池袋の種馬さんの映画レビュー・感想・評価

池袋の種馬

池袋の種馬

スコア4.0以上がオススメ、
3.5までが良作の評価としてます。

映画(34)
ドラマ(0)
  • 34Marks
  • 48Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

4.0

前に西武池袋線の沿線に住んでいたことがあり、秩父という土地は割と馴染みがあります。

その秩父を舞台にしたアニメ、「あの花」、「ここさけ」と今作で秩父3部作と言うそうですが、今作が1番好きですね。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.3

サスペンスものは大好きなのですが、何故かずっと敬遠してまして、今回何となく借りてみての鑑賞です。

今まで観ていなかったことを後悔してしまう素晴らしい作品でした。

主演の阿部サダヲと蒼井優がそれ程好
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

日本映画には中々ない結構胸糞悪い系作品です。

この手の作品は韓国映画によくあると思っているのですが、あっちのは本当に観てられない位胸糞悪い結末(褒めてます)なのに対し、こちらは胸糞キャラ達に同情の余
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

バリバリのアクションものかと思いきや色仕掛けで男を垂らしこむスパイ系でした。

米か露かどちらにつくか最後までわからない展開は面白かったのですが、やっぱりアクションが観たかった。

演技派女優としての
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.5

こちらの評価が結構良いので、特に観たい作品ではなかったのですが、鑑賞しました。

えげつない展開に主人公が巻き込まれてしまう設定は予想通りだったのですが、終始ホンワカしたまま話が進んでいくのは予想外で
>>続きを読む

レディ・ボディガード(2018年製作の映画)

1.5

ナメてた奴が実は凄かった系…かと思いきや、主人公も犯罪者達も皆ナメてた通りの人達でした。

アクションものにあってはならないテンポの悪さ、演出の陳腐さ、登場人物達の鈍臭さ。

多分、映画史に残る最低レ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

広島の抗争を舞台にした作品って昔は多くありましたが、懐かしいですね。

広島に住んでいたことがあるのですが、当時の大人達は皆ああいうカッコを好んで着こなしてた様に思います。

後、リン・ミンメイのポス
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

車と音楽、それ程興味のあるテーマではなかったのですが、周りの評価がかなり高かった為レンタル屋で借りて鑑賞しました。
予想以上に面白かったです。

登場人物のキャラも皆立っているし、話のテンポも心地良か
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

「渇き」以来小松菜奈という役者さんが気になっています。

悪女役の時は妖艶な雰囲気を醸し出し、「沈黙」の時など地味な役の時は徹底的に地味になれる。

役に応じて雰囲気をガラリと変えられる、そんな役者さ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

流石にシリーズ3作目ともなると話の整合性が散らかってきますね。

それを誤魔化す為でしょうか、無駄にアクションてんこ盛りとなっています。

シリーズ通してキアヌ・リーブスの柔道ベースの投技からのヘッド
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.5

子供目線で見ると胸糞悪い親なんだけれど、結構こういう親ってリアルにいるんじゃないのかなぁと思ったりもしました。

本当に大事なものって失ってはじめて気づいたり。

色々考えさせられました。

いなくな
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

2.5

全編iPhoneを使った撮影だったみたいですね。
これってセンスさえあれば機材なんか無くてもそれなりの映画が撮れるってことなのでしょうか?

中盤まではどう転ぶか分からない展開が良かったのですが、終盤
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

2.0

ご都合的な展開に取ってつけた様な設定。

イーサン・ホークのシブさ以外は特に見所のないB級アクション。

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.5

「君の膵臓をたべたい」のゴールデンコンビ北村匠海と浜辺美波が再度共演。

北村匠海はドラマ「鈴木先生」から、浜辺美波はドラマ版「あの花」から注目してた推しの役者さん達です。

作品の予備知識は0でした
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.8

伊坂幸太郎原作の映像化作品は全部観てる訳ではないですが、観た作品は全て良く、安定した面白さがあると思っています。

今作も作品の出来に不安なく安心して鑑賞出来ました。

伊坂作品によくある伏線も見事に
>>続きを読む

シックス・シューター(2004年製作の映画)

