くりさんの映画レビュー・感想・評価

くり

くり

面白くても素直に4つけないで3後半量産しがち

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.6

実話を基に作られたドイツの映画。
高校で<独裁>についての授業が行われた。そこで実際に授業中だけ緩めの独裁ルールを設けて体験しようとなった。
・独裁授業の時は全員白のわいしゃつにジーパンで登校。
・意
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.6

珍しく星のみの評価だったので再レビュー。
小学生になる息子が他人の息子だったというある日突然知らされる現実。愛情を注いで育てた6年間か、血縁か、究極の選択を迫られる2つの家族のお話。

実際に似たよう
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.9

2回目のIMAX、ちょーー心臓バクバク。昔からありがちのB級パニックホラーだけど役者の豪華さと映像美で大作にさせてた。

火星で見つけた生命体を研究、育成しながら宇宙飛行士6人で地球に持ち帰るほんわか
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

人助けだけがしたくて戦争に銃を持って行かないっていう実在した唯一の男の話。
戦争映画の中でも迫力や簡単に死ぬ絶望さはトップレベルだったと思う。
上司や仲間にいじめられても自分の芯は絶対曲げずに戦争に行
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.3

面白かったけどエックスメンにはやっぱりミュータント同士のドンチャン求めちゃうから少し物足りなかった。

これに限らず続編とかでありがちだけど敵キャラに主人公と全く同じ見た目のクローンとか実は双子の弟が
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.4

とりあえず野獣フェイスの顔が整いすぎに感じた。もう少し化け物感強めてくれないとただの毛深いイケメン。
魔法が解けた野獣の顔がロンウィーズリーだったらスコア+1高くした。

1番好きな登場人物は[Mr.
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

新しく引っ越した町で高校の同級生に会う。最初は贈り物とか嬉しかったけど少しずつ度を超えてきて不気味な存在になる話。
よくこういう系見る人なら途中で落ちが読めちゃうと思う。不気味で先が気になる話なだけに
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.1

ソウとかあっち系のやつの劣化版。
洋画でサイコキラー出てくるとこいつやべええてなるのに邦画だとおー狂ったふり演技してすごいなーて達観しちゃうから中々入り込めなかった。
屋上のシーンは人質あの状態から抵
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.4

ティムバートンあるあるのほわーとした異世界の話。
一見弱い能力の子供たちが計画を練って個性を活かして悪に立ち向かうんだけど、実は仮面かぶった双子だけチートじゃないか?と思った。

あと初日以降全然リス
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.1

マーベル作品の中で結構外れの部類。
ストーリーいまいちで映像も機内の小さい画面だったせいか特に感動しなかった。
最近見る映画によく出てくるマッツミケルセンはやっぱり悪役の方がよく似合う。
レイチェルマ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

まあ面白いんだけど最初にストーリー聞いた時のわくわく期待値は超えない作品。

23人格とかおしてるわりにほぼ3人格くらいしか出ないし、監禁されてる側がもっと有能なら簡単に脱出できそうでモヤモヤした。
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

スターウォーズエピソード3.8的な位置。
小学生の頃何度も感じてた初見でスターウォーズ作品を見てる興奮を久々に味わった。
明らかにスターウォーズ初心者を取り込む為に作ってなくてとりあえずこういうシーン
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

孤独な殺し屋が唯一の生きがいを奪われたから久々に本気出してマフィア皆殺しにする話。
ジョンウィックつえーーーて爽快感あるけど、主人公補正で弾当たらないとかなくてちゃんとピンチも来るから96時間とかより
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.9

本当に本当に胸糞悪い。それでも僕はやってないデンマークver.

幼稚園児の女の子が優しくて人気者の先生に本気の恋をしちゃう。でも当然先生は優しく断る。
それに拗ねた女の子が特に深く考えずに好きだった
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.0

嵐の日にたまたま集まった男女10人が1人ずつ殺されていって犯人誰ーーっていう相当面白くなきゃ今更誰も見ないありきたりのストーリー。

久々のわりかし傑作。最後まで落ちが読めないどんでん返し系なんだけど
>>続きを読む

デッド・オア・リベンジ(2015年製作の映画)

3.1

地雷踏んで動けないとこに変態おじさん登場て話。

復讐からは何も生まれないってメッセージがあるかも、だとしたらナルトの方がおすすめ。

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.7

シックスセンスで有名なシャマラン監督のホラーサスペンス。
19の時に家出してから10年以上1度も会ってない両親が孫にどうしても会いたいんや…て言うから自分の子供を1週間預ける事にするっていうお話。
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.2

小説を忠実に再現してた気がする。
面白いから見入るけど暗くて重すぎてあんま好きじゃなかった。

そしてこのころの橋本愛の可愛さは異常。ほんとに異常。

ザ・グリード(1998年製作の映画)

