ガンミの1人でシネマさんの映画レビュー・感想・評価

ガンミの1人でシネマ

ガンミの1人でシネマ

  • List view
  • Grid view

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

あの夏を超えたのはOPだけかな。
鈴の感情が読み取りづらかく、ついて行くのが難しかった。
もう少し歌を物語の軸にして欲しかった。

囚われた国家(2019年製作の映画)

4.0

面白い
SF=アクションではなく
重厚なサスペンスとして見れば充分楽しめる。ポスターが誤解を招いてる気がする。
エイリアン倒す時ウニに見えた。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

子供から見た戦争ってこんな感じなのかな。
お母さんのボディブローめちゃくちゃカッコいい

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.5

またナターシャを観れるのは嬉しかった。
アクションとしても家族の話としても素敵

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.5

あの下町憧れるな
変わっていくものを受け入れて、ちゃんとする事って単純だけど難しいと思う。

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.5

終盤どこに行くのか不安になったけど、良い着地の仕方だった。
どんな過去も塗り替えられないし、受け止めるしかないって事なのかな。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

全員集合って大体おもろしくないけど、これはよかった

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

凄くいい
非日常感に少しワクワクしてる感じが怖い。

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.0

とても綺麗で見入る作画。
お話もどうなっていくのか気になり続けて、わからないまま終わった。

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

2.0

やっぱり面白くない
OPとEDはアニメだからこそ出来るもので面白い点はそこぐらい。
純粋に原作の時点でも面白くなくなってたのに、中途半端な演出で余計につまらない。
ツコッミはウザイし、ボケは出しどころ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

泣いちゃったよ
1人の若者から見る世の中の見方が出所前と後でまるで違う。ギラついた若い時代から世間の渋み苦味を味わって、哀愁漂う中年になった姿がなんとも言えない。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

人間の本質はそう容易く変わらない。
変わろうとしてたのにな

生きちゃった(2020年製作の映画)

4.0

一人一人のセリフは決して多くない。それでもそこに居たんだなと、思わせる存在感がある。

最後は堰き止められていた感情が全部溢れ出たのかなぁ。子供からしたら少し怖いかも。

タグ(2018年製作の映画)

4.0

冷静に考えるとどうなんだろうと思う。それでもラストも含めて大人が全力で遊ぶ姿は最高。

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.5

見てて楽しい。
ミュージカルシーン後の周りとの温度差が感じられのは、催眠術設定だからこそ見られる現実感で、他のミュージカル映画では見られない面白さ。

冒頭のパンチラは地味に破壊力ある。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

最後がよくわからんかったけど、人間臭い映画は大好物です。
葉子さんと青くんは結ばれて欲しいな

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

頭の理解が追いつかなかった。
でも、映像や音楽の迫力に圧倒された。理解が追いついた時には星を増やそう。

さりげない動作や周りの人間の仕草、そんなところに気を使わんくてもいいよな所にこだわりが見えた。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.5

勇敢な行いをしたら一級整備士に昇進は無いだろう。兵士じゃないんだから。整備士なら技術とか見てあげてよ。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.5

広告に期待しすぎたかな。
もう少しジョークとかイカれた感じが欲しかった

>|