森大翔さんの映画レビュー・感想・評価

森大翔

森大翔

4.0以上は好きと胸を張って言える映画
価値観、生き方に問いかけてくるような作品が好き
ヒューマンドラマ、歴史、戦争映画は評価高め
ファンタジーとかSFも見る
ホラー、ミステリー、コメディ、アクションは少なめ
洋画205作、邦画52作、アニメ映画63作、Netflixオリジナル4作

評価基準
5.0=バイブル
4.5=完璧
4.0=勧めたい
3.5=何かの点において突出
3.0=面白い
・・・

映画(324)
ドラマ(61)

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

『L’insulte』
180808
by 試写会 @ユーロライブ
324作目(洋画205作目)

なんとこの映画、試写会にてZiad Doueiri監督に少し質問をすることができました。かなりリアル
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

『Any Day Now』
(チョコレートドーナツ)
180729
by NETFLIX
323作目(洋画204作目)

話自体は実話ではないが、ゲイパートナーと障害を持った子の事実に着想を得ている
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

『四月は君の嘘』
180728
by DVD
322作目(邦画52作目)

この手の少女漫画原作、アニメ化、そして若手人気俳優を乱用した実写映画化のルートを辿ったパターンのものはどうしてもこうも原作を
>>続きを読む

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

『セーラー服と機関銃 -卒業-』
180710
by NETFLIX
321作目(邦画51作目)

リメイクじゃなくて続編。この設定で続編を作ってしまうとどんどん『水戸黄門』感(お決まり勧善懲悪感)
>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

『一週間フレンズ。』
180706
by NETFLIX
320作目(邦画50作目)

まぁ悪いがいかんせんこういう白々しい邦画は苦手である。
最近はタイムリープ系や記憶がなくなる系が邦画界でボロボ
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

『伊藤くん A to E』
180701
by NETFLIX
319作目(邦画49作目)

まず言えることは木村文乃が可愛い
(↑これに関しては完全に僕の趣味嗜好ですね汗)
ただ演技力が... あ
>>続きを読む

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『Liberation Day』
(北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ)
180628
by Filmarks試写会
318作目(洋画203作目)

邦題はとても刺々しいが、中身はしっかりと現実
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

『聲の形』
180622
by Netflix
317作目(アニメ映画63作目)

そもそもの原作が素晴らしいこともあって、かなり心を打たれる作品だった。元来、原作を読了しており、後にアニメ映画化
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

『Coco avant Chanel』
(ココ・アヴァン・シャネル)
180621
by DVD rental
316作目(洋画:202作目)

Coco Chanelのファッションセンスが確立さ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『Dunkirk』
(ダンケルク)
180620
by Netflix (division)
315作目(洋画:201作目)

ダイナモ作戦におけるダンケルクという土地を過度な脚色なく、編集と音響か
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.2

Filmarks招待試写会 @角川試写室

2つの時代における物語の並行した進行とそれぞれの時代感の表現、聾者から感じる世界の表現などに挑戦した、多くのアイディアと表現手法がとられた映画
観る側から多
>>続きを読む

>|