勝五郎さんの映画レビュー・感想・評価

勝五郎

勝五郎

映画と落語と歌舞伎とアートと音楽と山登り…と言うか山歩きと…サブカルチャー全般…

今まで観てきた映画を思い出すまま書き散らかしていこうと思います。個人の好み優先なのでレヴューはヒジョーに偏っていてなんの参考にもならないかと…根多バレは基本しない様にしておりますので、映画の内容など全く参考にはなりません…悪しからず(笑)。

映画(652)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

すみません…トム・クルーズの印象って何だかヘラヘラした弱っちい役者と言う思い込みがありまして…今迄ちゃんと向き合っておりませんでした。

さてスパイ大作戦…もといミッション・インポッシブル -フォール
>>続きを読む

喜劇 駅前温泉(1962年製作の映画)

4.0

もうこれだけのメンバーを集めたら面白くない訳がないですね。

喜劇だからもちろんその「面白い」は笑える部分多数ではあるのだけど、皆さんがおっしゃっている通りその映像の佇まい…風景や建物や橋、床間の鎧兜
>>続きを読む

いつも2人で(1967年製作の映画)

3.2

夫婦…かぁ。

夫婦?…ねぇ。

夫婦とはエゴイズムのバランス…とおっしゃっていたのは談志師匠だけど、本当に微妙なバランスだよなぁ。
奇しくもおしどり夫婦と言われた朝丘雪路さんと津川雅彦さん夫婦の津川
>>続きを読む

薮の中の黒猫(1968年製作の映画)

4.5

日本映画の魅力はやっぱり時代劇…そして私的にはとりわけ怪異ものがたまらない。

そして特にあの高貴な女性の化粧法の一つ「眉作り」がとても魅力的。
本来の眉を剃りおでこに眉作りをしていると、天然の眉より
>>続きを読む

ちょっとご主人貸して(1964年製作の映画)

4.8

復刻シネマライブラリーなるシリーズのおかげで久々に、本当に久々に観る事ができた作品。

楽しい作品です、ジャック・レモンは本当に素敵である!あの表情、あの動き、あのダンス!!
そしてロミー・シュナイダ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.7

観て良かった。

そして…既視感。

凄く見入ってしまったのだけれど、何故だか端々に押し寄せるデジャヴュ。

そうなんですね、時代が変わり様々な映画や音楽や諸々が生まれてくるのだけれど結局のところこう
>>続きを読む

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

3.5

加賀まりこの可愛さが兎に角印象的であります。

昭和のあの頃の横浜の…刺激的で今思えばかっこいい時代、みんながみんなじゃないけれどそんな時代の洒落た若者達が生きています。

なんだろ?どんなに悲しい役
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。
ある刹那、ハリソン・フォードっぽく見えたりね!

俳優の皆さん丁度良い感じ。

そしてまだまだ続くのよ〜と言った余韻を残しております。
「宇宙はつらいよ エンドア慕情」みたいな感じで
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

5.0

前売り券購入していたのに、ようやく鑑賞です。
キョーレツなドキュメンタリーです。

ジェームス・ボールドウィンの迫力‼️

公民権運動に命をかけ暗殺された3人…メドガー・エヴァース、マルコムX、キング
>>続きを読む

イングリッシュマンinニューヨーク(1988年製作の映画)

3.8

ドタバタコメディー。

ニューヨークと南部とそして英国人。
あれやこれやのエピソードが続々と展開されるのね、で、案外それぞれのエピソードは投げっぱなし(笑)な感も…

結構好きなタイプの映画です。
>>続きを読む

ストレート・タイム(1978年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

キャスティングが良いです。
決して派手なものではないけれど、登場する人びとと配役が好き。

まぁこんな事は普通に…もしかしたら今でもあるのかもなぁ…と。
更生しようと頑張り始めるも、犯罪者を半ばイジメ
>>続きを読む

クライシス・オブ・アメリカ(2004年製作の映画)

4.6

カッコーの巣の上で…でしたか?ロボトミー手術ってのを知ったのでした。
そして今回のこの映画はまぁそりゃ恐ろしいものです。

洗脳…パスワード的な言葉で、絶対服従していってしまう…本当かなぁ…でもそんな
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

CGが苦手な私があえて映画館で観てみたくなった映画でした。

うん、面白かったです。

でも他の皆さんほど登場するきゃらくたーが確認できませんでした…それ見たさってのもあったのに…(泣)

なるほどバ
>>続きを読む

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

4.5

こういうの大好きです。
アウトロー、粗野で乱暴何だけど心優しいのね。

ストーリーとしちゃものすごい起承転結、ヤマ場見せ場がふんだんに…て訳じゃないのだけど、その淡々とした流れていくエピソードにとても
>>続きを読む

レポマン(1984年製作の映画)

4.0

青春葛藤モノの様で青春葛藤モノでない…
社会派ビジネス路線の様で社会派ビジネス路線でない…
クライムアクションの様でクライムアクションでない…
SFの様でSFでない…
それは何かと尋ねたら…

レポマ
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

5.0

ハリー・ディーン・スタントンがやっぱりいいです。
黙して語らず…兎に角訳あり(笑)。
ハンターがまた可愛いのなんの!…で賢い。
たまーに大人顔負けの一言がポロリと出るのですね。

やはり名作たる面白さ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

全編に溢れる優しい言葉、時に悪態だったりもするのだけれど、そんな汚い言葉の応酬もまた楽しい、それはきっと登場する人々がみんな優しい人々に違いないからか?

