まさんの映画レビュー・感想・評価

ま

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

謎解きは壮大で面白かった。難しかったが。
キリスト教に多少知識があったので楽しめたところもあるかもしれない。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

-

息子に対するゲームの説明、しつこいなーと正直思ったが、最後まで見ると父親の賢さと息子への愛情に感動した。

そして父になる(2013年製作の映画)

-

「こういう場合、100%交換という手段を選びます」が大前提で物語が進むことにそもそも違和感をもってから、感情移入できなかった。血の繋がりか過ごした時間・環境かだったら自分なら後者を選びたいと思うが、実>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

-

観てるこっちまで息できなかった。
最初はじいさんかわいそうと思ってたけど途中からじいさんがキモすぎて、やられてまえってなった。

アウェイク(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

主人公が痛がるのをただ90分間観続けるんかと思ったら予想外の展開で楽しめた。

母強いなーー

エクソシスト(1973年製作の映画)

-

憑依してる子どもの演技が凄い。
安直に怖いのでサブリミナル効果は苦手。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

用意周到さと刑務所から出てやるという執念にすごいなと思った。

キャビン(2012年製作の映画)

-

ホラー映画をもっと知ってれば楽しめたんだろうなと思う。
途中から予想外の展開で面白かった。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

こういうオチがありがちになっちゃうのかなー。
1作品目だったから十分面白かった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

あんな母親を赦すことができるのか、、、
主題より主人公のその優しさが印象的だった。

キャロル(2015年製作の映画)

-

こんな映画初めて
画が綺麗 凡庸な表現になってしまうが

WE ARE X(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

“何もかも無くなるのに
痛みだけはいつまでも消えない”

セッション(2014年製作の映画)

-

全然好きじゃない!
そう思わせるほどの名演技だったとは思うが。。

バーレスク(2010年製作の映画)

-

良い。
才能ある人の自信たっぷりな姿は見てて気持ちいいもんだな〜〜〜

LIFE!(2013年製作の映画)

-

ツッコミたいところも多く、面白かった。
最後のシーンはうるっときた。

何者(2016年製作の映画)

-

何者なんやろうね。
これ観たら一気にSNSしんどくなった。

バレンタインデー(2010年製作の映画)

-

バレンタインデーに花屋さんって忙しいんやなー、というそのままの感想。
それと舞台がちょうど行ったばかりのLAだったから親近感が湧いた!

>|