CHIOさんの映画レビュー・感想・評価

CHIO

CHIO

映画(145)
ドラマ(26)
アニメ(0)

ペルシャン・レッスン 戦場の教室(2020年製作の映画)

-

収容されるトラックの中で
たまたま交換したペルシャ語の本で、
ペルシャ人になりすまし、

ドイツ将校に嘘のペルシャ語を
教えることでスレスレのところで
生き延びる主人公。 

いつかバレるのではないか
>>続きを読む

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

-

夢に向かって、ぐいぐいいく
ロンドンの家政婦ハリスさんが主人公。

いい人の周りに、いい事やいい人が
次々と舞い込んでくるお話は、
お伽話だなと思いつつ、

Diorの本物のパリのメゾンを
忠実に再現
>>続きを読む

short cut(2011年製作の映画)

-

ずっとずっと見たかった、三谷幸喜の
112分ワンシーン・ワンカットドラマ。

あまりうまくいってないマスコミ夫婦
中井貴一×鈴木京香。

山道をさまよう中で、
妻の知らない一面を見たりして、
関係が修
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

-

夏休み最終日。
ヘアスプレーを見て、無理矢理
気持ちを奮い立たせる。

人種の壁も、ぽっちゃりさんも、
深刻な感じもなくスカッと吹き飛ばす
気持ちのいいハッピーエンド。
60年代の音楽とダンスも楽しか
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

-

夏の終わりに、女性の背中をそっと
おしてくれる映画。

ジェンダー、人種、LGBT、産後鬱
中絶、生理。声高に主張されると
お腹いっぱいになりそうな
テーマの多さだけど、

飾らないブリジットのもがき
>>続きを読む

ジェニファー・ロペス ハーフタイム(2022年製作の映画)

-

シャキーラとJ.Loのスーパーボールの
ハーフタイムショーが好きすぎて
このドキュメンタリーもチェック!

ゴシップばかり注目され、本人も
政治に興味がないと語っていたJ.Loが
排他的になっていくア
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

-

野木亜紀子さん×小栗旬・星野源

グリコ・森永事件に着想を得た
骨太のミステリー。本物もこう
だったかと思ってしまう面白さ。
_______________

8/26 シアターコクーンで観劇。
中通
>>続きを読む

レディー・ガガ:Five Foot Two(2017年製作の映画)

-

◆以下追記◆9月4日
レディガガのLIVE、最高に楽しかった。

コロナ禍、初Live。豪華な演出🔥
キレッキレのダンス。パワフルな歌♪
土砂降りの中、お見送りに来たGAGA様、
ドキュメンタリーより
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

今さらながら、「シン・ゴジラ」

ゴジラ襲来!
日本政府、どうする? という映画。

濃い面々と長いセリフ。
想像と違い、個人の生活は描かず
完全なお仕事映画なのも面白かった。

「稲村ヶ崎にゴジラ上
>>続きを読む

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

-

「三国志」の赤壁の戦いを描いた
大スペクタクル映画。

頭脳戦あり、スパイあり、大きな戦いあり。
そして、エキストラも驚くほどいっぱい。
豪華で楽しかった。

美しいな、金城武の「諸葛孔明」。

アポロ13(1995年製作の映画)

-

実話に基づいた宇宙映画といえば
「ライトスタッフ」
「アポロ13」
「ドリーム」

月を目の前にして、
降り立つことのできないもどかしさ。
実話に基づくお話は切なく、
そして面白い。

地上管制官•エ
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

-

会社帰りに、映画館へ。
疑似家族のロードムービー。

「ベイビーブローカーの男」
「養護施設の男の子」と「卒業生」
「赤ちゃんポストに託した女」と
「赤ちゃん」の養父母を探す5人の旅。

赤ちゃんを売
>>続きを読む

サイレントチャイルド(2017年製作の映画)

-

多くの人にみてもらいたい、
心揺さぶられる短編映画。

家族で1人だけ耳が聞こえないリビーの元に
社会福祉士のジョアンがやってくる。
無表情だった4歳のリビーが、手話を覚えて
ジョアンと通じ合い、楽し
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(1974年製作の映画)

-

新旧「華麗なるギャツビー」見比べ。

愛なのか‥上流社会への執着か‥
ギャツビーの成り上がり感は、
R•ディカプリオ新>R•レッドフォード旧

デイジーの情の薄そうな感じは
M•ファロー旧>C•マリガ
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

-

「何にも考えないでみた方がいいよ」と
同僚からおススメされて、映画館へ。

Don't think. Just do it!
映画でも言ってた。

大スクリーンで、エンジン音を感じて
音響のいい映画館
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

-

ヌーヴェル•ヴァーグの傑作、みてみた。
殺人を重ねる逃避行は、妙に滑稽で明るく
色彩が美しい。

さらに、アンナ•カリーナの破壊力ある可愛さ。
ココ•シャネルに命名され、
ゴダールに愛されるだけある。
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

-

「ビフォアシリーズ」3部作の2本をみた!
旅先での会話で作る映画を
同じキャストで9年毎に撮る面白さ。

「ビフォア・サンライズ」 1995年 23歳
「ビフォア・サンセット」 2004年 3
>>続きを読む

METライブビューイング2021-22 プッチーニ「トゥーランドット」(2022年製作の映画)

