思い出の観覧車さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 思い出の観覧車さんの鑑賞したドラマ
思い出の観覧車

思い出の観覧車

ネメシス(2021年製作のドラマ)

1.0

作り手がやりたいことは分かります。確かにこのドラマにはいろんな面白い要素が含まれています。成功していれば傑作になったことでしょう。でも失敗していると思います。
一言で言えば壮大すぎた。この規模のお話は
>>続きを読む

0

#コールドゲーム(2021年製作のドラマ)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

氷河期という極限状態の中で一定の秩序が生まれる感じは『漂流教室』とか各種ゾンビ物のドラマを思い出す。
結局、こういうドラマの成否を分けるのはリアリティだと思います。この状況下ならどんな生活を送るのか?
>>続きを読む

0

シェフは名探偵(2021年製作のドラマ)

2.5

近藤史恵の小説ビストロ・パマルシリーズのドラマ化です。
レストランを訪れるワケありの客たちが抱える悩みを抜群の洞察力と推理力を持つシェフがお節介にも解決するというお話。
よくあるタイプのドラマだし、事
>>続きを読む

0

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

坂元裕二さんの脚本は『最高の離婚』とか『カルテット』のような軽妙で「センスのいい」「都会的な」会話が特徴です。
本作はそれに過剰なナレーションが加わります。大豆田とわ子の生態を観察するような感覚で見ろ
>>続きを読む

0

疑惑(2009年版)(2009年製作のドラマ)

3.5

何度も映像化されている作品で、その度に登場人物の性別などが変わります。球磨子、弁護人、記者という3人の主要な登場人物の中で誰を主人公にするかも作品によって違います。
この田村正和さんバージョンは弁護人
>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL ラスト・ダンス(2006年製作のドラマ)

2.5

放送当時は現役メジャーリーガーイチローの出演した第二夜が圧倒的に話題を呼んだため人気シリーズの最終回でありながら少し影が薄い気がする。
双子が登場した時点で視聴者は入れ替わりを想定するのでトリック自体
>>続きを読む

0

刑事コロンボ(1968年製作のドラマ)

-

実は2003年まで続いていたシリーズのようですが、1968年から約10年に渡る1話から45話までがシーズン1で、そこから10年空いて作られた46話以降が『新刑事コロンボ』です。

基本的に『新刑事コロ
>>続きを読む

0

ガリレオ(第2シーズン)(2013年製作のドラマ)

2.5

吉高由里子さんが悪いわけではないがバディもので途中でキャストを変えるのは嫌

0

ガッコの先生(2001年製作のドラマ)

2.5

関西弁丸出しの堂本剛さんと竹内結子さんの掛け合いがあまり面白くない。多分『伝説の教師』を意識しているがあれは芸人松本人志だから面白いのであって誰にでもできるわけではない。竹内さんは髪が短くなって朝ドラ>>続きを読む

0

着飾る恋には理由があって(2021年製作のドラマ)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

SNSのフォロワー10万人を目指着飾った生活を送る主人公と同居人ミニマリスト藤野らの交流を描いたドラマです。
とりあえずオシャレなものを全て詰め込んだ感じの初回でした。
LINE、インスタなどが次々と
>>続きを読む

0

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ(2014年製作のドラマ)

4.5

木村拓哉さんが検察側の罪人を演じるにあたって参考にしたという話を聞き鑑賞しました。ストーリーとしては他の猟奇殺人を描くドラマとそれほど変わらないし陰鬱な感じも特段珍しくは感じませんでした。もちろん丁寧>>続きを読む

0

テセウスの船(2020年製作のドラマ)

2.5

そんなに悪い作品じゃないのにあまり楽しめなかったです。個人的に『バタフライエフェクト』とか過去を改変する作品は面倒臭くてあまり好きじゃないからかもしれません。主人公の飲み込みが早いしすぐ事件が起こるた>>続きを読む

0

ドラゴン桜(2021年製作のドラマ)

-

学校経営を改善する目的で東大合格者を出したとしてもそれを元に入学希望者が集まるのは早くても1年後、実際に経営が改善するのは数年後です。一方で生徒が卒業してしまうためドラマとしては1年間しか描けません。>>続きを読む

0

阿修羅のごとく(1979年製作のドラマ)

5.0

八千草薫さんが亡くなった際に放送されたのを拝見しました。
間違いなく日本のドラマ史上において最高傑作の一つだと思います。1980年頃の作品で出てくる街並みもかなり古いのに、今のドラマより新鮮で濃密です
>>続きを読む

0

コタローは1人暮らし(2021年製作のドラマ)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なぜか1人暮らしをする5歳児コタローと自堕落な漫画家狩野進をはじめとしたアパート住民たちの交流を描いたドラマ。特別面白くはないですが「丁度いい」ドラマって感じです。
コタローの子供っぽいところと大人び
>>続きを読む

