TMさんの映画レビュー・感想・評価

TM

TM

30歳男。B型、大阪出身。
主にヒューマン系ですが、洋画、邦画、大作、小作何でも観ます。
ムカデ人間系とか心霊系は苦手。
観たい作品しか観ないので、比較的点数は高めかなと思います。
4点越えは近々また観ようかなと思う作品です。

映画(594)
ドラマ(0)

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.7

締め方が素敵でしたね。

11の方がエンタメ感強くて好きですが、
こちらも緻密な仕掛けを楽しむという意味ではどんでん返しクライムムービーのオマージュがあって良かったです。

アンディガルシア、アルパチ
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

今回はコメディにパロディにふざけまくり。

イケてるシーン多かったけど、番外編みたいな話だった。

ブルースはちょっといらなかったかな。
どうせなら'ジュリアロバーツ'をもっと観たかった。

テーマソ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.4

プランは?と聞かれて、
考え中!と叫ぶイーサンのとおり、いつも通りハラハラさせられるけど、
ブレない理念で仲間と共に突き進むイーサンは期待値以上に爽快でした。

今回はトムクルーズのアクション祭り。
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.9

新シリーズに向けて復習。

ワンシーンワンシーンごとに遊び心があって、ポップコーンムービーとして申し分ない仕上がり。

ブラピがクールで弟キャラに徹してて、最高でした。

そして、ケイシーアフレック!
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.4

二つの作品を一つにしたような美しく凶暴な衝撃作でした。

突如送られてくる20年前に別れた元夫(作家)からの小説。

それだけだと、ちょっと気持ち悪いような気もするが、実利主義の主人公スーザンも心に闇
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.4

前作の良さをとても上手く生かしており、
刑務所で仲間が出来たり、
最後のショーだったり、
一見、世の中で除け者にされがちな怖いおっちゃんたち、働く男たちや近所の人とか日常で普通に出会う人たちの固まった
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.3

重たくて冷たくてダークなサスペンスだけど、アベンジャーズ2人の名演もあって観れるなかなかの傑作でした。

こういう感じのジェレミーレナーを久しぶりに観れて、良かったです。

ボーダーラインを手がけたテ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.1

いやいや、二回泣きましたよ。笑

実話の再現映像という感じなんだけど、
三人を繋ぐほっこりエピソードの間に挟まれる武装したテロリストがすごい形相でトイレから出てくるシーンとのギャップに唸りました。
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

世にも奇妙な殺人事件。

お恥ずかしながら、オチは知らなかったので、さすがに、わー!すごーい!となりました。

善と悪を区別するのは難しいなーとつくづく思いましたが、
現代人の感覚としてこれは少し特殊
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.3

なんとも言えない不思議な魅力のある作品でした。

片目はおじいちゃんに奪われ、
本気で殺しにくる相手が叔母さんってマジで訳ありすぎるだろうっていう家族の話。笑

この世界観と主人公のクボが仲間たち(?
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.1

キャラやガジェットが存分に生かされているので、面白かった。

チューバッカ&ハンソロのコンビもバッチリ!

ストーリーはそれなりに良いんだけど、JJみたいなSFというよりは大河ドラマを見てるような型を
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

序盤の37分がグダグダで長く感じすぎて、one cut〜の名前が出たときもう終わりかと思いましたが、後半部からがなかなかのインパクトでした。

新感覚なので、考えれば考えるほど訳わかんなくなるけど、
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

とっても素敵な家族ドラマでした。

オギーだけの奮闘記かと思いきや、周りの家族や友人にもテーマが移ってゆき、それぞれが悩みや憤りを抱えながら、
良き方向へ進もうと努力し、
人と人が許し合いわかりあう、
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.2

これまた素晴らしい作品でした。

生真面目で潔癖な頑固ジジイが先に亡くなった奥さんを追って自殺しようとしつつも、過去を振り返る話なんだけど、美しい奥さんとのエピソードが普通に泣けました。

無口で生真
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

個人的にめちゃくちゃ好きでした!

6人それぞれに映画一本作れるような複雑な事情があり、
俳優陣、子供達は今までに見たことないような最高ぶり。

池松壮亮いきなり出てくるし!笑

予告の時点で、結構大
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.1

自分が60近くなったら社会はどうなるんだろう…という不安は常にありますが、まさにゾッとするような管理社会の実情を描いた傑作でした。

働きたいのに心臓の病気で医師から許可が下りず、給付を受けようとする
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.4

待望の愛すべき続編でした。

ドミノ、ケーブル、Xフォースとキャラがみんな素敵で予告のワクワク感がそのまんま本編に表れてて、めっちゃ楽しかった。

デップーはコミックでサノスとも親交(?)があるのでジ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.6

もっと早く、リアルタイムに観ていれば人生観が変わったんじゃないかと思う名作でした。

みなさんのレビューでこの作品を知りました。ありがとう。

過食症でもはや身体を動かすのもやっとのお母さんに、知的障
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

