男の子研究事務所さんの映画レビュー・感想・評価

男の子研究事務所

男の子研究事務所

ストレンジ・ハウス: 呪われた家の秘密(2020年製作の映画)

3.4

メガネっ子のフリッツ少年がめっちゃ良いキャラ。高校生の恋愛を邪魔する感じ、見てて面白い。

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

マイキーの吹替がどうしても気になって調べてみたらターミネーター2のジョン・コナーだ!
スッキリした。
あの主張する時の大きな声での甘さ。
浪川大輔さんだと言うことがわかった。
グーニーズ辺りはハリウッ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.6

両親を亡くした姉弟。動物系よりもザスーラの宇宙系の方が自分的には好きかな。

窓の向こう(2013年製作の映画)

3.9

10歳のベン・ハイランド(Ben Hyland)くん。彼のプレーンな可愛らしさと静かな映像・音楽が非常にマッチした。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.9

前半から中盤まで中弛み感があって期待のわりには。。と思っていたけど後半は結構好き。鬼舞辻󠄀無惨の圧倒的な力と頭脳を見たかったなあ。声もめっちゃ好き。
もしかしたら俺、鬼舞辻󠄀無惨のファンなのか(°_°
>>続きを読む

ボイス -深淵からの囁き-(2020年製作の映画)

3.3

エリック少年の深掘りがもうちょっと欲しかったなあ。音で脅かす感じが若干くどいけどスペインのホラーは良質多し。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.6

ゴールデンレトリバー風ハリウッド子役のアジーくんが出てたから見た映画。華やかさは無いけれど実力派子役。2018-2020くらいに結構出てるみたい。

日本とアメリカの家族愛的なものの違いはなんだろうと
>>続きを読む

日々は、うたかたに(2021年製作の映画)

3.7

アニメから飛び出してきたかのような強烈なアドラブル少年が出てくる。チワワのような男の子。食べる、泳ぐ、走る。。生きているって素晴らしいんだな。

ELI/イーライ(2019年製作の映画)

3.8

イーライ少年の表情豊かな表現がポイント。チキン野郎かと思ったら勇敢な場面も。
声優はリアル子役。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

子役一人ひとりが映画の主役やれるような大御所子役が盛り沢山な作品。吹替では劇団ひまわりやテアトルなどのリアル子役を起用しあどけなさがひしひしと伝わる。

良い作品だと思うし多くの人に見てもらいたいと思
>>続きを読む

シャチの見える灯台(2016年製作の映画)

4.0

自閉症の男の子の演技が終始徹底されてて見入ってしまった。登場人物が少なくポツンと一軒家で暮らす様子がこの映画を引き立ててる。
劇的な変化が起きるのかなとも思ったけど、リアリティのある変化。

ペンギンが教えてくれたこと(2020年製作の映画)

4.0

小学生の3兄弟がめちゃくちゃアドラブルで、特に長男の切れ味は一級品。湘南のイケイケボーイみたいな子たち。内容は私にとってカロリー多めの家族愛ストーリーだけど全体的には好きなドラマ。長男のセンシティブな>>続きを読む

リトルデビル(2017年製作の映画)

3.2

オーメンのような映画かと思ったら意外と人間味ある感じだったりでイメージとは違った。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

4.1

小6の男の子の思春期は痛いほどわかる。欲望と無知。天才子役ジェイコブくん以外も名演技。

ヒーローキッズ(2020年製作の映画)

3.0

だいぶ子供向けすぎる感じ。未就学児向け映画。スパイキッズの衝撃は超えられないなあ。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.7

ルイス役のオーウェンくんの演技力が凄い!
そして日本語吹き替えだとコナンの声。2回見て楽しめるかも。

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.2

3時間モノクロ映画。少年の観点で映像は進む。でも私にはセリフ少なめの映像は苦手なのかもしれない。作者のパワーは感じ取れたけど好きか否かというと別の話。

ブラックコーヒーかカフェラテかというと前者だろ
>>続きを読む

スモールワールド 15センチの魔法(2015年製作の映画)

