チャランポランスキーさんの映画レビュー・感想・評価

チャランポランスキー

チャランポランスキー

シャウエッセン命

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

1.0

真面目で凡庸。ドヤ顔で狙ってる「変な映画」に全然なってない。

ジオストーム(2017年製作の映画)

1.0

「ジオストーム」とかいう最悪のハリケーンを未然に防ぐという話で、しかも登場人物たちはディザスターの外側でそれに奮闘するというつまんない展開。気象衛星を操って悪さしようと企む黒幕はキャスティングでバレて>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

5.0

明るくて豊かでちょっとかわいい、意識高いOLが「いつまでも浸っていたい」こと請け合い。
ぼくらの憧れたカウリスマキはもういない。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0

女ボスはキャスリーンケネディ。
引きこもりのレジェンドはルーカス。
レジェンドに擦り寄るJJ。
老害は全員ぶっ殺したいライアン監督。
女ボスにパージされる若手監督。

と見た。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

なぜ今この企画が通ったのかマジで意味分からない。
現代社会に通じるような仕掛けがあるなら分かる。配信ドラマで時間かけてきっちり描くなら分かる。80's〜90's作品の続編ブームに乗っかるなら分かる。数
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

1.0

朝鮮人の詐欺師が日本人に成りすますって話なのに、日本語がカタコトでいいのか。まあターゲットの日本人もカタコトだからいいのか。
そんなことより官能芸術としてカスだろこんなもん。

アシュラ(2016年製作の映画)

1.0

メキシコとかブラジルみたいな街並みの空撮がいい。あんま活きてこないけども。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

1.0

デザインはカッコイイんだけど、ダラダラつまんない会話と単調なアクションのせいでクソ眠い。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

1.0

世界で一番待望してたのは俺です。なのでガッカリ感も世界一です。
このシリーズの良さはシンプルさと威勢の良さで、これがどっちもダメ。
まずゲームのルールが明快でない。こうすれば生き残れますよというルール
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

1.0

ギャグとSFとシンセな音楽というのがほとんどガーディアンズオブギャラクシーでクラクラした。アヴェンジャーズにガーディアンズを迎え入れるための仕度なんだろうか。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

田舎のオーシャンズって感じで超楽しかった。ゲームオブスローンズギャグは笑った。

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

1.0

なんかスベってる。売りどころがぼんやりてるのはプロデューサーの責任でしょう。
同時期の「ライオン」もイマイチでフォースの弱まったワインスタイン終わりの始まり。

守護神(2006年製作の映画)

1.0

なんでこれをレンタルカートに入れてしまったのか誰か教えて。

赤い手のグッピー(1944年製作の映画)

5.0

「ハリーの災難」みたいなブラックコメディかなーとヘラヘラ見てたら、ラスト犯人が分かってから号泣&号泣。特に木に登っていくアイツの姿。「黙れ!もっともっと上に行くんだ。空を飛ぶんだ」「光だ!太陽だ!見え>>続きを読む

ディアトロフ・インシデント(2012年製作の映画)

1.0

登場人物にキャラクターが無さすぎて、こんなバカ映画なのに元気がないの。

突破口!(1973年製作の映画)

5.0

ダーティハリーの100倍面白い。
あと邦題かっこいいよね。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

5.0

回を重ねるごとに画面もキャラクターもどんどん限定的になっていく。でもめっちゃ面白いの。

さらば愛しき女よ(1975年製作の映画)

5.0

いつの間にかDVD化されてた。
歴代マーロウの中ではこのミッチャムが最高。ランプリンはほぼローレンバコール。若きジェリー・ブラッカイマーの初プロデュース作品だとか。

>|