ふぇすてさんの映画レビュー・感想・評価

ふぇすて

ふぇすて

⭐︎3.5以上はおもろ、4.0以上はおきに。
セットに魅かれる傾向。
コメントなしは評価ごと随時修正予定。
よろしくお願いします。

映画(671)
ドラマ(0)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.2

思った以上にダークでした!

宣伝の仕方やポスターで気がつくべきだったか( ゚Д゚)魔法動物も大人がたのしめるファンかわコンテンツとしてな感じだし、イケメンキャストたちも完全に大人のハートを抉りにきて
>>続きを読む

ヒドゥン・フェイス(2011年製作の映画)

3.7

なかなかよくできた三角関係スリラー!

しかし指揮者ってこんなモテるのかな?男性よりも女性がみたほうがショックでかそう(´ω`;)スリラー全般に言えることかもしれませんが、ネタバレ厳禁でみるのがおすす
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.9

おしゃグロ。

なかなかえ?え?な展開で最後までひっぱられました。ぐろいというよりうわ(ドン引き)系な見せ方や、クライマックス、オチを静かにやりきるセンスが好み。対照的な姉妹もいろんな意味でええな〜で
>>続きを読む

ボーグマン(2013年製作の映画)

4.2

パッケージ変更して!

シュールな北欧映画のイメージを地で行ってるような感じです。フラットに残酷。抽象的だけどとても単純に感じる。正直あまり期待してなかったけど、出だしでこれは好みかもしれんとピンとき
>>続きを読む

レッド・ステイト(2011年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

うむむ、これはあまり好きじゃないかな(´ω`;)

とちゅうでやけに長いドンパチが始まる。やたら細かいカットもなぜ?最後はことばでしめちゃうし、ちょっと説明くさいかな。じわじわ系のスリラーを期待したけ
>>続きを読む

ハード キャンディ(2005年製作の映画)

4.0

ペドおじさんVSロリータ

ネットで知り合った14歳天才ロリのお持ち帰りに成功!が、しかし!突如気を失うおじさん。目が覚めたらイスに縛り付けられ、てめぇロリコンだろ!」と責められるおじさん。

際どい
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.9

ゆるいおばかお下劣。

デュード何気に(クズ系の)いいやつなのにかわいそう(´ω`;)なんか極端に虚栄からかけ離れてるよなー。もうちょっといろいろ気にした方がよさそうだけど、過去も含めて人生がついてな
>>続きを読む

レポマン(1984年製作の映画)

4.0

意味わからなすぎておもしろい。

E.T.ぶっこみがたのしすぎる。序盤の「映画みたい〜!」っていうオットーのセリフがこれから起きることを匂わせてるようでした。まさに映画みたい〜!って言いたくなる映画。
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.9

ジャンポールゴルチェ。

高校時代のちょっと変わった同級生とお買いものに行ったときに教えてもらったファッションブランド。いわゆるゴスロリ系。
うっすら記憶にある尖ったイメージをもう一度体験したくて手に
>>続きを読む

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

4.2

反社会的な美少年。

…ときたらどうしてもそれらしいわかりやすいものを期待するけど、スカッとぜんぶズレてった。ハネケらしい投げっぽなしな不可解さ。美少年は正直ちょっとらしくないぜと思ったけど、そうでな
>>続きを読む

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

4.4

女は信用ならねぇ、でも女にしかわからねぇ。

ただ腕が1ミリ動いただけで運命が変わってしまいそうな思春期の多感さ。はりつめまくっております。LGBTっぽいけどラブストーリーなのか友情なのか?あわくてあ
>>続きを読む

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

-

好奇心に抗えずみてしまった…!

"世界一お下劣"の座を奪い合うバトル。もはやモザイクありとなしの基準がみててよくわからない。これも編集のうちなの?と疑うほど。配色センスは好みです。セットにもこだわり
>>続きを読む

ヘンリー(1986年製作の映画)

3.8

殺人シーンがなく、音声つきの現場だけ映るのがかえってこわかった。

レビューで日常と非日常と書かれてる方が多いですが、私にとって一番身近に感じたのは、ヘンリーのような男にひかれてしまう女です。危機管理
>>続きを読む

ヘザース ベロニカの熱い日(1989年製作の映画)

3.2

いわゆるカルト映画と呼ばれるものを最近ちょこちょこみています。これもそのひとつ∩( ´∀`)∩

ごめん、JDが好みじゃない!笑
いうほどへんな感じはなかった。むしろ可もなく不可もなく。当時は斬新だっ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.8

テンポのよい会話劇。

それぞれ夫婦のピンチが一室で同時に巻き起こる。まるでハリケーン。彼らの秘密は映画の設定としてはありきたり。なのにおもしろい!ネタバレされても充分たのしめる内容です。

『おとな
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

4.1

キレッキレのシリアルキラーママを楽しむがっつりコメディ!

ベッドシーンや子のキャラはもはやギャグ( ゚Д゚)音楽のりのりだし、ライブのシーンはできすぎててアハ体験が起きたかと思った。逮捕までのお話か
>>続きを読む

71フラグメンツ(1994年製作の映画)

4.4

クリスマス前、見事に関心ごとがバラバラなままそれぞれの物語が進んでいく。

「PCのデータが消えたときも安心!」ってCMが流れるシーンで、「データ飛ぶのはおぞましすぎるよね」なと思ったけど、「状況がち
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.8

サイコが霞むほどのアメリカンナルシ。

途中まではただ女々しくて女々しくて。美意識高すぎだし、キレる理由も嫉妬かよ。おや?思ってたサイコとちがう?