3.8

小学校低学年なら結構見やすく楽しい映画かも。最後泣けてきちゃった。多分泣くところじゃないんだろうけど、ピュアさで泣けるパターン。

ベター・ウォッチ・アウト: クリスマスの侵略者(2016年製作の映画)

4.0

サイコパス12歳少年。1991年の傑作『マイキー』の現代版。なかなか素晴らしい見応え。生きている人間が一番怖い。

事件物件 呪縛の連鎖(2018年製作の映画)

3.2

チャーリーくん12歳。息子と父親だけで曰く付き物件に住む。
最後はなんかほっこり。

ドリームキャッチャー 呪われた魔除け(2020年製作の映画)

3.0

フィンレイくん10歳が主役のホラー。キュートなのに徐々に変化が。脚が華奢でなんかそれはそれでゾクっとさせられた。最近株が上がってきている子役さんの一人かな?
最初日本語吹替で見てたけどなんか違和感感じ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

7歳のダソンくんが大人の体をクンクン匂うシーンが印象的。匂いで同じ家族ってわかるんだよなあ。韓国の格差社会を見事に描けて凄い。

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

3.9

11歳の男の子の1週間のバケーション。日本では考えられない環境と価値観の違い。めっちゃ憧れる。
こんなバケーションあったら少年はかなり成長するだろうなあ。
出会い系アプリなんか要らない。1週間のバケー
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.2

これまたすごい作品を出してきたなあ。
グロ系のダークファンタジーに小学生のキャラというのがGOOD。
続きがすごい気になる。

ロボ A-112(2019年製作の映画)

4.1

ロボットの「ロボ」の人格が私的にどハマりで今のこの複雑な社会に適しているなあって思って一気に引き込まれた。

レンタルした中で一番期待していなかったものが一番面白かった。ミーシャ最初笑わないのに途中か
>>続きを読む

クワイエット・フレンド 見えない、ともだち/ゼット 見えない友達(2019年製作の映画)

3.0

主役の男の子(ジェット・クライン)は結構なハリウッド子役だと思うけど、もっといい脚本のホラーに出会えたら良かったのになあって思っちゃう。

僕を憐れむ子守唄-呪われたベッドNO.6-(2019年製作の映画)

2.9

幽霊役の男の子役はキュートだが。。
内容は普通のホラー。印象には残らない。

新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X(2019年製作の映画)

3.3

「好きなことに、役に立つも立たないも無いよ。好きなものは好きなもののままでいいと思う。」12歳の言葉。
9歳で中学受験を目指し鉄道の知識なんて不要だと言い聞かせやめようと思うのを止めた言葉。
そこから
>>続きを読む

夕陽のあと(2019年製作の映画)

3.3

とあくんの素人感が逆にグッドよ。
とにかくブリがすごく美味しそう。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

ローマンくんのキャスティングが素晴らしい。なんと愛くるしい子なんだろうか。前歯の歯並びの悪さもご愛嬌。ポップな感じでナチスドイツの映画を見たのは初めてかも。後半はコメディーじゃなかったの?と思わせるシ>>続きを読む

ファイティング・with・ファイア(2019年製作の映画)

3.0

長男クリスチャン・コンベリーくんのための映画。彼はインスタ9万人のフォロワーがつく子役。
あんまり喜劇っぽいの好きじゃないけど最後まで見てた。

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.3

フランスのプロヴァンスもパリ症候群のうちの一つなんだろうか。とっても美しく映る田舎。
そして出てくる少年子役がみんなキュートね。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

3.9

9歳くらいに見える13歳の少年が「自分を産んだ罪」として両親を訴える。栄養も十分でないためか小柄な体つき。
最後の身分証明書撮影の時の初めてみせる笑顔がかなり印象的。極貧生活を実際経験した一般人が選ば
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.8

「目には目を歯には歯を」を上回っちゃった。

>|