アカリさんの映画レビュー・感想・評価

アカリ

アカリ

映画(388)
ドラマ(0)

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

前作の時より確実に人気が上昇して大スターの道を歩んでいる4人だけど、誰1人欠ける事なく出演してくれて本当に奇跡だと思う。
4人みんなで最初にぶっ放すシーン、しかもスローというのが最高でしかない。

>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.8

子供の頃の思い出したくない思い出が一気に蘇ってしまうって辛過ぎる。
大人になったルーザーズ。マイクからの電話で顔を青ざめ、再びデリーに集合して良いような悪いような同窓会。

前作の子供達にそれぞれ雰囲
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.0

1作目公開時に社会現象となり、世間ではLet It Goが1日に1回は必ず聞こえてた約5年前。
そのアナ雪の長編2作目である今作。

前回はプリンセスのおとぎ話色が強かったけど今回は予告編を見てだいた
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

ホラー映画はどちらかといえば苦手でピエロも苦手なので手を出さなかったけど、何かと話題になってるし世間の評判が凄く良いのでだんだん興味が湧いてきまして...
地上波で後半くらいから観たのがお初だったので
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.5

全体的に評価がまちまちだったので、正直心配して観に行ったのですが、、、

まあ内容に関しては置いときまして、若いウィル・スミスがフルCGであれだけリアルに再現されてるのに驚き。
映像も今までの映画では
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.8

投資をして大金を手に入れたぞー!やったー!、、、
と思ったら実はまんまと騙されてた!?
そんなまだまだ未熟な若者達と悪い大人の痛い話です。しかも実話。

ありそうでなかったタロン×アンセルのタッグが最
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

前作の離れ小島から舞台は世界へ。
前半の噴火のシーンからもうドキドキで、溶岩との距離感の無さとか見てると心拍数上がりました。
あんなに賑わっていた島が溶岩で埋め尽くされ、残された恐竜の姿を見てると切な
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.5

昼は領主で夜は盗賊で弓矢の名手のロビン・フッド。
その誕生秘話を描いたのが本作。
私はロビン・フッドについては、弓矢を射る事は知ってるのだけど正直そこまで知識がなかったから謎の多いまま終わっちゃって少
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

4.0

よりストーリーに奥深さが増し、アクションもさらにパワーアップした今回の「マレフィセント2」

もうアンジーの美貌にはただただ酔いしれます。
前作に続き、カッコよくて時にお茶目な一面も見せてくれるマレフ
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.7

まず、シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーという、今をときめく若手女優が同じ映画で女王を演じる贅沢さだよね。キャスティングが素晴らしい。

2人のヒロインというと「アナ雪」を連想してしまいそうだけ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.3

ヤバい。ヤバすぎる。
何なんだこの映画は。映画という枠を超えている。
とにかくラストが凄すぎて逆に記憶がない。完全に異空間でした。

指揮者から見た演奏者。
演奏者から見た指揮者。
様々な視点から映す
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.7

オリジナルシリーズは未鑑賞だけど、単体でもめっちゃ楽しめました。
テーマソングが最高だしそれに乗せて映し出される美しい映像に鳥肌立ちました。

結構早いうちからあの肉食恐竜が解き放たれてしまうのだが、
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.5

ジョン・ウィックがいきなり賞金掛けられてるぞ!
なんともスタイリッシュな始まり方で客を映画の中に引き込ませる。上手いな〜。

この映画の大半をアクションシーンが占めていて目が離せないし、銃とナイフを交
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

悪のカリスマ"ジョーカー"が誕生するまでの秘話を、よりリアルに、ダークに、人間味溢れる演出で見事に表現されていた。

スラム街で暮らしていく中で数々の犯罪に巻き込まれていくアーサーが、悪へと変貌してい
>>続きを読む

クライ・ベイビー(1990年製作の映画)

3.6

現在では白塗りメイクとか3枚目キャラでも幼馴染みのあのジョニー・デップが若かりし頃、初出演を務めた本作。

とにかくジョニー・デップが若い!格好良い!
不良だけど泣き虫、だからあだ名がcry baby
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.6

全体的にぶっ飛んでてワケの分からない内容だったけどこういうの好きだな〜
なぜか好きなんだよな。
漫画やゲーム仕立てになって話が進むっていうのも遊び心があって私はいいと思う。
ストーリーは限りなくくだら
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.0

隣人の女の子が失踪しその行方を追う一人の男の話という、一見普通のミステリーのように思えるけどなんとも不思議な世界観で、なんだこれは!?な映画でした。

まず、謎解きやら暗号を解くやら色々難解すぎて頭が
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.7

バレエダンサーを目指す一人の少年。
父と息子の物語。

最初は男の子がバレエを習う事に猛反対してたお父さんだけどビリーの才能に気づいていき、だんだんと息子を認めていく姿に感動した。
ビリーのお陰で周り
>>続きを読む

ハッピー・シェフ! 恋するライバル(2018年製作の映画)

