TMさんの映画レビュー・感想・評価

TM

TM

30歳男。B型、大阪出身。
主にヒューマン系ですが、洋画、邦画、大作、小作何でも観ます。
ムカデ人間系とか心霊系は苦手。
観たい作品しか観ないので、比較的点数は高めかなと思います。
4点越えは近々また観ようかなと思う作品です。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

曲がとにかくポップで高クオリティで素晴らしかったです。
音楽が先行してて心地よかった。

重厚なMVがいくども続いていく感じ(ララランドの冒頭のハイウェイのテンション)が気持ちよく、ずっと観ていたくな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

震えました!素晴らしい!

長閑だけどどこか、
閉鎖的なミズーリという田舎の道に設置された三つの看板。
張り詰めた緊張感、暴力とユーモア、怒り、そして愛があり、
二転三転する怒涛の展開は全く読めません
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.5

終わりよければすべてよし!
じゃないけど良い意味で、トムによるトムのための渋さが光るアクション映画でした。

ラスト、別れの台詞が良かったです。

1作目はロザムンドパイクとの絡みでミステリアスな雰囲
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

時代劇みたいな正統派もので面白かったです。

フークア作品はゲイリーオールドマンっぽい悪役が個性的で、美味しいイメージがあるので、めっちゃ悪いやつだったけど、悪役の人は役者冥利につきるんではないだろう
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

思ったより、イタい感じがないのはやっぱりこれがリアルだからなんでしょうか?笑

キャラが明確で笑いのセンスとテンポの良い展開も絶妙だったので、原作も読んでみたいなぁと思いました。

後半ダレてきたあた
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

堪能させていただきました。
素晴らしきインドスペクタクル大作もの。

スケールの大きさと、あのエスニック感、ストーリーは親子の因縁の話で初期ドラゴンボールのバーダック編という感じ。
上半身むきむきの最
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.1

やっぱり警官3人の歪んだ正義みたいなものがどんどん倫理から反していく様はかなり見応えがあった。

序盤から暴動を背景に憎悪がどんどん膨らんでゆく様は恐怖。

警備員役ボイエガくんはある意味観客に一番近
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

最初はなんじゃこりゃ?と不安になりましたが、すっかりクライマックスでは「バーフバリ!!バーフバリ!!」と一緒に叫びたくなりました!笑

ど迫力でストーリーもわかりやすかったが、NHKの大河ドラマのよう
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

「感情的になるな!」

期待通りの凄まじいアクションとマシューボーンらしいエログロユーモアもあって、盛りだくさんの面白さでした。

地味にアメリカ社会の麻薬問題を突きつけてたり(ジュリアンムーアが麻薬
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

オンリーワンと呼ぶにふさわしい不思議な魅力をもつ作品だと感じました。

三部構成でシャロンの成長を描いてるんですが、いい編集で中だるみせず、音楽のセンスも抜群。

三部目の'black'で、
「何故売
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

メッセージ性溢れ、誰が観ても共感できる傑作でした。

そもそも、衛生兵がメインになる作品なんて見たことがなかったし、自分だったら速攻銃を握るだろうけど、
それだけのプライドや、信念があれば誰もできない
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.1

決着。

前編はまだ開けてない玉手箱のような希望がかすかにあったけど、やはり心に傷を負った者たちが寄り添い傷つけあう末路を描いた無限ループのような、切ない偶像劇ではありました。

自殺防止サークルのく
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.8

予想がつかない奇想天外なシーンのオンパレードで、爆裂キャラ満載、詩人=悪魔の実の能力者ばりのONE PIECE状態でなかなか面白かったです。笑

途中いきなり美少年から、大泉洋に変身するので、何事かと
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

前作は一応過去作をリスペクトしたような大人的な巧さがあったけど、今回は意外性に富んでストーリーが自由で好みでした。

ネタバレがどうとか一言では語れないくらい良く進んだなーという感じ。

ルークはあく
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.3

美しく解放的で、パワフルで、愛に溢れていて、マイクミルズの世界観に不思議と引き込まれてしまいました。

映像もカラフルでタバコ、音楽、スケボー、車、海辺とジム・ジャームッシュのようないろんなキーワード
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.1

面白かったとはまた違いますが、人生のどん底から救い出してくれるような生きる勇気が溢れる傑作でした。

トンネルで風を感じるシーンや、こんだけ3人が仲良ければ羨ましいを通り越して、ただただ素晴らしいと思
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

こういう子供の奪い合いになる裁判のくだりはいつ観ても辛いですね。

天才的な数学の才能をもったメアリーちゃんと、一緒に暮らす伯父フランクの絆のストーリーで、
子が居ない自分でも考えさせられる'根深い'
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

次が観たくなるまとまりのある仕上がりで楽しかったです!

