いつの日も風見鶏さんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

いつの日も風見鶏

いつの日も風見鶏

洋画好き。
気ままにみて、感じて、書きます!
2016年2月7日スタート。

5 人生を変えた
4 名作
3 楽しめた
2 面白くなかった
1 見ない方がいい

映画(545)
ドラマ(7)

キック・アス(2010年製作の映画)

3.8

こんなヒーローってあり?!

キングスマンの面白さと同じ魅力が詰まっていると感じた。
意外と容赦のないグロなんだけど、笑えてしまう。グロをポップにしちゃいかんでしょ(中毒性のある面白さ。)
そして、ス
>>続きを読む

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.7

おバカ映画の代表格な立ち位置。

何がしたくて、何を伝えたいのか全くもって意味不明だけど、面白かった。
面白けりゃ正義なんですわ!
こういう映画もつくれてしまうハリウッドにはやはり驚かされる。
アドレ
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.6

アルマゲドン + 24 = ジオストーム

日本の予告から受ける印象とはまるで内容が異なるのに驚いた。
サスペンス色が強くて、むしろなんであんな予告になったんだ?笑

宇宙ではアルマゲドンのような熱い
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.6

最後のオチ、好き。
ゾンビをてんこ盛りに使ったコメディ映画。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

「涙を流す価値がある泣ける映画」
まさにこの言葉通り。
ずっと泣いて、微笑んでいられるそんな素敵な作品でした。
ほんと、おすすめ。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.6

送られてきた小説は救いなのか復習なのか。

夜中にも関わらず中盤からは凄い釘付けになっちゃいました。面白かったです。
割りと集中して考察しないと、最後で置いてきぼりを食らうと思います。僕は途中まで違う
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

あんな英雄達の姿をみたら涙がでるにきまってる。
語り継がれてほしい、実話。

激突!(1971年製作の映画)

3.7

スピルバーグの才能が垣間見える良作。

今や世界一の監督となったスピルバーグ大明神の若かりし作品(25歳だとか)。
物語はただ、大型車にひたすら追いかけまわされる乗用車。
後に「ジョーズ」で大成するス
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

私達が追い求めたヒーロー映画の1つの答え。

なんだろ、感想を綺麗に文章なんかでまとめられない。
「ただ何も考えずに映画館に行け。」
それしか言えない。
言葉で伝わらないから映画にするんだって誰かがお
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

感心>恐怖心だった。

映画ファンが選ぶNo.1ホラー映画として名高い本作ですが、正直、映像技術が進化している現代作品に慣れている私にとっては「怖さ」というよりは巧みな演出に「感心」する方が大きかった
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

中身がなくてもロック様がいればそれでいい。期待以上に面白かった。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.5

悪い酔いってダメだよねっていう調度今タイムリーな映画。

久しぶりにアンハサウェイ主演の新作映画だから借りたものの、内容がまぁ今の日本人にとってブラックユーモアある映画だった。
お酒は人を惑わす…違い
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

R15指定の青春映画。

前評判は聞いていましたが、本作は「スタンドバイミー」や「グーニーズ」などを彷彿とさせる青春映画の分類になることは間違いないと思います。
原作では大人と子ども時代が交差する形で
>>続きを読む

パパVS新しいパパ 2(2017年製作の映画)

3.3

愛すべきアホ映画第2弾、見所はメルとマークの会話!!

第1弾は何気に借りて、個人的な佳作ヒットを飛ばしたのが記憶に新しいですが、続編があるなんて…
しかも、メル・ギブソン参戦かい!
こんなの笑うしか
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.6

ネタバレ必須のホラー映画。
横溝正史の金田一耕助シリーズのような雰囲気にエクソシスト要素が織り混ぜられたような作品です。

見終わって最初に漏れた感想は「やべぇ。」です。
色んな意味を込めてヤバいです
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

140分間だけ間違いなく子どもの頃に戻ることができる。
これぞまさに映画なんだ!!

