ちひろさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

ちひろ

ちひろ

パソコンカタカタ新入社員エンジニア(2018年度)で、洋画専門です。
ホラーサスペンス、サイコスリラーとか暗い感じの映画が好きです。

逆にアクション映画、明るい感じのとかをまったく見ないのでオススメあったら教えてください!

星3が普通で、4.0は好き、5.0は大好きな作品です。割と評価は甘いと思います〜

映画(278)
ドラマ(0)

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

小学生高学年ぐらいに見て記憶があいまいだったからシリーズ一気見として見直した.相変わらずアンソニー・ホプキンスの演技が神ってる

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

5.0

映画冒頭のトリックにハマった時点で,スコア5.0を付ける未来が見えた

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

急にアン・ハサウェイが見たくなって,久しぶりに見返したけど良い映画だった.

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

普通に見入る映画だった。ただ、キャラの個性がないので、そこがあると星5な気分。ハリポタの魔法世界観は引き継がれており描写も綺麗で良かった。映画館で観て良かった定期

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

4.0

かわいい女の子たちがアクションする映画だと思ったら,普通に見入るサスペンス要素があって素晴らしかった.

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

5.0

劇場で見てよかったと思う.
洋画を好きになったきっかけが,ミラだったからとても思い出深いシリーズなので,その思い出補正も込でスコア5.0

アンノウン(2011年製作の映画)

4.0

個人的にはこの手の映画すぎ、最後にどんでん返しが来るパターンのやつ

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011年製作の映画)

3.5

エクソシスト物.主人公の気持ちの変化がとても味わい深かった.
アンソニー・ホプキンスが出てるから見た.

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

4.5

死霊館シリーズはすべて実話なので,とても引き込まれながら楽しめた.
エンフィールド事件をモチーフにした話.

デビル(2011年製作の映画)

3.5

エレベーターには閉じ込められたくないって思わされる作品

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

4.0

2つの重力が存在する恋の物語。映像がすごく綺麗だし、印象的なので映画館で見ておきたかった。