0

桜の塔(2021年製作のドラマ)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。
玉木宏さんが優秀なことが伝わるし、警察内部の派閥対立なども端的に説明していた。麻雀で主人公のプロファイリング能力を見せるなどベタかもしれませんが必要なことを手際良く詰め込んでいて初回
>>続きを読む

0

ラストクリスマス(2004年製作のドラマ)

3.0

織田裕二だしスキーだし2004年当時でも古いと感じるトレンディドラマの設定をを堂々とやっていて好印象。月9のセルフパロディ的作品。

0

恋はDeepに(2021年製作のドラマ)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

開発する側と立ち退く側のお話としては『こんな恋のはなし』とかがあります。ガリレオの劇場版『真夏の方程式』も環境と開発の話でした。バブルはとうの昔に終わったし、コロナ禍でインバウンドも見込めないご時世に>>続きを読む

0

精霊の守り人 シーズン1(2016年製作のドラマ)

2.5

原作を読んでない者からするとファンタジーのせいか架空の国や登場人物の名前が体になじみにくく、物語に入りきれませんでした。
こういう小説はページを行きつ戻りつ地図を指でなぞりながら時間をかけて作品の世界
>>続きを読む

0

レンアイ漫画家(2021年製作のドラマ)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

レンアイがカタカナなのは登場人物の名前とかけているのでしょうか?
売れっ子で天才だけど変わり者の漫画家に振り回される系のドラマです。『笑顔の法則』とか『ヒミツの花園』が近いです。大体こういうドラマのヒ
>>続きを読む

0

まだ結婚できない男(2019年製作のドラマ)

2.0

もちろん笑える部分はあるのだけど前作の出来には遠く及ばない。
なぜ今になって『結婚できない男』を再び制作するのかという当然の疑問に答えられなかった印象。桑野をシーズン1からほとんど人間的に成長させなか
>>続きを読む

2

イチケイのカラス(2021年製作のドラマ)

2.0

裁判官が主人公のドラマは珍しい気がします。裁判所の外に出ないしどちらかに肩入れすることもできないからだと思います。
このドラマの主人公は型破りな裁判官で自ら現場に赴き真相の究明にあたります。
リーガル
>>続きを読む

0

新!少年探偵団(2021年製作のドラマ)

3.0

江戸川乱歩の作品をほとんど変更を加えずに映像化している作品なので、例えば文字で書かれている笑い声とかをそのまま演じているんだと思う。その辺が面白い。

0

シグナル 長期未解決事件捜査班スペシャル(2021年製作のドラマ)

3.0

連ドラは初回を観ただけなので前知識がほとんどない状態で観ました。多分わからないだろうなと思っていましたがそれなりに面白かったです。過去と通信できる条件とかそもそも北村一輝さんが何故坂口さんを信頼してい>>続きを読む

0

桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜(2021年製作のドラマ)

2.5

襲名披露特別企画ということで既存の価値観を打ち破る織田信長を海老蔵さんが演じています。大河とは異なり信長の生涯を描くのではなく、桶狭間の戦いを通して信長の人生観、哲学、人間観などを今川義元と対比しなが>>続きを読む

0

ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル(2021年製作のドラマ)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

刑事ドラマとしてはオーソドックスな構成。1最初の事件で主人公の能力の高さを示す。2猟奇的な連続殺人事件が起こる。3事件が主人公が抱える過去のトラウマと結びつく。4事件の背後には悪意に満ちたSNSが存在>>続きを読む

0

天国と地獄~サイコな2人~(2021年製作のドラマ)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

殺人犯と刑事が入れ替わるというのが肝なのに「実は殺してませんでした」と言われちゃうと注文したものと違うものが届いたような気分になる。だったら入れ替わる必要性も無いじゃん。入れ替わりを周囲が簡単に受け入>>続きを読む

0

死との約束(2021年製作のドラマ)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

本作の面白さは意外な人物が真犯人であるという点にあります。1時間かけて家族の犯行動機を丁寧に紹介し、この中に犯人がいるに違いないとミスリードしておいて意表をつくちょっと反則気味のズルさが原作の肝です。>>続きを読む

0

ノースライト(2020年製作のドラマ)

-

伊藤淳史と西島秀俊は一緒に出演しなきゃならない決まりでもあるのだろうか?

0

グランメゾン東京(2019年製作のドラマ)

3.9

面白かった。まず調理の所作が気持ちよく、出てくる料理は実際に美味しそうだし美しい。
ラスト最高のコース料理が各話の回想とともに運ばれてくるシーンにはグッときた。最高のチームが出来上がったという実感がこ
>>続きを読む

0

ガリレオ(第1シーズン)(2007年製作のドラマ)

3.3

最終回で急激に安っぽくなる。そこで冷めてしまうと湯川の天才性の表現が全てバカっぽくて気になり出す。最終回は見ずに映画版二作目まで飛んだ方がいい。
初回の『車輪の下』を読み上げる唐沢さんが一番怖い。

0
>|