Webarenyoさんの映画レビュー・感想・評価

Webarenyo

Webarenyo

映画(112)
ドラマ(0)

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.8

クリスマスシーズンの定番。
ジイさんとケビンの教会での会話がお気に入り。1番ほっこりする。

ちなみにこの家はシカゴの北部にあり、現在時点で約二百万ドルで売りに出されています。Home Alone H
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

パロディ要素も多く取り入れたおちゃらけ映画だけれど、少し哲学的な要素も入っている。
1と同じで意味を追いきれないジョークもあったけれど、他のx-menシリーズも見ればもっと笑えるのかもしれない。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

x-men関係のジョークが分からず全て理解できなかったが、これまでにないヒーロー像には笑わされた。

タグ(2018年製作の映画)

3.2

こんな遊び仲間が欲しい。
昔やったケイドロ(地域によってはドロケイ?)なんか思い出した。

大人になった今、もちうる手段を全て駆使したケイドロをやってみたい。

問題は、そんなバカなことを出来る友人が
>>続きを読む

Guernsey(原題)(2018年製作の映画)

3.0

小説があるならそっちで読もうと思う。

キレイな映画だけど、小説のように好きなときに読めるだけ読み進む、というスタイルの方が合う物語だと思う。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

スパイだとかインテリジェントだとか超越してる。
トム・クルーズはそのうち自力で空を飛べるようになると思う。
チーズィーなシリーズものが好きならば、見て損はしない。
出てる女優さんみんなめちゃ美しい。見
>>続きを読む

リストラ・マン(1998年製作の映画)

3.7

アメリカで働くサラリーマンの悲哀を描ききった古典的名作であります。
日本のサラリーマンと通じることもあります。
アメリカで30代以上の人間はほぼ100%この映画を見ている。アメリカ人を接待したり、会話
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.6

ストックホルム症候群に入るのかなこれも。
アメリカンビューティと雰囲気が似ている。
淡々とした進み方が好き。

ミス・メドウズ(2014年製作の映画)

3.0

メルヘン被った夜神ライトの映画。

世の善悪とは何ぞや、がテーマかな。

「その女、アレックス」の最後に警察が口にする(ような)言葉を観客の胸に突き刺したかったはず。

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

スカッとする映画。
Sidney Sheldonの小説、Sky is fallingに出てくるボリス並みの仕事をするデンゼル・ワシントンに震える。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.5

デミ・ムーアに幸せになって欲しいとひたすら願い続ける映画。

出てくる男は主役も含めて皆が短絡的過ぎてイライラしてしまう。

すぐに調子こく男が私はキライなので、主役のサムにも終始イライラする。「一手
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

トゥルーマン・ショーでは監視鑑賞する対象がジム・キャリー1人だったけど、この映画では全世界の一人一人が対象です。
起こり得ることではあるけれど、少し現実離れし過ぎなストーリーかな。

最後はだいたい読
>>続きを読む

タンク・ガール(1995年製作の映画)

3.5

勢いだけで一気に突き抜ける映画。
北斗の拳を稲中に押し込んだら、たぶんこうなる。
それか、マッドマックスを稲中に。

カラフルで、どのシーンを切り取ってもよいポスターが作れそう。

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

人のエゴがもろ出しになったらどうなるの?って映画かな??
もろ出しにできる場は夢の中。
さらに、その夢を作り出せるとなったら何が起きるか。
インセプションとマトリックスが混ざったようなストーリー。
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

3.5

銃撃戦のシーンだけでもお金払って見る価値がある。

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

2.5

本筋と関係ないところの描写がいちいち長くてダレる。
カッコの付け方は、TVドラマやら昔からのを踏襲してる。
いわゆる、中二病ぽい映画になっちゃってる。

U.M.A レイク・プラシッド(1999年製作の映画)

3.0

シリーズなのね。

先に2を見ちゃったもんだから、これ見たあとは「1の方がええやないの」て呟いたね。

2の方に書いたアホみたいな感想、今からどうしてくれようか。

ROCK YOU! [ロック・ユー!](2001年製作の映画)

4.0

個人の思い出込で高評価。
高校生当時、好きな子を誘って見に行った映画。先にチケットを買い、車で家まで迎えにゆき、食事はどうしたものか、などと色々ドキドキしたものです。
もちろん、映画どころじゃなかった
>>続きを読む

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.5

まだレンタルビデオ屋さんが盛況な時は、Rewind after playing(見終わったら巻き戻してね)と良く言った。
この映画はBurn after reading.

