azumiさんの映画レビュー・感想・評価

azumi

azumi

19ans ❤︎ 20150718~

映画(91)
ドラマ(0)

マザー!(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

うわああめちゃくちゃ面白かった…これめちゃくちゃ好きだ。はじめの来訪者が好き勝手やってる辺りまで本当に胸糞悪くて苛々してたけど、葬式で蛇口?を壊されたシーンでああこれはもしやノアの箱舟…?!となってか>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.9

少年たち目線で進んでいくからこちら側にも一層不安心とか恐怖心が伝わってきて怖かった。気味が悪いシーンも沢山あるんだけど絵画を見ているかの様な映像美にとても惹き込まれた。不気味さと美しさが共存する映画で>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

はちゃめちゃに楽しかったー!映画っていうよりも自分もゲームしてる感覚に陥るくらい最高に楽しかった!
Blue Mondayとかstatin aliveとか80年代の曲もごりごりに使われてるしシャイニン
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

難しかった…どんどん周りのものを解体していくジェイクギレンホールを見ていてとても苦しくなった。失ってからはじめて大切なことに気付くって切ないね。

クルーレス(1995年製作の映画)

3.9

誰に何を言われようと人にどんな目で見られようと自分を貫いて前向きな主人公がめちゃくちゃかっこいいしかわいかった〜!うろ覚えだけどジョシュに三つ編み?をからかわれてイチャイチャしてるシーンがきゅんときた>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.0

圧巻。クライマックスは苦しくなるくらいだった。
嫉妬や憎悪、復讐心とか人間の醜い部分とナタリーポートマンとバレエっていう美しさの組み合わせは最高に好きな雰囲気の映画でした。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.9

ずっと楽しみにしていたコッポラの新作。今までと違って音楽が殆ど使われていなかったり色合いも茶色とか白とか全体的に淡くて暗い印象。ただ、閉鎖的な空間の中での女性の映し方、振る舞い、家具、衣装は今までの作>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

え!?ここから面白いのに!?ってところで終わって中々消化不良。窪田くん、すごすぎるよ…めっっちゃ金木だったよ…

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

バイト先の映画館で永遠に流れていた予告でThis is meは若干聴き飽きつつあると思ってたんですけど、全くそんなことありませんでした、最高でした。飽きさせることなくテンポよく進んでいって、本当にあっ>>続きを読む

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

4.0

60年代のイギリスの音楽がごりっごりに流れてきてさいっっこうに上がった!!男同士の友情みたいなのが少し馬鹿っぽいけど温かくて笑えてすごく羨ましくなった。音楽に情熱を捧げてる男の人たちって最高にクールで>>続きを読む

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

4.0

あああ服も音楽も雰囲気もどんぴしゃすぎる…みんなぶっ飛んでるけど個性的でかっこよくてかわいくて憎めなくてすっっっごいすき…最後のレニーゼルウィガーが好きすぎて何回でも観れる!シュガーハイ!

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アップリンクにて念願の!見終わった後混乱で頭がいっぱいだった。頭の整理が出来なくて暫く立ちたくなかったくらい。他の方のレビューやブログを見て成る程と思う部分がたくさんありました。ジェイクギレンホールが>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.5

ずーっと楽しみにしていた作品。こんなにぞくぞくと衝撃が止まらない映画は初めてだった。終わってからも放心状態。もう最初から不気味で仕方ないんです。一台の車が走っている静かな道路にいきなり人が飛び出す。そ>>続きを読む

マドモアゼル(1966年製作の映画)

3.0

完全にジャケ借りで観てみたら、なかなかぶっ飛んでた、後味悪すぎる。誰もが思わないよね、お洒落でマドモワゼルなんて呼ばれて閉鎖的な街で際立ってる女教師が犯人だなんて。サイコパスすぎる、恐ろしいよ~~。好>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.3

いつでもどこでも誰にでも親切で真面目で少しおっちょこちょいなもふもふパディントン、本当に可愛すぎた…街中でも、刑務所でも、誰にでも変わらず親切に接して絶えず努力する熊さんの一生懸命さに、素敵さに、見習>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.5

「作り物でも偽物でもないガラスの海の中のダイヤ」
「美しさが存在価値 」
「美はすべてではなく唯一だ 」
あのデザイナーが言っていた言葉がとても胸に残っている。整形にメイクに髪型にどれだけ努力しても生
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.5

結局何が伝えたかったんだ…エズラがひたすらかっこよくていい奴

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.3

初のドラン作品鑑賞。会話ばかりの映画は苦手だけどこれは集中して観れた、というかとても好き。退屈になる暇なんて一つもないんです、本当に惹きこまれちゃうんです。家族同士の不自然な距離感、会話、そして最後の>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

圧倒的映像の美しさ…物語云々よりもまず映像の綺麗さに最初から泣きそうだった。なんで映画館で観なかったんだろう!本当に後悔でしかない!ユアンのBe our guestも最高です。

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.9

上京したての頃の自分に見せたかったナンバーワン。まだ連絡手段が手紙しかなくてしかもアメリカとアイルランドっていうものすごく遠く離れた場所で一人働く心細さ、寂しさ、でも挫けちゃいけない頑張らなきゃってい>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.6

人種差別や外見での差別のような重いテーマを扱いながらも、主人公の前向きさとミュージカルの明るさによって、重すぎず、ちゃんと伝えたいことを観る人に伝えることができてるんじゃないかなあ。主人公の友達めちゃ>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

まさに、「秒でアガる」でしかなかった。イギリス紳士がきっちりスーツ着ながらぶん殴ったり暴れまくったりするのさいっっっこうにかっこよすぎでしょ…エギーとハリーの2人のシーンはもはや鳥肌モノだった、震える>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

衝撃的すぎた。あっという間の2時間だった。レクター博士の直立不動で笑顔で立っているはじめのシーンが忘れられない。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.9

いろんな要素が詰まってる気がするんだけどちゃんとまとまってるしあの独特の穏やかな雰囲気がハマっちゃう。どことなーく優しい映画。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.0

2017年見納めに。どんな状況にいても諦めずに希望を持ち続ける姿、息子や奥さんの為に危険を冒してでも守り、愛を伝える姿にとても心打たれた。「これが私の物語。父が命をかけて私にくれた贈り物。」

>|