ちかさんの映画レビュー・感想・評価

ちか

ちか

こんにちは
一時期ログイン出来なくて、まとめてレビューしてます。

映画(110)
ドラマ(0)

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

昔よく聴いてた音楽を改めて聴くと、その時好きだった人のことを思い出したり、その時の感情が蘇ってきたり、その時にタイムスリップしたあの感覚わかりますか?

それです。それでした。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

内容は良かった。テンポもよく飽きなかった。でもグレダの日本語吹き替えの声優があまり好きではなかった。また、字幕で見たいそう思える映画ではあった。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

描写といい、話といいとても美しい映画だった。

人生をもっと大切にしようと思った。

2時間飽きずに映画に吸い込まれた。

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.4

久しぶりに素晴らしい映画に巡り合えた。

自分の人生を見つめ直すいい機会となった。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.0

このなんとも言えないスレちがう感じ悪くないけど、登場人物結構クズな気がした。赤い髪のおばちゃんは好き。

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.0

つまらなくはなかった。
でも、映画館ではなく金曜ロードショーで観たかった。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.6

トイストーリー4を見るために3まで観ましたが、まだ4を観てません。観るの忘れました。

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.8

え、まって面白くなかった気がするって感じの映画

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.0

THEベタな恋愛映画。
でもそれがよかった。

高校生に戻りたい。

でも、考えたら私は女子校だった。あんな青春想像できない。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

飛行機の中で見た。そんなことはどうでもいい。

マーキュリーは前歯が他の人より多くて声が響くみたいなこと言ってた気がする。
私は生まれつき下の前歯が2本少ないから歌が下手なんだ。いや、違う。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.0

内容というよりアートとして楽しむものだった。美しかった。


私も太宰治のように愛されたいです。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

私、結構好き。知ってる内容だったけど好き。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

カッコつけて英語で見たから内容ちゃんとわかってるかわかんないけど、好きだった。歌が上手くなりたいよね

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

結構前に見たから感情思い出せないけど、悪くはなかった。今日の天気は晴れだった。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

2.9

Yesで人生成功したみたいな話だったような気がするけど私はYesで後悔したことが沢山ある。いや、Yesで良かったことも沢山あるのだろうけどそれに気が付いてないだけかもしれない。

怒り(2016年製作の映画)

3.9

信じることって難しいけど、信じないと何かを失ってしまうかもしれないということを学んだ

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.4

原作を読んでたけど私てきには思いのほか面白かった

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

私の知らなかった歴史が学べた
悲しいストーリーでスッキリしなかったが見て後悔はしなかった

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

1.0

もう、これを見たいと思う意味がわからない
怖いの嫌い
怖いの好きな人なんなの

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

3.8

とてもグロくて、怖くて、刺激が強かった
しかしそんな中でも途中20分私は寝てしまった
自分の副交感神経の有能さに感動した
そんな映画だった

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

男はつらいよ
女は怖いよって感じ
とても気楽に見れる映画
私も水原希子に熱いキスされたいなって思った

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.9

怖くはないけど食欲がなくなる系の映画だった。でも、朝から何も食べずに15時にこの映画を見た私は、この映画を見ながら冷凍庫うどんを食べた。美味しくはなかったがお腹は満たされた。そして、私の人生は恵まれて>>続きを読む

>|