アニメ、特撮、映画に時間を懸けてきた人にとってこの映画は真の「アベンヂャーズ」
冒頭の「JUMP」にのせてVR世界
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

大人になって観ても良い映画。

現在公開中のジュマンジの復習のつもりで見返しました。子どものときは漠然と楽しい印象だけが残った映画でしたが、今みて見ると、映像は意外とチープだなと感じてしまう一方で、何
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

夢の国「ディズニーワールド」の側で生きる、安モーテルの隠れホームレス達の日常。
ラスト85秒はハッピーエンドを超える「マジカルエンド」と呼ばれている、その解釈は私たち次第だと感じた。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

脚本と演出の両方で魅せる至高のスリラー

できるだけ前情報無しで観るのがオススメです!私は完全にネタバレされた状態で観たので、細部まで練り込まれた演出に目がいったのでそれはそれで面白かったです。
なの
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.7

映画版「24」みたいな物語で、テロリストものではかなり好きな部類。

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.4

気持ち悪い生物をマット・デイモンが成敗じゃ。

これでネタばらし完了。と、言えるぐらいの内容でした。あっ、ちなみに褒めています。「グレートウォール」ってタイトルとパッケみて、練り込まれた脚本とか捻りの
>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.7

素人強盗がデカいヤマ狙って権力者が慌てだす映画。

評価以上にとても楽しめた。
これが実話をベースにしているっていうのがスゴい。
素人強盗のリーダーは何故か無敵のオーラを放っているのだけど、ジェイソン
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.9

どこまで成長するつもりだ?!ジェニファーローレンス!!

色んな意味で度肝抜かれた作品でした。
物語に魅了されるというよりは、完全に「ジェニファーローレンス」という女優に魅了された映画。苦汁を飲みなが
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.5

過小評価されてる気がする
普通に面白かった

ハルベリーが乗ってた車、よくあそこまで走ってくれたな笑

スクランブル(2017年製作の映画)

3.6

一言だけ言わしてくれ、樽詰めはガチでやったのか?!

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

報道の自由 VS 政府

ベトナム戦争に関する政府の関与の歴史・ペンタンゴンペーパーズを新聞で掲載するまでの編集主幹(トム・ハンクス)と社主(メリル・ストリープ)の「ドラマ」を描いたのが本作品。

>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.3

クリスチャンベイルの頭とお腹、そしてブラッドリークーパーのチリ髪にしか目がいかねぇ。

最後のオチで罠にハメる系映画のカタルシスが何故か物足りない。
とても素敵なキャストばっかり起用しているのにそこが
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

またしても戦うパパ、でも強すぎないパパ。

ジャウム・コレット=セラ監督の今回の舞台密室は「列車」
列車ときいて想像するのは疾走感だと思いますが、目まぐるしいスピードでアクション、サスペンス、ドラマと
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

アリシア・ヴィキャンデルのファンであることをここに公言し、どこまでもついて行くことを誓います。

と、それぐらい彼女のファンなわけですが、これまで「ドラマ」中心の演技から脱して本格的なアクション女優と
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

スーパーヒーローになる前のブラックパンサー前日譚。

インフィニティ・ウォーが控えてる直前のマーベル作品だったので、とにかく観賞したかった。
繋がりはズバリ「地球側の戦力」
おそらく、サノス軍団と戦う
>>続きを読む

(1963年製作の映画)

3.6

パニック映画のアイディアを全てやってしまった映画。

物語は至極単純で、大量発生した「鳥」に襲われるだけです。
でも鳥に無差別に襲われるって、よくよく考えるとリアリティあるし、普通に怖いしで、人間の深
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.7

河の流れの如し運命。

イーストウッド巨匠はやはり巨匠だったと思わされる至極名作の1つ。
メインキャラ3人(ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン)が歩んできた、そしてこれから歩むであろう
>>続きを読む