人を思いやる心、友情…歳を重ねていく事への不
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

激しい怒りと憎しみと…でも愛をグゥーっと感じる映画でした。
その憎しみは犯罪、正義、差別…あらゆるものに向けられるのだけれど、愛もまた形を様々に変えてそそがれていくのね。

うーん、愛…ね、男女のラヴ
>>続きを読む

男と女(1966年製作の映画)

4.5

師匠からいただいた沢山のビデオからようやく鑑賞。

そのテーマ音楽は子供の頃洋画好きだった母がレコードを持っていて、子供ごころになんとなくエッチで見ちゃいけないジャケットだと思っていたのでとても覚えて
>>続きを読む

目撃(1997年製作の映画)

4.0

いやいや、あなた、そりゃ無理があるでしょ(笑)…的な部分はいろいろあるでしょうけれど面白かったです。

ジーン・ハックマンの裏表度(笑)がいいですねぇ、This is 政治家って感じね。
クリント・イ
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.8

エリオット・ネスとアル・カポネのあのアンタッチャブルであります。

子供の頃父が見ていたテレビドラマはほとんどあのテーマ音楽しか記憶がありませんけど、アンタッチャブルというタイトルはしっかり覚えており
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

5.0

優しすぎるなぁ…強すぎるし。
かっこよすぎだなぁ…

男とか女とか正義感とか責任とか…そして夫婦とか。
私くらいの歳になるとそれらが「こうでなくてはならないのだ」的な感覚が根強く残っている部分があり身
>>続きを読む

晴樹のサンダルが脱げそう(2016年製作の映画)

3.0

不思議なお話である。

なんとも言えない…几帳面なんだか、行き当たりばったりなのかわからない(笑)。

でも総じて面白いものを観た気がする。加藤啓監督はこれからも注目していこーっと!

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

面白いっ!
根っこにあるのは確実に今でも残っているであろう人種差別ではあるけれど、兎に角うまくできております。

端々何度も私ゃ涙がポロポロでてきちゃって…

3人の黒人女性が三様にとても魅力的で素晴
>>続きを読む

スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ(1962年製作の映画)

3.0

客寄せパンダ的ではありますが、やはりクレージーキャッツの出るものは楽しいなぁ。

フランキー堺の「君も出世ができる」だったかな?サントリーバーだかトリスバーだかに主人公が行くとそこに植木等がいた!みた
>>続きを読む

聖衣(1953年製作の映画)

3.2

この手の映画はかなり好きである。
ローマ帝国の滅亡とかベンハーとか…あの物議を醸した最後の誘惑なんてかなり好きである。

クリスチャンでもなんでもないけれど、やはりその信仰というもの、布教にあたっての
>>続きを読む

花を喰う蟲(1967年製作の映画)

4.4

西村昭五郎監督作品。
かねてよりご案内の通り私は好きな映画、監督、俳優で基本的に追いかけているので、実は知らない映画監督や俳優なんてごまんといるのである。
恥ずかしながらこの西村監督もその一人でありま
>>続きを読む

喜劇 女の泣きどころ(1975年製作の映画)

4.7

滑り込み最終日。
とにかく観たかったこの作品が2018年の映画第1作となりました。(笑)

とにかく太地喜和子と中川梨絵の可愛いいの可愛くないのってもう大変です。

小沢昭一がいい味出してるし、ミヤコ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

マーク・ハミルであります。
観進めるうちにみるみるあのはじめのころの若いルークに見えてきちゃいました(泣)。

少し詰め込みすぎじゃないの?と思うくらいばっちりいろんなおかずを配した幕の内弁当の様。も
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.7

クリスマスシーズンですからね、なんたって!

みなさんおっしゃる通り!ニコラス・ケイジっていいですね!

で…この映画はやはり「素晴らしき哉、人生!」へのオマージュ…なんて小難しい表現ではややこしいけ
>>続きを読む

3人のゴースト(1988年製作の映画)

2.5

クリスマスシーズンはどうしてもクリスマス映画を観てしまう。

この作品も引っかかってはいたけれど今までなんとなく観てなかった作品です。

昭和47年、中学1年の時に読んだ、もう変色してぼろぼろに近くな
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

4.0

昔、私より頭の良い、勉強のできるヤツと口喧嘩をしたのだけど、口のたつ頭のいいヤツにゃ敵わない…まぁ大抵の友達は私より頭ぁ良かったんですけどね!(笑)

エル・ファニング、いいですねぇ。お姉さんより好き
>>続きを読む

ランブルフィッシュ(1983年製作の映画)

4.0

ダイアン・レイン…可愛いい(笑)。

デニス・ホッパーはデニス・ホッパーのまんま!(笑)

ミッキー・ロークお若い!(笑)

ニコラス・ケイジふさふさ!(笑)

トム・ウェイツの中指がカッコいい(笑)
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.8

ブレードランナーファンと言っておきながらようやく今頃鑑賞です。(苦笑)

ネタバレになっちゃってもアレなのであれこれは書きませんが、とてもいいです。

もちろん続編ですからブレードランナー好きには随所
>>続きを読む

大菩薩峠 竜神の巻(1960年製作の映画)

3.0

こちらも師匠のビデオテープ。
探すのを面倒くさがって第二部から…

市川雷蔵は渋く強くカッコいいのだけれど、端々に何処かふっと普通っぽいと言うか弱さみたいな刹那が好きであります。

中村玉緒は可愛い女
>>続きを読む

RONIN(1998年製作の映画)

3.0

師匠からいただいた沢山のビデオテープの中の一本。

ロバート・デ・ニーロとジャン・レノのコンビはとてもいい感じです。
カーチェイス…見応えありますがなんだか後半は壊したいだけか?!的な(笑)。

もう
>>続きを読む

>|