チマキさんの映画レビュー・感想・評価

チマキ

チマキ

映画(45)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2

全編モニター越しに展開するという前評判は聞いていたものの、予想以上にその効果がスゴかった。

累 かさね(2018年製作の映画)

4.7

誰でも持っている「コンプレックス(劣等感)」を「顔の美醜」という形で顕在化して、土屋太鳳と芳根京子という2人の朝ドラ主演女優が、体当たりで「女の欲望」に振り回される2人のヒロインを、入れ替わりながら2>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.7

作画がキレイ!引きの画の細かいところまでよく作り込んであるし、ひいじいじのバイクにもこだわりを感じた。
「子供っていいよね」「子育てっていいよね」から「命って素晴らしいよね」を押し付けにならない形で描
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

暫定ではあるものの今年イチ面白い映画を更新。最初30分の衝撃から、種明かしの怒涛伏線が「あーこういうことか!」のアハ体験に繋がり、低予算であることを逆手にとるような演出にも舌を巻きました。
サプライズ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

登場人物がそれぞれ信念を持って行動してるため、ダレずに最後まで見ていられる。
長瀬くんはカッコいい、佐々木蔵之介が全部持っていく感は否めないけど…。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

白石和彌監督の底力を見たような感じ。一昨年の「日本で一番悪い奴ら」から、人間の弱さとか複雑な関係とかを細かく描ける人だということを再確認。
ただ内容はやっぱりエグい…。そのエグい内容が、身近にある(あ
>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

3.1

なんの予備知識も持たずに行ったら、最初の5分で付いていけなくなるだろうな〜という入りだったけど、沢尻エリカの表情と吉沢亮の猫っぽい演技は秀逸。特に、吉沢くんの左目から一筋の涙がこぼれるところは、お前女>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

アベンジャーズシリーズをキッチリ観るのは初めて(ブラックパンサーは観たけど)ながら、世界中にファンがいるのも頷けるキャラの立ち方と世界観の描き方で面白かった。
ただ、あんなヘビーな終わり方になるとは…
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

ストーリーは特にないけど、映像と音楽が圧倒的。面白かった!

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.3

インド映画、面白い!
やっぱり来るかって思った歌も効いてるし、親娘の葛藤も伝わってくる。全体的に役者の顔芸がコメディ感出してくるけど、実はそんなことない。
問題は、ナショナルコーチに盾突く姉妹選手とそ
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.2

ストーリー展開はスッキリ、ラリーのスピード感とCGのお金かかってる感は思わず見惚れる。男たちの熱気もムンムンだし、細かい部分まで気を遣ってるし、何度観ても楽しいはず。一回観て、ラリーのルールを勉強して>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

わー、重いなーと思いながら観て、途中でスカッとするかと思いきや最後まで複雑なまま観終わって…。
でも、一つ一つのシーンが持つ緊張感とかはビンビン伝わってくる。
日常をあらゆる理不尽や困難に囲まれている
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.6

面白かった。昨春、全米でゴーストインザシェルを押さえて初登場1位になったテンポ感とかストーリーとか、しっかりしていた。
キャラの目の大きさとか、90年代の日本アニメっぽい?と感じるところも…。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.9

こんな家族、いるよなー、あー自分もこういうこと言ってるなー、うちの家族もこうだったなー、こんな時に母は(妻は)こう感じてたのかなー、と、「あるある」だったり「身につまされ」たりして感情が揺さぶられる。>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

全編に渡って、登場人物が全員とにかくポジティブ!
バーナムの野心とか上流階級との対立とかマイノリティへの偏見とか、描きようによっていくらでも表現が変わるけど、とにかくみんなメンタルが強いし音楽も明るく
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.6

面白かった!
マーベルヒーローものをちゃんと映画館で観たのは初めてだったけど、さらに昨年末の東京コミコンでキャラだけ見て鼻で笑ってたけど、引き込まれた。
釜山カーチェイスの疾走感も、最後の乱闘シーンの
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

2.9

うーーーーーむ、中村文則ワールドを分かりやすく表現しようとしているんだけど、文章で読むのと音で聞くのはなんか違うなと思ってしまったのは今日の体調からなんでしょうか…。
ひとつ加えるなら、主題歌はm-f
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

