ちゃみろーさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃみろー

ちゃみろー

主にテレビ、DVD,BRなどで旧作を見ています。ジャンルはスパイ物やサスペンスでマイナー系の方が好みです。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

エルサレムでの事件を解決し、イスタンブール発のオリエント急行で帰途に向かうポアロが、車内で発生した殺人事件の犯人を推理する名作ミステリ小説の2度目の映画化。ポアロの尊大なキャラにちょっと微妙な気分にな>>続きを読む

オン・エッジ 19歳のカルテ(2001年製作の映画)

4.0

その邦題はリズム感がないよね問題。ジョン・カーニー監督作品は甘酸っぱさが鼻についてちょっと苦手なのだけれど、これは不幸な青春を自分なりに必死で生きる若者の姿を瑞々しくかつ残酷に描いていて、とても良かっ>>続きを読む

復讐のビッグガン(1986年製作の映画)

3.0

アフリカで引退生活を満喫していた元刑事が、愛娘を殺した自警団に復讐するためにフランスに舞い戻ってくるハードボイルド・アクション。当時50歳のドロン様が割れた腹筋を見せつけてくる。そして顔は真っ黒に焼け>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

3.8

テキサス州の死刑制度を背景にした一味変わった犯罪ミステリ。レイプ殺人で死刑宣告された死刑制度廃止運動家をケヴィン・スペイシー、刑の執行を目前に独占インタビュアーとして指名された社会派記者をケイト・ウィ>>続きを読む

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

4.3

田舎町で小さなダイナーを営む男が店に押し入ってきた強盗を射殺し、英雄として報道されたことで幸福だった家庭が砂の城のように崩壊していくサスペンス映画。あんなに誠実で優しい夫が、父が、もしかして…!という>>続きを読む

トップ・ハット(1935年製作の映画)

3.8

ストーリーは人違いラブコメで少しグダグダしており苦手な感じだが、コメディリリーフの脇役がいい味出してた。ダンスはタップとデュエットを織り交ぜ、スピーディーさとロマンティックな雰囲気のいい所取り。ジンジ>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

数学の天才児と、彼女を赤ん坊の頃から育ててきた独身の叔父の絆を描いた人間ドラマ。子役の演技が素晴らしい。ステップファーザー問題は最近のアメリカ映画のトレンドらしい。やさぐれた男ヤモメの父親と、ませた子>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.0

導入部の子役の茶髪と母親の演技のヘタクソっぷり、音楽とタイトルロゴのダサさでいきなりニヤニヤできたが、最後の方はさすがに拷問だった。話が面白くないんだよな。登場人物、特に兄弟やヒロインの人生が作品の中>>続きを読む

シックス・ストリング・サムライ(1998年製作の映画)

3.7

ソ連に占領され、銃のないディストピア世界となったアメリカを舞台に、ギターを持った渡り鳥と道中で知り合った少年の子連れ狼さながらの旅を描くSFロードムービー。主役の運動能力がすごい。刀の立ち回りもキレが>>続きを読む

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.6

アイルランド系アメリカ人の生業である消防士の世界を描いたストーリーはミステリとして進行していくが、主題は脈々と引き継がれていく家族の記憶である。火災現場の火の動きは迫力があり、パニックムービーにもなっ>>続きを読む

デーモン・ワールド(1986年製作の映画)

3.6

アラン・ドロン主演映画って結構珍作があるが、これはかなりキテる。意識高い系のアニメ作家が死神にロックオンされ、幼い息子の命と引き換えに暴力をテーマにした未完のアニメ作品を完成させるよう脅迫されるオカル>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

3.5

週末にヨットクルーズに繰り出した一行が、嵐に見舞われ遭難し、突如現れた豪華客船に助けを求めて乗船するが、次々と謎の殺人鬼の手に掛かっていくホラー映画。タイムリープ物。死んで振り出しに戻るのではなく、特>>続きを読む

追撃者(2014年製作の映画)

3.7

狩りをしている最中に誤って地元民を射殺した富豪と、罪をなすりつけられそうになる若い地元ガイドが、2人きりの砂漠の追走劇を繰り広げるスリラー。金に物をいわせる年配の金融ゴロが主導権を握り、窮地に追い込ま>>続きを読む

イースター・パレード(1948年製作の映画)

4.1

弟子筋のパートナーに捨てられたダンスのスターが、ヤケクソでスカウトした街酒場の歌手と新コンビを組み、大舞台を目指す中でしだいに恋が芽生えていく古典的なミュージカル映画。2つのイースターパレードの間に人>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.8

ロック・ミュージカルの名作。ダーク・ユニバース・プロジェクトをパロディ化すると、こうなる。映像作品としてはイマイチな所も見られるが、元の劇のポテンシャルの高さが全体を担保している。映画版でもティム・カ>>続きを読む

コーラスライン(1985年製作の映画)

3.4

ブロードウェイの端役を得るためにオーディションでしのぎを削るダンサー達を描いた大ヒットミュージカルの映画化作品。レオタードのハイレグが強烈すぎる問題。演出家と元カノの恋愛ストーリーが中途半端で邪魔くさ>>続きを読む

オペラ座の怪人(1989年製作の映画)

3.1

オペラ座の怪人の原作を元にしたゴシック・ホラー映画。ミュージカルではない。猟奇的なカラーが強いが、怖くないし、あまり面白くもない。最初のタイムリープの演出はきれい。怪人は仮面をせず、人の生皮を剥いで移>>続きを読む

ウィズ(1978年製作の映画)

3.3

オズの魔法使いをベースに、出演者を黒人にしたファンタジック・ミュージカル劇の映画化。導入部がフワフワした感じで入りにくい。正直、途中で見るのを止めたくなるが、マイケル・ジャクソンが登場して以降は持ち直>>続きを読む

