ちゃみろーさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃみろー

ちゃみろー

主にテレビ、DVD,BDなどで旧作を見ています。ジャンルはスパイ物やサスペンスでマイナー系の方が好みです。

映画(1644)
ドラマ(0)

大いなる陰謀(2007年製作の映画)

3.5

アフガニスタン紛争をテーマにした社会派サスペンス。膠着する情勢を打開するための作戦を立案した上院議員とジャーナリストのインタビュー、その作戦に従事する2人の海兵隊員、その2人の身を案じつつ面談する大学>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.7

ビートたけし演じるはぐれ者の暴力刑事と、白竜演じるはぐれ者の殺し屋の対立が壮絶な遺恨合戦にもつれ込んでいく和製ノワール。昭和末期の臭いが立ち込める質感がいい。俳優がみんな若くてちょっと気持ち悪い(苦笑>>続きを読む

コードネーム:ストラットン(2017年製作の映画)

2.9

英海兵隊SBS・米海兵隊ネイビーシールズ・MI6の共同作戦でロシア人のテロリストを追い詰めていくスパイ・アクション。ドローンを使って生物兵器を拡散させようとする目論見を阻止するのが大筋なのだが、犯人の>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.9

人口抑制対策として厳格な一人っ子政策が実施されている世界で生まれた7つ子が、日替わりで同一人物の人生を生きる近未来ディストピアSF。デザイン的な目新しさはないが、全体的にバランス良く、面白い娯楽作品。>>続きを読む

ゲームの規則(1939年製作の映画)

3.8

侯爵家の別荘に招かれた上流階級の人々の休暇が思わぬ方向に展開していく様子を侯爵夫妻とその愛人、召使を中心に小気味良く描いたシニカルなドラマ。彼らなりに良かれと思ってした行為がすれ違い、取り返しのつかな>>続きを読む

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)

4.1

ベテラン女優が、自分の主演舞台の出待ちをしていた若い女が車に轢かれたのを目撃して混乱していくバックステージドラマ。ジーナ・ローランズとジョン・カサヴェテスが元夫婦かつ舞台上でも破綻した夫婦を演じるとい>>続きを読む

質屋(1964年製作の映画)

4.2

貧民街で質屋を営む偏屈なオッサンの壮絶なる苦悩を描いた戦後ドラマ映画。冒頭はフランス映画かよ?となるが、一転して質屋の店内は舞台劇風になり、やっぱりルメットだなと安心するが、店の外に出るとヌーベルバー>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

3.8

女友達にバカンスの予定をドタキャンされて行き場を失ったこじらせ女子が、まだ見ぬバカンス充を目指して四苦八苦する旅行ドラマ。80年代らしい空気を纏った作品。画質が残念。自分の思い通りにいかないとすぐヒー>>続きを読む

アルフィー(1966年製作の映画)

3.4

ロンドンを舞台に労働者階級の薄情なプレイボーイが第四の壁を楽々と越えて手当たり次第女に手を付けていくコメディ映画。今となっては本編よりスコアの方が知られている。主題歌はバート・バカラック作だが、ソニー>>続きを読む

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

4.2

フリーでドサ回りする美人女子プロレスラーのタッグチームとマネージャーの大舞台への挑戦を描いたロードムービー。80年代映画だが、ピーター・フォークの滋味あふれる演技が画面に染みだし、どことなく哀愁を感じ>>続きを読む

ロンドン・ペイバック(2014年製作の映画)

2.6

仕事の失敗を押し付けられてクビになり、恋人にも振られた青年弁護士が、バーのトイレで偶然盗み聞きした麻薬取引の現場から大金を盗んだことから、ギャング達に追われることになる犯罪スリラー映画。登場人物が運命>>続きを読む

裸のジャングル(1966年製作の映画)