今回初めましてのフラッシュ、アクアマン、サイボーグがそれぞれのキャラの特徴を上手く生かせていて、チームで戦う意義みたいなものもちゃんと感じまし
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.7

10何年ぶりくらいに再視聴。

初見はただただ虐殺の描写に圧倒されたけど、その間に色んなホロコーストや、戦争の映画を観て、また作品の深さや偉大さを思い知りました。

改めて観てみると、
序盤シンドラー
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.6

やっぱりお前がいないとな!

良作でしたが、今回はアメリカである人種差別問題を背景にしたテーマもあったと思うので、
今までの前2作にあったエモーショナルさや宇宙への好奇心みたいなのは抑えめで、みんなあ
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.6

類は友を呼ぶ。

笑わせてもらいました。
(パシフィックリム好きは是非!笑)

主人公が共感度ゼロの半アル中ダメウーマンで、
失業し、カレシに振られ地元に戻り、たまたま出会った幼なじみが経営するバーに
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.2

少し前に観たのだけれど、自分には眩しすぎて、レビュー付けるのを忘れてました。笑

毎朝起きて違う顔になってるっていうのはユニークですごく良い設定だなと思った。

イケメンの時に遊んだり、
必死で寝ずに
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

結構好きな感じでした。

地獄を見るってやつでしょうか。

主要キャストが3人とも適役なので、感情移入しやすかったです。

3人の関係性も興味深く、
デルトロの悲しくも圧倒的なオーラに息を飲むシーンが
>>続きを読む

グレイン(2017年製作の映画)

3.2

土ー!!!

東京国際映画祭作品賞上映。

全編淡々としたSFだけど、あんまり人物描写も深く掘り下げてないので、風景とか自然を頭に焼き付ける作品だと思いました。

大事な題材を扱ってるんだから、終わっ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.9

ストーリーはごちゃごちゃしてて、わかりにくかったですが、
(そもそもマカヴォイのキャラのせいもあるのかも!笑)

とにかくシャーリーズセロンに尽きるというか、
映像のスタイリッシュさや、80s後半のポ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

面白かった!
ブラックユーモアと社会風刺とホラー要素が上手く混ざった秀作でした。

笑ってはいけないシリーズみたいに、あの謎のビンゴゲームとか、ストローでミルク飲むシーンとか、二回目は笑える部分が色々
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.4

これは…凄すぎる…
でも何も言えない!笑

ストーリーもそうですが、観せ方も素晴らしいので、予備知識なしで観るべき作品です。

プリズナーズ好きな人は似た作風かも。

隙間に流れるradioheadの
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

2049の直前に観たのですが、
CG感がないせいか世界観に重みがありましたね。

未来都市のイメージなんかは大好きなマトリックスや、クラウドアトラスみたいで、秀逸!

日本語いっぱい出てくるんで、嬉し
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

ファンも納得できる世界観と、元祖と同じくらい眉間にシワがよるシーンが多々あり、痛みを伴いながら苦しみ、恐怖し、哀しみ、混乱しながら、
たどり着くクライマックスはとてもシンプルで'人間らしい'ものでした
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

4.2

昭和29年か。。セリフもちょっと聞きづらいし、ついていけるかな。。と不安ながらに見だしたけど…
めちゃめちゃええ話やないか〜い!!
ってなりました!笑

ストーリーはシンプルすぎて、筋はあまり言えませ
>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.0

多種多様化してる洋画、邦画でこんな初々しい作品はなかなか見られないかなと思うので、観て良かったです。

中盤あたりで、子供たちのことそっちのけじゃん、、とシラけてたんですが、ある意味ストーリーのジェッ
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.8

ようやく観れた。

いわゆる青春モノなんだけど、美しすぎない青酸っぱさもあって良い脚本でした。

フランシスマクドーマンド演じるお母さんの生々しさがヤバかったです。笑

それにフィリップシーモアホフマ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

こういうアプローチもあるのか!というくらい濃いドラマ要素のあるゾンビ映画でした。

自分が好きだったのは、めっちゃ良い暮らししてるシビアなビジネマスマンの主人公がゾンビに追いかけられるにつれて、逆に人
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.7

完璧でした。
ストーリーも音楽もキャスト共に素敵すぎました。

アメリカで大ヒットしてるのは知ってましたが、公開までだいぶかかりましたね。

優秀な彼女たちがトイレを別々にされたり、不遇な扱いを受けな
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.9

もはやお祭りですが、
やっぱり同じ脚本家さんって事もあり、今回もブレがなくて面白かったです。

ただ、人1人を素手で殺せるとか、政府のバックアップがあるって意味では、'ファミリー'が強すぎるっていうね
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.1

個人的に意外と共感できるドラマでした。

帰省帰りの移動中に観たので、シチュエーションがぴったり!笑

ブルックリンで職にあぶれたアイルランド移民たちが集まって歌を聴く部分は結構染みたり、
綺麗なだけ
>>続きを読む

>|