ブレンダンさんの映画レビュー・感想・評価

ブレンダン

ブレンダン

星4以上大好き
星3以上好き
星2.5以上まあまあ
星2.5未満嫌いとまでは言えない
星2未満嫌い
ぐらいの感覚でやってます。でも結構適当です。

映画(365)
ドラマ(140)

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.9

人間を小さくする技術が開発された世界のお話。経済的な余裕を得るために小さくなることを決断する主人公のような人物がいる一方で、意に沿わない形で強制的に小さくされてしまう人間も存在するのはよく考えられてい>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

こういう映画ってすぐ仮想現実を全否定して現実に戻れって感じにしちゃうけど、この作品はそこまでは言ってなくて「飯は食え」ぐらいなのでいいバランスだと思う。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

こいつは凄えや。今まで見たことない映像。コミックを読んでるような感覚。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

何と言っても見所はレディーガガの歌声と楽曲の良さ。それに尽きると思います。でもストーリー自体はよくお話だしステージ以外でのガガの演技はイマイチです。ラストのアリーが歌う場面、途中で切り替わるんですけど>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

誰かに夢を語ったら最後まで責任取ろうぜっていう映画。結構早い段階ですごいものを見せてくれるので、ラストはどんなものが繰り広げられるのだろうかと思いきやすんなり終わります。全体的に淡泊な印象です。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人間の思考は生まれ育った言語に依拠している。
現に外国で暮らすとシナプスの組み替えが起こるらしい。もしそうなら過去と未来を同時に経験している高次の存在である宇宙人の言語を習得すれば、同じようにシナプス
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

北イタリアって綺麗なところだなぁ。ひと夏ここで過ごせるなんて最高。
ひと夏の恋愛と失恋を通して成長する物語です。とりあえずずっと美しいので退屈しません。
この映画を観ているといろいろ意味ありげな言葉や
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

ほぼパソコンの画面上だけでストーリーが進んで行きます。展開も早くコンパクトにまとまっているのであっという間に終わります。
見せ方のアイデアも豊富で、windows vista?の頃の画面を見せて昔のこ
>>続きを読む

容疑者 室井慎次(2005年製作の映画)

1.0

面白くもないし、辻褄も合ってない。冒頭の大運動会から嫌な予感はしました。
他の躍るシリーズも変だけどそれでもワクワク感はありました。これにはそれすらありません。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

2.9

関東大震災後の自由な空気が少しずつ弾圧されていく時代の駆け込み寺みたいな女相撲が物語の中心です。この女相撲っていう存在自体がそれだけでかなり面白いんです。
女相撲はちゃんと迫力があっていいですね。相撲
>>続きを読む

交渉人 真下正義(2005年製作の映画)

1.1

このキャラクターってスピンオフ作るほど人気ありましたっけ?
皆さまのレビューを読むとどうやら劇場版パトレイバーのパクリらしいです。このことを知ってようやく少し納得できました。この監督さんは何がオマージ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とても良くできています。伏線の張り方も回収も自然ですし、登場人物の配置も上手いですね。ちょっとした同情、ちょっとした下心からどんどんエスカレートし毒を食らわば皿までみたいになっていきます。それぞれに今>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

1.5

一言で言えば納得がいかない。
1、こういうのを名作へのオマージュって呼ばないで欲しい。「お前本当に黒澤明が好きなのか?」って問いただしたくなります。
2、登場人物全員バカすぎる。
3、拳銃紛失って重大
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

1.5

見返すたびに「あれ?おかしくない?」ってなります。
青島は人間としてどうかと思うぐらい事件わぞんざいに扱うます。作り手の意図としては笑いを入れたいのかも知れませんがそのせいで青島というキャラクターが崩
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

4.0

テリーギリアム監督の作品はこれとフィッシャーキングしか観てないけどこっちの方が好み。管理社会を描いたディストピア映画っていうと重々しいけど馬鹿馬鹿しい展開も多くて笑える。

コンタクト(1997年製作の映画)

3.0

インターステラー感がある。こっちの方が先なんだけど。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

私は最初のロッキーは観てて、前作のクリード も観ました。その間のストーリーはなんとなく知ってました。それぐらいのテンションでしたがかなり楽しめました。
まず良かったのは敵役の親子。ロッキーの栄光の影で
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

2.5

なんか違う。テーマ曲もアレンジするのはいいけど一番盛り上がるところでは原曲のまま流してほしい。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.9

観ていて疲れる。周辺視野で見るっていう技は公安のベテラン捜査官が身につけているらしい。環境への適応を超えて異常進化した「異常巻き」のアンモナイトを偏愛してるんだけど、そういう人が普通のアンモナイトで妥>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

アニメ『美女と野獣』はディズニーが新しいヒロイン像を提示した作品である、ということはどこかで聞いたことがあっていつか見ようとは思っていたんだけど、だいたい内容わかっているので結局見てませんでした。結論>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.0

ちょっと説明的過ぎる。掛け軸を見て滝の映像が流れたり死んだ父親が出てきたりするのはまぁいいとしても12年前の回想は流石にくどい。この映画の核となるテーマのところでこれは致命的にダサい。回想入れなくても>>続きを読む

>|