3.3

19世紀のアフリカで無茶苦茶な象牙狩りをしている白人を現地の部族が襲撃し、(一応)良識派のガイドが全裸で逃げ惑う話。ディスカバリーChのザ・ネイキッドとアニマルプラネットChの合わせ技。象が射殺されて>>続きを読む

ヤング・ゼネレーション(1979年製作の映画)

4.3

大学街を舞台に、自転車に熱中する地元の青年と幼馴染みたちが、金持ち大学生達と対立しながら自転車レースを通して自分を取り戻していく青春映画。複雑でセンシティブな人間心理と、レースのスピード感を巧みに調和>>続きを読む

ホット・ロック(1971年製作の映画)

3.9

ムショ帰りの泥棒が、某国の大使から美術館の宝石を盗む仕事を引き受けるが、宝石の在処が二転三転して翻弄されるクライム・サスペンス。グダ感の出やすいケイパー物をコメディテイストを効かせることで軽やかさを出>>続きを読む

戦艦ポチョムキン(1925年製作の映画)

3.3

腐ったボルシチ食わすな!と船内蜂起したポチョムキン号の水兵と寄港先のオデッサ市民の、権力との闘いを圧倒的なスケールで描いた革命プロパガンダ映画。ウジ虫注意報。階段と乳母車の元ネタ。「ひとりはみんなのた>>続きを読む

そして友よ、静かに死ね(2011年製作の映画)

3.9

裏家業から足を洗って家族と平穏に暮らしていた元ギャングが、かつて苦楽を共にした親友を脱獄させたことから周囲の人々の命が狙われていくフレンチ・ノワール。主演のジェラール・ランヴァンがとにかく渋い!演出は>>続きを読む

七月のクリスマス(1940年製作の映画)

3.9

コーヒー会社の標語コンクールに応募した青年が、職場の同僚のイタズラで偽の当選通知を手に入れたことから事件が巻き起こる勘違いコメディ。良い意味のくだらなさが暖かさと清涼感を醸し出す、古き良き時代のコント>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

4.6

第二次大戦中のフランス領モロッコのカサブランカで、酒場を経営する訳ありアメリカ人が、過去に愛した女と再会するドラマ映画。芳醇な香り高き名作。ヒロインの心理が意味不明で、特に後半のメロドラマ展開がグダっ>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.7

ブルックリンで暮らすイタリア系労働者の青年の日常を、当時の風俗と華やかなヒット曲で彩った青春映画の名作。生まれ育った環境の中で悩みつつ、週1で行くディスコで踊ることを生き甲斐とするナイーブな青年をジョ>>続きを読む

サリヴァンの旅(1941年製作の映画)

3.7

裕福で苦労知らず故に明るい作風を得意とする映画監督が、社会派に路線転換を図ろうと浮浪者を装い旅に出るコメディ映画。前半と後半でテンポやテイストが変わって変な映画だなと思ったが、教会で映画を見るシーンは>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.8

やり手検事と彼に心酔する若手検事が、担当する殺人事件を通して対立していく犯罪サスペンス映画。東京地検を舞台にしており、特殊なお仕事物の面白さはあるが、リーガル・ミステリではない。予告編の時点でミスリー>>続きを読む

ワイルド・バレット(2006年製作の映画)

3.7

チンピラが自宅の地下室に隠した銃を隣家の息子が持ち出して、ロシア人のDV義父を撃って逃げたことから、両家の家族がロシアマフィアとイタリアマフィアの双方に命を狙われていく犯罪アクション映画。いわゆるガイ>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.1

若い双子の姉弟が、母の遺言に残された父と兄を探す旅の中で、壮絶な母の人生を知ることになるミステリ映画。この監督の作品って器用な人独特の頭でっかちさが気になるんだけど、本作はレバノン内戦を物語の背景にし>>続きを読む

奴らに深き眠りを(1997年製作の映画)

3.5

1930年代のハーレムを舞台にしたギャング映画。実在したギャングスタの縄張り争いを描いている。大恐慌の中に生きるハーレムの黒人の経済活動として、賭博のシステムが語られる。80年代後半~90年代前半のギ>>続きを読む