チキ・チキ・バン・バン(1968年製作の映画)

4.1

原作イアン・フレミング、製作アルバート・ブロッコリ、脚本ロアルド・ダール、悪役はゴールドフィンガーのゲルト・フレーベという007シフトで贈るファミリー・ミュージカル。20世紀初頭を舞台に、発明家がオン>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

4.0

時の権力者をも動かす天才的投資詐欺師と、メサイア・シンドローム気味のスーパー刑事の頭脳戦を軸にした一種のスパイ・スリラー。新旧正当派イケメンの2人に挟まれつつ、世知辛い現世を泳ぐ天才ハッカー役をキム・>>続きを読む

弾丸刑事ニック&フランク(1986年製作の映画)

1.5

白人刑事と黒人刑事のバディ物。軽いタッチのアクション・コメディ…のはずだが、全然面白くない、笑えない。カルリジアン男爵ことビリー・ディー・ウイリアムズ演じるダンディな黒人刑事はともかく、主演のはずのロ>>続きを読む

ポーカー・フェイス/アラン・ドロン・ウィズ・ジャック・ドレー(1980年製作の映画)

3.7

夜道で事故に遭った瀕死の男を病院まで送ったことから、警察組織をも操る力を持つ軍需企業の陰謀に巻き込まれるギャンブラーをアラン・ドロンが演じるハードボイルド・サスペンス。じわじわと不穏な空気を溜めつつ小>>続きを読む

アルマゲドン・コード(2007年製作の映画)

2.8

ロシアのスパイ・アクション映画で、女性エージェントが主役。アラブ系テロリスト集団が世界4か国に仕込んだ核爆弾の起動コードを巡り、敏腕女性エージェントが世界を股にかけて活躍する。この「今そこにある危機」>>続きを読む

青いドレスの女(1995年製作の映画)

3.9

原作はハードボイルドミステリー小説。エルロイの暗黒のL.A四部作に通低する世界を舞台としている。1940年代後半、仕事をクビになった黒人工員が、糊口しのぎに請けた人探しによって市長戦絡みのスキャンダル>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.3

観念系近未来SF。このジャンルもトレンドがあって、アクションやディザスター描写、時系列の錯綜を織り混ぜて大胆に進行させていく2000年代以降の類似作品に比べると、かったるい印象だった。終盤の禅問答も、>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.1

目が覚めたら妙な正方形の箱みたいな部屋に閉じ込められてた系密室スリラー。数学を使ったギミックが独創的で洗練されている。部屋のビジュアルもかっこいい。ただなー、このシチュエーションだと、あいつムカつくわ>>続きを読む

スイート・チャリティ(1968年製作の映画)

4.1

「カビリアの夜」を原作にしたミュージカル舞台劇の映画化。天真爛漫な性格のキャバレーの踊り子兼ホステスが、男に愛されたくて奮闘する都度に厳しい現実の壁に突き当たることになる。原作が戦後のネオレアリズモ映>>続きを読む

オペラハット(1936年製作の映画)

3.2

田舎で平和に暮らしていた純朴青年が、億万長者の叔父の遺産を相続するために都会に出てきて金目当ての取り巻きの陰謀に巻き込まれていく。「スミス都へ行く」と同じ構造のストーリーだが、主演がゲーリー・クーパー>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.9

スーパーヒーローは単独作品のないキャラも想定外に(失礼)生き生きと描けていて好感が持てた。それゆえにバットマンの相対的魅力…セクハラ問題によるシラケムードも含む…の低下は否めない。本当に金持ちという以>>続きを読む

キャバレー(1972年製作の映画)

3.8

戦争の足音が近づく1930年代のベルリンで出会った奔放な女優志望のアメリカ人歌手と、真面目なイギリス人留学生の恋を描いたミュージカル映画。歌と踊りはキャバレーの中だけで展開される。あまりに退廃的なキャ>>続きを読む

アニーよ銃をとれ(1950年製作の映画)

3.3

実在した女性ガンマンをモデルにした大ヒットブロードウェイミュージカルの映画化。銃の名手で女狩人のアニーと旅芸人一座のスターガンマンのカップルの、恋と男女の競争心を小粋に描く。シナリオの古さがきつい。女>>続きを読む

愛と哀しみのボレロ(1981年製作の映画)

4.7

2世代4家族の戦前から戦後の人生を通して激動の20世紀を紡いだ大作。1人2役で親と子を演じる設定が多いが、ジェームズ・カーンはアクが強いせいか結構混乱する。女優はメイクや髪型で違う雰囲気を上手く出せて>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

元アメフトのスター選手だったが、膝をやられて仕事もままならない兄と、2度のイラク派兵で片腕を失った元海兵隊の弟の、人生どんづまり兄弟が起死回生の強盗作戦を展開するクライム・コメディー。序盤のダウナーで>>続きを読む

追いつめられて(1987年製作の映画)

3.9

惚れた女は上司の愛人だった系スリラー。ジーン・ハックマンはイーストウッドの「目撃」でも同じような役をやってる。前半はケビン・コスナーとショーン・ヤングのイチャコラがダサい当時のポップスに乗せて延々と続>>続きを読む

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ(1978年製作の映画)

3.2

交換研修でスコットランドヤードに来ているフランス人警部が、中年作家の殺人未遂事件を捜査するうちに、被害者は念力を使って次々と憎い相手を殺す驚異の能力を持っていることを知るオカルト・スリラー。キャストは>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.5

80年代の韓国の農村地帯で発生した連続婦女暴行殺人事件を刑事が追うミステリ映画。暴力肯定自白重視の田舎刑事と、ソウルから来た知性派刑事の対照的な2人が、凄惨な事件の捜査を通して少しずつ近づき重なってい>>続きを読む

>|