くりさんの映画レビュー・感想・評価

くり

くり

アマゾンファイアスティック買ったのでペースあげてきます。

セル(2015年製作の映画)

3.0

携帯電話から流れた電波を聞いたらゾンビになっちゃうていう新しい感染物。評価低いのは知りつつ斬新だしスティーブンキングだし見ちゃった。

面白いゾンビ映画とつまらないゾンビ映画の最初の分かれ目は物語で初
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.6

どんでん返し系映画と知ってから見たにも関わらず最後まで全く予想出来ない展開で驚かされた。

だから普通に面白かったんだけど傑作どんでん返し系映画と比べると見終わって物足りなさを感じた。
どんでん返しの
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

1967年のデトロイトの暴動の最中起こったアルジェモーテル事件を映画化。
イットフォローズ、ドントブリーズぶりの久々にデトロイトを舞台の映画だったけどやっぱりやばい街だった。

ドキュメンタリータッチ
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.5

万里の長城はエイリアンの大群から守る為に出来たんだよていうとんでもSF。

いつまでもクリーチャーの全容を暗闇とか速い動きでごまかして見せないていう逃げが不安だったからそれをしないで早い段階でがっつり
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.1

10代で網膜剥離になってしまい突然視力が常人の5%しか見えなくなってしまった男が、ホテルマンになる夢を追いかける話。

ここまでだとよくありそうなストーリー。ただここからがすごい。障害の事を言うとどこ
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

2.9

実際に韓国で起きた連続強姦殺人事件を基に作られた映画。

これ見たくて我慢出来ない!て人だけ見るべき。軽い気持ちで見るような内容ではない。

この映画のストーリーをざっくり言うと
「死体から桃を9きれ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

冒頭のカーアクションから本当に秒でアガる。
リメイクやらスピンオフやらが増えてきてネタ切れ気味の最近の映画界だけど久々に人気アクションシリーズが出来上がったと確信した。
スパイアクションだけどエログロ
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.2

犯罪抑制目的の為に人類があらゆる感情を排除した近未来のお話。

この映画の世界はさすがに極端だが本当に未来では殺人や自殺防止の為に怒りや哀しみの感情を抑える予防接種みたいなのが一般的になったりするかも
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

好きだからこそ評価の割に批判は多め。独断と偏見強めに語ります。


率直な感想は普通。つまらなくはないけど求めてるスターウォーズと離れた事が多くて突っ込みどころ満載だった。

自分の求めてるスターウォ
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.4

こういう設定の魅力に全振り映画はどんなに低評価でも自分のワクワクに負けて見てしまう。
まわりの意見を気にせず自分のワクワクを追い求めるという意味では無駄に世界一周する人と同じ心理かもしれない。

地球
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.6

家の中で始まり家の中で終わるパージ1より街に繰り出す事でパージ当日の怖さがよりわかって面白かった。

ただ少し色んな殺人シーンを詰め込みすぎな気もする。殺人を含む犯罪が全て合法なんだから殺人以外の違法
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.5

スタンドバイミー×ファーゴorノーカントリー

ケビンベーコンはやっぱ悪役が似合いすぎる。脱法行為の手慣れ感上手かった。

コップンカー🙏

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

過去二作とワンダーウーマンは未観賞。

どうしてもアベンジャーズと比較してしまい、アクションシーンのお祭り不足感は否めない。

アベンジャーズと違って個々のスキルが明確に差別化されてる(速さ、力、水、
>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

2.0

邦画がいつまでも馬鹿にされるのも納得。

中でも論外なのは豪華俳優人!の演技
小栗旬はすごい頑張って奇人の演技してたけど日本人がああいうキャラクターやっても見てて恥ずかしくて全然入り込めない。

特に
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

4.0

もう見ることはないと思ってたソウシリーズの8作目。そして地味にスクリーン初ソウ。

年月を長く空けて作られた続編にありがちだけど、前作と同じキャストが見れるだけで、同じBGMが聞けるだけで、懐かしさパ
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ソウシリーズで個人的に最もつまらないのが今作。

ひたすら髪引っ張られる装置の被害者が痛々しくて気の毒だった。でも1番気の毒なのはアイスサンドイッチのマシューズ刑事…

とてつもない判断スピードで片足
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.7

ソウは最初しか見る価値ないという意見が多いが個人的には2までだと思う。これを見てもソウを見続ける人は大なり小なりソウファンです。

殺人装置でグロい描写があるのは百歩譲ってわかるが、普通の手術シーンで
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

4.1

1のオチがすごすぎた事もあり、1にハマって見た人は自然とどんでん返しへの期待が高まっていたと思う。その期待を裏切る事なくまとめた立派な続編。

2からありがちな複数人が1人ずつ脱落していく式のゲームは
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

