BR1980さんの映画レビュー・感想・評価

BR1980

BR1980

洋邦年代ジャンル問わず。点数甘めの長文気味。

映画(41)
ドラマ(0)

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

-

録画機器の不調で、画面がブレる、ノイズが走る、静止画のままフリーズする、という、この映画を見るうえで一番ふさわしくない現象が発生。図らずもリアルに呪われたビデオ風の仕上がり。
作品が作品だけにシャレに
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.5

まずは是枝監督、カンヌ映画祭パルムドール受賞おめでとうございます。

さて三度目の殺人、昨日ようやく観ましたが無類の面白さでした。この映画で描かれるモヤモヤこそ、フィクションならではのリアリティだなと
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.3

先日レビューしたロブスターに続き、近未来の結婚できない中年映画を。
副題のダサさが際立っていて観に行くのをためらった映画だが、ホアキン、スカヨハ、エイミーという顔触れでは行く他なかった。
公開当時、ち
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.8

まるで筒井康隆の短編SFを彷彿とさせるような不条理さで、近未来というより別の惑星のように思えた。
独身者は強制的な婚活を強いられ、45日で上手くいかなければ、自らが選んだ動物に変えられてしまう。主人公
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.1

劇場内の全員が息を殺す。そんな映画体験そのものが楽しい映画だったなあと、自宅鑑賞の物足りなさを感じつつ。
アメリカの郊外、それもゴーストタウンが舞台のスリラーとなれば無条件に高評価をつけてしまう。
>>続きを読む

ブレーキ(2012年製作の映画)

3.0

クソ映画だと聞いたので、モノは試しとみた結果、特に驚きも憤りもなく拍子抜け。文句タラタラで見ようと思ったのに残念。そういう意味では印象に残らないタイプの映画だった。
いわゆるソリッドシチュエーション
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.2

鑑賞後、マクドナルドに行きたくなると同時に、床にハンバーガーを叩きつけたくなる映画。
レイクロックのしたたかな弱肉強食ぶりの上に、今のマクドナルドが成り立っていると思うと、因果な現実に暗澹となるし、企
>>続きを読む

ナビゲイター(1986年製作の映画)

3.6

オープニングの見せ方が秀逸。
UFOに乗って世界中を飛び回る、子供にとっては夢の体験ができるアトラクションのような映画。自分だけ年を取らず、8年後の未来で逃げ回るのも、ピーターパンの系譜として面白かっ
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.1

久々にイタリア産を見ました。
まずタイトルからしてまともな映画ではないことがわかる。なぜ70年代の日本アニメが?という疑問。オープニングのタイトルバックも思いっきり日本語で「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.5

金融TVショーの生放送中に番組がジャックされ、司会(ジョージクルーニー)が人質に。犯人の男は生放送で世界に向け、株価の不正操作を主張する。事件の状況は現場から生放送され、モニタールームに控えるディレク>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

4.5

日本語タイトルが平仮名なのが良い。これだけで作品の説明になっている、実はかなりスマートな邦題。
原題は「carnage」
単語としては殺戮とか虐殺の意味だそうだが、それよりも「a scene of c
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

4.4

ファントムスレッドからの流れで久々に再鑑賞。
石油と宗教、果たして生活を明るい方へ導いてくれるのはどちらなんだろう。炎も祈りも、周りが何も見えなくなるほど、目を眩ませる。そんな明るさなのかも。

ポー
>>続きを読む

Daydreaming(2016年製作の映画)

3.5

こんなPVまでフィルマークスはカバーしてるんですね。びっくりしました。ジョニーのご縁がついにバンドにまで。
改めて見るとトムヨークの孤立感がドンピシャですね。画面にはたくさんの人が写り込んでいるのに、
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ユーロライブで行われた試写会にて鑑賞。
帰り道、タイトルのファントムスレッドに込められた意味をつらつらと考えていた。元は、お針子さんたちが仕事場以外でも見えない糸を縫い続けていたという逸話なのだそう。
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

4.1

10年振りくらいに鑑賞。
原作はタコ型の宇宙人を生み出したSFの古典中の古典ですが、一応53年版のリメイクということになるのだろうか。今作はトムクルーズ版「そして父になる」とも言えるような父親成長譚で
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

私はインド料理が大好きでございまして、特に南インド料理に代表されるミールスという定食スタイルに目がありません。
このミールスというのはワンプレートの中に盛られたバスマティライスを中心に、小鉢に入ったカ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

5.0

なるほど凄まじい。冷静さを保ってられないこの感じ。思わず笑みがこぼれてしまうこの感じ。マッドマックス怒りのデスロード以来に、またなにか別な扉が開いた。バーフバリ以前以降で、確実に世界の見え方は違ってい>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.2

同じ画面に並ぶ7人のノオミラパス。この絵面が見られただけで概ね満足。
ただ、もう少しこの設定を上手く活かせなかったのかなというモヤモヤ感と、演出が割とアクション強め、それも結構容赦のないバイオレント描
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

