井Dさんの映画レビュー・感想・評価

井D

井D

ゆる〜い感想をたくさん記録していきます

映画(644)
ドラマ(0)

American Animals(原題)(2018年製作の映画)

3.6

ある大学図書館で実際に起きた学生による希少価値の高い本の強盗事件。

いやしかし何故にアメリカの学生窃盗話は色々マヌケで詰めが甘すぎるのだろう…

事件の当事者がインタビュー形式で出演してるのはとても
>>続きを読む

ミラクル/ミラクル 1980の奇跡(2004年製作の映画)

3.9

"This cannot be a team of common men because common men go nowhere. You have to be uncommon."

名言。

ミックス。(2017年製作の映画)

2.9

なんだかんだ、蒼井優がMVPと思うのは私だけでしょうか。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.2

ヨシヒコ、ハワイに行って恋するの巻。

原作が大好きでこのリメイクを鑑賞したけど、期待を裏切ることもなければ世界観もちゃんと壊さないでいるから無難なリメイクという印象。ジョークのシーンはやはり流石山田
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

ジブリ、他アニメに続いて是非、世界中の日本語クラスで見せて欲しい映画。卒業生組がそれぞれのエピソードからしっかり精神的に大人になる瞬間があって共感を呼んでいる。細かいアニメ交じりの演出や音楽もやり過ぎ>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.2

映画らしい物語で衣装がどれも素敵。邦画でこんな楽しかったのは久しぶり。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.0

まだまだアメリカが人種の面でも、性別の面でも差別が激しかった時代。そんな時にこんな歴史的な試合が実際開催されたなんて全く知らなかった。特別おもしろいっ!って感覚よりは、大事なテニス史を勉強させてもらっ>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

日本にもお盆があるのに、こんな風に先祖を想って家族で集まってる人はどれくらいいるのだろう?と思った。

あっぱれピクサー、泣いた。

Tag (原題)(2018年製作の映画)

3.5

ただただ爆笑🤣 ボーンレガシー並みにキレキレなガチ鬼ごっこ。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.8

歴代ジュラシックで1番話が雑で適当。途中ドラえもんでも呼んで方向修正を激しく願った。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

このキャストで映画10本撮れるくらい贅沢。特別サプライズも大展開もなく安心して観れるオーシャンズシリーズの仲間入り。こりゃいくらでも作れるな。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

懐かしのキャラ達の出会いが見れて普通に満足な内容。Ep8が悲惨で米国ではボイコットするファン層がいるとか。

残念ながらSW初の赤字みたいだけど業績に関係なく続編を希望したい完成度。最後はまさかまさか
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.8

俳優でなく現地の人をそのまま出演させていることに驚き。貧困社会にもがく若者達の話。重い。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

悪ふざけしすぎなマーベル。おデブな子役のキャスティングすらギャグかと思うほど。

適度にグロ?なシーンはありつつも前回に続いて破茶滅茶な展開!

忽那さんの今後の活躍に期待!

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.5

ポスターと正反対に闇が深いので間違ってもデートでの鑑賞はオススメできない。

子育てで生活、身体、気持ちの全てが変わってそれに苦しむ家庭の話。ついに限界がきて子守を雇って失っていた人生を振り返るお話。
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

久々に見たパニック映画のなかでは現実味があって特別文句のない展開!無難パニック!

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

主演女優賞は妥当と思わせる作品。アメリカの田舎に暮らす人々の視野の狭さに驚く。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

期待値が低かっただけに文句なしに満足。最近のアクション任せな探偵系とは違って現実的な展開と無理な演出なく安心して見れる。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.7

黙々と時間が流れる。レオンをもう少し泥臭くしたような。ふーん。

プライド 栄光への絆(2004年製作の映画)

3.4

アメリカの高校の華のスポーツといえばやはりアメフト。こんなに街全体で熱くなるスポーツは他にない。鉄板なスポ根映画だけど最後まで興奮冷めずに観てしまう。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

ゲーマー世代にとっては最高に楽しめる数時間!オタクのお祭り!

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.0

印象:
>量産型整形美女大活躍
>ダイバーシティ超意識キャスト
>新田真剣佑、英語話せるのに…悲
>ガンダム
>🗻

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.5

これまた綺麗な画の静かに進むSF系作品。予告とタイトルだけみるとエイリアンと戦うのかと思っていたら大間違い。後半は少し処理不能な内容になってしまうけど、その謎に圧倒されっぱなし。ナタリー様かっこいい。

ゲーム・ナイト(原題)(2018年製作の映画)

3.7

なかなか笑った。ジェイソン・ベイトマンが出てるコメディはわかりやすくて笑いやすい。

ボードゲーム会の愉快な仲間達がいつのまにか謎謎と脱出ゲームを混ぜたような「事件」に巻き込まれて行くお話。レイチェル
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

飛行機機内で2049と併せて鑑賞。リドリー・スコット監督の映画で1番まとまりのある作品と感じた。

攻殻機動隊、アキラ、マトリックス等数々のSF名作の原点とも言える作品としてだけでも観ておくべき1作!

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.1

飛行機で原作に続けてこちらを鑑賞。世界観や設定は30年後とはいえ無理のない内容で文句のない完成度。ゴズリングが殺意剥き出しのときは「ドライブ」そのもの 笑 レトさんも謎な雰囲気出しておきながらもスクリ>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

マーベルが久々に本気出した!アフリカ民族をイメージした衣装の数々、今風なサントラ、王の存在感の全てが絶妙。アイアンマン越えな作品の完成度!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

レミゼ、ララランド、と毎年12月はミュージカルを流行らせたい流れで業界は今回はこれ推しかと。ミュージカルのハードルが高くなったせいか、内容が少し薄い上にキャストが全員頑張りすぎてるように感じる。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

新キャラは正直あまり存在感なかったけど、ジャック・スパロウをまた観れたのは嬉しい。過去キャラもたくさん出演していて、内容もディズニーランドのアトラクションみたいな流れ。ザ・無難!

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

向上心の塊。ある意味傲慢で容赦ないところが究極、アメリカの本質なのかなと突きつけられる。

I'm national. You're f'kin local. ファストフードの歴史を知れる良作!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

ヒーロー論云々でなく、80年代カルチャー満載の映画と割り切ったら音楽の選曲は良いし、軽い気持ちで観れるマーベル作品。テンポも良いし、今後インフィニティウォーでアベンジャーズにも出ると考えると鑑賞は必須>>続きを読む

>|