Takuyaさんの映画レビュー・感想・評価

Takuya

Takuya

コメディとミュージカルが好き。
観たいときに観たい映画を見てます。

5.0……人生
4.5……最高に良い作品
4.0……面白い
3.5……まあまあ
3.0……普通
2.5……物足りない
2.0……問題作
1.5……ひどい
1.0……時間を返せ

映画(343)
ドラマ(49)

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

2019年10作目

最速試写会にて鑑賞。

マーベルの新しい時代を感じさせる作品。女性ヒーロー、女性の活躍、正義とは、色々なテーマを発展させつつ今までのマーベルとは違ったプロットでストーリーが動いて
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2019年9作目

演出はベタだけど見終わった後にすごくいい気分になる。カット割とかは古い映画の割に今とあまり変わらないように感じるから見やすいと思う。

余談だけど、ジョージはいいお父さんだと思う。
>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

4.5

2019年8作目

史実に対して忠実なのか、ウォルトディズニーはアニメやミュージカルの条件に関して我を押し通しすぎじゃないのか、なぜネットのない時代に人の家族のことを調べることができたのかといった疑問
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

2019年7作目

思ったよりも笑えるシーンが多くてライトに見られる、と思ったら監督見て納得。
人種問題をメインに据えて且つ当事者の心情もガッツリ映してるのが素晴らしい。
主演2人の演技が細かくてよい
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

2019年6作目

展開は王道。
女性の戦闘シーンが死ぬほどかっこいい。
ただみんなの格好は死ぬほどダサい。海の中の美的感覚がわからない…ダサい…

ファースト・マン(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2019年5作目

音にこだわったドキュメンタリー

爆音、無音を使い分けることによって臨場感を演出した作品。主人公の心理描写が丁寧でライアン・ゴズリングの演技が爆発してる。
だがその分物語の流れも遅
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

5.0

2019年3作目。

子供向けの映画じゃない、成長した大人のための映画

かれこれ2回観たあと、前作を見直して3回目の鑑賞。最初の評価とはまた色々変わったので再投下。
観れば観るほど新たな発見がある素
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

1.5

2019年4作目

いろんな伏線を張ってはいるがブラフだったりあんまり本筋と関係なかったりする。展開に盛り上がりがなくずっとダラダラした状態が続いて見るのがしんどい。サスペンスやミステリーちょっと見る
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.2

2019年1作目。

オードリー・ヘップバーンと彩りを楽しむ映画。

ファッション業界の話だけあってオードリーの身に付けるドレスの色合いやパリの街並みは見応えあり。
ただ話は平々凡々でインテリ役のオー
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

4.5

2018年100作目。

今年の最後を締めくくる最高の映画。
大晦日の様々なドラマをわかりやすく想像掻き立てられる演出なので見てて楽しい。
もちろんうまくいかないこともあるけど年が終わる切なさと新しい
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

2018年99作目。

だいぶうるっと来た。主演2人ががっつり演技派だから感情移入もすんなりできたし、画も綺麗。

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.5

2018年98作目。

まあまあ笑ったけどオチがちょいと強引かな??伏線があればよかったのだけれど

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

2018年97作目。

アリー演じるガガの歌唱力、演技がすごい。ストーリーはさりげなく名言がたくさんあるし、ストーリーともマッチしてるから刺さる刺さる。
時間経過をあえて伝えない演出なのかもしれないが
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.6

2018年96作目。

出演陣が無駄に豪華で笑う。ゆるい笑いとゆるいアクション。スティーブ・カレルワールドが出てていいね。

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.2

2018年95作目。

友愛からブレてないのがとてもいい。その上で話を広げられてる。
演出も細かいし、古い映画のオマージュ(たぶん、キングコングやグリース)もあって楽しめた。

セブン(1995年製作の映画)

4.1

2018年94作目。

最後のブラピの顔が忘れられない。

ロック・オブ・エイジズ(2012年製作の映画)

