ミチさんの映画レビュー・感想・評価

ミチ

ミチ

映画(57)
ドラマ(0)

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.5

怖面白くてゾクゾクした、テロリズムを専攻する教授がテロリストになってしまうという皮肉が最高に良い

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.3

傷つきながら、忘れながら、思い出しながら、わたしも生きていく

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.3

周りの人からの愛を受けた少年は何処までも跳んで行けるね

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.5

この世で一番恐ろしいものは「老舗の注ぎ足しのタレ」と「不可解」です!

ロボコップ3(1992年製作の映画)

3.5

「俺は家族の誇りなんだ」こんなこと言えるようになりたいねえ…なりたいよお…

ロボコップ2(1990年製作の映画)

3.2

前作より人間の薄汚い部分を曝け出しており非常に痛快

ミスト(2007年製作の映画)

3.0

映画をまったく観ない友人がAmazonプライム会員になって初めて観た映画がこれだったと聞いてその子のことさらに好きになった

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

4.5

大切な人のために奔走する男の子が主人公の映画、大好きなんだよな

女は女である(1961年製作の映画)

3.0

私も彼に責められたら本のタイトルで反撃したいと思います
ゴダールのミューズが着る赤色が好き

A KITE~INTERNATIONALバージョン~(2000年製作の映画)

5.0

爆発に巻き込まれてもマンションから落下しても彼女が死なないのは、とっくに心を殺してしまっているからなのかもしれない

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.0

「愛する」って、時には何もかもを突き動かすエネルギーに変えることができるけれど、いつもそうとは限らない だから難しい

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.5

どんな状況でも男と女は惹かれあってしまうんだな

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

美しい物語ではないのに、どうしても愛と呼びたくなってしまう

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.5

ほぼ全員死ぬけど、みんな血みどろの中で楽しそうに死んでいったのが良かった

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.0

リスベットの復讐シーンで私の心の中の応援団が大騒ぎしていた

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.2

核戦争が起こるかもしれないのにその現実を受け入れようとしない楽観的な国のトップたち、今の情勢と似てるね

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.0

石鹸で微笑みデブを殴るシーンのジョーカーと、少女兵を目の前にするジョーカーが重なって見えた

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.8

顔面アップのシーンが多く、それも恐怖を助長させていた

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.2

同性愛、麻薬、虐め、人種差別と綺麗な海 相反するようで妙にマッチしている

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

哀しい人、哀しい人生、だけどいつも笑ってる、人を笑わせたいと願ってる それが一番哀しい

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.0

ニコラみたいな男、どの時代にもいるよね、そんで好きになっちゃうんだよね、わかる

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.3

「インド映画って本当に踊るんだ!!」とものすごく感動したのを覚えています

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.2

霜降りチューブの「せいやドッグミリオネア」観たから本家も見た

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.5

独裁者によって彩られた暗い過去はコメディー映画で昇華させる他ない

>|