ちひろさんの映画レビュー・感想・評価

ちひろ

ちひろ

映画(302)
ドラマ(0)

ドリームハウス(2011年製作の映画)

4.0

ふと気になって見た映画。

主人公のウィルエイテンテンは、会社を辞めて仕事一筋の人間から新しい家で家庭を大事にする良きお父さんへ。しかし、そんな幸せな生活も長く続かず家を覗く男や謎の幽霊、地下室で若者
>>続きを読む

バタフライ ルーム(2012年製作の映画)

3.5

とあるサイコパスなおばさんの物語。冒頭から漂う異質な雰囲気が怖い。お金を貢いで少女に勉強したり世話したりして自分の母性欲を満たそうとする感じがどことなく怖い感じをそそる。ストーリーが進んでいってあらわ>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

会社をリストラにあった帰りの電車で10万ドルの殺人依頼を強制的に引き受けてしまう。電車の乗客から教えられた容姿などを手がかりに殺す対象を探そうとするが….。

ロードショーでやっていてたまたま気になっ
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

大人になっていく少女の物語。少し重い淀んだ空気が終始漂う映画。主人公のミアは、転校生で不良少年少女たちと仲良くなりどんどん垢抜けていく。その一方で少女の体は変化していく…

後半はかなりファンタジー色
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.0

ようやく見れたゾンビランドの続編!本当は映画館で観たかったけれどタイミング合わず行けなかったのでお家で鑑賞。

ザ・アメリカの皮肉たっぷりのブラックジョーク連発で見ながら笑えるゾンビ映画。コメディxゾ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

録画した積み映画を消化中で見た作品。ジュマンジ自体見たの結構前だから幼心からすごい楽しくて今作も同じように楽しめるかなーって思って見始めた。やはり現代風にアレンジされてるところとか、描写が綺麗になって>>続きを読む

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

3.0

第一子が先月産まれてようやく生活リズムが整ってきたのでようやく2020年度初の映画を見ました!

自分はセキュリティエンジニアでこの手の内容が本職だからそういう点も踏まえてみていたけれど、技術的なとこ
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

母子家庭で正義感の強い中年小太りの白人男性が爆弾事件からみんなを救った英雄になったが一転して、犯罪者者リストに挙げられてしまい・・・といった展開で始まるストーリー。さすがのクリントイーストウッド監督と>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

あのシャイニングの続編ということでCMを見てからとても楽しみにしていたので昨夜のレイトショーで見てきた。原作は読んでないので再現度などは語れないが、良かったと思う。

あのシャイニングのホテルから脱走
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.0

ITの正体が分かると思ってさっき見てきた。

前作よりも描写とかはすごく進化してるなぁと感心。肝心のストーリーは自分の期待してた感じとは少し経路違ったので残念だったけど全体的に見れば楽しかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ジョーカー誕生秘話を描いた物語を丸の内ピカデリードルビーシネマの試写会で見た。この映画館が音響が360度から聞こえる立体音響のような仕組みで、映像もとてもきれいに映し出していたので、がっつり映画の雰囲>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.5

とある女の子が幼い頃迷い込んでしまったビーチにある鏡の迷宮で、自分とそっくりの少女を見てしまい、トラウマになってしまう。そんな女の子が大人になり家族で、またあのトラウマのビーチへ。そうすると奇妙な事象>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.5

殺人ゲームをやるつもりが、現実の殺人が起きちゃうタイプのやつ。軽いどんでん返しがあって良かった。もうひとどんでん返しがあれば星4かなぁ

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

飛行機で見た映画

驚くほどきれいなCGを担当してたらいつの間にか終わってしまっていた印象。そこまでストーリーには、集中できなかったなぁという印象。

映画館で見たりしたらもっとよかっただろうなぁと思
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

恵比寿の野外上映で友達と見た。

前情報はまったく知らず見たのだけれど、久しぶりに心温まり笑える良い映画を見て満足感に溢れた。主人公は、ちょっとオツムが弱いけれど、純真無垢なトム・ハンクス演じるフォレ
>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.0

