ChiakiAndoさんの映画レビュー・感想・評価

ChiakiAndo

ChiakiAndo

  • List view
  • Grid view

不能犯(2018年製作の映画)

1.8

うーーーん、松坂桃李さんは怪しい不能犯の演技が上手かったですが、開始直後から「不能犯」の意味を説明しなければならなかったところとか、色々入り込みづらかったかな…。
愚かだねぇ

羊の木(2018年製作の映画)

3.6

ものすごくいろいろなことを考えさせられる映画、原作マンガの設定が秀逸だし、それを撮りきる吉田大八監督も出色。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.3

あまり期待してなかった分、いい意味で期待を裏切られた印象
三木監督のキラキラ感と小松菜奈さんの演技は秀逸、唯一残念だったのはおディーンさまかな〜…

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.9

登場人物の心情を丁寧に描いてあってよくまとまっていた。
長澤まさみのキャリアウーマン役もさることながら、初音映莉子のノイローゼ感はホラー映画かってくらいの凄み
ただ、キャストファンと映画好き以外にはハ
>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

3.9

小規模の作品なのにクオリティはしっかりしてる。
原作のマンガをうまく3次元に起こした感じ。
キルギスのシーンのドキュメンタリー感と美少女2人によるラーメン作りシーンの爽やかさは一見の価値あり。
音楽も
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

作り手の「映画」への愛情が強く伝わってくる作品
ラブストーリーとしては王道の展開だけど、ラストに待ってる驚きの展開で鑑賞後感もスッキリ。
幸せは、寄り添うことなのか触れ合うことなのかみたいなことも考え
>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

3.8

「君の名は。」を彷彿とさせる入れ替わりストーリー。
ある意味ありきたりながら、キャストの演技力と演出、脚本が無二の作品に仕立て上げている

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.4

CGと音楽が世界を目指してる感じ、特にCGの演出に瞠目する作品。これは見るべき!

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.8

これぞアメリカ、これぞハリウッドといった感じの映画。
壮大なスケールでぶっ飛んでるから、細かい部分をぶん投げで進めても勢いでなんとかしてる感あるものの、ストーリーが王道で、なんというか「アルマゲドン」

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2015年製作の映画)

3.2

大雪の豊洲で鑑賞。
鳥瞰的なアングルが多用されてて独特な画作り。
ああいうのが中国でヒットするのかと思いつつも、些細なカットも手を抜いてない細やかな仕事にもビックリ。金かかってるんだろうな〜
ストーリ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

泣く要素しかなかった。佐藤健の地方都市に住んでる男の子の演技が秀逸

嘘八百(2017年製作の映画)

4.5

関西弁も良かったし、主演二人の演技が抜群。
劇判もジャズのリズム感がこれ以上ないくらいマッチして時間を感じさせないデキでした。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.5

怖くないと言われて観たけど怖かった。

当時のアメリカの雰囲気、恐怖を乗り越える方法も練られていて面白かった