きたむらさんの映画レビュー・感想・評価

きたむら

きたむら

点数は心揺さぶられ度・たまに修正

映画(424)
ドラマ(2)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

圧倒的作り込みによる怒涛の情報量
これを1800円で観られるのは最早奇跡

修羅雪姫(1973年製作の映画)

4.2

演出、カメラワーク、劇伴、いちいちお洒落でかっこいい

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

インタビューを挟んだ主観的な構成が作品のテーマと合っていてとても良い

プロジェクトA2/史上最大の標的(1987年製作の映画)

3.6

家でのドタバタシーンがはちゃめちゃに面白い
どちらかというと真面目なお話で、前作と比べて痛快さが減ってしまったのが残念

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.8

修羅雪姫と見紛うほどの殺人スキル
子供たちの演技が良かった
それ以外はお粗末

娼年(2018年製作の映画)

3.1

良い部分はだいたい役者の力
小説で読みたいなあと思わせてくれた点では優秀

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

見やすい画づくり
技術か見せ方かVFXもそこまで違和感ない

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.2

どちらかというと韓流ファン向け
コメディ色強めなのに結構エグい題材扱ってるのはさすが韓国

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.5

予想斜め上を突き進むぶっとび展開
どこかドラえもん的でもある

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

元ネタが分かるかどうかは些細なこと
全てのオタクが楽しめる作品
映画史に残ってほしい名台詞

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.8

題材は良いのに詰めの甘さで台無し感
ところどころ凝った演出も全体通して見ると悪い意味で目立つ
上戸彩の演技の上手さ◎

海底二万哩(1954年製作の映画)

4.0

ノーチラス号をはじめ美術の造り込みが恐ろしい

>|