hatraさんの映画レビュー・感想・評価

hatra

hatra

映画(49)
ドラマ(11)
アニメ(0)
  • 49Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.6

日本映画の土俵ってここだよな、と感じた作品。
直接的ではないけれどタランティーノリスペクトな場面もちらほら。(設定も『レザボア・ドッグス』っぽい。)

ただ組織構図が難解な割に結局過剰なので、情報の必
>>続きを読む

エスケープ・ルーム2:決勝戦(2021年製作の映画)

3.4

一作目ほぼ忘れてたけどイントロでおさらいしてくれる親切さ。
続編なので面倒な話は割愛して本筋に突入する感じが潔く、
今回はチャンピオン大会なので才物揃いで話が早い。
加えて死を目前にする緊迫感の演出も
>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

2.8

フラットな感覚で鑑賞。
個人的にハイスコアはメタ的な要因だと感じた。
長い割に内容は薄く、アクションも記憶に残らない。ラストバトルに関しては予算が心配になるスケール。

相関図削るなり限定的な関係をド
>>続きを読む

ウエスト・エンド殺人事件(2022年製作の映画)

4.3

「明暗」「悲劇と喜劇」その演出と語り方が素晴らしかった。
ミステリーにしては単純明快な脚本だが柔和な雰囲気の画作りが上手くマッチしていた。
難解な事件や巧妙なトリックに期待すると肩透かしを食らうが、そ
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.5

鑑賞中感じた面白さに対して過剰な余韻が残る不思議な映画だった。
大きな事件や起伏があるわけでもない限定的な物語…ある種のホームムービーを観ている感覚に陥った。
そんな物語で語られるのは「愛」と「原罪」
>>続きを読む

ホワイト・ノイズ(2022年製作の映画)

2.9

ただやりたいことが多かったんだろうな、という印象。
それぞれの要素が紐づいていたかと言うとそこまで演出できていない。
2回観たら印象変わりそうではあるけどそこまでの魅力は感じなかった。

なんだか最近
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.3

率直に「白石晃士ファンの自分には堪らない作品」だった。
序盤は「SF?ディザスター?パニック?」と見方が定まらなかったが、すぐに「これはホラーの皮を被ったコメディだ」と確信。後はもうひたすら笑えた。
>>続きを読む

ほの蒼き瞳(2022年製作の映画)

3.5

胃に重いものを置き去りにする重厚なサスペンスでとても良かった。

原作の存在も知らなかったがあらすじのエドガー・アラン・ポーの名前に釣られて視聴。
思ったよりも推理ものっぽくなかったギャップと、途中か
>>続きを読む

神が描くは曲線で(2022年製作の映画)

3.0

割と高評で好みのあらすじだったので視聴。
個人的には絶妙に琴線に触れなかった。
三幕目カラクリが分かってからは異常に面白いがそれまでが冗長。
どんでん返しがあるので当然の起伏なのだが、そもそもミスリー
>>続きを読む

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

名探偵ブノワ・ブランシリーズ二作目、今作も勧善懲悪の上質なミステリーだった。

A面とB面を描く反復時系列の採用で導入のテンポ感が素晴らしい。
しかし一本筋ではない分、臨場感と盛り上がりには欠けた印象
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

3.4

映像革命的作品なので流行物としての興行成功作。
プロット自体はよくあるウルルン滞在記なので及第点。(正直殆どSF版『ダンス・ウィズ・ウルブス』)
長いというマイナス点はテンポの良さで相殺。
しかしだら
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

一作目より一本筋で分かりやすく楽しめた。
また色々な要素がメタファーとしての側面を持っていて感慨深い。
正直前評判の高さでハードルが上がっていたが、三幕目に入ってからの面白さで納得。
珍しく続編として
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.0

良かった。阿部サダヲの怪演が素晴らしい。いくら何でも黒目が黒すぎる。

なんとなく「被害者遺族を中心にした法廷もの」と勝手に思っていたが、実際はミステリーを含んだ犯罪心理サスペンスだった。
「死刑にい
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.1

アメリカンマッチョな物語、主張の激しいBGM、錆びることない実写アクション…など、良くも悪くも時代を感じる映画。

個人的には脚本と演出に関してはイマイチ乗り切れず。
自身の理解力の問題かもしれないが
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.6

良い意味で想定外の内容。
イーサン・ホークの変態誘拐犯っぷりを楽しむ映画かと思っていたが実際は霊感体質の兄妹が頑張る話。

『シックス・センス』や『羊たちの沈黙』っぽい要素があったり、舞台設定はスティ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

2.8

面白かったんだけどあまり印象に残っていない。
先住民の儀式という設定が興味深かった。
ゾンビものの中で特殊な一作という印象。

X エックス(2022年製作の映画)

2.7

数十年使い古されたプロットだが一捻りもないのが残念。
ホラーメイカーがみんな頭悩ませながら色んな切り口を模索している時代に、ストレートに『悪魔のいけにえ』×老人って…安直すぎる。
「本当に1979年に
>>続きを読む

炎の少女チャーリー(2022年製作の映画)