一見日本リスペクトしすぎてる部分がコミカルに見えるんだけど、
主人公の頭に飛行機の部品が刺さってたり、犬たちの汚れや悲しみの部分だったり、ファンタジーのなかにviolenceやブラックユーモアが潜んで
>>続きを読む

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬(2018年製作の映画)

4.0

写真家、鋤田正義さんの功績をたどるドキュメンタリー。

もうすぐ80歳になるというご本人は非常に穏やかで感性が鋭い方。
時代背景や作品の意味なども語ってくれて、とても素晴らしい内容でした。

個人的に
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

パディントンの人間性ならぬ熊性が良いのか、はたまた、
サリーホーキンスの魔法にかかっているのか…
またまた好みの作品に出会いました。

カラフルな衣装とロンドンの街並みも素敵だったし、
イギリス人の古
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.0

勇気を出して、ようやく観れました。

生々しさが凄いとしか言いようがなく、
主に3人の偶像劇になりますが、(奥さんの方はあまりつながらないかな。)
大小関係なく、
悲しみや問題を抱えながら生きてる人は
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.6

海の絵がとても良くて、良い音楽にロック様(マウイ)の登場もテンション上がって面白かった。

序盤、子供の亀を助けるシーンが好きだった。

ただ、海を味方につけてるモアナはもはや無双状態な気もする。笑
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.3

ビリビリとくる青春の刺激に観ているこっちも痺れそうでしたが、
終わってみると、とても普遍的で人生にそっと寄り添ってくれるような優しい作品でした。

シアーシャローナンはもちろん素晴らしかったし、
お母
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.3

期待通りの傑作でした!

マーゴットロビーは演じてるというよりもはやトーニャを乗っ取ってしまってる感じ。

トーニャ側の関係者の証言をなぞってる分、事件に関する信憑性の緩さというか、こいつら大丈夫か?
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.6

初期のアベンジャーズやジャスティスリーグとかでも、
これだけ強い連中が集まってたら、もはや茶番&お祭りでしょ。と思ってたのを恐ろしくひっくり返してくれた今作。

キャプテンアメリカがあくまでもスティー
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.9

エンドロールがとても心地良かった。

ドラッグから抜けきれない人生など、とても受け入れられないけれど、音楽に対して誠実な姿勢を崩さなかったのは男としてグッときた。
と同時にもちろん儚さもあった。

>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.4

光州事件を知る良いきっかけになったし、勇気を呼び起こしてくれるとても良い作品でした。

最初は父と娘の愛情溢れるほんわかコメディなのに、後半はまさしくマッドマックス怒りのデスロード。笑

前半喜劇、後
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.8

未解決のゾディアック事件を追う関係者たちや、主要3人の死闘が偶像的に描かれたもので、ドラマとしてとても見応えがありました。

物事が二点三点し、翻弄される人間ドラマはハウスオブカードに近いし、
再現さ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

スピルバーグワールドをとことん楽しんだなと充実感を得られる作品でした!

ストーリーはスピルバーグ節の効いた王道で、ある意味バックトゥザ・フューチャーのセルフオマージュ。(主人公の愛車がデロリアン。笑
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.5

オムニバス形式の熱きファンムービーという感じで、
ファンを裏切らないということに尽きる内容でした。

奇想天外な演出と役者陣はとても良く、3つのお話の内容はまずまず。
慎吾ちゃんのがファンタジーでらし
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.8

サスペンス要素もありつつ、
親子の絆を描く良質なドラマでした。

序盤は弁護士もやりつつ、いつでもアイアンマンに戻れまっせ感が離れなかったけど、
ロバートデュヴァルとの掛け合いがやっぱり良くて、倒れか
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.4

とある名所が出た瞬間、会場がどよめきましたね。笑

割とマイルドに内輪ネタでまとめた感じが、結局トランスフォーマーと被っててポップコーンムービー的ではありました。

ジョンボイエガーと相方の女の子はア
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.7

映像は青春アート的で電子音を駆使し、恐怖を煽ってくる古典的な雰囲気が素晴らしかったです。

やっぱり設定の妙に尽きるというか、悪い意味で青春を謳歌する彼女たちに対して下手すれば'それ'にすら感情移入で
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

これ、本当にドキュメンタリー?っていうくらい、色々な'事件'が起きる奇跡の作品でした。

すごい状況下での遺言のくだりとか凄まじくシュールですよね。笑

お喋りな姪っ子ちゃんも助演女優賞ものだったし、
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

ボストンマラソンで起きた爆弾テロの犯人と捜査員たちの死闘を描いた102時間。
ピーターバーグ節がきいた緊張感にドラマティックな演出が合わさって見応え抜群でした。

マークウォールバーグ演じるトムはアメ
>>続きを読む

>|