Blufeさんの映画レビュー・感想・評価

Blufe

Blufe

映画館で映画を観ることが好き。見たい作品を見たいだけ見る。気になったら見れば解決する。
9割は映画館で見たやつです。映画館効果があるので当てにはしないでください。あと最近はhuluとかnetfliksとかunextも使ってます。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.7

互いの存続を掛けた戦い。
大佐だけが人類を最期を理解して非情になっていたように思う。
なのに何故捕虜にして強制労働だったのか?
そこは戦争であることに拘ってしまったのか?
あの場の猿類だけ何とかしても
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.6

この作品は1人の技術者として観た方が良い作品だと思いました。

中心となる3人の女性がそれぞれの役職から未来への獣道を作ったことも素晴らしいですが、様々な視点の技術者として大切なことが含まれた作品だっ
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.1

この手の恋愛は同族嫌悪のようなものが僅かにあるのでちょっと見ていて嫌な感じでした…
映画は悪くないので申し訳ないけど。

でも最後は好きかな。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

自分は猫2匹を飼っていて、愛して止まないのですが、私が事故なり病気なりで先立たない限り、我が子たちの方が必ず先にいってしまいます。

休日にベッドで一緒に寝転んで居ても、たまにその事が脳裏によぎります
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

2.0

好きか嫌いかで言ったら好きです。戦争映画のこういう表に出てきにくい人物について触れること自体は。
でも映画として何がしたかったのか、そんな立派な志を持った人がいたと知って欲しかったんですかね?

そう
>>続きを読む

RWBY Volume4(2017年製作の映画)

4.0

まとめて観れるのがやっぱり良いすね。
もうすぐ始まる5章のためのおさらいになって良かった。

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

脈絡もないことが多くてちょっとなーと思いました。
でも最後の方は嫌いじゃない。




(しかしスマホで撮影するし話すししょっちゅう画面開くし、元から酷いけど映画マナーっていい加減何とかならないんです
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

2.8

劇的な何かもなく、まぁテンプレなストーリー。
その上でその後が既に分かってるのだから余計に。
その上で登場人物はちょっと感情的過ぎるんじゃないか?存亡を掛けて選ばれたクルーなんだよね?
コールドスリー
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

戦争って描く人次第でこんなにも感情を排したものになるんですね。

もちろん淡々としているような中にも場面場面のやり取りから感じ取れる感情はあるんですが、基本的には押し殺して黙するか素っ気ない言葉で阿吽
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どの場面でも終始一貫して曖昧さを描いていた。
とりあえずミステリーものだと思って観る映画じゃないです。結果論ですが。

タイトルは明かされる事実から途中で何となく察せられたけど、事件そのものは本当に何
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

これゾンビのパニックホラーとしてじゃなく、映画として面白かったです。

みんななりたくてゾンビになってるわけじゃないんだとよく伝わってきました。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

前半のカーチェイス、中盤の泥沼感、後半の逃走活劇という感じにシンプルなんだけど、そこに音楽を掛け合わせてテンポ良く流すから映画全体がミックスな感じでとても良かったです。

あと各配役を無駄遣いしないで
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

下手したら眠くなりそうな日常を描いた作品なのに意外と引き込まれる。
変わらないようで違いのある毎日を上手く表現してて飽きなかった。

中盤の「お前かよ!」って瞬間には周りも苦笑してた。

しかしこの作
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

面白かったです。
時代がキャプテンアメリカと近いので盾とか何となく星条旗が過りました。
というか元々彼女も星条旗なんでしたっけね。

一見守るに値しなそうだけど、希望はあるという救い方はジャスティスリ
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.8

淡々としていること、宗教観が違いすぎるとこから眺めるようにしか観れなかったけど、なかなかに凄い話なんだろうなと思う。
修道女の感情を荒らげず淑女に振る舞う姿がもうさっぱり。