3.8

「スリー・ビルボード」の特典メニューにあり鑑賞しました。

まさかBD特典のショートフィルムにまでレビューが出来るとは思いませんでした。

個人的にはこちらの方が好きです。

牛のオナラの話は本当なの
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.7

観る予定のなかった作品ですが、「翔んで埼玉」を借りるついでにたまたま目にして借りてしまいました。

アカデミー作品賞にノミネートされてた作品ですよね。

サスペンスタッチで話が進んでいきますが、ジャン
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

劇場公開時、かなり話題になってたので興味はありましたが、機会に恵まれず観逃してしまってました。

「パタリロ」の作者が描いてたマンガが原作なんですね。

埼玉のネガティブなご当地ネタをエンタメとしてこ
>>続きを読む

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.3

胸糞映画界の巨匠、ラース・フォン・トリアー監督作品。

監督の作品は何作か観たことあるので作風はある程度解ってるつもりでしたが、全くついて行けず置いてけぼりをくらってしまいました。

冒頭のショッキン
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.2

とある動画サイトで紹介されてて、普段ホラー系は観ないのですがものは試しと鑑賞してみました。

こういうのをB級ホラーと言うのでしょうか?怖さよりもツッコミ所の方が気になってしまいました。

やはりお化
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.7

胸糞映画界の巨匠、ラース・フォン・トリアー監督作品です。

トリアー作品は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」以来となります。
観終わった後の後味の悪さが嫌でずっと敬遠していたのですが、今回満を持しての鑑賞
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

とある動画サイトで紹介されてて興味を持ち鑑賞。

パッケージのデザインやあらすじだけでは観てなかったと思います。紹介してくれた人ありがとう。

先ず邦題にセンスを感じますね。原題よりも全然カッコイイで
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

韓国映画には良作が多い印象があります。
作品から発せられる圧倒的な熱量が日本映画のそれを遥かに凌駕している様に思うのです。

只、その熱量が時にとんでもない方向に向いてしまい、観客に強烈なトラウマを植
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.0

内容は「レオン」以下。
ハンマーアクションは「オールドボーイ」以下。

そんな作品でした。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.5

個人的に「ボクシング映画にハズレなし」と思っていまして、パッケージを手に取り、あらすじ等よく見ずに借りたらムエタイものでした…。

皆さんのレビューを見てて思った以上に高評価なのにびっくりしました。
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.2

「アンブレイカブル」、「スプリット」の続編ですが、正直今更感は拭えないですね。

シャマラン監督が流行ってた99年〜00年代くらいならもっと盛り上がってたように思いました。

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

潜水艦ものにハズレなし!とよく聞きます。

初めて観た潜水艦ものでしたが、とても楽しめました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.8

タランティーノ監督9作品目。
そして次回で最後になるそうです。

タランティーノ作品はまあまあ観ているのですが、ラスト15分位からの怒涛の展開が大好きで今回もそれ観たさで鑑賞しました。

事前に予習を
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.8

マンガの「ワンピース」が大好きでした。
しかし、アニメ版は原作の設定を無視した展開や場面が多く、途中で観るのをやめてしまいました。
劇場版も面白いと思った作品はありません。
でも今回も観に行ってしまい
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.0

ダークファンタジーといったジャンルのマンガが大好きです。
手塚治虫の「どろろ」、永井豪の「デビルマン」、三浦建太郎の「ベルセルク」。
その三浦建太郎が当時ライバルと公言していた木城ゆきとの「銃夢」のハ
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

怖い映画が結構好きなのですが、最近は特に幽霊よりも人間の方に怖さを感じていて、そういうスリッドシチュエーションスリラー的なものを期待して鑑賞しましたが、とっても爽やかな終わり方で個人的には少々残念でし>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

「ロッキー」は映画にハマるきっかけになった作品、武道や格闘技の真理を追求するきっかけになった思い入れの深い作品です。

話の展開は全シリーズワンパターンで飽きてしまう人もいるかも知れませんが、それで良
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

3.0

「カメラを止めるな!」でハマってしまい、かなりハードルを上げての鑑賞です。

大どんでん返しを期待してたのですが、不発でしたね。
割と早い段階でトリックが透けてて、最後の種明かしが非常に弱かったです。
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

新海作品は映像美や雰囲気は好きでしたが、各作品にある青臭さが苦手で「秒速5センチメートル」迄で以降観なくなりました。

それから「君の名は。」を久々に観て、あの青臭さがかなり薄まっていたと感じ、とても
>>続きを読む