ちひろさんの映画レビュー・感想・評価

ちひろ

ちひろ

パソコンカタカタ新入社員エンジニア(2018年度)で、洋画専門です。
ホラーサスペンス、サイコスリラーとか暗い感じの映画が好きです。

逆にアクション映画、明るい感じのとかをまったく見ないのでオススメあったら教えてください!

星3が普通で、4.0は好き、5.0は大好きな作品です。割と評価は甘いと思います〜

映画(245)
ドラマ(0)

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

filmarksの試写会にて鑑賞した。

モリーブルームというモーグルでオリンピック候補とも言われた選手が怪我から引退て、後に世界のトップスターたちも通ったと言われるポーカーゲームの主催者になるが、違
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

新社会人の慣れない新生活での金曜日のナイトショーで見てきた。興奮しすぎて支離滅裂になりそうだが、この気持ちのまま勢いよく書いておく。

一番最初のシーンから、CGや世界観の良さに一気に吸い込まれるだろ
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.5

エコールでどツボにハマったルシール・アザリロヴィック監督の作品。

少年と女性しかいない奇妙な島の話。

予想以上に奇妙な展開で、人類が"進化"するとこういう形になるのかと思うと不思議な気持ちになる。
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.5

音信不通の元妻からインビテーション(招待)され、パーティに行く。パーティの序盤から違和感のあるゲストの登場など全体的に不穏で緊張感のある空気が流れている。

物語が進むに連れていろいろ真相がわかってき
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.5

映画館の上映前CMでめちゃくちゃ見たが、結局映画館で見なかったので、レンタルしてみた。

いわゆるゾンビもので、少女が唯一の希望という感じ。

わりと最後の終わり方はとても奇妙ですき。ゾンビ映画でこ
>>続きを読む

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

3.5

主人公リチャードが友人を殺してしまい苦悩する物語。

もう少しで大学生という時期に、はっちゃけているラグビー部の男子たちが多くでてくる。浮足立っているのが顕著に見えるぐらいの演出でいかにも青春真っ只中
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

見よう見ようと思って、ちょうど本日のAmazon Primeビデオの100円セールでレンタルして見れた。

当時CMをやっているときは、親子愛やSFを推した宣伝が多くよくある感じだよなぁと思って軽く
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.0

幼いころから息子だけなつかず、困ってるお母さんの話で、のちに息子がお母さんを地獄まで落とすような大事件を起こすという話。
昔と今が繰り返しながら進んでいくので、なれるまで今どっちのはなしをしているん
>>続きを読む

ダイアナの選択(2008年製作の映画)

4.0

ダイアナとモーリーンという二人の高校生が構内の銃乱射事件の犯人から、「どっちか殺す」と言われて生き残ったダイアナの話。

物語進んでいくごとに、ダイアナとモーリーンの仲の良さがわかるストーリーが増えて
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

イタリアのサスペンス映画。

とあるひき逃げ事件がきっかけで三つの家族の抱えている秘密が明らかになっていく物語。

三章構成になっていて、とある3人の視点から進んでいき、最後に真犯人がわかる。結構簡潔
>>続きを読む

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

3.5

ふとAmazonで目に入ったので見てみた。

まぁ至って普通のサスペンスで、犯人は既知でどう追い詰めるかみたいなところを中心にストーリーが進むんだけど、じゃじゃ馬の女の子に手を焼くニコラス・ケイジはな
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.5

スペイン産のサスペンス映画。
ツタヤで5本セールのために穴埋めで借りたのだが、残す一本を除いて、今のところこれが一番のあたり作品かもw

たぶん事前には何も知らずに見ていったほうが最後に驚かされるので
>>続きを読む

ボーイ・ミッシング/消えた少年(2016年製作の映画)

3.5

耳が聞こえない子を持つお母さんが主人公の話。
ある日その息子が誘拐されてしまうが、なんとか脱走してきたという。
息子の証言からとあるお金に困っている男が浮上してきて操作が進んでいくのだが・・・

この
>>続きを読む

アンダーテイカー 葬る男と4つの事件(2009年製作の映画)

3.5

ハリポタ続編の映画とかで、一躍有名になったエディ・レッドメイン主演が葬儀屋の息子を演じながら、いろんな人視点で話が進む感じの日本劇場未公開作品。

病気の子を持つ貧乏なストリッパー、愛する妻を失って自
>>続きを読む

DEMON デーモン(2015年製作の映画)

3.0

TSUTAYAで5本借りてきたうちの1作目(準新作でも5本借りると1080円に割引きされるから超お得)

羊たちの沈黙で有名なアンソニー・ホプキンス主演の作品。個人的にはアンソニー・ホプキンスの演技を
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

2.5

正直よくわからない感じだった。

まぁ設定自体はよくある感じなので、この手の映画をいっぱい見ている人はすぐ察しがつくとは思う。

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

4.0

急にジェシー・アイゼンバーグが見たくなったので、レンタルして見た。
(Amazonのレンタル便利すぎる。。。)