だから何って?

そん
>>続きを読む

U.M.A レイク・プラシッド2(2007年製作の映画)

2.0

みんなが自分の役割をしっかり理解して動いてるのが素晴らしい。
噛ませ役、セクシー役、いい人役、悪い人役、タフガイ役、ワニ役、など。それぞれキャラクターがきちんと立ってます。

こういう映画って、おっさ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.0

本当の宇宙飛行士は、もっと強い精神力を持ってるんだろうと思います。
実際のところは分からないんですけど、鍛えられたエリートの飛行士達があんなゴテゴテになるもんかね。
映画のポイントはそこじゃないんだけ
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.0

メンタルが強い人たちを見れます。
未知の生き物をいきなり掴みにいく?
好奇心が猫を殺す、て言うけれどなんかそれに近いものを感じるのよね。

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式(2007年製作の映画)

4.0

金曜の夜にめちゃくちゃ笑った。
葬式があると、故人にまつわる色々なものが出てくると言うけれど、それを上手くコメディに仕上げた映画。
脚本が上手いと思う。
十分に楽しむには、できれば英語が分かったほうが
>>続きを読む

メガ・シャーク VS メカ・シャーク(2014年製作の映画)

1.5

右も左も上も下も出てくる人もモンスターもメカも皆アホで素晴らしい。

デビルズ・ゾーン(1978年製作の映画)

4.0

変なホラー映画。
何も考えずに見たら、突っ込みどころ満載のコメディと化する。
真面目に想像力を働かせながら見ると、心底怖い。
さて、あなたはどちらだろう。

エボリューション(2001年製作の映画)

3.5

高校生の時に見て以来の鑑賞。
妙にリアルなところと、完全におバカなところがバランスよく混ぜられたSci Fiコメディ。

Jane(原題)(2017年製作の映画)

4.5

このドキュメンタリー視聴は、小学校での必須項目にして欲しい。とはいえ、大人こそが見るべきドキュメンタリーでもある。
学位もお金もない、言わば素人である女性が、霊長類研究に多大な貢献を残している。航空の
>>続きを読む

ビルとテッドの大冒険(1989年製作の映画)

3.0

キアヌ・リーブスにも驚いたけど、ジョージ・カーリンが出てることにもっと驚いた。コメディのスタイルとしてもっと正統派のイメージがあったのだけど、こういうハチャメチャ劇にも出てたんだな、と。
王道slap
>>続きを読む

花嫁はエイリアン(1988年製作の映画)

3.6

なんだかんだで、最後までみちゃうな。娘役の人がアメリカンパイのバンドガールと気付いて、若さにびっくり。

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!(1999年製作の映画)

3.5

ウォーターゲート事件のパロディ。とはいえ、政治色はそんなに強くない。ディープスロートがこんな二人だったら面白いんじゃない?って映画。

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

高校生の時に見て以来の鑑賞。
プラスチック袋の舞うシーンと、おっぱいの映るシーンを中心に覚えていた。
もっかい書くけど、当時、高校生やからね。
改めて見直すと、正統派の社会ドラマ。アメリカという国の一
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

主演の役者が可愛くて最後まで見れた。人は見た目が八割?だかの本があったけれど、見た目悪い主演だと最後まで見るのはキツいと思う。

謎解き云々しなくても、ダイナマイトを始め、あるべき道具を駆使すれば良い
>>続きを読む

>|