くりさんの映画レビュー・感想・評価

くり

くり

アマゾンファイアスティック買ったのでペースあげてきます。

映画(431)
ドラマ(17)

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.6

エミリアクラーク顔すごい可愛いのに体型日本人みたいで親近感湧くから好き。

病気や障害を乗り越える為に2人で頑張るラブストーリーはありがちだけどこの映画のウィルの決断は今まで見た事ない選択だった。
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

縞模様のパジャマの少年が想定外の鬱さだったのでお口直し的な意味を求めて急遽連続鑑賞。
結果大正解。これぞラブコメの良さって感じですごい温かい気持ちになった。

病気物は基本的に病と闘う辛さでお涙頂戴に
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.8

ユダヤ人強制収容所が農場に、囚人服が縞模様のパジャマに見えてしまうまだ世界の悲惨さを知らない純真無垢な少年の物語。

みんなが泣ける泣ける言うから期待して見たけど、だいぶ想像と違った。
悲しい事は悲し
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

ディカプリオが元彼でライアン・レイノルズが今旦那という男性遍歴最強のブレイク・ライヴリー主演

冒頭15分はそんな彼女の華麗すぎる美貌と、透き通る海に綺麗な砂浜のビューティフルコンボを楽しむ時間。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

この作品を4Dで見なかったら後悔する気がして何が何でも4Dで見ようと決めていた。
公開して2週間くらいでほとんどの映画館がアベンジャーズに乗っ取られていく中、どうにか豊洲だけやってて初豊洲鑑賞。

>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.6

原作を途中までしか読んでない事もあって、テンポよく最後まで楽しく見れた。

ジャンプの黄金期と共に少年時代を過ごした事もあり、懐かしの漫画が画面端にちらっと映るだけで興奮した。
また、その名作達が出来
>>続きを読む

BRAVE HEARTS 海猿(2012年製作の映画)

3.4

友達に誘われて1回も見たことないけど無理矢理見たのを思い出した。

話よりも印象的なのが主題歌のシェネルのビリーブ。
そのビリーブのサビで始まるエンドロールまでの流れがお気に入り。

加藤あい「お腹の
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.3

9.11の影響でアメリカでは公開延期、日本ではレンタル禁止になった問題作。
なぜかアマゾンで見れるようになってたから見た。すんごい面白かった。

主人公は大学でテロリズムの研究や講義をしてる教授。お向
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

独身の人が見たら鬱になる事間違いなしの家族愛全振り映画。

ポップコーン買いに行ってたかなんかで大事なとこ全部見逃したお客さんに爆笑した。


明るい音楽に鮮やかな景色で忘れがちだがこの映画のメッセー
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.9

見終わってあー面白かった帰ろ帰ろってなりかけてから見たかったやつこれじゃないて思い出す同時上映あるある。

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.0

前作とは全く繋がってない短編ホラーだが余程反響があったのか唯一どちらにも出てくる人がいる。


"笹野鈴々音"


この人が怖すぎてググって素顔を見ることで必死に怖さを薄めた。
この人だけで長編ホラー
>>続きを読む

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

3.3

人間が怖い系をコンセプトにしていて霊は全く出てこない短編ホラー。

映像で見てもそこまで怖くないけど自分が本当に体験する事を考えるとくそ怖いみたいな話が多いから程よかった。
突然の爆音で驚かすホラーあ
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

3.1

学生の理想の青春て感じ。
江ノ島に行きたくなる。

でもやっぱりアリス派。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

ハーーアーーアアアーーーアーー!て歌が好き。テンションぶち上がる。

ただそこ以外特に大絶賛される程とは思えなかった。ミュージカルそんな好きじゃないせいか歌ばっかごり押しされてストーリー薄いのが退屈だ
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.8

気がついたら地下シェルターに閉じ込められてる主人公。
外の世界は危険だから絶対に出るなと言われ、見ず知らずのおじさんと地下共同生活を余儀なくされる話。
外の世界はやばそうだけど本当にここは安全と言える
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.8

ほとんどの人気シリーズは3からがくんとクオリティ落ちるけどこれは例外。

日常シーンから一瞬でやばくね?てなるとこで心鷲掴みされる。


アイアンマン大量生産しすぎると普段散々どやってるアイアンパトリ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.6

2が面白いてよく聞くから2を見るために見た。

最近のマーベルの象徴のようなコメディタッチの爽快アクションで面白かった。


気になったのは宇宙を舞台にしてる割には他のマーベルヒーローと比べても全体的
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