同じくジェシー・アイゼンバーグが出てるゾンビランドと同じ感じでクライムコメディ物。メイ
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.5

あまりこういう感じの映画を見ないからなんともコメントが難しいが、思ってたのとはちょっと違ったので評価低め。

一言でまとめるなら、幻想ダークファンタジー的な感じかなぁ

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

4.0

28年前の一家惨殺事件、唯一の生存者である主人公と刑務所にいる兄。とあるきっかけから主人公は事件の真相を追っていく・・・

さすが、ゴーンガールの原作者だけあって、結構えぐくて救いようがない筋書き。
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

こっちもマレーシアに行く飛行機で見た(英語音声しか無かったので内容理解は曖昧かも…)

アガサクリスティーの大ファンなので、結構楽しみに見てた。

個人的に気に入った点は配役が自分が描いてた様相だった
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

マレーシアに向かう飛行機で見た✈️

it自体初めて見たのでわりと見入った。特に子供が頑張って戦ってくシーンは青春だなぁとか思いながら見てた(実際にあんなのでたら即逃げるけどw)

私自身もピエロが苦
>>続きを読む

白い沈黙(2014年製作の映画)

4.0

学部の卒業認定が出る日の朝ヒヤヒヤしながら通学中(行き帰りで見た)。結構重く、そんなタイミングで見るべきじゃなかったw

父が目を離した一瞬のうちに、後部座席に居たはずの娘が誘拐されてしまう。父のせい
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.0

寝ようと思ってたのにamazonプライムを開いてしまい表紙から少しの下心あり見始めた。

恋人に振られるところから始まるのだが、昔を思い出して、付き合ってて振られた時のあの感じが蘇って来た…w

>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

4.0

自分という存在について語ることもできないぐらい中身がなかったスカーレット・ヨハンソン演じるアニーが,ひょんなことから住む世界が違う家族の子守(ナニ―)となって,成長していくものがたり.

なんとなく最
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

5.0

アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロという予想外の二人の主演映画.

プラダを着た悪魔を見た時に,アン・ハサウェイが演じるキャリアウーマン的な演技が好きでようやく見れた.

この手の映画はなんとも学
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

4.0

特捜部Qシリーズ 3作目

ボトルに入ったPからのメッセージを頼りに誘拐事件を解いていく。アサドとカールの真顔でボケとツッコミをやるシーンは健在で面白い(北欧映画という性質上、その静けさがよりシュール
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

盲目の元軍人の家に,強盗目的で入った若い男女3人の物語.

でかなりヒヤヒヤする感じ,個人的には見た後どっと疲れた.

もうちょっと相手側のストーリーが深くても良かったかな

静寂の森の凍えた姉妹(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

北欧サスペンス映画.

森で発見された二人の姉妹.

なんというか良い意味で北欧映画っぽい淡々とした感じで進む.結構出て来る人が多く視聴者を混乱させる感じがあり,あまり正統派なサスペンスな演出ではない
>>続きを読む

ファインド・ミー(2016年製作の映画)

3.0

ある日突然恋人が消えてしまう系の物語.

まぁ悪くないはないけど,めちゃくちゃおもしろいというわけでもない.

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

自宅に遺体を解剖する施設がある主人公の家にやってきた謎の死体.

ホラー映画って結構早めに怖いシーンは一発かましてくるんだけど,この映画はかなり焦らして焦らして一気に来るので久しぶりにぶるぶる震えなが
>>続きを読む

スプライス(2008年製作の映画)

3.0

典型的な新生物ができちゃう系.最初は虫な気持ち悪さがあるが,後半は本当に人らしくなってきてしまうので余計に気持ち悪くなる.
ストーリー自体も浅く,この新生物が前面に出ている感じの映画.

ファインド・アウト(2012年製作の映画)

4.0

まぁ相変わらずアマンダ・セイフライドは可愛い.

過去に事件に巻き込まれてから精神的におかしい判定を食らった主人公の妹が謎の失踪をとげる.警察は主人公が妄想に取り憑かれていると思って調べようとしないが
>>続きを読む

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

4.0

暴力が悪いのは自明だけれど,こういう暴力なら仕方がないと思ってしまうね.コンパクトにまとまっていて良い映画.

ザ・フォッグ(2005年製作の映画)

3.0

元の方は見てないからよくわからないけど、もっとファンタジー寄りなサスペンスにした方が良かった感。すべてが中途半端になってしまっている。

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

filmarks経由の試写会で当たったので見てきた.
主人公のいる町に新しくやってくる6人の前科持ち.少しも立たないうちに起こる殺人事件.試されるのは元犯罪者といったレッテルを貼られた人たちを信じるこ
>>続きを読む

>|