苦渋の末の底スコア。劇場で3回、自宅で3回の鑑賞。ようやく自分には合わないと踏ん切れましたが、まさかスターウォーズにこんな点数をつけるとは思いもせず、正直つらいです。
あまりのショックに、見え方が変わ
>>続きを読む

トラスト・ミー(1990年製作の映画)

3.7

エイドリアンシェリー演じるマリアがキュート過ぎる。メガネで金髪ポニーテール、オーバーサイズのスタジャンにストライプのワンピースと白のタイツ。30年前の萌ファッションが今でも通用する、というかむしろリバ>>続きを読む

泳ぐひと(1968年製作の映画)

4.0

タイトルとパッケージデザインだけではこの映画の恐ろしい内容は絶対に読めない。
太陽の降り注ぐ夏の日、筋骨隆々な海パン一丁の男が、友人宅で泳いでいたある時、自宅まで連なる高級住宅街のプールを片っ端から泳
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

読後感、映画の場合なんて言うのだろう。
作品が残す余韻がたまらない。じんわり体の芯に伝わる感じが心地よく、画面の前でしばらく放心してしまった。
この映画は少年期、青年期、成人期と三幕構成になっており、
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.6

何度見ても面白い。
役者の表情、言葉の演出が突出している。
ついつい細かいところが気になって、結局一週間レンタルの間に3回見直してしまった。
初見の劇場では作品の奇妙な雰囲気に飲まれ、あれは一体どうい
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.2

動悸がとまらない。なんだこの破壊力。

昨年、劇場公開を待ち望んでいた作品で、公開中止になったと知りガッカリしていたのだが、まあ内容を見れば無理もなかった。倫理的に問題だらけで、常に神経を逆撫でされる
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

パターソンという街に暮らすパターソンという名の男の話。ジャームッシュらしい人物と街の捉え方で、一週間の毎日を切り取る。詩を書くことを趣味としているバスの運転手。毎日のルーティンの中で、微妙に異なる些末>>続きを読む

山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

3.7

一度流れてしまっては、もう二度と交わることもない。けれども確かに自分の中に存在していたもの。
この映画では全ての登場人物が枝分かれのようにしてそれぞれの人生へ散っていく。
誰もが独りで、誰もが各々の心
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.1

ロボットを見ても人間と感じるか。
人間たらしめているものは?
AIと人間の違いは?
これまで何度となく描かれてきたテーマだが、この数年間でAIがより身近な存在になった今、興味の向かい方が違ってきている
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.2

コーエン作の中では評判がイマイチな作品だが、それなりに楽しめた。
ハリウッドがどのように成り立っているか、または成り立ってきたか。独特な語り口で見せる皮肉だらけのコメディだった。
出演キャストが無駄に
>>続きを読む

追跡(1962年製作の映画)

3.5

冒頭、犯人に羽交い締めされるシーンの美しさと怖さ。犯人の顔が見えそうで見えない、絶妙な光りと影の演出が特に魅力的。
マネキンだらけの部屋の中に光る眼が浮かんだり、乱歩的要素も奇妙で惹かれる。
子供の頃
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.4

先程、シネマカリテで見てまいりました。
齢91の大往生となったハリーディーンスタントン の遺作です。
こんなにも見事な花道が他にあるかというような作品。

私はまだラッキーの半分も生きていない30代後
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

昨年、あまり期待せずに劇場で観たのですが、思いのほか良かったので今回レンタルで二度目の鑑賞。

今回のイットは子役が最高!これに尽きます。
と言ってしまっては申し訳ないが、でも。
正直ペニーワイズは置
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

劇場で3回見ている満足派です。
ただし旧作に軍配が上がる派でもあります。

2049は概ね及第点。
映像は文句なし、音楽や音響も凄い。
Kとラヴのキャラも良かった。
肝心のストーリーとテーマは結論を出
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.9

今だ!フュリオサ‼︎殴れ‼︎
と口走りそうになる程、シャーリーズセロン=女隊長となっている私。
おそらくそんな人は多いはずで、応援上映などをやれば、フュリオサフュリオサの声が止まないことでしょう。
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

ポールダノとダニエルラドクリフ、そしてこの破天荒なアイデアとストーリーを生み出した監督に拍手👏

死んだように生きる男と、生き生きした死体。
異なる境遇の2人か心を通わせる映画は数あれど、ここまでぶっ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

思っていた以上に王道な、映画然とした作品だった。
水の温度、感触、怪物の肌触り。映画でしか語り得ない、言葉以上に肌を通して伝わってくるような感覚。触れるということがこんなにも感情を伝えるものかと驚く。
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.6

アグネシュカ・スモチンスカ。
まったく覚えられる気がしない監督の名。
本作が長編デビューというポーランドの女性監督です。
題材も映像も音楽もフェティッシュで素敵でした。
人魚の下半身、魚の部分のデザイ
>>続きを読む

>|