-

母のお供で、ライブビューイング
「トゥーランドット」
ラストの「誰も寝てはならぬ」を聴くための
3時間な感じで、最後は爽快。

豪華な古代中国のセットと衣装。
コミカルなピン、ポン、パンの3人組。
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

-

カラフルな色使いが美しい
アルモドバル監督の半自伝映画。
いい感じに枯れたアントニオ•バンデラスが
ほぼ引退生活を送る映画監督役。

「洞窟ですごした子ども時代」
「愛した恋人との再会」
「偶然手にし
>>続きを読む

芳華-Youth-(2017年製作の映画)

-

ピンクの中華デザインに惹かれて視聴。
70年代中国。歌•舞踊で軍を慰問する
文芸工作団(文工団)の若者たちのお話。

夢と挫折、恋に舞踏のキラキラした世界から
文化大革命〜中越戦争の凄惨な時代を経て
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

-

25年前のSF。レトロ未来が面白い。
遺伝子操作で将来が確約される世界。

自然に生まれたヴィンセントは不適性者。
事故で歩けない失意の水泳メダリスト
ジェロームの優秀な遺伝子やIDを借りて
憧れの宇
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

-

「太陽がいっぱい」と「リプリー」
同じ原作なのに、主人公の陰と陽が
対照的で面白かった。

前者は、ギラギラしたアラン•ドロンの
いけいけリプリー。友を殺しなりすまし、
完全犯罪なるか‥の原作とは異な
>>続きを読む

パリ13区(2021年製作の映画)

-

気持ちいい音楽と柔らかな映像。
裸の絡みも、モノクロで生々しさ半減、
一方で、潔く欲まみれで清々しい。

カラダでつながっても、
心がつながるとは限らない孤独。

最後のカミーユのジュテーム、
薄っぺ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

-

複雑な家族関係と
何ということのない日常の風景。

いい人たちがお互いを思いあって、
淡々とさざなみみたいな映画。

和やかな4人の生活をのんびり視聴。
長澤まさみ、キレイだな。

GW最終日のお出か
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

被告は、本当に罪を犯したのか。
真相は謎のまま。

三隅は、「空っぽな器」で、
相手の思いを汲み取り、自分のものに
してしまう。だから、証言も二転三転。
殺人も犯してしまうという理解に至る。

でも、
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

「DUNEの映像、すごくいいよ」と
仕事先のデザイナーさんに勧められた時に
大きなスクリーンでみなかったことを後悔。

壮大な砂漠の映像、美しかった。
お話としては、まだまだ序章。
次作が出たら、映画
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

-

今回の旅は、ナイル川クルーズ。
親子3代エジプト旅行を思い出す。

お話は、半分過ぎても何も起こらなくて
事件はまだかな、なんて思っていたら、
後半次々と人が亡くなっていく。
一人ひとり話を聞きながら
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

ギラギラした胸糞映画、面白かった。
マクドナルド創業者は、どっちだろう。

注文から30秒で商品を出す
ファースト・フードの根幹のシステムを
発明した、感じのいいマクドナルド兄弟。

元ミキサーの営業
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

-

楽しみだったマイク・ミルズの新作。
ジョニーの眼差しが温かい。
「子どもから学ぶ」「対等に」も正しい。
丁寧に描かれ、共感してるんだけど…

現実でお腹いっぱい。
(と、一緒にみた息子に伝える。)
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

-

オープニング ソング♪
"紙の月も、信じれば、本物の月になる"

9歳のアディは、母のお葬式で
詐欺師のモーゼと出会う。
お父さんではないと言われながらも、
旅を続けるうちに、同志になっていく。

>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

-

「カモン カモン」を見る前に、
オマージュとしてあげられてる
子どもとのロードムービーをチェック。

「都会のアリス」「ペーパームーン」
似て非なると思うけど、W•ヴェンダースは
「ペーパームーン」の
>>続きを読む

ソング・オブ・ラホール(2015年製作の映画)

-

パキスタン伝統楽器の"TAKE FIVE"が
素敵すぎて、頭の中をぐるぐる。

政治影響で音楽が消えゆくパキスタン。
伝統音楽継承者の職人バンドが
NYでJAZZバンドとセッションするお話。

意気揚
>>続きを読む

バックコーラスの歌姫たち(2013年製作の映画)

-

次は、バックシンガーのドキュメンタリー。

原題は… "20 Feet from Stardom"
実力があっても、
ソロとバックコーラスとの間には
簡単には越えられない20ft.の隔たり。

影武
>>続きを読む

キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性(2012年製作の映画)

-

Mスコセッシは、配役で
映画の9割が決まると、価値を認め、

Wアレンは、人に会うのが嫌だし、
1人を選ぶなんて気まずいから
配役は全部任せていると語る。

映画を影で支えてきた
「キャスティング」と
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

-

前作までのハチャメチャ感を期待すると
想像と違うスタートで、何度か脱落。

今回は、ヤバ目のラスプーチン登場まで
たどり着き、ここからは面白い。^^
コサックダンスのような、
マトリックスのような動き
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

-

会社帰りに、「ベルファスト」
ケネス・ブラナーの自伝的映画。

英国・北アイルランドのベルファストは
街中が家族みたいな小さな町。
1969年。穏やかな夏の夕方、
突然、プロテスタントの暴徒が
カトリ
>>続きを読む