IZUMIさんの映画レビュー・感想・評価

IZUMI

IZUMI

映画(91)
ドラマ(3)

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

4.2

東京都現代美術館で開催されている「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」を観にいくため予習鑑賞。

最初はリリー・コリンズの可愛さを堪能する作品だろうなと内容にはあんまり期待せず観たんですが凄く
>>続きを読む

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(2018年製作の映画)

4.8

100年以上愛されている舞台シラノ・ド・ベルジュラックの誕生秘話を描いた作品。

filmarksのフォロワーさんのレビューを読んで観にいって来ました。
正直舞台を観たことも、原作も読んだこともない作
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

未解決事件として有名なグリコ・森永事件をモチーフにしたフィクション作品。
原作は未読。

犯行グループが使った3人の子供たちの声を巡って事件の謎が紐解かれてゆきます。

「大人たちが引き起こした事件が
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.3

以前中野量太監督の「長いお別れ」を観に行って良かったので本作も楽しみにして初日に観に行ってきました。
(レビューは遅くなってしまいましたが汗)

浅田政志さんという実在する写真家の2つの著書を原案とし
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

-

この作品、原題が素敵なんです。
「Making Waves: The Art of Cinematic Sound」

音響の世界って波動のアートみたいなもの。

作中に音響の世界を理解するための参考
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

4.5

学生時代に父が勧めてくれて鑑賞して以来大好きな作品。
奇しくも音楽を手がけたエンニオ・モリコーネが亡くなった年にイタリア完全版が日本で公開されるとのことで見に行ってきました。

船の上で生まれ生涯一度
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

最愛の妻を病で亡くした元殺し屋ジョン・ウィック。
その妻が贈り物として送ってくれた愛犬をマフィアに殺され、その復讐のためにマフィアと戦うお話。

たかが愛犬、されど愛犬ということで
「大事な犬を殺され
>>続きを読む

プラスチックの海/プラスチック・オーシャン(2016年製作の映画)

-

プラスチックのゴミはどこに捨てられているのだろう。

この作品に出てくる海の生物や鳥たちの内臓から出てくるプラスチックのゴミたちを見るだけで申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

そもそも何故自然に返
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.0

金曜ロードショーにて。
この作品は何と言っても音楽がとても好き。

手嶌葵ちゃんが歌う朝ごはんの歌を聞くとお腹が空いてくる🍳
また舞台が横浜ということでjazzyな武部聡志さんの音楽も心地いい。

>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

5.0

金曜ロードショーにて。
小さい頃から数えきれないほどみている作品。

お父さんのサツキとメイを見守る温かさと、サツキちゃんの時たま見せる子供の姿と、メイちゃんの元気いっぱいな姿を見ているだけで、ポカポ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0

シネマシティの爆音上映にて。
マッドマックスは1作目が救いのない終わり方だったので実は同シリーズを個人的に避けていたのですが怒りのデス・ロードは周りの評判を聞きやっと気持ちが乗ったので今回鑑賞してきま
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

-

ムーア監督作品初鑑賞。
タイトルはドナルド・トランプが大統領当選確実となった2016年11月9日に由来しています。映画の出だしから「初の女性大統領誕生!」とヒラリーが当選確実と思い込み開票前からお祝い
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

4.1

「図書館は民主主義を守る最後の砦だ」

6月に「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を鑑賞したこともあって図書館という場所がいかに社会問題を解決する可能性を秘めているかを、この作品でも実感しまし
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

家族って厄介だけど良いもんだ。

自己啓発プログラムを提唱するお父さんを始め、
老人ホームを追い出されたヤク中のおじいちゃん、
自殺を図った叔父さんに、
ニーチェに傾倒し口を閉ざしたお兄ちゃん。
そし
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

風の谷の人々同様、改めて「ナウシカって素敵なお姫様だな」と思いました。
風の谷の人々に愛され、腐海の毒に侵されてしまった父親を治すために腐海について探求し、自然も虫も人も傷つけない道を探す優しいナウシ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

レディー・プレイヤー1を見たらシャイニングが見てみたくなって鑑賞。

怖かった・・・!でも面白かった(笑)

雪の間、豪雪のために閉鎖されるホテルの管理人になったジャック(ジャックニコルソン)の顔が後
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

金曜ロードショーにて。
VR世界「オアシス」に隠された3つの謎を解き明かすというのがメインのお話なんですが、お話の所々にその謎のヒントが隠されていて「これがアレに繋がるのか!」と一緒に見ながら謎解きし
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

子供の頃に見た時と大人になってから見た時とワクワクがずっと変わらない作品。

見た人皆好きなポイントは異なると思いますが、
個人的に好きなポイントは2つあります。

一つ目は八百万の神様が訪れる湯屋!
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

劇場でジブリが観れるということで早速鑑賞してきました。
そして開始10分も経たないうちに久石譲さんの音楽で泣きました・・・。
アシタカせっ記。劇場で聞けて感無量でした。(サントラで定期的に聴くほど好き
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

