まつこさんの映画レビュー・感想・評価

まつこ

まつこ

すきなことメモ用紙
まだどんなのが好きなのか未確定、見つけていきたいな。

映画(111)
ドラマ(0)

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.3

出張先のホテルにて

新海監督の雰囲気が濃いような感覚。
言葉の配置
音とリズム

うとうとしながら(疲れていたので)
心地よく見ていたんだけど、

階段のシーンで泣いてしまった
溢れ出る心の声に、泣
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.2

優しかった

ずっと静かに優しかった

悲しくて寂しくて

静かに逆行する時間が

すごく優しかった

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだ!みんなが言うよりよかったよ!

いろんな時間を行ったり来たり
たくさんの人の姿をみて
「お兄ちゃん」になってく、くんちゃん。

その「たくさんの人」が
みーんな魅力的で、人間らしく優しくて
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

さいっっっっこう!!!!!
楽しかったーー!!!

楽しかったこと① 体験できる映像演出
スタウォの好きなところでもあるんだけど
本当に物語の中に入ったみたいな映像演出が所狭しとある!
ワクワクが止ま
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.7

‪今日は「好きだと思う心に素直になる」の日。‬

‪イケメン中心のジャニーズ押せ押せムービーかと思いきや…‬
‪素敵だった、本当に切なさいっぱいだった。さすが行定監督で、綺麗な映画だった。‬
‪野田洋
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

「こつこつと」丁寧な当たり前を生きると、こんなにもキラキラしたおとぎ話のような人生になるんだ。

ご老齢のご夫婦がお互いを尊敬し、労わり、「〇〇さん」と呼び合い毎日丁寧に生きていて下さる。
それだけで
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

-

「おおのくーーーーーん♡」

って感じでした。総じて。
途中、石原さとみがおおのくん呼び止める?時の顔が、、、、
あんなんじゃないよね、もっと超絶美しいもんね!!と思いました。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.1

音楽はサイコーだぁ!!!!

シリーズ全部見てなくて、なんのこっちゃなとこもあって、ごめんなさい。
キャプテンかっこいいなぁ。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

歴代ジブリの玉手箱。

背景美術は雄鹿さんが神すぎるっていうことだわ、、、、。

美女と野獣(1991年製作の映画)

5.0

もーーー文句なしっす!

ディズニーアニメの美女と野獣も大好きだけど、実写も素敵!

世界観を現代の技術を駆使して鮮やかに、華やかに描かれてて。ほんっとうにこういう、ただ真っ直ぐな映画が見たかったのよ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

攻殻機動隊はS.A.Cから入ったからか、

「機械に魂を入れる」物語ではなく
「機械に魂が宿り、個人の境界がなくなる」物語と理解してたので、これは攻殻機動隊であって攻殻機動隊ではなかったとしか思えない
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

‪ラストwwwwwみなさんが「ラストwww」ってなったのなるほどって感じ。‬

‪いいけど、好きじゃけど。ライアン・ゴズリングイケメンだったーーー!!!‬
‪音楽と編集と演出は最&高。

リズミカルな
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

4.2

楽しみにしすぎてて、たぶん冷静な評価ができてないです。

伊藤計劃の持ち味のひとつ「セリフ」と「モノローグ」の独特の雰囲気を大切に再現しようとしてるなぁと思った。

そのために、削られたものもたくさん
>>続きを読む

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.7

夏がしたくなった。

「ひと夏」切ない響き。
浮き足立って、わくわくして、キラキラして、若くて、青くて、不器用で。
そういうのがフワッと漂う映画。

夏がしたくなる映画。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.7

さいっこーーーーーーだった!!!

キャプテン、かっこいいわ。
わたしはファルコンが好きなんですが、今回も素敵な右腕で、クールで、や、かっこよかった。

ストーリーも、ただヒーロー同士が戦うだけじゃな
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


重要ではあるが、その重さが故に、手をつけられずにあった、事件を、丁寧に慎重に突き詰めていく様子がよくわかる作品。

記者が完全な正義ではないことを示す描写があったのが好感触。

すこしづつテンポアッ
>>続きを読む

劇場版カードキャプターさくら(1999年製作の映画)

-

いろんなことがどうでもいい!!!

さくらちゃんがサイコーにかわいい。

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

4.1

この幼いながらの葛藤、よくわかる気がする。

かなり大人になってしまって、こういう孤独さってのは忘れられがちだし、目を背けたくなるものだったりするけど、彼らにとっては寂しさこそが現実だったりするんだよ
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

4.3

アーーーーーーンジーーーーーーーー!!!!!!!


フォーーーーーーーーーー!!!!
フォーーーーーーーーーー!!!!
フォーーーーーーーーーー!!!!

はい、これ。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.6

バットマンvsスーパーマンを見るまでは

なんやねん。なんやねんこのヒーロー映画!
なんもかっこよくないやん!
って思ってたんだけど、

なるほど、スーパーマン、切ないね、切ない。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.5

音楽と物語がすごくマッチしてた印象。
くるりが好きだってのもあるけど。
妻夫木くんが好きだってのもあるけど。

ハッピーエンドではない。
そういう作品なんだと思えば、ありなのかな。

くるりじゃなくて
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.8

エグい、、エグいけど、結局なにがどうしたいの?って思った。

どいつもこいつも嫌なやつで、愛嬌もないので、キャラクターの魅力がなかった。

腹を裂くとこはすき。

横道世之介(2013年製作の映画)

4.2

思いがけず、ホロリとしたことを覚えている。
すごく優しい優しさを受け取らせてもらった。
不器用で人に愛されて、素直に愛して。
ああ、またみたいな。

>|