せしもさんの映画レビュー・感想・評価

せしも

せしも

ランボー(1982年製作の映画)

3.8

ランボーが可哀想な映画、どんなに時間があっても癒せない心の傷が描かれてる

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.8

長かったけどいい映画だったと思う。でも記者の演技は気に入らなかった

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.0

ラストが凄い気に入った作品、騙されない人はいないと思う

ラスト・アクション・ヒーロー(1993年製作の映画)

3.8

大人から子供まで楽しめる作品。シュワちゃんがシュワちゃんを演じるのが面白い

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

めっちゃ短く感じるくらい面白い、あとザック・エフロンがイケメン

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.3

知的障害であっても誰よりもお互いに愛し合っているサムとルーシーを引き離そうとする人達は本当に子供に大切であるものを見失っているのかもしれないと思った。確かに周りからするとルーシーの為にいい環境を与える>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.1

多くの人が勝利にしか目がなかった中1番生徒のことを思い批判に負けなかったカーターは今でも生徒の恩師だろうと思う

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

''相手を知りたかったら''
''やることはひとつ''
''よく見ること''
って簡単な事のようで難しいことだと思った。
ジャックウェルはほんと良い奴

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

PCの画面で物語が進んでいくのが斬新で面白かった

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.3

最初から最後までずっと辛い。当時の残酷な奴隷制度が上手く表現されてた。白人の雇い主にも少なからず良心があったのが垣間見えた。途中に奴隷達が歌う歌は心に残った。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.0

『自分がすることを愛せ。子どもの頃に映写室を愛したように。』という言葉に感動した

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.3

家族みんな何故こんなにいい人なのかと思った。出会いってこんなに人を左右するとは

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.1

こんなに思い切った行動に出れるマイケルは凄い。途中にはわかりにくいところを説明してくれるので内容もよく分かった

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最後に死ぬのがギャツビーなのがもどかしい……

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.9

潜水艦映画がこんなに面白いとは思わなかった。緊張感が凄い

U-571(2000年製作の映画)

3.8

だいぶ昔に見たけど、主演がマシュー・マコノヒーだとは知らなかった。緊張感が張り詰めた潜水艦内を上手く表現出来ていたと思うし、ストーリーもそこそこ面白かった

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

おじいちゃんロバート・デ・ニーロがインターンをきっかけに周りの人に思いのこもった言葉をかけて良い方向へ持っていくという映画。他人は変えられないと言うけどちょっとした言葉でもその人にとっては大きな1歩に>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.8

アクションに凝ったシャーロック・ホームズって感じ。ロバートダウニーJrの表情が良い

弁護人(2013年製作の映画)

4.0

世の中は理不尽なことだらけだと改めて感じた。こんなにも正義感のある弁護士を尊敬する。ソン・ガンホの演技も格別

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

4.0

めっちゃしんみりする映画。死んだ犯人にだって家族がいて物語があるってことが印象に残った。警官もヒーロー扱いされるけど実は犯人の子のことをずっと考えてたり、犯人はお金を家族のために盗んだり正義ってなんな>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.9

ラストがとても良かった。クロエ・モレッツの演技も素晴らしい。一人一人のミアにかける言葉が心に残った。

>|