大列車強盗団(1967年製作の映画)

3.7

実録犯罪映画。冷静で知略に富んだリーダーが、郵便列車に積まれた大金を強奪する計画を練り、様々な役割のメンバーを募って実行に移す流れを追った典型的なケイパームービー。オープニングは60年代の英国の映像作>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010年製作の映画)

3.3

70年代のホラー作品のリメイク。山の中のロッジを借りて一人で休暇を過ごす美人女流作家が発情したジモティに襲われ、怒りの復讐に転じるというマニアックなストーリーだが、残酷描写は薄め。実際に襲われる前のじ>>続きを読む

酒とバラの日々(1962年製作の映画)

3.7

アルコール依存の底なし沼に互いを引きずり込む夫婦の悲哀を描いた人間ドラマ。今では本編よりテーマソングの方が有名。アレキサンダーを悪魔のカクテルとして世界中に知らしめた功績?もあり。アルコール依存症の恐>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.3

理知的で好奇心旺盛な少年が、住宅地に突如現れては消えるペンギンの謎を憧れのおねいさんや同級生たちと探求していくセカイ系アニメーション作品。日本の現代アニメらしく、内向きのこぢんまりとした不思議世界を丁>>続きを読む

追跡(1962年製作の映画)

3.0

美人銀行員が謎の男に銀行の金を横領して渡さないと妹を殺すと脅迫されるサスペンス映画。FBIがバカ。変質者の犯人を美人姉妹に近付けすぎ。何で被害者が自己責任で銀行の金を横領して身代金を作らなくちゃならな>>続きを読む

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(2016年製作の映画)

3.6

マドリード警察のコミュ障探偵刑事と正義感の強い暴力刑事の凸凹コンビが続発する独居老女の殺人事件に人生を狂わされていくスペインの犯罪ミステリ。少し古いタイプの(王道とも言う)プロファイラー物になるが、最>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

4.3

爆発物を専門に扱う敏腕連邦捜査官がCIAの驚異のハイテク技術チームに加入して、爆破テロの捜査を進めるうちに、事件現場に自分が関わっている痕跡を見つけていくサスペンス映画。何を言ってもネタバレになる系。>>続きを読む

邪魔者は殺せ(1947年製作の映画)

3.4

脱獄したIRAの幹部が、資金集めのための強盗中に重症を負い、風雪の中を死に体で放浪する犯罪サスペンス。色んな協力者、非協力者が現れては消えていくプチロードムービー。街の人々が案外テロリストに協力的とい>>続きを読む

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ(2009年製作の映画)

3.8

ペレストロイカ直前のソ連で起こったスパイ事件の実話をテーマにしたスパイ・スリラー。ブレジネフ体制を見限ったKGB幹部が、フランス人ビジネスマンをロックオンして機密文書を西側に流す連絡員にし、密会を重ね>>続きを読む

リプレイスメント・キラー(1998年製作の映画)

3.5

中国人の殺し屋が、殺しの指令を拒否したことで中国人マフィアから命を狙われ、女偽造屋と共に逃避行するアクション・スリラー映画。ある意味ジャケット詐欺。二人とも本編はずっとかっこいい。ミラ・ソルヴィノの演>>続きを読む

召使(1963年製作の映画)

4.8

貴族の青年と壮年の召使の共依存関係を描いたイギリスらしい嫌な題材の映画。内容は要約すると男版「家政婦は見た」なんだが、ダーク・ボガードの充実した演技、奥行きのある人間描写、スリラー的な演出、緻密な構図>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.1

第二次大戦中にドイツ軍の捕虜になった連合国将官を集めた難攻不落の収容所からの200人規模の脱獄計画を描いた傑作戦争映画。いやいや、腐った卵を一ヶ所に集めたらえらいことになるのは目に見えてたでしょ。反骨>>続きを読む

>|