ソーもアベンジャーズも1しか見てない。アベンジャーズみたいなミーハーお祭り映画は見ときたいけどその為にメンバー1人ずつ全部の映画を観るほどマーベル好きではない。そんな自分が見てもすごい面白かった。>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

「何かがおかしい。」
エスターと同じキャッチコピーのホラー映画だけどおかしさのベクトルが全く別方向にぶっとんだ映画。
個人的には言い様のない不気味さがシャマランのヴィジットに似てると感じた。

黒人彼
>>続きを読む

IT/イット(1990年製作の映画)

2.8

リメイクやるから小学生くらいの頃に見たこっちを思い出した。

覚えてるシーンは2つだけ。排水溝からのぞいてるピエロがものすごい怖かった、予告を見る限りリメイクも同じシーンがあるっぽい。

もう1つは最
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.3

前の二作ほどじゃないけどまあまあ楽しめた。

アウトレイジは全体を通して面白いてよりは要所要所に笑える好きなシーンがあるから癖になって何度も見たくなるのがいいところ。
塚本がギャフンとなる流れとかビヨ
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

2.8

1日3食マックを食べるドキュメンタリー

毎日ビッグマック食べてるギネス記録持ってる男がとにかく衝撃的だった。なぜか体壊してないのはすごいけど代わりに頭がいってた。

スーパーサイズ縛りなくても十分辛
>>続きを読む

スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜(2011年製作の映画)

3.7

毎夜アパートの管理人という立場を利用して美女のベッドの下に隠れる趣味を持つサイコパスの話。
美女だからベッドの下に潜るんじゃなくて、美女が毎日幸せそうなのが気に食わなくてその幸せを壊したくて潜るってと
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

色んな映画の二番煎じ感は拭えないけど逆に言うといいとこ取り感あって結構面白い。特に冒頭の逃走シーンはカーアクションがあんまり好きじゃない自分でも興奮した。

あえてのiPodユーザーとかあえてのスバル
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

ノーラン×戦争て事で一年以上前から楽しみにしてた今作。前評判通り迫力やリアリティは戦争映画の中でもトップレベルにすごい。

でも自分には合わなかった。
ノーランがあえてやってるセリフの少なさとか敵を出
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

韓国映画を初めて映画館で観た。
新幹線という閉塞空間とゾンビの相性が良かったし、狭いから必然的にアクションシーンが異常に多くて休む間なく楽しめた。

ドーンオブザデッドやワールドウォーZ系の全速力特攻
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.3

自分の仕事やプライベートの全てが隠し撮りで全国放映されてるトゥルーマンさんの話。

ずっとコメディで終わるのかと思いきや途中から真相に近づいてってハラハラした。

最近のクロちゃんもトゥルーマンになり
>>続きを読む

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.6

実話を基に作られたドイツの映画。
高校で<独裁>についての授業が行われた。そこで実際に授業中だけ緩めの独裁ルールを設けて体験しようとなった。
・独裁授業の時は全員白のわいしゃつにジーパンで登校。
・意
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.6

珍しく星のみの評価だったので再レビュー。
小学生になる息子が他人の息子だったというある日突然知らされる現実。愛情を注いで育てた6年間か、血縁か、究極の選択を迫られる2つの家族のお話。

実際に似たよう
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

2回目のIMAX、ちょーー心臓バクバク。昔からありがちのB級パニックホラーだけど役者の豪華さと映像美で大作にさせてた。

火星で見つけた生命体を研究、育成しながら宇宙飛行士6人で地球に持ち帰るほんわか
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

人助けだけがしたくて戦争に銃を持って行かないっていう実在した唯一の男の話。
戦争映画の中でも迫力や簡単に死ぬ絶望さはトップレベルだったと思う。
上司や仲間にいじめられても自分の芯は絶対曲げずに戦争に行
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.3

面白かったけどエックスメンにはやっぱりミュータント同士のドンチャン求めちゃうから少し物足りなかった。

これに限らず続編とかでありがちだけど敵キャラに主人公と全く同じ見た目のクローンとか実は双子の弟が
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.4

とりあえず野獣フェイスの顔が整いすぎに感じた。もう少し化け物感強めてくれないとただの毛深いイケメン。
魔法が解けた野獣の顔がロンウィーズリーだったらスコア+1高くした。

1番好きな登場人物は[Mr.
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

新しく引っ越した町で高校の同級生に会う。最初は贈り物とか嬉しかったけど少しずつ度を超えてきて不気味な存在になる話。
よくこういう系見る人なら途中で落ちが読めちゃうと思う。不気味で先が気になる話なだけに
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.8

ソウとかあっち系のやつの劣化版。
洋画でサイコキラー出てくるとこいつやべええてなるのに邦画だとおー狂ったふり演技してすごいなーて達観しちゃうから中々入り込めなかった。
屋上のシーンは人質あの状態から抵
>>続きを読む

>|