顔の半分だけ血まみれなシーンが印象的だった。あれが
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.2

一生分の叫び?

フランクリンが女々しすぎてちょっとイラっとした。サリーを見習って笑

指をあれするシーンが最強にきもかった。ここまできたらもういっそひと思いに…って見てるこっちがくじけそうになった。
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.1

なんでズボンの上にパンツ履いてんだ?

という疑問はさておき、毒々しい色彩がなんとも不気味で魅力的。女と紫は何か関係があるのだろうか?音楽も謎の造語も中二病が再発しそうなオシャンティーが爆発。

序盤
>>続きを読む

100歳の華麗なる冒険(2013年製作の映画)

4.3

オフビートなブラックユーモアは中毒性抜群!

犯罪に巻き込まれてしまったじいさんと思いきや、本人もなかなかあれな人(;;;;;°∇°)彼の過去の回想シーンを交えてストーリーは進む。

100歳というこ
>>続きを読む

8人の女たち(2002年製作の映画)

3.9

タイトルから滲み出すくらいの華やかさ!

ルイーズのコケティッシュな雰囲気が好き!メイドなのに従順さを感じないギャップがいいね\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////ギャビー(カトリーヌ・ドヌーブ)とのカッ
>>続きを読む

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

3.2

意外とベタな展開?
お金持ちに対する偏見と被害妄想の描写はあー、うんわかるかもと思った。いい意味でも悪い意味でもアナがリッチなお嬢さんそのものに見えたくらいハマり役❕

どんでん返しな作風な監督さんな
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

4.0

バスケやってる将来有望な学生たちが薬物に手を染めてしまう。

実話ベース。なかなか生々しい。いろんな意味でしくじり先生映画化みたい。序盤のディカプリオのノースリーブにジーンズ姿がまぶしい!バスケ仲間同
>>続きを読む

ザ・ベイビー/呪われた密室の恐怖(1972年製作の映画)

3.3

赤ちゃんとして扱われる大人の男性"ベイビー"と母、娘2人の一家に社会福祉士が介入するお話。

美人すぎる一家。気持ち悪いけどなぜかそうも言い切れないベイビー。これはやりようによってはもっと変態っぽくで
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.2

フォロワーさんのおっしゃるように抽象的で強烈でした。

せりふはもう露骨💧冒頭での短いやりとりで「ヤワな主人公が業界に染まって精神崩壊しそうな展開」を想像させる。が、まさかのただひたすら美しく強いジェ
>>続きを読む

まぼろし(2001年製作の映画)

3.9

開始早々に頭にこびりついてたIKKOさんが消えた。

シャーロット・ランプリング目当てで鑑賞。夫が海で行方不明になるも、彼の死を受け入れられずなかったかのように振る舞う未亡人のお話。自然音が耳に入る静
>>続きを読む

私の、息子(2013年製作の映画)

4.0

お金持ちの坊ちゃんが事故で相手のこどもを死なせてしまい、母がお金を使って全力で尻拭いを試みるストーリー。

ドキュメンタリーのようなカメラワーク。まるで家政婦になってゲスな家をのぞいてるような気持ちに
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.0

ほぼワンシチュの青春ムービー。

土曜日に図書室にほぼ軟禁状態で補講を受けさせられるスクールヒエラルキーばらばらの5人。最初はいがみあってるけど、徐々に打ち解けていく。

学校の中にいながら抑圧から解
>>続きを読む

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.7

続編先にみました(邪道)

デヴォン青木でとる❕なつかしい❕むかしよくファッション雑誌の彼女の広告にみとれてました。ワンレングスのストレートヘアがたまらない。

私は続編のほうが好きです。ロアークのゲ
>>続きを読む

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

4.1

ぼっそぼその低い声がしぶい笑

モノクロに火や女、眼など部分的にカラーがついておもしろい。血が…血がしろい!
キャラにも味を感じる。つよいのにふつうの女と同じようによわかったり、くたびれただめなおじさ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.5

台湾にイギリスと想像したより豪華めな作品でした。

ルークのことばには胸がしめつけられた。いじめてた子たちもあれを聞いたら気持ちが変わるかな。
にしても、お国柄なのかイギリスのいじめはなんか"お上品"
>>続きを読む

真夜中の虹(1988年製作の映画)

4.2

ラストシーンのうつくしさ!

落ち度はなくてもこうやって人は堕ちていくという様を見せつけられてからのノワールか⁉︎なはちゃめちゃぶり。
カウリスマキ監督の作品はところどころストップモーションを見てるよ
>>続きを読む

コード・アンノウン(2000年製作の映画)

3.6

正論でもやり方をまちがえるとわかりあえない。もはやいちゃんもんにすら発展する。

ハネケ作品はショッキングなイメージだけど、これはもやっと系。いやーな感じでも刺激を求めてみるとちょっとものたりないかも
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.8

『トロールハンター』がおもしろかったのでみました。

カメラワークがやっぱり好きです。いい感じにうつさないから何が起きたの?とひやひやしました。
前半が神で後半はちょっと肩透かしくらった気分でした。ス
>>続きを読む

マチェーテ(2010年製作の映画)

4.0

マチェーテ❕

二作目がおもしろかったのでみました。リンジーローハンを起用するあたりさすがです!笑
二作目のがコメディ色つよめだったかな❔ちょっとノリがちがいます。くだらなさとぐだぐだ感はあっちが上(
>>続きを読む

>|