ポチポチさんの映画レビュー・感想・評価

ポチポチ

ポチポチ

映画(207)
ドラマ(0)

フリーキー・フライデー(2018年製作の映画)

3.5

曲と主演のコージー・ズールスドーフの演技がとても良かっただけにお話の急ぎ足感がとても残念…
展開も忙しなければ、曲が始まるタイミングも忙しない。
全体的にタメがもう少し欲しいなと感じる映画だった。
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

一緒にいるだけが仲間じゃねぇ…

お話やキャラクター描写に詰めの甘いところはあれどさすがは天下のディズニー!
心をエグるような中々ハードなテーマを面白おかしくちょっと泣ける良作に仕立てあげた。

前作
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.3

傑作だった。

幼児性との別れを描いた『くまのプーさん 完全保存版』のラスト、それは大人になって何もしないが出来なくなるいわば縛りの結末だった。
しかし、本作では幼き日の自分と向き合うことで大人になっ
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.9

ただのDCOMじゃん!

主演もロス・リンチにオリヴィア・ホルトと完璧な布陣

お話もDCOMにありがちなシチュエーションで、冴えない主人公が魔法のアプリで大変身!!
でも最後には、本当の自分だったり
>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(2018年製作の映画)

3.0

泣けなかった…

これはネタとかではなく、わりと本気で感動するつもりだった。

どんなに話や展開が杜撰だろうとあのエンマ大王がなぜあんなにも人間を愛しているのか、そこにはどんな出会いや別れがあったのか
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ディズニーが片手間に作ったファンタジー映画って感じ。


クララが辿り着いたのはとある国の雪国
吐く息も白く染まる 雪の国の橋の前に
迷子だったクララを救ったのは動くことさえ覚束ないとあるくるみ割り人
>>続きを読む

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー(2014年製作の映画)

4.6

前作よりも全体的に予算が下がってしまった印象があるが、そもそもマペット映画がかなりチープ(良い意味で)な感じなのであまり気にならなかった。

物語は前作の直後から始まる。なんなら映画の冒頭で前作のエン
>>続きを読む

ロケッティア(1991年製作の映画)

3.9

ディズニーが送る、王道ヒーローストーリー。

主人公はわりと自分勝手で周りや恋人にも迷惑をかけるのでコイツを好きになれるかでこの映画の評価も変わるだろう。

しかし、未だに根強い人気を獲得するのも頷け
>>続きを読む

ティモシーの小さな奇跡(2012年製作の映画)

3.0

過疎化、貧困化が進む街で子宝に恵まれない夫婦が理想の子供像をメモに書いて土に埋めたらそのまんまの子が家にやって来た。

物語背景や主人公夫婦が現実的な問題を抱えてるわりには妙にファンタジックな映画。
>>続きを読む

ピープル・ライク・アス(2012年製作の映画)

4.2

泣いた…

子供に対して冷たく嫌な父親だったが彼の行動には意味があった。

映画の終盤、父親との数少ない思い出が伏線となり複数の家族を繋ぐ物語と集束していく様は涙なしでは見られない。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

聞いてはいたけどホントに父親がトトロ風、母親がメーテル風だった…

フレネミーズ(2012年製作の映画)

3.5

DCOMでは珍しく独立した3つの物語で構成されているオムニバス形式を取っており、さらにそれぞれのお話がそれぞれ少しずつ繋がりを持っていて最終的に1つにまとまるというちょっとした群像劇的側面も持ち合わせ>>続きを読む

ゾーイの秘密アプリ(2014年製作の映画)

3.7

親の再婚によりこれまでの生活が崩れてしまった主人公が新しい父親、新しい兄弟を認め受け入れてく物語。


不思議なアプリで学校中の男子を思いのまま操れるとか中々ヤバイ設定を持っている本作。実際アプリの力
>>続きを読む

ゲーム・プラン(2007年製作の映画)

3.9

この手の高慢な人物が何らかの理由で子供を抱え込むことになり、いつしか親としての自覚だったり人生にとって大切なものに気付く系の映画はディズニー映画で死ぬほどよく見る。

この作品もまさにこのフォーマット
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!
正直観る前まではぶっちゃけどんな話か想像できなかったし、ペンギン?おねショタ?おっぱい?ってなんやねんと思ったけど
ホントにペンギン、おねショタ、おっぱいだった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

4歳児をというこれまでほとんど描かれてこなかった年齢のキャラクターをリアルにアニメにするという挑戦は評価したいし多分リアル4歳児を描くことには成功はしていると思う。
しかし、その挑戦がこの作品の伝えた
>>続きを読む

詩季織々(2018年製作の映画)

2.9

うーん…
どれもこれもあまりピンとこなかった。

画面や絵のクオリティの高さは認めたいのだが全体的に新海誠感が溢れ出ていてオリジナリティに欠ける。
お話も感情移入できるものが少なかった。
こういう情緒
>>続きを読む

D3/マイティダックス(1996年製作の映画)

4.0

かつてのコーチとも別れ、新しい環境に馴染めず苦境に立たされたダックスが一皮むけ大人への階段を上る様は見ていて感動した。
相変わらずの少年マンガ的熱さとディズニーならではの甘々展開の連続は最ッ高!!!

奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトウェ(2016年製作の映画)

4.0

貧困街からチェスで這い上がる少女のサクセスストーリー。

この作品で主に描かれるのは“貧しさ”だ。スラム街で暮らす人々の描写はどこかドキュメンタリー映画でも見てるような錯覚になることもしばしば。だから
>>続きを読む

ブラックホール(1979年製作の映画)

3.7

特別つまらなくもないし、出来も悪くはないと思うんだけどいかんせん盛り上がらない。
一応アクションシーンも終盤にあるんだけど特にハラハラドキドキしないんだよなぁ…

でも、ヴィセントは可愛い。これだけで
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

4.5

これこれ!こういうのが見たかった!
友情・努力・勝利を地でいく熱血王道ヒーロー映画。

昨今様々なヒーロー映画が世に出ている。その中には現代社会に潜む闇や問題を克明に描くものも多く、現に世間から評価の
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

吹き替えと字幕両方で鑑賞。

吹き替えは前回とほぼ同じメンバーが揃い、特に目立って違和感のある人はいないように感じた。ゲストで参加していた野球選手もエンドロールで気付いたくらいだった。でも、黒木瞳はち
>>続きを読む

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.9

ディズニールネッサンス期の作品を実写にしたような映画。

地味めの普通の女の子が実はプリンセス! お姫様修行に四苦八苦しながらも自分らしさを見つけるストーリーは後のDCOMらしさが見え隠れする。
それ
>>続きを読む

インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン(2006年製作の映画)

3.9

ディズニーってスポーツ史実もの好きだよね。

この手のディズニー映画はわりとハズレがなくそれでいて十二分に感動が味わえる。
本作ももちろん例外ではない。家族や仲間との絆、夢を叶えるのに年齢なんか関係な
>>続きを読む

キャプテン・ウルフ(2005年製作の映画)

3.7

「サウンド・オブ・ミュージックは子どもの頃見た。 軍人のもとに嫁ぐために修道服を捨てるヒロイン。 いい話だ。」

この物語ははごく普通の幸せのために軍服を脱ぎ捨てる軍人の話。
まさに逆サウンドオブミュ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カラバスト!!!

ここまでアニメの話を絡めていいものかどうかも分からんが、改めてアニメシリーズもカノンなんだと知らしめてくれた作品。
反乱者たちのストーリーに則るなら、このあとモールvsオビワンの戦
>>続きを読む

秘密のラジオ・ガール(2012年製作の映画)

3.6

学校では無口でシャイな子が、趣味で行っている匿名ラジオでは自分の意見を発信できる学校の人気者。
ラジオの自分みたいに自信をもって人と接することができたらな…
そんな願望を持つ少女の自分らしさを探す物
>>続きを読む

カンペキ・ボーイ(2014年製作の映画)

3.6

怪奇の事件はホントにΣの仕業だった!!

理想の彼氏作っちゃったワーイ❗だけの話にせず、2人の少女が大人になるための一歩を踏み出す成長物語に落とし込んだ手腕はさすがDCOM。

理想の彼氏を作り理想の
>>続きを読む

ウェイバリー通りのウィザードたち ザ・ムービー(2009年製作の映画)

3.1

前半は自分勝手に動くアレックスにイライラ。後半は色々詰め込みすぎな気はするがまぁまぁ良い。

ドラマの映画版ということもあり、ただただセレーナを愛でるだけの映画かと思ったらラストの方にはしっかりとスト
>>続きを読む

ゾンビーズ(2018年製作の映画)

4.5

DCOMはまた新たな傑作を生み出した!

設定だけ見るとディセンダントと被る部分もあるが向こうが境遇によって生まれた差別なんてクソ喰らえ、自分の運命は自分で切り拓く物語なら本作は、境遇なんかで差別する
>>続きを読む

スティッチと砂の惑星(2012年製作の映画)

1.8

スティッチの強力な戦力を星間戦争に利用とする銀河連邦と戦争への介入に迷いを見せるスティッチとその仲間たち。

スティッチと親友のユウナは最後の思い出づくりとしてたった一日の旅行を計画する…
場所はなん
>>続きを読む

アラジン完結編/盗賊王の伝説(1996年製作の映画)

2.8

完結編となっているがこんな低クオリティな完結編なんて見たくなかった。

舞台はアラジンの結婚式となっているのだが、ここでアラジンはまだ結婚してなかったという衝撃の事実が明かされる。
1のラストの結婚式
>>続きを読む

アラジン ジャファーの逆襲(1994年製作の映画)

2.9

全体的なクオリティの低下が目に余る。
それでもまだ、映画アラジンの世界観を守っているだけましな気もする。

曲はいいんだよ曲は…

スパイアニマル Gフォース(2009年製作の映画)

3.3

悪くはないかな…

途中で明かされる主人公たちの出生の秘密やモルモットならではの大きさを活かしたアクション、敵の正体と犯行理由など所々光るとこはあるからもう少し脚本を煮詰めて作って欲しかった。

鉄ワン・アンダードッグ(2007年製作の映画)

1.8

海外アニメ『ウルトラわんちゃん』の実写映画。

冒頭5分はワクワクしたが、その後は…
話、展開すべてが雑でクソというより単純に面白くない。ただただつまらない。

>|