3.6

カナダのリトル・イタリーを舞台に幼馴染みの2人の恋愛を描く、飯テロ×ラブコメ映画。

ひたすらピザ!ピザ!ピザ!で、この作品を観たあとは絶対イタリアンレストランに直行してピザを頬張りたくなること間違い
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

5.0

大成功を収めた「ボヘミアン・ラプソディー」を手掛けたデクスター・フレッチャーが監督を務めた本作。

大スターの裏に隠された"孤独"の描き方が独特で、良い意味でグサリときた。
ミュージカルテイストで現実
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

今では女性も活躍して当たり前のテニス界。
しかし1970年代の当時は「女性は家事をしてればいい」というような男尊女卑の考えがまだ定着していた時代。

でも当時の女性テニスプレーヤー、ビリー・ジーンは世
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

次々と新作を発表していき、その勢いが止まる事のないディズニー。
有名過ぎると言えるあの名作「ライオン・キング」をついに実写化。

これ本当に本物じゃないよね?と思わず疑いたくなるような動物の仕草や動き
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

リメイク作品だけど昔のは観てなくて特に何の情報も得ずに観た作品だけど、こういうカルト映画の雰囲気は好きなので、なかなか楽しめました。
何章にも分かれててちゃんと区切りがあるのが舞台を観ているようだった
>>続きを読む

ティーン・ビーチ・ムービー(2013年製作の映画)

3.5

サーファーのブレイディとマックが波に飲み込まれ架空の映画「ウェット・サイド・ストーリー」の世界に入り込んでしまう。

サーファーとライダーがするのとか面白いし、50年代ロカビリー風の音楽に合わせてダン
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

ホブスとショウのバディムービーなんて聞いただけで最高じゃないか!?
って思っていざ観てみたらやっぱり最高だった。いや、"最高"という一言だけでは足りないくらいヤバかった(笑)

今回カーアクションは少
>>続きを読む

シャロウ・グレイブ(1994年製作の映画)

3.5

「トレスポ」以前の、ダニー・ボイルとユアン・マクレガーがタッグを組んだサイコスリラー映画。

人間の負の面がさらけ出てるんだけどなぜか憎めない。逆に人間らしく思えるように描けてるのが凄い。
先の読めな
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

3.8

前作から引き続き登場するペット達も今回もみんなナイスなキャラで沢山笑わせてもらいました。
イルミネーションの、ちょいブラックでノリの良いところ好きだな〜。
このシリーズは日本語吹き替えのクオリティ高い
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.7

ひとことで言うと心にグサリとくる映画。

子供になんでも教えるのは大人の役目だけど、子供から教わる事も色々あるのだと改めて痛感。
それぞれ事情があって施設で暮らす子達は一人ひとり違う個性、考えを持って
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.7

観た人の意見が賛否両論はっきり分かれてて、どちらかかと言うと良くない評価が目立ってたので正直不安を抱えながら劇場に足を運んだのですが...。

「ああ〜」という感じ笑
でも内容は笑い、涙、冒険ありで凄
>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

3.8

まず、先日お亡くなりになられたキャメロン・ボイスさん。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
クルエラの息子であり純粋で無邪気なカルロス役が印象的でした。


今回は2作目という事で、1と比べるとヴィラン
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

4.3

恐らく知らない人がいないくらいに有名過ぎる「ライオンキング」。

有名過ぎて逆に観なかったのか知らないけど、何でこれだけ素晴らしい作品を二十...年生きてて一度も観た事がなかったのか不思議。

冒頭の
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

エンドゲームのその後、
トニーを失い悲しみを乗り越えながらも、しっかり意思を受け継いでいるスパイダーマンは本物のヒーローでした。

胸キュンな校外学習の最中に襲ってくる悪の手。ミステリオもしつこく付き
>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

3.8

スーツぴしっと決めて気品があり、一見これぞ英国紳士な人達なのだが...

人は見かけによらないとはこういう事なのか、中身は本当にクソばかり(※ただ1人を除いて)
猿山か!と言いたいくらい胸糞悪い。(言
>>続きを読む

ディセンダント(2015年製作の映画)

3.8

ひっさびさのディズニーチャンネルムービー。童心?ティーンに帰った気分で観れました。

ヴィランズ好きの私にとって、ヴィランズの子供が主役というのはとても興味あったのだけど、つい他の作品に手がいってしま
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.5

帰ってきたMIB
帰ってきたラグナロクのコンビ。

MIBシリーズ前作は観ないで今作を鑑賞したので大体のストーリーとか繋がりとかよく分からなかったけど、まあ楽しめました。

車の至る場所から武器が出て
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.7

「フランケンシュタイン」を生み出した作家メアリー・シェリーの半生を描いた作品。
まずあのフランケンシュタインを考えたのが女性という事、しかも10代の若い女性だという事に少し驚き。
全て自身で考えた話と
>>続きを読む

>|