ちひろさんの映画レビュー・感想・評価

ちひろ

ちひろ

パソコンカタカタ新入社員エンジニア(2018年度)で、洋画専門です。
ホラーサスペンス、サイコスリラーとか暗い感じの映画が好きです。

逆にアクション映画、明るい感じのとかをまったく見ないのでオススメあったら教えてください!

星3が普通で、4.0は好き、5.0は大好きな作品です。割と評価は甘いと思います〜

映画(266)
ドラマ(0)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

1作目も劇場で見ていたのでこちらも劇場で。
どうしてもハリポタと比較しがちだが、今回は前回よりもキャラの個性もでているし、感動も誘うし、謎も起こすしでなんだかんだ1作目よりも良かったかもしれない。
>>続きを読む

オートマタ(2014年製作の映画)

3.0

なんとも普通なAI系映画。とりわけ感想が浮かんでこないw

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

4.0

普通の青年に見えるサイコ野郎が、女性を監禁する話かと思ったら、予想外の展開で、結構面白かった。
監禁物って大体脱出できるか否かが結末だけど、そこに着眼点がいかない終わり方しておおーと思ったw

今日も僕は殺される(2007年製作の映画)

2.5

何回も主人公が殺される日々を繰り返す系のやつなんだけど、SFに寄せたいのかホラーに寄せたいのか、はたまたサスペンスに寄せたいのかわからない微妙な立ち位置の映画。
面白くはなかったな〜

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

4.0

医学生が、臨死体験時の脳波を取ったりするサイコ実験系。映画のオチとしては、弱いけれど、臨死体験中に、あぁいう映像を見て、その後苛まれるというのは大いにありそうで、時間が経ってからゾクゾク体にくるものが>>続きを読む

ディアトロフ・インシデント(2012年製作の映画)

3.0

結構期待してたが、あまり面白くなかった印象。映画にも引き込まれなかった。まぁ一応ちゃんとオチはあるから、普通という感じ。

カクテル(1988年製作の映画)

4.0

若かりし頃のトムクルーズが主演の映画。アメリカン・ドリームを抱いて上京する当時のアメリカンな雰囲気があって楽しかった。
元気が出る映画だった〜

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

昨日オーシャンズ11を見て、そのまま勢いで会社帰りに見てきた。

オーシャンズシリーズの良さを踏襲しつつも女性のみだからこそ描かれる緻密で抜け目のない感じが新鮮だった。
私自身が、アンハサウェイの大フ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.0

初めてオーシャンズシリーズ見たけど、結構引き込まれて楽しかった。感覚的には、グランドイリュージョンを見てるような気分だった。
後続のシリーズも見たくなってきた。

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.0

社会病室者と殺人犯の知能戦映画。と思いきや最後の結末が……


ちょっと予想の斜め下を行ってしまった映画で残念 ><

機械じかけの小児病棟(2005年製作の映画)

3.5

Amazon Prime Video Nightでレンタルが100円になっているので借りてみてみた。

ホラー映画というジャンルではあるものの、他の驚かすだけのホラー作品に比べるとある程度シナリオがあ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

実話をもとにした映画。めちゃくちゃおもしろいというわけではないけれど、私自身が実話をもとにした系映画が好きなのでわりと楽しめた。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

4.5

待ちに待ったメイズ・ランナーの最後の作品。1,2と映画館で見ていたので、最後ももちろん映画館で鑑賞。

総製作時間や関わった人数からわかるように、かなり壮大な作品に仕上がっている。
物語は、幕開けから
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.5

おじいさんが手紙だけを頼りに記憶が消えるたびに思い出しながら、真相を探していく物語。おじいさんの最後の真実は悲しいね。

ファンキーランド(2012年製作の映画)

4.0

急にジェシーアイゼンバーグの早口が見たくなって見た。

母親が薬物依存症で、更生施設に入れて、主人公は音楽学校に行きたいって感じのストーリーで、コメディ感強くて楽しくすすむけど、最後はなんか感動させに
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

とある夫婦の家に、いろんな人間がやってきて、妻はそれを快く思わないものの、夫はどんどん招き入れ、次第に家が崩壊していくという感じの物語。

前々から結構気になっており、ようやく見れた。
いろんな人の感
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.5

とある女性の身元を特定していく物語。

BGM等も特になく、本当に人間の会話だけでストーリーが進んでいく。
女医が主人公で、研修医にきつく当たってしまっている最中、ブザーがなり、研修医が出ようとするが
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

白人の彼女の家に招かれた黒人男性クリスの物語。

いざ彼女の家に言ってみると、黒人の召使いなどがいることがわかり、仲間だと思って話しかけてみるとどうも様子が変。そのうち、どんどんとその家の真実がわかっ
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.5

