あれらめさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

あれらめ

あれらめ

書きなぐりのため稚拙な表現も少なからずあると思いますが、優しく読み流していただけると嬉しいです。ベストムービーは最近鑑賞した作品の中から3つ選んでいます。

映画(235)
ドラマ(0)

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

4.0

王国の王子が真実の愛を求めて自国を飛び出し、アメリカのクイーンズに行くお話。笑いあり感動(泣くほどではないけど)ありで面白かったです。が、今作で一番驚いたのがラストのキャスト紹介。5分も出てこない強盗>>続きを読む

ザ・トーナメント(2009年製作の映画)

3.0

参加者が不憫でならない。マカヴォイという名前の神父さんが出てきます。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.0

教授とマグ太郎の決別を描いた物語。
話はまとまっていて、それぞれのキャラの個性も立っているので大変見やすいです。
もともとダサいヘルメットを更にダサくしたマグ太郎のセンスに拍手を送りたいです。

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.0

話の展開が急すぎてついていけない。
この1作だけで主要キャラが3人も死ぬとは...(生きてたけど)
アクションは良かったと思います。

X-MEN2(2003年製作の映画)

4.0

マグニートーの脱獄がすごい格好よかった。パイロさん何してるんですかね。

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

4.0

ヒッピー文化がモチーフの作品ということもあってジョンの曲が多いですがビートルマニアなら垂涎の一作。
登場人物も全てビートルズの曲から来ているのも感心しました。

X-メン(2000年製作の映画)

3.5

Xメンシリーズは小学生の時に1回見てそれっきりだったので、曖昧な記憶を頼りにしてアメコミ好きを名乗るようではいけないと思い見直しました。
2回目ともなると所々見たことのあるシーンが出てきて面白いです。
>>続きを読む

ウィッカーマン(2006年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ニコラスケイジが燃やされる映画

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

他の方もおっしゃっているように前半は(何やってんだコイツ...)状態が続きますが、後半でそんなことは忘れてしまうほど怒涛の展開を見せてくれます。まあ序盤からトム少佐トム少佐って言ってて頭沸いてたのが現>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.0

イカれたチャップリンを堪能できる作品。金と機械ずくめの現代社会を皮肉りつつも最後は(ハッピーエンドかバッドエンドかは微妙)元気がもらえます。チャップリンが驚きの美声でした。

スリーデイズ(2010年製作の映画)

4.0

面白かったです。
冤罪は恐ろしいとか、妻を信じ通す夫が格好いいとか色々感じましたが、夫の強すぎた行動力のせいで夫婦は(親子も)少しすれ違ってしまったのではないかと思います。
目的のために覚悟を持って行
>>続きを読む

ザ・ワイルド(1997年製作の映画)

3.5

登場人物の心情が丁寧に描かれていて楽しめました。あと熊の肉って美味しいのか。

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

4.5

軽いノリで観たのですが文句なしの良作でした。ライバル同士のいがみ合いが友情に変わっていく様は見ていて目頭が熱くなりました。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

4.5

だまされた、の一言に尽きますね。あとは笑えるシーンとシリアスなシーンが程よく混ざっていて見やすかったです。本編の終わり方とED後のセリフに後の作品群への期待を感じました。

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

2.5

食事中に日焼けサロンのシーン流れてきました。色んな意味でヤバかった

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.5

ボンド来日!宇宙船を宇宙船で捕獲する映画は初めて観ました。

007/オクトパシー(1983年製作の映画)

3.5

007は不死身なのかと思うぐらいすごいことをしてました。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

評価は言わずもがな、個人的にはビートルズの話と曲がちょくちょく出てくるのが嬉しかった

エデンの東(1954年製作の映画)

4.0

父と息子との絆を描いた作品。旧約聖書の創世記を知っているとより楽しめるかも。

フットルース(1984年製作の映画)

5.0

素晴らしい映画だった!こんな青春は本当に羨ましい・・・