タイトルと同じ「デッド・ドント・ダイ」というカントリー調の音楽から始まるゆるーいゾンビ映画🧟‍♀️🧟‍♂️

〜地球の自転軸がズレて墓から死者が蘇り、町がゾンビで溢れかえる〜

ビル・マーレイとアダム
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

-

6/26に長編が公開される「SKIN」の短編が6/19まで無料で公開されていたので鑑賞しました。

***

「毒ヘビかどうかは色で見分けるのか。」

スーパーマーケットで白人の息子と話したことがきっ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

「自分らしく生きる。」

南北戦争時代。女性が自立して生きることが難しかった時代に、ルイザ・メイ・オルコットが自身の家族のことをモチーフに描いた半自伝的な作品である「若草物語」を映像化した本作。

>>続きを読む

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(2016年製作の映画)

-

公共図書館の役割とは何か。

作品を通してニューヨーク公共図書館が本の貸出しの他に、作家のトークショーやコンサート、就職支援にネット環境の提供など、イベントから地域に寄り添ったものまで様々なサービスを
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手パターソン。秘密ノートに詩を書くのが日課で、そんなパターソンの一週間を描いた作品。

奥さんの横で目を覚ますパターソンの一日の始まりは日常の当たり前の風景な
>>続きを読む

ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実(2018年製作の映画)

-

お肉を食べるのをやめて菜食主義になったトップアスリートたちから食事の大切さを学ぶドキュメンタリー。
ジェイムズ・キャメロン監督やアーノルド・シュワルツェネッガーなどがエグゼクティブ・プロデューサーとし
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

金曜ロードショーにて。
人気コミックの実写化作品。原作未読で劇場鑑賞した姉が「面白いよ」と勧めてくれたので鑑賞しました。

私も原作未読で見ましたが、話が上手くまとまっていて2時間15分飽きずに楽しめ
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

4.3

「怒り」の余韻が凄くて、続けて李相日監督×原作吉田修一を鑑賞。※「怒り」より「悪人」の方が先に作られています。

とにかく役者さんの演技が素晴らしかった。
特に妻夫木さんの演技は、田舎育ちで感情をうま
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

八王子で起こった夫婦殺人事件。その現場に残された「怒」のメッセージ。犯人に似た顔の男性3人のそれぞれの物語を織り交ぜながら、真の犯人に迫っていく物語。

同性愛。家族の話。沖縄の米軍の問題。
色んな問
>>続きを読む

雨が上がると(2018年製作の映画)

4.2

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルにて。
5/25までの公開と言うことで駆け込みで見ました。
(教えてくださったちゅうさん。ありがとうございました😊)

羊🐏の毛が雲☁️になって雨を降らすと言う
>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

-

たまむすびで町山智浩さんが紹介していたのをきっかけに鑑賞。
芸能人の政治的発言やSNSでの誹謗中傷が今の日本に重なる作品です。

「人に親切でいたい」「いい子でいたい」を信念に頑張っていたテイラーが、
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.5

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルにて。
美女を食べることが大好きな男がベジタリアンの美女に恋をする物語🧚‍♀️
色あざやかな世界観とは裏腹にグロさと不気味さもある不思議な世界観。グロい部分は可
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.1

金曜ロードショーにて。

想像してたより良かった!というか良かった!何百もいるポケモンのそれぞれの特性がちゃんと活かされていて素晴らしかった!脚本家さんのポケモン愛なんでしょうか?最後まで予想不可能な
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

彼女に振られたことをきっかけにモノに溢れた部屋を一掃して、何もない生活をするという実験ドキュメンタリー。

4年前に祖母の遺品整理を行った経験があったのでとても興味深い内容だった。

主人公の生活を見
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

チャップリン初のトーキー作品であり、ヒトラーとファシズムに対して非難した作品。チャップリンのユーモア溢れる笑いもあるけれど、笑いの奥底に権力に対する怖さを感じます。
ラスト6分間の演説はただただ圧巻。
>>続きを読む

スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版(2015年製作の映画)

5.0

期間限定でYoutubeに公開されているスピッツのライブ。
ちょうど「小さな生き物」というアルバムが発売された頃のライブです。
私はコアなファンではないのですが、いつもスピッツの音楽には癒されています
>>続きを読む

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

-

コーヒーはどうやって作られているのか。

生産から私たちがお店でいただくまでを映像化した作品。

まずコーヒー豆ができるまでに、農家の方々の作業がほぼ手作業で、大変な労力を費やしていることに驚きました
>>続きを読む

>|