はるさんの映画レビュー・感想・評価

はる

はる

映画記録

映画(79)
ドラマ(0)

レナードの朝(1990年製作の映画)

3.5

ロビン・ウィリアムズ、医者とかハマるなあと思った
実話ってこともあっていまの恵まれた医療の基礎を考えさせられた
個人的にはZombiesがかかって嬉しかった

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

4.0

コメディなんだけど、ジャン・レノがパパっぷり発揮してたシーンで涙が出た
時間的にも内容的にも気を張らずに見られて良い映画

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.0

タイタニックやらロミジュリの若き日の美しいレオ様から一転、貫禄ありすぎ
クレイジーに生きるレオ様はでもやっぱりかっこよかった

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.5

オードリーヘップバーンが可愛い
でも個人的にローマの休日のアン王女が好きかも

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.5

ストーリーも敵味方もわかりやすい
ジェームズ・ボンドかっこいいな

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.5

コリン・ファース出てるものは失敗がない気がする…自分が好きなだけか
アラン・リックマンの体の張り方びっくり
スタンリー・トゥッチはまたいい味出してた
コンニチハTV!

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.0

ジュード・ロウに惹かれてみてみたけど、内容は自分に合わないのか…
劇場仕立てで話が進んでる設定はいいけどどうもわかりずらい

カルテット!人生のオペラハウス(2012年製作の映画)

3.0

ハラハラするシーンなどはなく、短いし気楽に見られる
最後は無理があるような気もする…

レインマン(1988年製作の映画)

4.0

厄介な兄、遺産のために動いていた弟が、兄弟愛に目覚める素敵な話
ダスティン・ホフマンの真に迫った演技が素晴らしい

魔法使いの弟子(2010年製作の映画)

3.0

嫌いではないが何度も見たいほどではないと言った感じ
ニコラス・ケイジはすてきでした

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0

未来の話だからか、場面場面が鮮やかでオシャレで見ていて楽しい
ストーリーはとても切ない
手の届かないもどかしさには共感

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.5

こんなふうな強い女性は憧れます
知らない土地、言葉、ひとの中でほんとうに大切なものを見つけるなんてすてき

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.5

設定はすこし違っても美しくて哀しい恋の物語
見つかる見つかる!とハラハラしながら見てた
最後のシーンはほんとに哀しいすれ違いすぎる…

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

ちょうどベトナム戦争の勉強をしていたところにペンタゴンペーパーが出てきたので見てみた
話の筋を追うのが少し難しかったが、葛藤する責任者を演じきるメリル・ストリープはやはりすごい

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.0

命を狙われてる設定忘れるほどウーピーさんの陽気なキャラクターが炸裂してる
元気が出る
歌も素敵

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

残酷なように思えるけど、世界のどこかで間違いなく起きてること
目を背けるべきじゃないし、その現実に近距離で向かい合わなきゃいけない人がいる
戦場に送り込まれる兵隊だって、家族がいて他に守るものがある
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

いい加減な介護士と大富豪
一見ありえない組み合わせが最強
アース・ウィンド・アンド・ファイアーがかかるのも嬉しい

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.5

とにかく長くて色んなことが起こるから、目が離せない
最初イライラして仕方なかったスカーレットの言動も、だんだん生きるために必要なたくましさに思えてきて好きになりました
レットの全く紳士ではないけどスカ
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.5

現代のCGを見慣れてしまったから、どんなにかちゃちに見えるだろうとナメてかかりましたが、サメが恐怖でした…笑
スピルバーグ恐るべし

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

序盤から泣けるほどに熱い思いがある
音楽も素晴らしいし、全体的に華やかな印象

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

友人からの勧めで見てみたが、自分の好みだったのかハマりました
全体になんとも言えない暗い雰囲気があるんだけど、どこか優しさと力のある映画

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.5

モノクロだからと敬遠しないでほしい
ローマの美しい街が色を持って見えてくるほどイキイキした映画だと思う

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

4.0

オドレイ・トトゥにジャン・レノ
キャストに惹かれて見たけれど内容も満足です

若草物語(1994年製作の映画)

5.0

4人がそれぞれの道を、それぞれたくましく生きる
道はみんなバラバラだけど、心では繋がってる、そんな感じ
こんな四人姉妹すてき

LIFE!(2013年製作の映画)

4.5

フィルムを求めて駆け回る主人公が最高に面白い

>|