3.5

唐突にモンスターパニックB級映画見たくなったら失敗はしない。トレマーズとかアナコンダとかあれ系の安定した面白さ。

ロードショーって毎回これやってない!?時々しか見ないのにもう見るの3回目、でも見ちゃ
>>続きを読む

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.3

前半の逃走シーンは面白いけど途中からスナイパー要素薄かったし、最後までどこか盛り上がりにかける惜しい作品。
テッドの主人公の銃バンバン系はローンサバイバーの方が断然お勧め。

検索して気付いたけどシュ
>>続きを読む

レック2(2009年製作の映画)

3.3

人に胸張っておすすめするほど面白くはないけど暇な時見たら楽しめるシリーズ。

買い物行っててマンションいなかった夫は作品唯一のラッキーボーイだなってずっと思ってたのに決してそんな事はなかったお気の毒。
>>続きを読む

インビジブル2(2006年製作の映画)

2.8

アクションもお色気も足りない、1くらい透明人間の醍醐味欲しかった。
透明人間同士の戦闘シーンとか見ててなんもわかんないじゃん、て思ってたら都合良く雨降ってきて丸わかり。もう透明やめて普通に喧嘩してろよ
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.6

1年に12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律パージ。その12時間は警察も医療機関も全く働かない。ていう設定だけでわくわく止まらなくなって平均3.1という低評価も気にせず見た。85分という短さ>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.6

ララランドエマ石ブームにあやかってゾンビランドエマ石も見てみた。最初見ててゾンビばっかのアメリカを揶揄してゾンビランドなのかと思ったけど最後まで見て納得。
グランドイリュージョンの主人公とメンタリスト
>>続きを読む

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.4

アクション98%にストーリー2%くらいの配分の前回と比べて6:4くらいまで持ってきてる続編。日本のヤクザとかも絡んだことで前作よりもだいぶ内容の濃いストーリーになってるけど、求めてるのはそこじゃない。>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

5回目の4D鑑賞。キングコング関係なく全ての4D映画に共通して言える事。
本編上映前の4D効果紹介の為のショートムービーがかっこよすぎる。大抵はそこが本編超えしてるから4D見る時は余裕持って席に着いと
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.4

ミーハー鑑賞。
開始直後の車上ミュージカルが圧巻だった事もあって中盤少し退屈に感じた。
なんだ最初がピークのただのカールじいさん系映画かと思いきや、さすがはセッションの監督。ちゃんと最後はすごいインパ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.4

前作のズートピアほど話題にもなってなかった事もあり最初は全く興味なかった。
ただ内容が意外とアクションメインでマッドマックス感あるって事を聞いて気付いたらチケット買ってた。

そして途中の戦闘シーンに
>>続きを読む

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.2

モアナの同時上映。
脳とか心臓とか肺といった体内のあらゆる器官が感情を持ってキャラクター化されたお話。セリフ一切なしでも見入ってしまう単純さが楽しい。

あのおじさんみたいにいつか友達みんなで仕事さぼ
>>続きを読む

ザ・レイド(2011年製作の映画)

3.8

30階のビルの麻薬王のアジトにSWATが突入。突入失敗してダイハード感強くなってそこからひたすらドンチャンするアクションアクション映画。

家賃無料にしてくれるってだけで次々殺しにくる普通の住人怖かっ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

基本字幕派だけどアニメとかは吹き替えで見がち。長澤まさみが吹き替えてるとヤマアラシですらセクシーに見える不思議。
MISIAの声量は健在。やまとなでしこ見たくなる。

ストーリー普通でも歌でアゲアゲ感
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.5

学生時代日本史で勉強した誰もが知ってる〝踏み絵〟。この3文字を忠実に3時間の大作にした作品。
映画として面白いとかより日本史の授業とかで流すべき内容に感じた。そのくらい文字や言葉だけじゃ想像できない衝
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.0

殺人がこれからどこで発生するか予知出来るシステムが確立されている世界。
あらゆる面白要素詰め込みまくりのSFアクションサスペンス映画

新しい映画でもないのに近未来の世界がちゃっちくなくてそれだけで見
>>続きを読む

エクスペリメント(2010年製作の映画)

3.7

プリズンブレイクの監督の監獄物。
看守役と囚人役に分かれて2週間忠実に刑務所ごっこするだけで大金もらえるよっていう実験が6日で中止になったていう実話を映画化した話。

評価低いけど有名な二大主演の怪演
>>続きを読む

レック(2007年製作の映画)

3.7

レック見た人全員が必ず思う事
主人公エロ可愛い、老婆くっそ怖い、パブロ!パブロ!

テンポ重視でいかに退屈な時間がないかを面白さに感じる人には傑作だと思う。
自分も基本的にその考えだから楽しめたけどい
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.7

実は感動映画<アクション映画て散々聞かされてたから普通に楽しめた。
ただ予告であれだけ感動!!って推されて観に行った人はそこまで感動しなそう。ワールドウォーゼットの予告も世界と家族どっちを守る?とか言
>>続きを読む

>|