あざらしさんの映画レビュー・感想・評価

あざらし

あざらし

サスペンス、アクション、ヒューマン、ホラー…何でも観ますがラブストーリーは苦手です。
大学時代にTV「水野晴郎の映画百科」でアシスタントをしていました。知っている人はもういないでしょうね(笑)

☆4から上がお勧めです。
☆3はまあまあ。
それより下は残念…が多いです。
4から先は全て素晴らしいと思っている映画ですが、4〜5までは個人的な好きの度合いで数字を付けています。

映画(2455)
ドラマ(17)

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.6

「僕があのようになったら、
君が頭を撃ってくれ。」

医師がレントゲン写真を見ながら、電話をしています。ナース:アナは勤務時間を過ぎるのですぐに帰りたいのですが、患者を探すように指示されてしまいます。
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.2

「7子か…
月曜、火曜、水曜、木曜…。」

過去50年で人口は2倍になり、食料と水の消費は3倍となりました。
この人口数の爆発的な増加への対処として、組み換え作物の開発が進められます。

しかし、その
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.1

「本物のグール、初めて見た?」

食物連鎖の頂点とされるヒトを、食糧として狩る者たちが存在します。
東京でそれはグールと呼ばれ、恐怖の対象になりました。

大学の食堂では、カネキと友達ヒデがグールにつ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.1

「あの二頭を止めに行くぞ。」

1993年、クリスパーという新技術がゲノム編集による不治の病の治療に道を開きました。
2016年、その悪用を防ぐために、政府は大量破壊兵器と位置づけます。

アテナ1で
>>続きを読む

蝋人形の館(2005年製作の映画)

3.5

「モンスターめ。」

1974年、ドロドロとしたロウが煮られています。
ロウは、人型の仮面に流されていました。

一方、赤ちゃんはシリアルを食べていました。しかし、もう1人の赤ちゃんは暴れています。
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.6

「新しい朝が来た。
希望の朝だ🎶」

緊急ニュースが流れます。
渋谷の街がパニックになっているニュースでした。

渋谷の街では、オニ星人が唸り声を上げています。倒れるレイカを見て、玄野は…

原作をほ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

「さ…撮影は続ける!
カメラは止めない!」

ゾンビの男性が女の子を襲います。手作り映画を作っている感の撮影風景。
そこで、カットが入り、監督が女優に詰め寄ります。

話題の映画でした。
映画好きの中
>>続きを読む

サークル(2015年製作の映画)

2.6

「動くな。
…見られている。」

老若男女問わず、誰もが浮かない顔をして立っています。
それぞれが赤い丸の上にただ立っているのでした。

その中の1人の女性が足を踏み出すと、ビーッと音が鳴ります。隣の
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

「ハリデーのイースター・エッグ探しを始めよう。」

オハイオ州 コロンバス 2045年、集合住宅。

家から男性パーシヴァルが出てきます。
近未来ではドローンが宅配をし、スポーツさえも家でしています。
>>続きを読む

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.2

「僕が眠ると来るの。
人を食べるんだ。」

オキュナスのマイク・フラナガン監督作品です。オキュナスは秀作だと思っているので、期待して鑑賞。

男の子が夜、横たわっていると、後ろから男性がソッと入って来
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

「…俺の話、カッコよかった?」

防疫中という看板が見られます。
そこでは検疫されていて、通る車が真っ白になるまで除菌されていました。

そこへ一つのトラックが来ます。
また豚を埋めるのかと討論になり
>>続きを読む

ステップファーザー 殺人鬼の棲む家(2009年製作の映画)

3.3

「彼の何を知っているの?」

車が一台、とある家の前で止まりました。
運転手はソルトレイク新聞の購読停止をしたリストを覗きます。

一方、洗面所で髪を染め、ヒゲを剃る男がいました。彼は準備を整えると、
>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.2

「穴に手を入れたらどう?」

大ヒットしたナイトクルーラーのダン・ギルロイ監督、脚本作品です。
主役も同じジェイク・ギレンフォールです。

マイアミビーチのギャラリー。
サングラスをかけた男性は警備員
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.0

「あすな、祝福をあげる。」

線路に耳を当てる少女:あすな。
ゴーッと電車が通る音を聞くと走り出します。
彼女は山の頂上に着くと、何やら箱を取り出して用意しました。

夜になり、家へ帰っても母親はいま
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.2

「…ドキドキしていた。
これから、僕はアカリに会うんだ。」

第1〜3話に分かれてストーリーは作られています。

新海誠監督らしいリアリティのある綺麗な背景が季節ごとに変わるさまが見どころのアニメーシ
>>続きを読む

リトル・バード 164マイルの恋(2011年製作の映画)

3.0

「親友のリリーは恐れていた。
ソルトン湖にのみ込まれるのを。」

お風呂に沈み、考える若い女性:リリー。
ソルトン湖はいまはもう汚く、それは街全体が死にかけている、あるいは死んでいることを示しているよ
>>続きを読む

すべては君に逢えたから(2013年製作の映画)

