さくらさんの映画レビュー・感想・評価

さくら

さくら

完全記録用です。
一昔前のポップでキュートな映画大好きマン。

☆5: 何度も見たい。
☆4: もう一度見たい。
☆3: まあまあ。一回でいい。
☆2: もう見ない。人による。
☆1: 良くない。見なくてもいい。

映画(326)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

パパとムスメの七日間(2017年製作の映画)

3.5

設定、展開が日本っぽいなと思ったら、元は日本のだったんですね。

コメディがちょこちょこ笑えた。

長江 愛の詩(2016年製作の映画)

2.0

開始5分で飽きてしまった私には、見終わるのが辛かった…。

中国の歴史を知らないと、ただ謎な映画。
ネットで解釈を読んで初めて腑に落ちた。

描写はとてもきれい。
自然の雄大さは大国ならではの果てしな
>>続きを読む

ウイスキーと2人の花嫁(2016年製作の映画)

4.5

たかがウイスキー、されどウイスキー。(笑)

ウイスキーの事となると、命を賭ける島民たちが愉快で楽しい。
結託の仕方が半端ない。

舞台は島から動かないし、ストーリーも"ウイスキーが飲みたい!"という
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

小さい故の世界観というものを期待していたから、物足りなく感じてしまった。

小さい事をいじった箇所は面白かったけど、もっと盛り込んで欲しいというのが本音。

ラストももちょっと盛り上げてくれたらなとい
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

4.0

童話のような楽しい名作の裏にはいつも暗い現実が隠れているように思う。

取り敢えず、母親は好きになれない。
彼女の愛情は何となく歪んでいて複雑。
分からないでもないけど、共感したくない。
親になるには
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

映画というよりアートだった。

所々ゴッホの絵画をそのまま用いたシーンも出てきて楽しい。

動きのあるゴッホの絵を本当に動かしてしまうなんて、よく考えたし、気の遠くなるような作業だ。

話としては少し
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

「時は流れるものではない。」
理解出来るような、出来ないような。
分からないけど、分かるような。

言語の奥の深さを感じた。

ド派手な戦闘シーンは無いのに、静かな迫力があった。
一見地味な展開なのに
>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

2.5

オシャレって言うより…、下品?(笑)

クスッとくる所はあるけど、散らかってる感は否めないかな。

でも音楽に合わせて料理が出来上がっていく様は鮮やかでカッコいい。

割と最後の方まで波乱だったけど、
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.0

ゲーム版トイストーリーみたい。

ゲームっぽい演出が細かいし、伏線も大量に仕掛けられてて楽しい。

世界観の作り込みがエグい。(笑)
ディズニーだなあ。

キャラに愛着が湧くほどではないけど、ストーリ
>>続きを読む

海底二万哩(1954年製作の映画)

3.5

ディズニーには珍しく社会派?な印象。

今見ても面白い。
ワクワクする演出。
アシカ可愛い。

原作とは結末が違うみたいだから、ちゃんと原作見ようと思います。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.0

イギリスが好きそうなファンタジーに、アメリカが好きそうなスケールの大きさ。

押し付けがましいラストは、皮肉屋のイギリスと、正義と自分大好きアメリカがタッグ組んだって感じ。(笑)

結末はおすすめ出来
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

3.0

前半4分の3は退屈な詩。

監督、脚本家が自分達の世界に酔いまくってとりあえず天使登場させてフィルム回したっていう感じ。

でも"退屈だ"って訴えたら、"この高尚な詩が理解できないなんてお前は教養がな
>>続きを読む

プリシラ(1994年製作の映画)

3.5

ストーリーとしては、だろうね。

そう思うのはゲイへの理解が高まりつつある、今現在見たから故の感想かもしれない。

干からびてどこまでも砂しかない茶色い世界を煌びやかなドレスで走り抜けていくっていう映
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ミュージカルで誤魔化された感はあるかな。(笑)

結論、"夢を取るか愛を取るか行動した結果…"ってゆーどこにでもある恋愛ドラマ。

ストーリーから学べることは別に何もない。

でも楽しいよ。
ミュージ
>>続きを読む

フラッシュバック(1990年製作の映画)

3.5

60年代に生きた人間じゃないし、アメリカの歴史にも暗い人間なので、ふわっとしか理解できないところもあったけど、面白かった。

コメディチックなヒューマンドラマ。

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.0

王道なんだけど、心に刺さった良作だった。

ラストの終わり方も良いね。
夢を持たせるラストはワクワクさせてくれる。

悪役がMr.インクレディブルの悪役にどことなく似てるな〜と思ってたら、監督同じ人だ
>>続きを読む

ひな鳥の冒険(2016年製作の映画)

4.0

小鳥さんがめちゃくちゃ可愛くて何度もリピートしました。(笑)

バオ(2018年製作の映画)

3.5

インクレディブルファミリーのおまけの肉まんのショートストーリー。

まさか肉まんが動き出す、という展開になるとは思わなくて、あれ、私インクレディブルファミリーを見にきたよね…?という若干の戸惑いからか
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

ジャックジャックが最強可愛い。

前作よりテンポが良くて楽しかった。

ストーリーとしては悪役がヒーローの問題提示したまま解決せずに終わっちゃってそこは前作の方が良かったかなという印象。

もしかした
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

音楽も展開もテンポ良くて、映画観てるなー!って感じで楽しかった。

実在の人物の明るい一辺倒とは言えない物語をミュージカルにするのは新鮮。

元々ミュージカルは苦手な方だったけど、これはそういう人も見
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.5

こんなに評価を点けづらい映画は初めて。
単純に面白かったかどうかでは点けられない。

一見さらっと地味に終わったかのように感じるのに、よくよく考えると疑問点が沢山出てくる。

結局彼女は何だったのか?
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.5

何見せられてるんだろう…。

ってなってしまうのは、ジブリから独立したはずなのに、作品はジブリの過去作品に引っ張られまくってるからか。

魔女宅、神隠し、ラピュタ、ハウル、ポニョ、ナウシカにもののけ姫
>>続きを読む

ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!(2004年製作の映画)

3.0

面白い。

みんなが催眠術?で連行されていくシーンはプーさん思い出した。

スワン・プリンセス/白鳥の湖(1994年製作の映画)

3.5

最初のミュージカルのところなんてソラで歌えるレベルで何度も見てた。
懐かしい。

でも好きになり方が雑。
顔がよければ何でもいいんか。

>|