まさんの映画レビュー・感想・評価

ま

映画ビギナーなので有名どころから

映画(73)
ドラマ(6)

息もできない(2008年製作の映画)

-

人は変わろうとしても、暴力は暴力によって滅びるっていう、典型的な悲劇。

色々な境遇の「息もできない」が詰まってる。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

くだらな面白映画という印象だったが。
風邪がうつるように、人は孤独じゃない、っていうメッセージ良いなあと思った。

頭の中で考えていることを絵で表したら本当にこんな感じやろうなあ。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

-

シリーズ通して初めて観たからか、普通に偽善者ぽくてうざかったからかわからんが、ナオちゃんのバカ正直さに最後まで慣れんかった。

松田翔太やっぱかっけーーー!

にしても🍎であんなに話深められんの凄い。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

飛行機で途中まで観て、展開があまりに気になったので小説を読み、俳優さんの演技を観たかったがためにDVDで鑑賞。

名キャスティング。

「最低な大人達の、究極の愛」
それはそうなんだけど、こう形容しち
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映画好きの人にかなり薦められて観ることにした。

最初触手とか昆虫とか気持ちわる、単なるグロ映画かよと思ったが、単なるグロ映画薦められるわけない、薦める理由が絶対あるはずと思って真剣に観たらまあ傑作で
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

12人の怒れる男が好きなので、こちらも一度観てみたかった。

大筋は12人の怒れる男をなぞっているが、所々日本人を感じられて面白かった。最初様子見て全員無罪に手を挙げたり、話し合いに無関心な奴がいたり
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

-

地上波で、エンドロールまであったことがよかった。余韻に浸る時間を要する。

小学生ぶりに鑑賞。
昔は観て泣いた気がするが、今はもはや泣けなかった。

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

-

Macbookで鑑賞し、iPhoneでレビューを書いているということ。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

-

おもしろかったー。天才は天才やなあ

どれが事実でどこが創作かわからないが、
元カノへの執着がFacebookを生んだと理解することにする。

あと得たものは、どれだけ頑張っても一度ネットで発信したこ
>>続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

-

大学の講義で見たがもう一度きちんと見たいと思い、再鑑賞。

不幸なことにほぼ毎年くらいの頻度でアメリカでは銃乱射事件が後を絶たない。15年前の作品だが、アメリカの銃社会は今も変わってないんだなと思う。

ヒミズ(2011年製作の映画)

-

観る前と観た後で、周りの世界が違うふうに見えるような気がする。

観終わって ずーーん ってなった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「めっちゃ良い!」って聞いて観たら、良かったけどそれほど、ってなってしまった。

冒頭と途中見逃したけど理解できる展開で助かった。起承転結が明快。

ストーリーより 歌とダンス!って感じなんだろうけど
>>続きを読む

The Foreigner(原題)(2017年製作の映画)

-

緊迫感が良い。
IrishとBritishについては背景知識あればよかった...
よくわからなかったが、
なんせジャッキーチェンが強い。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

シンガポール航空で鑑賞。

あらすじ全く知らず「なんか頑張って説得してコンテスト出れるんやろうな」とか思っていたら、予想外の展開に引き込まれ、泣かされた。。

伝えたいテーマがわかりやすく伝わってくる
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

-

整備不良ピタゴラスイッチ

日サロに閉じ込められる画が特にただただ不快。

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

-

社会心理学の講義で鑑賞。

1人の反対意見をきっかけに他の人が次々意見変えて行くのが面白かった。

それと同時に話し合い・多数決の怖さを知った。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

-

昔見たけど全然覚えてなかったので再鑑賞。

トンボなんて良い人。
最後思わず涙。

悪人(2010年製作の映画)

-

「馬鹿にせんで!」から見える女二人のプライド、同じ男にその言葉を浴びせても、でもその言葉の裏側の感情は全く異なる。

柄本明の「大切なひとはおるか?」のくだりの台詞が胸にしみる。

俳優さんの演技は言
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

-

To Each His own 英語版タイトルが素敵。

「生きてさえいればいい。」

働き出す前に観てよかったんかなー
福士蒼汰の関西弁、まあ耐え

銀魂(2017年製作の映画)

-

思ってたよりよかった。
新井浩文の似蔵よかったな〜菜々緒と佐藤二朗も。

やっぱ紅桜篇はDOESのイメージ。
UVER流れてたけど脳内再生してた。

蛇にピアス(2008年製作の映画)

-

痛そうすぎてしんどかったが、観たかったので頑張って観た。

・井浦新が気味悪いけどセクシーやけどやっぱ気味悪い。
・藤原竜也ちょい役やのに演技さすがw
・エンディングのChara良い。

怒り(2016年製作の映画)

-

後味が悪いのは "怒" のせいか。

やっぱりキリ良いのは "3" 。三者三様。

愛の渦(2013年製作の映画)

-

性描写えげつい。
話し合いのシーン、観てるこっちまでなんか気まずい。

「人間」って感じ。リアル。

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

謎解きは壮大で面白かった。難しかったが。
キリスト教に多少知識があったので楽しめたところもあるかもしれない。

>|