Siseさんの映画レビュー・感想・評価

Sise

Sise

映画(376)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

毒親モノはちょっと、、
ギャグ並みの暴力描写はアリ
音楽は良い、特にイギーポップのPassengerのカバー

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

2時間20分あったとは思えないスピード、情報量、胸熱すぎる展開。
良い役者がどんどんドラマから映画に出る。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

偶然とは言えないタイミングでの日本公開

つくらねばならないモノこそやっぱり力が働く。ジョンウィリアムズの音楽はやっぱり良いし、食い気味やどもりも込めながらもきっちりとした脚本。
何の為誰の為のジャー
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

コレは正直、オスカーとかの土台にはもったいない。
両親理解ありすぎだろ

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

狂気しかない。
不美人ならではの表情 美しい音楽 完璧なドレス
怖いけどわからなくもないのが嫌なところ

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.8

傷ついた心は癒すことは出来ない、共に生きるしかない。
本当の人生を描くって言葉では現せないよ、それを表現する映画。人生にはどうしようもないことがある。赦しは訪れない。それでも生きていく。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

傑作
三人を中心に、人の善悪清濁を見事に描いて一筋に繋がる。
‪久しぶりに想像を超えた流れのある映画。きったねえ言葉しか出てこないのに、見た目と裏腹に善が溢れる存在。
サム・ロックウェルはずっと同じよ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

奇怪な純愛

今までダークファンタジーとか形容しがたい映画のデルトロ監督は、ついに声のない戯曲を完成させた。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.0

もう神話じゃなくなった。期待も予想も裏切ってくれた今作は、1人の天才が創り上げた世界を奴隷商人のディズニーは安くバラ売りしてくことになる。さようなら

>|