TMさんの映画レビュー・感想・評価

TM

TM

30歳男。B型、大阪出身。
主にヒューマン系ですが、洋画、邦画、大作、小作何でも観ます。
ムカデ人間系とか心霊系は苦手。
観たい作品しか観ないので、比較的点数は高めかなと思います。
4点越えは近々また観ようかなと思う作品です。

映画(630)
ドラマ(0)

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.5

とても良かったです。

1作目とは違った独特な流れを作りつつ、クリードの続編として見事とも言える展開で
クライマックスは息を飲むシーンの連続でした。

自分はテッサトンプソンが歌うシーンも好きだし、
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

ディズニーの中でもアバンギャルドな感じがとても楽しかったです。

ラルフの子供っぽい感じが良くもあるし、悪くもなるっていうね。笑
こういうことって誰かに言われないとわからないっていうチクッと胸に沁みる
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.8

恋愛のすったもんだや、密かな友情があったり、アメリカングラフィティのような一晩の偶像劇的な青春ものでした。

ミステリアスでアートな雰囲気でしたが、結局はシンプルである意味親近感の湧くストーリーだった
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.8

ポールグリーングラス最高の問題作かもしれません。

前半、言葉を失うほどの壮絶さで唖然としましたが、
悲劇だけにとどまらず、後半しっかりと瀕死の主人公が生きるために闘うドラマがあって素晴らしかったです
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.9

いい役者さんたちが躍動してる王道ラブコメで親しみやすく楽しかったです。

さすがにこんな上手い話はないと思うけど、
本当にダメなときは仕事休んで、旅行したり、気分転換したり、物事の見方を変えて、またや
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.7

問題提起的な作品の持つメッセージ性も好きだったし、
それぞれが人物像の掘り下げを完璧にしてて、とても見応えがある良く出来たドラマでした。

ブラピが若い連中に「はしゃぐな!」って説教するシーンもなんか
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

このB級感ただよう感じから、
どうやって広げるんだろうと思ってたけど、後半凄まじい鬼ごっこが待ってますね。

クライマックスは気持ち悪いシーンがあるので注意。笑

テンポの良さというか、時間軸が麻痺す
>>続きを読む

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.0

さすがに殺される危機感はなかったですが、
それぞれ、家族を持てないシリアスな事情もとっぱらって、全員芸人か!っていうくらい全力でボケまくった後のラストがすごく清々しくて良かったです。

エンドロールで
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.0

アムステルダムを舞台に、
安定の毒舌コンビの遊び心満載アクションで面白かったです。

しかも極悪なベラルーシ前大統領がゲイリーオールドマンだなんて。

ライアンのワンカットアクションシーンはマシューボ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.5

見終わったあと、じんわり愛の残る傑作でした。
グラシアス〜(ありがとう)って言葉をとても丁寧に使ってたのが、印象的。

監督自身が育ててもらった住込みのお手伝いさん、クレアさんを軸におぼろげな記憶を切
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.2

典型的なストーリーで賛否はあるかもしれないけれど、アメリカンな渋い音楽と苦労人2人の演技、演奏、ドキュメンタリー風な演出も良い感じでした。

やっぱりアリーがポップシーンのシンガーとして売れていくのが
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.1

説明的でなく、あざとさがなく、それでもちゃんとモリと世俗との交わりが成立してて、とても素敵でした。

樹木希林さんですら、
作品のコミカルで緩やかな波にちゃんと調和してて、申し分ない出来。
やっぱり山
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.3

ロッキーでも老いは来るという、月日の残酷さと、それにまた新たな希望を与えてくれる作品として、最高でした。

自分だったら今から走れ!って言われたら、えー!無理。ってなるけど、決してそうならない圧倒的な
>>続きを読む

ジョニーは行方不明/台北暮色(2017年製作の映画)

4.0

ちょっと前に台北観光をして、そこで営む人たちってどんな感じなんだろう?って気になってたのもあり鑑賞しました。
あくまでも街が主役って感じで自分は結構好きかな。

孤独感というか、
失われたなにかにまつ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

なんとも言えない現実の生々しさとカラフルなファンタジー感が織り混ざって、とても不思議な印象でした。

子供と大人たちの距離感が良かったです。

子供目線なので、自分の幼少の頃もこんな感じだったなーって
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

これはもう人生に一度は観ておきたい一作ですね。

メンバーが監修ということもあって、名曲群をめちゃいい音で存分に楽しめ、
開かれたサクセスストーリーにフレディの孤独、生と死の狭間で闘い続けたクイーンで
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

予想以上にとても秀逸な作品でびっくりでした。
ジャンルはサスペンスでしょうか。

お父さんが娘のSNSを探っていくシーンは何ともいえないゾクゾク感があり、
メッセージが返ってこない。
コメント欄に変な
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.5

