ハセガワさんの映画レビュー・感想・評価

ハセガワ

ハセガワ

今夜も映画を観ます。

映画(376)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

プラトーン(1986年製作の映画)

3.6

戦争だから敵なんだろうけど、だけどお互いに志は似たり寄ったりで自国の平和だったりするんだと思う。

ギフト(2000年製作の映画)

1.7

豪華なんだけど。

ケイティホームズが不細工でやっぱり好きじゃない。

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

3.7

これだけの登場人物でたった90分で全てを繋げたのは凄い。

内容も良かったし。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

2.1

先週観てなんとなくしか覚えてないけど、良かったらしい事を奥さんが言っていた。

天国と地獄(1963年製作の映画)

3.1

初めての黒澤作品は七人の侍、と決めていたんだけど、天国と地獄。

こういうサスペンス物ってどうしても犯人と被害者のどちらかがメインとして物語が進むのだろうけど、前半は三船君で後半は山崎君という形だった
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

2.6

ロブスターよりは観やすかった。

でもやっぱりこの監督苦手かもしれない。

効果音というかBGMというか、音の使い方が不安を煽ってよりこっち側が不安になるのでそこは上手いなぁと思いました。

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

-

この作品とは全然関係無いんだけど、かつてセロンはモンスターの時のインタビューで、彼女こそ社会の被害者、と言った。
それからこの女優の事が大嫌いで顔を見るたびにそのインタビューを思い出す。

唯一嫌いな
>>続きを読む

僕はラジオ(2003年製作の映画)

2.3

エンドロールで本人映像出したらそりゃグッときちゃうわ。

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

2.4

ブロリーの最初の一撃目を受けたベジータがニヤリとしたのがカッコ良かったです。

5ヶ月になる息子が大興奮です。

娘と鑑賞。

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.5

一番怖いのは旧ソ連の社会体制だった。

前半1時間はダラダラと辛かったが終わってみれば見入ってしまった。

せめて幼い少女2人は救われたと思いたい。

コール(2002年製作の映画)

2.0

ケビンベーコンの悪役ってのはやっぱ様になるし、悪いのにどこかカッコいい。

スクリーム3(2000年製作の映画)

2.4

最後のゲイルとデューイの別行動がアホらしくて。

この作品の主人公は完全にこの2人だわ。

来る(2018年製作の映画)

2.0

松たか子が岡田君を殴るシーンが一番。

ラストの除霊のシーンが大袈裟過ぎて全てがダメになった感じ。

スクリーム(1996年製作の映画)

3.0

ウェスクレイブンと言えばエルム街の悪魔なんだけど、校内で掃除してたフレッドと言う名のお爺さんはフレディクルーガーまんまの格好だったね。
こういうサプライズが楽しかったりする。

運び屋(2018年製作の映画)

2.1

なんつーか、アメリカ映画とイーストウッドはイコールだと思うし、イーストウッドはブランド化しちゃってると思うし、この歳でアメリカ映画の象徴とも言える人が主演を張ってるのはもちろん凄い事なのは分かるんだけ>>続きを読む

ハードエイト(1996年製作の映画)

2.0

ほんの少しのフィリップシーモアホフマンを観る映画だった。
キレキレだった。

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

2.4

吹き替えで観たのだけど、カーターすげーカッコ良くて、終盤になって気付いたんだけど、声優さんジェームズボンドの人だった。
おかげでカッコよさ倍だわ。

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

1.7

ある意味すごい。

ただこういうふざけた作品は90分で良いかな。

ライフ(2017年製作の映画)

2.3

なかなかのメンツの中で日本人である真田君がカッコよくて誇らしかった。

ラストは予想どうりだった。
だからって、よくなかった訳じゃないけど、どちらかと言えば絶望感あって良かったかも。

60セカンズ(2000年製作の映画)

2.3

ストーリー以上にマスタングがスーパーカッコいい。

トータル・リコール(2012年製作の映画)

1.1

なんだか。
やっぱオリジナル。

コリンファレルとてもカッコいいのだが、いまいち作品に恵まれない俳優さんてイメージ。

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.2

そろそろ39歳にもなろうとしているおっさんのオレが良いお話ですね、と。

娘と奥さんが今夜はシンデレラを観ます。
はぁ!?

から始まって最後まで観たのはオレだけ。

昔から愛されるお話しなわけだ。

座頭市(2003年製作の映画)

2.6

リズムの作品。

きっと勝新さんと比べられるんだろうけど。

随所に北野要素があってエンターテイメント性も高くて楽しいと思う。

BROTHER(2000年製作の映画)

2.4

当時、映画館の予告編で、ファッキンジャップくらい分かるよバカヤロー、バンバンバン、てのに痺れて、絶対に映画館で観なきゃ行けない作品だ、と思いながらもレンタルで済ませたの思い出した。

blank13(2017年製作の映画)

1.6

サスペンスと思ってたんだけど、佐藤居ると佐藤ワールドになってしまうのがあまり好きではない。

ボルケーノ(1997年製作の映画)

2.8

自己犠牲の地下鉄シーン。

マグマに対する対応と人間ドラマが面白い。

この頃のアンヘッシュは綺麗。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

サスペンスと言うかヒューマンドラマ。

人間模様とか心境の変化とかうまく表現されてて良かった。

言葉の使い方が面白かった。
また観る。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.5

きっとこの2人に関わらずプロとしてプレーするって常にプレッシャーやら周りの雑音やらが付きまとってオレなんかが想像するよりはるかに超える凄まじい闘いがあるんだろうなーて思ったわ。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.1

ジェレミーレナーの作品をそんなに観てるわけではないけれど、男らしくて頼りになるって印象が大きい。

カッコいい男だ。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

4.4

当時観て、日本映画より上を行ってると思って、また観たけど、やっぱ上を行ってる。

やっぱ凄かった。

>|