3.8

2018年93本目。

80年代ロックのミュージックビデオ集。

個人的にかなり好みのロックミュージカル。歌のシーンはミュージックビデオさながらで主演2人の歌声もなかなか。
ドリューが最初に弾き語りし
>>続きを読む

理由なき反抗(1955年製作の映画)

3.7

2018年92作目。

ララランドから来ました。
ララランド大好き人間なので作中に名前が挙がったということでこの映画見ました。
あのBGMにあの舞台にあの名台詞、ララランドの記憶がどんどん蘇る蘇る。
>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.1

2018年91作目。

シンデ・ファッキン・レラストーリー
若かりしジュリアロバーツがめっちゃくちゃ美人。ディズニーにしてはわりと攻めてるような作品。
リチャードギアとジュリアロバーツの心情描写が丁寧
>>続きを読む

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

3.5

2018年90作目。

インド映画の原点、ただただ圧巻。

パンチとかのSEうるさいし、そもそもパンチ当たってないのにSEなってるし、カットの繋ぎクッソ雑だし、素手の敵を主人公がムチでひたすらなぶるし
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

2018年89作目。

これがフレディーマーキュリーの生き様か、と思うほどリアリティがあった。ライブシーンも迫力あり、なにより何気ないセリフや細かい演出が話に説得力を強めていた。
そんな生き様とともに
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.8

何年か前に見たやつ。
ラストで賛否分かれるんだろうな。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

2018年88作目。

前作よりもさらにダークファンタジー感。

愛らしい魔法動物がたくさん活躍した前作から一転、ストーリーに重きを置いた作りに。ハリーポッターシリーズをずっと観てきた自分として
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

2018年87作目。

お酒のつまみにはちょうどいい映画でした。
車ってあんな走り方できるんだ〜〜〜〜

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.2

2018年86作目。

人外イチャコラほんわかムービー

シンビオート対決の映像かっこよすぎ!普通に興奮した!あとミシェルさんカッコいい。今作の主人公はミシェルさんでヒロインはトム・ハーディという認識
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.5

2018年85作目。

ついに彼女達ともお別れ…
2作目で失った勢いを見事取り戻し、はちゃめちゃなストーリーに決着が!
途中これ何映画?となったがそれを含めて全部良い!たくさん笑って最後はなんだかんだ
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

2018年84作目。

子供向けの割にちゃんと怖いところは怖く仕上がってて良い感じ。ジャックブラックの頼れるんだか頼れないんだかよくわからないキャラクターも見てて良しなんだが、
フローレンスが再び魔法
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

2018年83作目。

音を立てたら死ぬ。のキャッチコピー通り聴覚がすこぶるいいエイリアンに支配された絶望的な世界で暮らす家族の話。
音を出しては行けないため会話も手話で行われ、エイリアンにバレないよ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

2018年82作目。

多幸感押し寄せる最高のミュージカル

今まで見た中で一番幸せを感じられたミュージカル映画。観終わった後の余韻が素晴らしい。
もちろんいいことばかりではなくて、何か失ったり失敗し
>>続きを読む

かぞくはじめました(2010年製作の映画)

3.5

2018年81作目。

意外とシリアス展開で驚く。
先読める展開ではあるけど面白い設定と福祉さんのキャラクターが良い。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.5

2018年80作目。

パニック物はあまり見ない自分にとってはわりと怖かったけど、比較的安全圏にいることも多いから終始という感じではなかった。
でも思ったより悪くはないかなと。メガロドンの住む海の設定
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2018年79作目。

シリーズのオシャレ感は健在だけど今度はここぞというときの特大ピンチがなくなんだかんだでうまく行きすぎ感をあったのが残念。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

2018年78作目。

前作を上回る出来。

アントマンのいいところは、GotGとはまた違った緩さがあっていい。前作よりも笑いどころがたくさん増えテンポもいいので見飽きない。
今後また他作品とどう絡ん
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

2018年77作目。

2作目にしてみんな吹っ切れてる。

前作より派手さはなくなったけどアクションシーンがより本格的になった?殺陣とか。
福田監督×佐藤二朗独特の周りが堪えきれずに笑っちゃってるシー
>>続きを読む

>|