸ひろ子さんは現在でも歌唱力、演技力があり素敵な女性だけど、
こんな若かれし頃から素敵な人だったのね、、!
内容はヤクザの長になってしまった女子高生という、漫画の実写化ですか?て聞きたくなるような
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.8

GW中にスパイク・リー監督に出会った。
黒人差別に関する作品が多い中でも、この作品は特に今の現状と状況が似ているシーンもあり、観ていて辛い。

舞台は、黒人街でピザ屋を営む白人親子。そこで働く黒人の青
>>続きを読む

アトランティックス(2019年製作の映画)

4.2

セネガルが舞台の作品。セネガルってどこだろうと思って調べたら、アフリカの西に位置する国で、フランスの植民地だった。パリ・ダカール・ラリーで有名な地だ。そしてセネガルの名前の由来は、ウォロフ語で「我々の>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

4.2

(妄想の中では)イケメンガイリッチー監督作品。(私の妄想では黒縁おしゃれメガネとイケメン黒シャツを着て、素敵ハットを被った素敵な人だと勝手に妄想してるから、ガイリッチー監督の容貌を見てないの。見ない様>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

4.5

これはチャップリン映画の本質とも言えるのではないかな、と思った作品。

「喜劇王」として世に名を馳せたチャールズチャップリン。かれは変わったメイクとそれに合わないモーニングを着て、奇怪な動きをして、面
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.1

Netflixのおすすめ作品、合う時と合わない時があるけど、それも含めて楽しみがあって面白い。これ好きなのに!て映画の相性が60%位だと、分かってないなぁってよしよししてあげたくなる。そんなstayh>>続きを読む

>|