青木さんの映画レビュー・感想・評価

青木

青木

映画(649)
ドラマ(12)

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.5


全部説明してくれる!!優しい!!見やすい!!!!!

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

3.9

こぞってみんな顔がいい。
開始1分で小田島の顔が良すぎて一旦止めた。

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.2

面白い話なんやろうけどなんかピントがボケていまいち物語が掴みきれない。

サイコ(1960年製作の映画)

4.4

面白かった。
白黒だから昼夜が分かりにくく、現実味がなくて常に不安がある。

フレームの配置の仕方、カット割ともに効果的で映像作りの基本があるなと感じた。ただ最後のおじさんの演説が怠い。

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

3.2

か、軽い……悲劇の死も厳しい訓練もここにはない…それがエンターテイメントと言い張るからその主張とはあった映画やけど……。ダンス、歌共に素晴らしいけどそれ以上のものがなければ私は面白いと思えないな。
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.6

色選びとても好き、背景も綺麗。
ただ最後微妙に伏線回収に確信を持てなくてもやっと終わった。エンディングの歴代の仲間たちがキタ。
マーシャドーかわいい。

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.9

ジョーカーのパンフレットに書いてて見たい見たいと思ってやっと見た。

現実と妄想の間を彷徨うのがスコセッシ監督の作風やけどこれはなかなかひどい混ざり方。どこが現実で妄想かもうわからない。世の中なんて全
>>続きを読む

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

3.9

大好きなシリーズの最新作をやっと見れた。

毎回事件の起こる経緯の描写が秀逸。今回は今までにない陰謀説が渦巻いてて新鮮やった。
このシリーズの最初の意味不明な映像が最後に繋がる映像構成が本当に好き。
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.4

素面で泣いた。

脚本が良すぎるんじゃあ……。素晴らしい3部作。ドリームワークスありがとうございました。
Amazonプライムもありがとう。


監督調べたらリロアンドスティッチとかディズニーの良作手
>>続きを読む

溺れる魚(2000年製作の映画)

4.0

比較的幸せな堤幸彦監督作品。

色々な要素が盛り込まれてて良い。

インシディアス(2010年製作の映画)

3.5

大冒険活撃。

この監督はゴテゴテのセット組むのが好きなんかな?

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.8

成田凌ほせぇ可愛い、表情が上手い。
大倉くんやっぱりかっけえ。

思ったより上映時間が長くて変な終わり方じゃなくて個人的には良いラストやった。
あと思った以上に濡ばが多かった笑


原作読んだので追記
>>続きを読む

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

3.4

特に面白い展開というわけではなかった。
全部予想できる範囲。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.7


面白いと聞く映画を残しておくのは、挑戦して見た映画が面白くなかった時に清算する予備のため。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.9

2が面白い映画は素晴らしい。

ここまで広げて面白いってすごいな。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

アメリカのイケイケ女子大生の手にかかれば毎回自分が殺される無限ループの世界もハッピーに変わると教えてくれた。

ポスターのイメージと内容が合わないのが良い。

ユニバーサルの映像が変やったのはそいうこ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

最後爆笑した。

金銀の御三家出てた??チコリータとヒノアラシが見当たらなくてオイってなった。

友罪(2017年製作の映画)

3.4

イギリスの BOY A って映画思い出した。

答えのない、想像することが難しい問題に目を向けさせるのも映画の力。

来る(2018年製作の映画)

4.2

"来る"ってか、
"いらっしゃいませぇえ!!!!!"とか"っしゃこいコラァ!!"って感じ。

日本的怪異の対処法って感じ、米映画の対処とはまた違った熱さ。
害のある怪奇でも神に近い存在であるから恭しく
>>続きを読む

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.8

え、評価低いな……。

小さい頃見たっきりで全然覚えてなかったから改めて見たのやけど、こんな名作臭あったっけ??

しっかり反戦描写もあるし、人種差別も描いてる。ただ「ミヤギ ○○する。」みたいな口調
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

86個のチンこが飛び交い、108個のチンこが燃える映画。

ただもうちょい声を出してほしいなと思うけどまだ日本には早いのか。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.9

海外の"痛い"ってこういうのかなと思った。

年を重ねるとまた違った解釈ができる作品は奥深いなぁとおもう。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.2

3.7かぁ……酔っ払った状態で見たからわからんけど4.2だわ←

正直シャイニングが口開けてポカン勢だったのでこういう斧で👊🏻って感じのスピンオフ再解釈めちゃめちゃ好き。爆笑したし最後ちょっとしんみり
>>続きを読む

ダークハウス(2015年製作の映画)

3.0

評価低!悪ないやんと思ったけどオチが悪いね……
そこズルない??と思ったトリック(?)をもう少し凝ってくれたらよかったかな。

アス(2019年製作の映画)

3.4

この監督の好きなところは最初怯えてるけどその内反撃しだすところ。やられっぱなしじゃ終わらない。

相手はおばけじゃなくて人間だし、狂気に走る理由がちゃんと設定されてるのが面白い。でも前作の方が好きやっ
>>続きを読む

>|