さくらさんの映画レビュー・感想・評価

さくら

さくら

☆5: 何度も見たい。
☆4: もう一度見たい。
☆3: まあまあ。一回でいい。
☆2: もう見ない。人による。
☆1: 良くない。見なくてもいい。

映画(247)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

チキン・リトル(2005年製作の映画)

2.0

小さい頃に一度見た記憶があるけど、ギャグが私の肌に合わないなと思ったことしか覚えてない

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.5

絵本のような、お菓子のような、絵画のような、そんな世界観がミステリーコメディというテーマにマッチしていた。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.0

なんかカッコいい。

奥さんも夫もピアニストも、他の沢山の登場人物たちも、どこか抜けてるんだけど、でも愛に溢れていた。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5

社会的弱者を援助するはずの法律や規則が、どんどん彼らを追い込んで行く。

不器用なりにも一生懸命生きようとしている人、ものすごく心の温かい人を排除するかのような不条理さにずっと胸が痛かった。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

サクセスストーリーかと思いきやまさかの…。(笑)

怖い。
めっちゃ皮肉たっぷりで面白い。

まさに映画のような人生。

時間離脱者(2015年製作の映画)

3.5

発想が面白い。
過去と未来の話の進行のさせ方が斬新。

途中、えぇ?ってなる箇所はあるけど、ラストは素晴らしいです。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

主人公の人本当はすごく優しい人だからこうなっちゃったんだろうなとか、
ドラッグはやっぱり怖いなとか、
ヒロインがいて本当に良かったとか、
色々思うことがあったけど、彼が這い上がってこれたのはやっぱり素
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.0

前情報なしで見たからファンタジーと認識するのに時間が掛かった。

怖くて切ないけど綺麗。

真実を語る子どもを、おかしな子として聞き入れない大人。
そこがどうしようもなくもどかしかった。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

音楽が少なくてセリフも少なめだから、コメディじゃなかったの?
ってなったけど、慣れたらシュールで面白い。
長いけど。

さらっと笑えるシーンが入ってくるから待って待って(笑)ってなりながら一時停止した
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

4.0

「鍵泥棒のメソッド」のリメイクと知らずに鑑賞。
先にこっちを見た。

韓国版は殺し屋、役者、という点を最大限に活用したような話の作りで、人情も入れつつ韓国色強めに作ってあってこれはこれで面白かった。
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

ゆるゆるゾンビコメディ。(笑)

グロと笑いが上手いこと入り組んでて、ゾンビ映画初心者の私には少しのハラハラ感とクスッと感が丁度良くて構えず見られました。(笑)

途中全然ゾンビ関係ない笑いがあったけ
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.5

9.11の理不尽さ、そしてアメリカ人にとってとても深い傷なのだということを、子供目線から知ることができました。

内容としては9.11が中心だけど、それ以外でも沢山の人が大小様々な痛みを抱えて生きてい
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.0

記録。
小学生の頃に見た覚えはあるんだけど…。
全然覚えてない…。
良かったっていう印象も悪かったって印象も皆無なので星3で。

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)

4.0

悲しい時代の、静かな優しさを描いた物語です。

主人公の周りにいる登場人物たちがみんな魅力的。

「想いが溢れたんだ」とか、「君の目はどうやって語る?」とか、セリフも物語の雰囲気にぴったりな心に響くも
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

愛、時間、死という、かなり難しいテーマを取り上げた作品。

1回目ではうまく飲み込めないところがあったので、2回続けて鑑賞。

伏線回収が鮮やかです。
ストーリーの中にたくさん散りばめた伏線を一つ残ら
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.5

ストーリーの展開は素晴らしいですね。

見始めてからはどうやって収束させるんだろう、無理に変な方に持っていかないよね?と少し不安にもなったが、とても綺麗にまとめたなと。
このラストが一番良かったんだろ
>>続きを読む

大好きだから(2017年製作の映画)

3.5

チャテヒョンと幽霊関連が関わるとステキなお話になるんですね。(笑)

「ハロー?!ゴースト」とは違って4人の老若男女がチャテヒョンになりきる、という展開の面白さ。

チャテヒョンにコメディやらせたらベ
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.5

こういう余生もいいなあ。

おじいちゃん2人が旅の前半でやったことは、若干日本人の肌に合わない展開だったかなとは思ったけど、後半はとても引き込まれる。

「世界一の美人とキスをする」という伏線の回収の
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.0

一つ一つのセリフが詩的で美しくて深くて、胸に響くものばかり。

題材もいい。
主人公たちの演技も素晴らしい。

ダメだったのは演出。

ストーリーにはきちんと起伏があったはずなのに、見せ方が淡々として
>>続きを読む

ラマになった王様(2000年製作の映画)

4.0

小学生のときたまに見てた。

かなりのテンポの良さ、
行き過ぎてなくてちゃんとポイント押さえたコメディ、
感情の流れが分かりやすい、
メッセージ性も忘れていない、

ってのが良かったんだよね。


>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.0

すごくいい話でした。

固定観念を吹き飛ばして、患者のために行動する彼は素晴らしい。

でも少しやりすぎな気もして、眉根を寄せてしまうことがしばしば。

彼の行いは素晴らしいけど、でもそれで患者が興奮
>>続きを読む

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.0

可愛い。
癒される。

胸にギュンギュンくるまでではないけど、お兄ちゃんと妹の純真さに見ててほっこりする。

全てのことに全力で、思わず頑張れ!って応援してしまうような。

そしてそんな純粋で素直な彼
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

2.5

会った1日目で結婚決めちゃうんだ。
まあディズニーだしなあ…。

と思っていたところ、クリストフが「会った日に婚約決めたの?」的なことを何度も言っていて、今までの童話を全否定したようなセリフに思わず笑
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.0

めちゃくちゃ長くて重かった。
見終わった後、全身から力が抜けるのを感じて相当力んで見てたんだなと感じるほど。(笑)

腑に落ちないところはあるし、それで良いのかという疑問も残るし、展開の持って行き方に
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.5

映画を見終えて一番初めに思ったことは、

"砂糖の過剰摂取 = 麻薬"

エネルギーを与えてくれるはずの糖分が、過剰摂取で毒になるというのは、本当に恐ろしい。

ただの本人の過失というだけでなく、ここ
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

自分たちで家兼クルマ作って、旅するっていう発想は面白かった。

ただやっぱりフランス映画。
何が言いたいのか、単純脳の私には理解できないところが多々あった。(笑)

>|