3.0

「サンタさんに会えた人は、誰もいないんだよ。」

白組
クリスマス・ツリーのある風景。とてもロマンチックに飾られています。

12月の東京駅。
クリスマスイヴにカラオケ大会に誘われた女性。スマホでお誘
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

「ほらな。リトル。
お前は弱虫じゃない。」

一台の車が停まります。降りてきたのは、ファンという男。
道には、ドラッグのツケを払わず、ドラッグを貰おうという男がいました。

そんなファンの前を全力で走
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.5

「全ての細胞は、一つの細胞から生まれたのです。」

女性がたくさんの人に囲まれて尋問されていました。
彼女は何を食べて生きていたのかと質問されます。
しかし、彼女ははっきりと答えません。
彼女と一緒に
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

「人生で、何を選ぶ?」

街中を走る2人の男性:レントン、スパッド。背後からは警官が追って来ます。
レントンは逃げながら、人生で何を選ぶかについて考えていました。

彼は豊かな人生など望まず、ヘロイン
>>続きを読む

マギー(2015年製作の映画)

3.1

「パパ、私、街に出たの。
探しに来ちゃダメだよ。」

ニュースでは、世界的な感染症について話されていました。
街には家にいるように外出禁止令の放送が流されました。

感染者には、一時的に鼻がよくなる期
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.5

「答えてもらおう。
ジョン・ポールとは何者か。」

2015年 サラエボ。
1人の日本人がサラエボのバラを見ているときに、突然、爆発が起こりました。

2022年 ワシントンD.C.では、国連で会議が
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.4

「彼女、完璧だと思わない?」

豪華なソファに横たわる美しい女性。
しかし、女性の首からは大量の血が流れていました。

その様子を暗闇からジッと見る男性。
女性にはたくさんのフラッシュがたかれ、写真が
>>続きを読む

エレメンタリ ~鍛冶屋と悪魔と少女~(2018年製作の映画)

3.6

「地獄は存在すると思うか?」

地獄に落とされるとあらゆる希望が無くなりますが、悪魔と契約する人間もいるのです。そうした人間は冷酷非情であり、一人の鍛冶屋がそうでした。
その鍛冶屋は悪魔も恐れるという
>>続きを読む

呪われた死霊館(2018年製作の映画)

3.2

「死者はこの世には戻らぬが、去らぬことはある。」

Netflixオリジナル作品です。

アンジェラは大学生です。カメラマン志望のエリオット、兄のジャクソンと恋人のベスという仲間たちと一緒に霊能者とし
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

3.1

「森では気をつけろ。
…特に、歩き回るときにはな。」

不気味な水の音が聞こえます。
そこへ、ウサギを持った男が現れます。男は小屋に戻り、愛犬のパンケーキに会いに行くと…

一方、ドライブをしている大
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.6

「金さえ払えば、なんでも出来る。
…なんでもさ。」

製作総指揮がクエンティン・タランティーノであると、上映当時とても話題になった映画です。
イーライ・ロス監督の名前を上げた映画でもあります。

マリ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

「誰にでも秘密があるが、
隠すのが上手な人もたまにいるのさ。」

バーニシア州グランサムのある一軒家:ダグラス家では、警察によって写真が撮られていました。

家にはところどころに血みどろの遺体が転がっ
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.1

「土下座、土下座、土下座…。」

東京謝罪センターの怪しげなCMでは、土下座は日本の古来からの謝り方といいます。

土下座はとても効果的ではありますが、CMでは、土下座を超える究極な謝り方があると言う
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.5

「ファミリーは邪魔なんかしない…下から、支える。」

いつものベラーズのメンバーが歌って踊っています。ここは贅沢な船の上。
でも、いきなりエイミーが天井から降りてきて…

この事件の3週間前。
世界を
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

「…忘れられるさ。なにもかも。」

警察で、トニーは取り調べを受けていました。陸上競技の大会でバイオレットと話した時のことを語ります。

その時、バイオレットはいつもと違って、堂々としていたので、トニ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.9

「その、おっふというものは何なんだろう。」

同名漫画の実写映画化です。

仲の良い平凡な?夫婦に生まれた斉木楠雄は、高校生ですが、すごい超能力の持ち主です。
そんな彼を取り囲む人々が、みんな個性的な
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.4

「そういうの続けていると、取り返しのつかないことになると思う。」

大学のベルが鳴り響きます。
トリーシア:トリーはその音に起きそうでしたが、そこへ若い男性の声がしました。

ちょうどトリーの目覚まし
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

「主よ。
私を平和の道具にしてください。」

実際にあった事件を元にしたストーリーです。

駅のアナウンスが響きます。
男はリュックに小さなカートを引いて、列車に乗り込みました。

一方、アンソニーは
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

「まどか、ママにしっかり捕まっていなさい。」

自転車で走る母娘。
前からは大きなハリケーンがやって来ました。小屋を見つけて入りますが…

一方、大学教授をしている学者が助手と共に雪道をやって来ました
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.3

「おれ、雫のこと、好きかも。」

バッティングセンターで、球が自動的に投げ出されていました。そこで色紙で装飾の輪っかを作りながら、土屋太鳳扮する雫は過去を思い出します。

高校時代の雫は勉強ばかりの日
>>続きを読む

>|