青春映画として完成度が高い!
周防名人のエピソードに泣けました

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.3

実際の事件を基に、現場でテロを阻止した本人を主人公として出演させているのに、大きな違和感を持つことなく観られるのは監督の力量?胸が熱くなる映画でした。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

秀逸だったのは全編通して効いていた音楽。前に出すぎることもなく時代背景をよく描き出していたし、ファンタジー感をうまく現実と融合させていた。
話もまとまっていて、良くできたおとぎ話という感じ。

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

伝えたいメッセージは伝わってくるし、現役の高校生とか高校時代の思い出が深く残っている人には刺さると思う。
アカデミー賞の最優秀主演男優賞を獲った菅田将暉の演技は流石。土屋太鳳も頑張ってる。
ブッとんだ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

1.8

シーンとセリフと演出が噛み合っていないというのか、自分の理解力が足りないのか、内容が頭に入りにくい映画だったなと。
カメラワークは中国映画感溢れる俯瞰のアングルが独特
お金かけたチャイナファンタジーっ
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

3.7

定年後のおじさんに起こるドタバタが妙なリアリティを持って迫ってきて、笑いの中にも哀愁が漂ってる。
ストーリーがしっかりしていて骨太。
「人の行きつくところは、皆同じなのす」(うろ覚え)のセリフは、団塊
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.2

原作の世界観というか登場人物のキャラクターというか全体の空気感みたいなものを、とても上手く捉えて映画にしているなーと(原作読んでないけど…)

若手俳優が難しい感情表現に挑んでいて目が離せないし、演出
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

1.8

うーーーん、松坂桃李さんは怪しい不能犯の演技が上手かったですが、開始直後から「不能犯」の意味を説明しなければならなかったところとか、色々入り込みづらかったかな…。
愚かだねぇ

羊の木(2018年製作の映画)

3.6

ものすごくいろいろなことを考えさせられる映画、原作マンガの設定が秀逸だし、それを撮りきる吉田大八監督も出色。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.3

あまり期待してなかった分、いい意味で期待を裏切られた印象
三木監督のキラキラ感と小松菜奈さんの演技は秀逸、唯一残念だったのはおディーンさまかな〜…

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.9

登場人物の心情を丁寧に描いてあってよくまとまっていた。
長澤まさみのキャリアウーマン役もさることながら、初音映莉子のノイローゼ感はホラー映画かってくらいの凄み
ただ、キャストファンと映画好き以外にはハ
>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

3.9

小規模の作品なのにクオリティはしっかりしてる。
原作のマンガをうまく3次元に起こした感じ。
キルギスのシーンのドキュメンタリー感と美少女2人によるラーメン作りシーンの爽やかさは一見の価値あり。
音楽も
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

作り手の「映画」への愛情が強く伝わってくる作品
ラブストーリーとしては王道の展開だけど、ラストに待ってる驚きの展開で鑑賞後感もスッキリ。
幸せは、寄り添うことなのか触れ合うことなのかみたいなことも考え
>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

3.8

「君の名は。」を彷彿とさせる入れ替わりストーリー。
ある意味ありきたりながら、キャストの演技力と演出、脚本が無二の作品に仕立て上げている

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.4

CGと音楽が世界を目指してる感じ、特にCGの演出に瞠目する作品。これは見るべき!

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.8

これぞアメリカ、これぞハリウッドといった感じの映画。
壮大なスケールでぶっ飛んでるから、細かい部分をぶん投げで進めても勢いでなんとかしてる感あるものの、ストーリーが王道で、なんというか「アルマゲドン」

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2015年製作の映画)

3.2

大雪の豊洲で鑑賞。
鳥瞰的なアングルが多用されてて独特な画作り。
ああいうのが中国でヒットするのかと思いつつも、些細なカットも手を抜いてない細やかな仕事にもビックリ。金かかってるんだろうな〜
ストーリ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

泣く要素しかなかった。佐藤健の地方都市に住んでる男の子の演技が秀逸

>|