2.5

リメイクだと知らずに鑑賞。
スティーヴン・キング慣れしていると大筋は既視感の連続…
あらゆる面で描写の余地はあったと思うがドラマ要素は薄め。だったらもっと炎で大暴れするところ観せてくれても良かったのだ
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

2.9

物語はかなり大目に見てギリギリ「映画」の構成になっている。
原作同様カタルシスは弱い。映画として観るとやはり薄い。

しかし新人作家の連載デビュー作で映画を一本…ということを鑑みると、ポテンシャルは最
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.3

伊坂幸太郎×ハリウッドの化学反応は果たして…と期待しつつ鑑賞。
結果としては伊坂幸太郎作品に関しては日本の映像化の方が上手くやってる印象。
ドタバタ殺し屋バトルロワイヤルとしてはまぁまぁ…。

個人的
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.0

女殺し屋大好きリュック・ベッソンの集大成といった作品。

導入から敵対関係にやや困惑しつつも、しっかり後追いで理解できる優しさ。
時系列の操作も多用されるが、中弛みどころか伏線回収の爽快感があってタイ
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

1.0

キャッチーな設定だが、物語も演出も既視感に溢れていた。
しかし作り手は「新しくて刺激的なもの」を作っているつもりらしく、一幕目はひたすら映像と設定でゴリ押し。
その温度差が既にキツかったが、映像が派手
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.3

半密室系ホラーということもあり限定的な要素の中でありつつも、やり取りの緊迫感で飽きずに楽しめる。
今では「厄介オタ」という人種が一般的に認知されているが、この作品の時代に「その手のファン」を研究して作
>>続きを読む

キャリー(2002年製作の映画)

3.5

最近作品のテーマとしてよくスポットが当たる「毒親」「宗教二世」を超先取りしている映画。
今観ると内容や演出も色んな作品に影響を与えてることが分かって面白い。
まさに近代ホラーの金字塔。ということもあり
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.4

名作とまではいかないが想定以上に面白かった。
パッケージとあらすじがSFっぽいが実際はサスペンスである。
その為若干肩透かしをくらうのは否めない。
フラットに見た方が良い作品。

まず設定が上手く、導
>>続きを読む

ウィロー(1988年製作の映画)

3.5

幼少期繰り返し観ていたお気に入りのひとつ。
ドラマシリーズ配信にあたり20年以上ぶりに観たが、意外と今でも楽しめた。

見返して気付いたが、トールキンの世界観ほぼそのままに『スター・ウォーズ』をやって
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

1.3

ちょっと前のSFにありがちな「設定は煮詰めてるからあらすじがやたら面白そうだけど中身は微妙」な映画。
いかにも一昔前の空気感。

結局冒頭の「こういう未来です!」って場面がピークで後はとってつけた様な
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

4.5

シリーズ三作目。二作目では世界観の拡張を横軸(場所)で試みていたが、どうにも作るのが苦しそうだった印象。
しかし今回は前日譚、縦軸(時間)での拡張を試みて見事ハマっていた。

オリジナルでは数々のガジ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

一作目に思い入れが強い為ハードルが高かった作品。
結果、前半は「二作目でやってはいけないこと」をほぼコンプリート、後半なんとか整えつつ期待通りで満足…と言ったところ。期待値ジャスト程度。

そもそもマ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.8

人は誰しもが可能性を秘めている。それを発揮する為に教養は鎧となり、振る舞いは剣となる。

公開日に劇場で観賞し、それまで自分の中で漠然としていた価値観を可視化してくれた作品だ。
本作自体は芸術点が高い
>>続きを読む

スローターハウス・ルールズ(2018年製作の映画)

3.7

好き嫌いが分かれそうだが、クリエイターが好き勝手やってる作品が好きな自分には割とハマった。
素材をとにかく突っ込んだ闇鍋なので「今何味の何を食べさせられているのか」を提示されないと咀嚼できない人は受け
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.9

『アメリカン・パイ』から続くハイスクールコメディの潮流はこの『スーパー・バッド』の登場で潮目が変わることとなる。
後続の影響を受けた作品を「スーパー・バッド系」と呼んでいい程にジャンルを確立させた礎的
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.7

反戦映画の中でも個人的にTOP5には入る傑作。
ロシアのウクライナ侵攻が日々報じられる今、改めて価値を感じる作品だ。

第二次大戦の映画は数あれど、構成上の難しさからかドイツ民視点のものはそう多くはな
>>続きを読む

バケーション・フレンズ(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『フリー・ガイ』で好演していたリルレル・ハウリー目当てで鑑賞。ドタバタコメディで終わらずしっかりドラマで落とそうとした姿勢は良かった。

メキシコ旅行でのあれこれが物語上の時限爆弾になるワケだが、これ
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.1

この世界観が好きな層には堪らない映画。
ポップカルチャーのサプライズ、イースターエッグが大正解の演出で物語を彩る。現実のコンテンツを徹底的に研究した上で目配せしているのが好印象。
パッケージとあらすじ
>>続きを読む

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

3.0

爽快感のあるアクション映画が観たいな、と思い鑑賞。
良くも悪くも想像通り、押さえるところは押さえてる。
インディ・ジョーンズやナショナルトレジャーの様なトレジャーハントものだが、学者ではなくスリの青年
>>続きを読む

>|