序盤、酪農をしながら健気に暮らす少女の純朴なストーリーから一気にジャンルが変わる展開が素敵でした。

主人公の演技の振り幅も凄かったし、声がでかい親友の子も良かったです。笑

覚醒してから、凄まじいv
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

はじめ良ければ全て良しの愛すべきポップコーンムービーでした。

「ウィーアーヴェノム!」っていう台詞を決める中盤までのエディのストーリーが思ったより好きな感じだったので、
クライマックスは多少サクサク
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.7

最初の茶道のシーンはお婆ちゃん家に遊びに行ったようなワクワクのノスタルジーがあってステキでした。

樹木希林、黒木華、多部未華子それぞれが無駄なくナチュラルに演じていて良かったし、
一期一会の意味を噛
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

悲劇は喜劇と言いますか…
結構好みでしたが、
140分あるし、じわじわ系なので好みは分かれるかなーといった感じでした。

画の美しさや、音楽のチョイス、独特なキャラクターだったり、
イットフォローズで
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.9

大好きなシリーズなので、
「こうきたかー、、あーきたかー」と一喜一憂しながら楽しむことができました。

今回は前作と比べ昼のシーンが多くトーンは明るめ。
デンゼルワシントンはよりマッコールの繊細な人間
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.4

あのわさび…笑

全くヒットを狙った内容ではないけれど、小津監督や是枝監督のように'人'に寄り添う優しさのある傑作でした。

日本文化がやたら垣間見えるのはフィンランドならではなのかな?

いい人に助
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.2

あっさりはしてたが、ハラハラドキドキで笑って泣けてとても楽しかった。

ジャックブラックが好きで、
人を貶めない笑いというか、
スクールオブロック同様今回もそれを貫いてて素敵だった。

あとはアレック
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

やっぱり良かった笑って泣けて最高のアミールカーン最新作。

また今回は父と娘のスポ根ドラマっていうことで違ったテーマの題材で、
とても新鮮でした。

少し長いですが、テンポも良いし、父と娘2人の絆に泣
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

ワシントンポスト紙のストーリーということで、
テンポの良さも相まってクライマックスはハラハラさせられつつ、オチはわかっていても気持ちのよい王道感で、とても良かったです。

ほぼ、メリル・ストリープと、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.6

お見事でした。

音楽、絵画、自然が共存するアートを味わうような至福の時間。

そして、キュートなガールフレンドも霞むほどのイケメン2人の真剣な恋。笑

君の名前で僕を呼ぶ時の凄さよ!

両親の愛も必
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

4.1

情報も忘れかけていたので、
あ!そっちかー!ってなりました。笑

最初のシーンからわかる通り、
ノワールのように結構重たく、
3人の気持ちが絡み合いダークに変化していく様が秀逸で、思いのほか引きつけら
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

アメリカらしい良質かつ重厚なドラマでした。

こういう感じで出てくるマークライセンスはいつも良い感じ。

ロビイストと呼ばれる人たちの暗躍はとてもエキサイティングだったし、銃を巡るアイロニーというか、
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

途中から主人公トニーがほぼロバートダウニーJr.だと思いながら、観てました。笑

2人ともオーラがあって良い俳優さん。
弁護士2人も良かったし、無駄のないセリフ回しはスリービルボードみたいだった。
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

割と世代どストライクだったセカチューからキミスイにアップデートされた感じでしょうか。笑

前半は丁寧に、後半から展開してゆき、テンポもよくなり、観やすかったです。

あくまで青春ファンタジーだったけど
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.3

ギャグ満載、キャラ立ち最高で楽しかったです。

特にマイケルペーニャチームめちゃ良かった。

スタンリーもなんか面白かった。笑

今までの戦いを経て、
アントマンが人間的に成長してる部分が良かったし、
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.1

いやぁ凄かった!
アニメとは違った動く油絵ということで、膨大な手間暇かけられた絵のおかげでゆっくりと作品を噛みしめることが出来、ゴッホの人間性や苦悩、孤独をも感じることが出来ました。

役者さんたちの
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

戻ってきて良かったソダーバーグ。

カメラワークに個性もあり、
締めるところはしっかり締めて、遊ぶところは遊んで、良質なクライムムービーでした。

義手が吸い込まれるところとか、笑うところなんだろうけ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.7

やっぱりシャーリーズ姐さんが8キロ増量して挑んだ子供を育てる奮闘記は壮絶としか言いようがないので、それだけ育児の過酷さが伝わってきます。

マッケンジーデイビスの好演もあって、オチは映画的で好きなアプ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

これだけの豪華メンバーが集まるなんて…
オーシャンズならではの王道的仕上がりで楽しいパーティという印象でした。

ただ、元カレへの復讐とかチームプレイを兼ねた作戦もそのままのスタイリッシュさでいってし
>>続きを読む

>|