takaさんの映画レビュー・感想・評価

taka

taka

映画(223)
ドラマ(0)

キャビン(2012年製作の映画)

2.5

死霊のはらわた、13日の金曜日などホラーの金字塔と言われる作品群のオマージュが多彩に詰め込まれてるからそれらを見た人からするとクスッとできる。

後半は話の展開は失速してしまった感じがあるけど、視覚的
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

Truth is I’m iron man

カッケェ〜〜

昔よくゲームやってたのを思い出した

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

リアルな青春ノスタルジックだな

子供の頃の仲間との思い出

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.5

秒速見たので折角なのでこれも見返した。
相変わらず映像が綺麗〜。

これ見てると雨の日に学校サボって公園に行きたくなるけど、女の人は現れないし、花澤香菜さんの声なんて全く聞こえないという。

秒速はか
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.5

昔見たけどもう一度鑑賞。

誰一人として悪意をもった人は出てきてないのにこの悲しい終わり方なんだよなぁ。

文通を途絶えさせる理由があまり描かれないからこそ現実味を帯びてるよね。遠く離れた友達、別れる
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

あ〜〜働きたくないな〜〜って思ってたところに、ちょっとだけ希望を持てた。

アンディは服に関心がないあたり、とても共感してたのに途中から急におしゃれになってて辛い。辛くないけど。

誰かのために決断す
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.5

3DCG、めちゃめちゃ映像綺麗だし、バトルシーンかっこよすぎか?
みてて気持ちのいい映画だった

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

4.5

UNEXTではタイトルが「ユージュアルネイバー」のみ。Filmarksきて初めてこんな台無しの邦題をつけられてることを知りました。この題をつけた人、マジで何がしたいの??ラスト15分を台無しにするポス>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.0

主人公が無双するホラーだったな。
後半の勢いは良かった

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.5

暴力の爽快感というか、面白さを描くすさまじい映画。最後はちょっと微妙な感じもする。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

ホロコーストをドイツ人の子どもの視点で描く映画。
有刺鉄線だけの柵は流石に緩すぎでは?とも思ったけど、そこから逃げ出したところで逃げ場はないのが当時のドイツなのかもしれない。
エンディングは想像してい
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

2.0

「心は今を生きている」という台詞が印象的だったな

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

2.0

2分先が見えるという微妙な能力の設定は残したまま終盤にいってほしかったな〜

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.5

出だしからめちゃめちゃ皮肉で最高。
後半のドクターの狂いっぷりもいいな。大統領をフューラーと言って右手を上げてしまうのを左手で必死に抑えるところ不気味だけど笑ってしまう
ブラックジョーク満載。キューバ
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

2.5

灰の降るところとか、3Dだったらさぞ綺麗なんだろうな〜

前作ほどのカタルシスはないのが残念。

というかあの狂った教団に育てられたヴィンセントがどうしてあんなにまともなんですかねぇ…?中盤のヴィンセ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

5.0

ハリーポッターシリーズは初めて見たけど面白い。ワクワクがいっぱいで楽しい。not Slytherin... not Slytherin....

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.0

時間が逆に流れていく二人の恋は切ないしいい。
「僕明日」とかこれに影響受けてるのかな?

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.0

トムクルーズの逆さ吊りが見れてよかった。ストーリーはテンポよく進んでいて面白いけれど、少し物足りない感じがある。
ジャンレノ出てたんだ!知らなかったわ、あの悪い顔はめっちゃいいね

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.0

子どもを大人にするのが教育なら、大人を子どもに戻すことが兵隊を育てるということ。
子どもは物事を単純化し、正しいことのために狂気を受け入れる。
前半部ではいかにして大人を子どもにするかが描かれ、後半で
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

5.0

スノーデン事件の実話に基づくポリティカル映画。
実話であることを差し引いても映画として面白い。さすがにルービックキューブのところはハリウッドの脚色らしいけど。

こういう映画は好きだな。
前に一度見た
>>続きを読む

13日の金曜日(2009年製作の映画)

2.5

フラグ立てまくっては死にまくるという王道といえば王道のホラー。
Supernatural好きとしてはどんなジャレッドパダレッキが見れるかな〜〜って思ったらいつものサムだったわ

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画で描こうとしているものは女子中学生の性(生)への嫌悪感から性(生)を受け入れ、自分を認める成長の過程と教育者の在り方の二つだと思う。
終始不気味さと胸糞悪さを感じさせられる映画だが、ただそれだ
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

Whoever fights monstersで紹介されているプロファイリングの技術が映像化されていて面白かった。
冒頭に出てくるHurt, Agony, Pain, Love itはクラリスの過去の
>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.5

たしかに日本のホラー特有の色合いや不安を煽るカメラワークによって不気味さと怖さが演出されているけど、エンディングではカタルシスを感じるような、切ない終わり方になっている。
僕は個人的に溺れた経験はない
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

まるで無声映画かと思うほどの静かさ。一切事前に情報を得ずに見たこともあって、何が起こっているんだ…とドキドキしながら見れた。
子供たち優秀

最近「〜してはいけない」系流行ってるんですかね。ドント・ス
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

例のBGMのシーンは緊迫感あっていいね〜
最近バッドエンドばかり見てたから最後の生き残った二人がタルに捕まって泳いでいるシーンで他のサメに襲われるんじゃないかと思ったわ
ヘミングウェイの老人と海が読み
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ゲームは未プレイだけど、映画として面白かった。
ミスト同様、狂信者と彼女に従う盲信者たちは胸糞悪いなぁ…。
エンディング、僕は好きですね。

ミザリー(1990年製作の映画)

3.0

ヒスを起こすおばさんに心理学的に完璧な返答をしていく主人公すこ

ミスト(2007年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公の行動も理性的を装いながらも異常。1人の死にかけの命のために差し迫ってもない状況で数人で外に出るか?
宗教ババアを論破するおばあちゃんのシーン好きだったな。

最後のシーンは生きる選択をしていれ
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.0

舞台に立って自分ではない役を演じる時って、自分と役が不完全に混ざり合ってそこに狂気が生まれる感じがあるなぁ

フローズン(2010年製作の映画)

3.0

ツッコミどころが多いのを置いておいても、単純に雪山に取り残される恐怖感はなぜかとても共感できた。そんなにスキー行かないんだけどな。
猛威を振るう自然に対して人間はこんなにも無力なんだなぁ
にしても狼を
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よくあるワケあり物件のホラー映画だと思って、あー、ウィルが新居がワケありなことを認めないうちに家族が殺されちゃうのかな…と思いきや、中盤からの急展開には背筋がスッとなるような不気味さがあった。
でもペ
>>続きを読む

>|