主人公の記憶喪失が戻った後の真実が予想できなかった。意外と楽しかった。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

同じIT系で、特にインターネットなどのセキュリティ関連を守っている人間としては見ておかないとなぁと思い見た。

NSAが全通信を盗聴していたということに関して、技術的な観点から確かにグルになっていたら
>>続きを読む

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

4.0

病気で下半身が不自由なアンディとその家族と、両親が亡くなり祖父母に引き取られて、その家に近くに引っ越してきたマリアン。
アンディの母親は、ヒステリックだが、対象的に父親はとてもやさしい。物語が進むにつ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

filmarksの試写会にて鑑賞した。

モリーブルームというモーグルでオリンピック候補とも言われた選手が怪我から引退て、後に世界のトップスターたちも通ったと言われるポーカーゲームの主催者になるが、違
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

新社会人の慣れない新生活での金曜日のナイトショーで見てきた。興奮しすぎて支離滅裂になりそうだが、この気持ちのまま勢いよく書いておく。

一番最初のシーンから、CGや世界観の良さに一気に吸い込まれるだろ
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.5

エコールでどツボにハマったルシール・アザリロヴィック監督の作品。

少年と女性しかいない奇妙な島の話。

予想以上に奇妙な展開で、人類が"進化"するとこういう形になるのかと思うと不思議な気持ちになる。
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.5

音信不通の元妻からインビテーション(招待)され、パーティに行く。パーティの序盤から違和感のあるゲストの登場など全体的に不穏で緊張感のある空気が流れている。

物語が進むに連れていろいろ真相がわかってき
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.5

映画館の上映前CMでめちゃくちゃ見たが、結局映画館で見なかったので、レンタルしてみた。

いわゆるゾンビもので、少女が唯一の希望という感じ。

わりと最後の終わり方はとても奇妙ですき。ゾンビ映画でこ
>>続きを読む

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

3.5

主人公リチャードが友人を殺してしまい苦悩する物語。

もう少しで大学生という時期に、はっちゃけているラグビー部の男子たちが多くでてくる。浮足立っているのが顕著に見えるぐらいの演出でいかにも青春真っ只中
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

見よう見ようと思って、ちょうど本日のAmazon Primeビデオの100円セールでレンタルして見れた。

当時CMをやっているときは、親子愛やSFを推した宣伝が多くよくある感じだよなぁと思って軽く
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.0

幼いころから息子だけなつかず、困ってるお母さんの話で、のちに息子がお母さんを地獄まで落とすような大事件を起こすという話。
昔と今が繰り返しながら進んでいくので、なれるまで今どっちのはなしをしているん
>>続きを読む

ダイアナの選択(2008年製作の映画)

4.0

ダイアナとモーリーンという二人の高校生が構内の銃乱射事件の犯人から、「どっちか殺す」と言われて生き残ったダイアナの話。

物語進んでいくごとに、ダイアナとモーリーンの仲の良さがわかるストーリーが増えて
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

イタリアのサスペンス映画。

とあるひき逃げ事件がきっかけで三つの家族の抱えている秘密が明らかになっていく物語。

三章構成になっていて、とある3人の視点から進んでいき、最後に真犯人がわかる。結構簡潔
>>続きを読む

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

3.5

ふとAmazonで目に入ったので見てみた。

まぁ至って普通のサスペンスで、犯人は既知でどう追い詰めるかみたいなところを中心にストーリーが進むんだけど、じゃじゃ馬の女の子に手を焼くニコラス・ケイジはな
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.5

スペイン産のサスペンス映画。
ツタヤで5本セールのために穴埋めで借りたのだが、残す一本を除いて、今のところこれが一番のあたり作品かもw

たぶん事前には何も知らずに見ていったほうが最後に驚かされるので
>>続きを読む

ボーイ・ミッシング/消えた少年(2016年製作の映画)

3.5

耳が聞こえない子を持つお母さんが主人公の話。
ある日その息子が誘拐されてしまうが、なんとか脱走してきたという。
息子の証言からとあるお金に困っている男が浮上してきて操作が進んでいくのだが・・・

この
>>続きを読む

アンダーテイカー 葬る男と4つの事件(2009年製作の映画)

3.5

ハリポタ続編の映画とかで、一躍有名になったエディ・レッドメイン主演が葬儀屋の息子を演じながら、いろんな人視点で話が進む感じの日本劇場未公開作品。

病気の子を持つ貧乏なストリッパー、愛する妻を失って自
>>続きを読む

DEMON デーモン(2015年製作の映画)

3.0

TSUTAYAで5本借りてきたうちの1作目(準新作でも5本借りると1080円に割引きされるから超お得)

羊たちの沈黙で有名なアンソニー・ホプキンス主演の作品。個人的にはアンソニー・ホプキンスの演技を
>>続きを読む

>|