ラスベガスから日本に帰国する飛行機の中で見た映画。特に見たいものもなくてたまたま選んだ映画だったというのもあり、そんなに興味惹かれたわけではなかったかなぁ。

好きなミラジョボビッチがでてたということ
>>続きを読む

インシディアス 最後の鍵(2018年製作の映画)

4.0

インシディアスシリーズの続きである最後の鍵をみた。これは時系列的には過去の話。

あいかわらずインシディアスはストーリーがしっかりあるホラーなのでただビビらせるやつより良い作品に仕上がっていると思う。
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

映画公開当時めちゃくちゃ見たかったけど、見に行けなかった映画を見てみた。

ちょっと予想とは違うジャンルで、なんとも評価し難い感じだったw
ただ、家族愛のようなものを感じれてよかった

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.6

ジグソウシリーズの最新作。Amazonプライムに入っていたので見てみた。ソウを見たのは何年も前だけど、すごく面白かったので期待してみたけれど、まぁ良くも悪くもソウだなぁという感じだった。面白かったけど>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.0

待ちに待った新MIB!! キャストや場所もガラリと変わり新しい雰囲気に。どうしても過去作品のイメージが強いので、そこをどう克服するかが問題だなぁと思って見始めた。

ある程度長い作品だったが、蓋を開け
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

カンヌが好きそうな映画だなぁーという現代への問いかけや、見てる人に語りかけたりするシーンや皮肉が多い映画。個人的には好きだけど、おそらく大多数の人にとってはなんか哲学的でつまらないと感じそう。アマゾン>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

よくある不良少年が成長して良いことして祝われる系。全体的に良い意味でコンパクトにまとまっていて、楽しめた。写実的なことをやらせたらうまいなぁ、さすがクリントイーストウッド監督という感じだった。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

映画館のCMで見て気になっていたので閲覧。昔からディズニーの映画はあまり見ないけど、これはとてもよかった。まず映像が綺麗でさすがだなぁと。ストーリ的にはまぁ普通かなと。

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

4.5

待ちに待った特捜部Qシリーズの続編をようやく見れた!

今までと変わらず二人の掛け合いは面白いし、北欧ミステリーならではのじめっとした雰囲気で進む事件の肌感覚もとても良かった。今回の事件もわりとショッ
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.0

全5章からなるストーリーで構成されており、進むに連れて謎の男7人と女1人の謎が解明されていく。だれが犯人なのかわからず終始ドキドキ感漂いながら進む。ブラックジョークが多くそういった面でも楽しかった。

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.5

幽霊が見えたり、惨劇が起きる前の兆候がわかる特殊能力を持った主人公オッドが彼女と事件を解決していく青春ミステリー的な感じ。
普通よりはちょっとおもしろかった。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

ジュラシック系初めてみた。映画館だったら壮大で楽しそうだと思った。

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

5.0

公開日初日に楽しみに見てきた。

M・ナイト・シャマラン節全開の終わり方ですっきりした。

スプリットの最後で、アンブレイカブルを見ていた人は「えっ!?」という驚きとともに今作を楽しみに待っていたと思
>>続きを読む

EMMA/エマ 人工警察官(2016年製作の映画)

3.0

いわゆる人工知能系の映画。あまり印象に残らなかった。

エスケープ・ルーム(2017年製作の映画)

3.5

脱出ゲーム系映画。

注意としては、自分に答えを語りかけてくる映画なのでスッキリしたい人は見ない方が良いかも。

でも、よくよく考えてみるとおそらく自分なりの答えは出てくると思う。

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

4.0

新年実家で見た初映画。

いわゆるループ系のメメントlikeな映画。
最後のオチには、おっ!となれたので楽しかった。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

間違って二度見た映画w(filmarksに登録し忘れると実態)

ハッピーエンドでよかた

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

3.5

途中まではいい感じのミステリーだった。
タイトルから若干推測できるので、それでスッキリした

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

4.0

主人公が、とある企業の社長をスイスの保養施設からNYまで連れ帰ってくるという展開から始まるが、訪れた保養施設は何か様子が変で、そこで行われていたのは…的なストーリー。

途中まですごいよかったんだけど
>>続きを読む

>|