サさんの映画レビュー・感想・評価

サ

映画(92)
ドラマ(0)

ミザリー(1990年製作の映画)

4.5

アニーの恐ろしさとラッキーさ(?)と状況がもうどうしようもなくてポールの絶望が隠しようもなくなっているのが良い
特にワインのシーンが

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.5

すごい…
これはもしかしたらホラーですか
白鳥の湖と自身を重ねたような…全てに二面性と美、危うさを感じる
ニナ!!!

美しすぎる母(2007年製作の映画)

3.0

難しい
バーバラの愛情とトニーの大人びた幼稚さが交じっているようで決して交わらない感じが苦い
…つまり難しい

ザ・セル(2000年製作の映画)

5.0

最高に好き
世界観が良い
トラウマ的で狂気的で不可侵な美

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

4.5

前半はスピード感があって、後半はじりじりくるやばさ
楽観と恐怖のバランスが良い
題からして誰が主人公かって話
the 悪夢
観てて本当にストレスが溜まった(褒)

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

5.0

かっこいい……
こういう映画は、小さい頃に一回観て憧れを持ったまま大人になってもう一回観てまた違った感動や気付きを通して再び憧れさせる
何のために盗みをするのか、何を盗んだのか、正直一回観たくらいじゃ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.5

正直邦画嫌いだし漫画も知らないけど
これは最高だった
長澤まさみ様が大変かっこよかった
橋環もかわいかった
こんなにキラキラした目線で映画観たの久しぶりよ

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.5

オードリー・ヘプバーン綺麗だった
ストーリーはお淑やかな感じかと思ってたけど結構弾けてた
白黒映画だけど鮮やかさがある

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

5.0

志磨遼平が出てたので高評価です
コミックジェネレーション聴いて!

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

犯罪=悪で、
ほとんどの作品は犯罪の派手さ、巧妙さ、残酷さを表現するけど、これは違かった。
犯罪を通して得るものがあって、学ぶことがあってっていう人の人生の多面性みたいなのが現れてた
深い!!!

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

5.0

共感が強い
何かすごいことをすれば自分は変われるって思う
ロマンが溢れてた
想像の実行したいけどできないもどかしさを具現化したみたいで観てて楽しかった

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

世界感大好きなんだよ…
小説も読んだし、予告動画も芸術的だし話し方とかも魅力的だし
アレックス若者のくせに大人っぽく頭よくてたまんねぇよな

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.0

かっこよくて良い作品であるあことは分かるけど、好きではないしあんまり楽しめなかった

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.5

マーベルよく分からないけど、面白かった
ネタ要素が多いのいいよね

レック2(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初の車内のカメラデカすぎとか
牧師の指示が絶対とか
窓に近づいたら撃たれるとか
逃げられないとか
部屋いつまでも暗いとか
空気感染しないとはいえ普通に血が付いた手で顔とか平気で触っちゃってるとことか
>>続きを読む

>|