Yuuさんの映画レビュー・感想・評価

Yuu

Yuu

追いつかない備忘録

映画(145)
ドラマ(30)

リンジー・ローハンの妊娠宣言!? ハリウッド式OLウォーズ(2009年製作の映画)

2.7

いかにもアメリカらしいラブコメ。
あまりに計画性のない嘘がバレないままストーリーが進んでいくので、見ているこちらがハラハラする。
軽めのノリでラストもハッピーな仕上がりなので、眠れない時に観るのにぴっ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

3.9

抑えられた色彩や、エンドロールの色味フォントまでもが美しい。
コリンファースの色気がトムフォードの卓越したセンスによって引き出され、あっという間にラストに辿り着いてしまう。

クロエ(2009年製作の映画)

3.0

クロエは母性と愛を錯覚しているように見えた。
少し辛くも思えるラストだけど、ああでもしなければ終わらなかった感もある。

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.7

タロットの手元のシーンだけがカラーだったり、ワンピースの裏地がペイズリー柄だったり、細かいところがお洒落なのはさすがフランス映画。

クレオの部屋着の裾にじゃれつく仔猫がとても愛くるしい。

“シャン
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.5

ディズニーのそれとは別物で、映像の美しさとストーリー展開を含め個人的にはむしろこちらの方が好きかもしれない。

鬼平犯科帳(1995年製作の映画)

3.7

吉右衛門の存在感に全て持ってかれる。
今でこそ貫禄のある役が多くなった尾美としのりさんだが、忠吾を演じていた頃はなんとも愛らしい。
おまさ役の梶芽衣子さんも慎ましやかで綺麗。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.5

こういう家庭って実は少なくないのかもと思いつつ、結婚して親になったとはいえ所詮男女である事に変わりはないと思いながら鑑賞。

少し退屈気味。

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.1

人との距離を取り成功しつつも、何かに依存せずには生きられない人間の性や寂しさをひしひしと感じる。

彼が二度愛したS(2008年製作の映画)

3.6

わかりやすい展開と期待を裏切らないオチ。
ヒュージャックマンがかっこいい。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.5

関係性の入口は自分のメリットを享受するためでもいい。

102(2000年製作の映画)

3.0

忘れもしないこれを見ていた時に映画館で地震に見舞われた記憶。

あれだけの犬を見事に差し置いてクルエラが主役。

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

4.0

Diamonds are a girl's best friend を歌い始める前に男性陣が一気に倒れるシーンが好き。

マリリン・モンローの魅力が終始全開。

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

3.0

若かりし頃のヒュージャックマンがただただ貴族で、紳士で、ヒュー好きにはたまらない王道ロマンチック。

スティングの歌う主題歌も雰囲気とマッチしてとても良い。