とりあえずそれぞれ覚悟と
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.0

これといって可もなく不可もなく。
ラジオのミニFMっていうのは悪くないなーと思ったけど、これ映画より1クールのアニメでじっくりやってほしかった。

映画だと短くて、小さいドラマがあっさりしちゃったり、
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

評価低すぎてあれだなーとか思ってたけど言うほど悪くない。

まぁ細かい設定はほとんど説明無いけど、そんなに説明がいるほど深い内容でも無かったし、タイムトラベルはおまけなんだね。

ちょいちょいシャフト
>>続きを読む

リベリアの白い血(2015年製作の映画)

3.8

村上涼がマラリアで亡くならず、ファイアストンの天然ゴムのプランテーションの取材を終え、手掛けていたらどんな作品となっていたのかが気になる。

それを元に作られたリベリアの白い血にもその系譜はある。
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.7

若き日に植えた桜の木の約束。
短編でよくまとめられてるとは思うけど、綺麗な話ゆえにこれはもっと長編で物語を展開させた方が面白かったんじゃないかなと思ってしまう。規模的に難しいのだろうことが惜しい。

わさび(2016年製作の映画)

4.6

寿司屋の鬱病の父と娘の物語。
芳根京子の表現力と情景の組み合わせには引き込まれました。

かなり好きな映画だったと思う。
街並みもその映し方もとても良いんだけど、やっぱり父と娘の演じ方が良かった。
>>続きを読む

此の岸のこと(2010年製作の映画)

4.2

高齢の夫婦の自宅介護。
話は分かりやすくて理解できる。
でも難しい。
どうするのが正しいんだろう。
動けなくなってまで、という気持ちは自分の中に確実にある。
では相手は?
ある日意志疎通が出来なくなっ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

「お前良いやつだな」が一番印象的でしたね。

そして死ぬのは分かってるんだけど、「その死亡フラグは駄目だ」とか思ってたらね。

それ以外はそれなりなんだけど、伏線も回収するし良い映画だったと思います。
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

スパイダーマンは格好も動きもカッコいいしハマってたなと思いました。
敵も良かった。というか敵は心理描写含めて良くできてた。

けどジャスティスリーグかなって思う暗さを含む作品でシネマティックユニバース
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.8

もうほんとに地球じゃない感じだけどカッコいいし面白かったです。

地味に地味になるようにしてたけど、ランボルギーニ チェンテナリオたるホットロッドの能力は車が2億なだけあってチートだった。。

ブレンダンとケルズの秘密(2009年製作の映画)

3.8

全体のストーリーはシンプルだし、やっぱり独特な絵でとても良いし、音楽も好きなんだけど、宗教的な要素が多そうで入り込みきれなかった。
あとなんであんな色々ふわっと終わらせたんだろうか。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.5

本当に美しかったです。目を奪われる。
話としても結構面白かったと思う。バレエもあるから飽きないしとても楽しめたしTake Me To Cherchのやつは確かに凄いと思った。

エンディング曲欲しいけ
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ダークユニバースがどうなってくか次第かなー。

これといって盛り上がる感じでもないんですよね。
派手さもCMの砂嵐くらい。砂嵐というかガラスが砂に戻った嵐だったけど。
倒すところもあっさりしていて、力
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

まぁ面白かったです。
でも詰めが甘いしもっとエグくて良い。
もっと主人公たちの意思に委ねたように見せかけて良いかなとも思った。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

アーケードゲームのシューティングかって勢い。
名のない犬はどうなるんだ。

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(2017年製作の映画)

4.5

原作6刊だったかな。
ディスボードの前身の世界のおわりの話。
ノゲノラの中でもかなり好きだったので映画化観に行けて良かった。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.1

そういうものなのかもしれませんが、突然風景の写実的度合いが変わったりして、そこでどうしてそうする必要があったのか分からず困惑しました。
まぁこれは自分の理解力の問題かもしれませんが…

あとストーリー
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すっきり終わって良かったです。
双六でいう振り出しに戻るですね。

残像(2016年製作の映画)

4.0

歴史苦手だったし、芸術とは縁のない学生たったので、本来どう捉えるのが正しいのかは分からないけど、

彼の遺した絵画があの戦争に失われず、後の世にあり続けることができ、人の目に触れるようになるとしたら、
>>続きを読む

>|