2.8

サメが竜巻に巻き込まれて空から降ってくる話が観たくなる時は誰にでもあると思う。

そんな時にはこの1本。


無駄に人気なせいで5まで続編ある。
主役の人もそろそろシャークネード以外の映画やりたいだろ
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.7

ベイビードライバーのしっとりしたバージョンて聞いて興味湧いて見た。

その通りお祭り感を抜いた大人向けのベイビードライバーて感じ。

冒頭がカーアクションから始まる点も同じだけどそのカーチェイスの見せ
>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

4.0

連続殺人者がアルツハイマーになってしまうという斬新な設定。
設定のワクワク度重視で肝心の面白さはそこまで期待せずに観に行ったけどとんでもなく面白かった。

普通の殺人者の記憶法を見てないのに先にこっち
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.2

兄弟で銀行強盗を試みるが知的障害を持つ弟だけが捕まってしまい、兄の救出劇と逃亡劇を描いた作品。

同じ兄弟救出系でもプリズンブレイクのマイケルとは正反対の行き当たりばったり計画で行動するお兄さんのおか
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

3.0

携帯電話から流れた電波を聞いたらゾンビになっちゃうていう新しい感染物。評価低いのは知りつつ斬新だしスティーブンキングだし見ちゃった。

面白いゾンビ映画とつまらないゾンビ映画の最初の分かれ目は物語で初
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.6

どんでん返し系映画と知ってから見たにも関わらず最後まで全く予想出来ない展開で驚かされた。

だから普通に面白かったんだけど傑作どんでん返し系映画と比べると見終わって物足りなさを感じた。
どんでん返しの
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

1967年のデトロイトの暴動の最中起こったアルジェモーテル事件を映画化。
イットフォローズ、ドントブリーズぶりの久々にデトロイトを舞台の映画だったけどやっぱりやばい街だった。

ドキュメンタリータッチ
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.5

万里の長城はエイリアンの大群から守る為に出来たんだよていうとんでもSF。

いつまでもクリーチャーの全容を暗闇とか速い動きでごまかして見せないていう逃げが不安だったからそれをしないで早い段階でがっつり
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.1

10代で網膜剥離になってしまい突然視力が常人の5%しか見えなくなってしまった男が、ホテルマンになる夢を追いかける話。

ここまでだとよくありそうなストーリー。ただここからがすごい。障害の事を言うとどこ
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

2.9

実際に韓国で起きた連続強姦殺人事件を基に作られた映画。

これ見たくて我慢出来ない!て人だけ見るべき。軽い気持ちで見るような内容ではない。

この映画のストーリーをざっくり言うと
「死体から桃を9きれ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

冒頭のカーアクションから本当に秒でアガる。
リメイクやらスピンオフやらが増えてきてネタ切れ気味の最近の映画界だけど久々に人気アクションシリーズが出来上がったと確信した。
スパイアクションだけどエログロ
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.2

犯罪抑制目的の為に人類があらゆる感情を排除した近未来のお話。

この映画の世界はさすがに極端だが本当に未来では殺人や自殺防止の為に怒りや哀しみの感情を抑える予防接種みたいなのが一般的になったりするかも
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

好きだからこそ評価の割に批判は多め。独断と偏見強めに語ります。


率直な感想は普通。つまらなくはないけど求めてるスターウォーズと離れた事が多くて突っ込みどころ満載だった。

自分の求めてるスターウォ
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.4

こういう設定の魅力に全振り映画はどんなに低評価でも自分のワクワクに負けて見てしまう。
まわりの意見を気にせず自分のワクワクを追い求めるという意味では急に無駄に世界一周しちゃう系の人と同じ心理かもしれな
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.6

家の中で始まり家の中で終わるパージ1より街に繰り出す事でパージ当日の怖さがよりわかって面白かった。

ただ少し色んな殺人シーンを詰め込みすぎな気もする。殺人を含む犯罪が全て合法なんだから殺人以外の違法
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.5

スタンドバイミー×ファーゴorノーカントリー

ケビンベーコンはやっぱ悪役が似合いすぎる。脱法行為の手慣れ感上手かった。

コップンカー🙏

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

過去二作とワンダーウーマンは未観賞。

どうしてもアベンジャーズと比較してしまい、アクションシーンのお祭り不足感は否めない。

アベンジャーズと違って個々のスキルが明確に差別化されてる(速さ、力、水、
>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

2.0

邦画がいつまでも馬鹿にされるのも納得。

中でも論外なのは豪華俳優人!の演技
小栗旬はすごい頑張って奇人の演技してたけど日本人がああいうキャラクターやっても見てて恥ずかしくて全然入り込めない。

主役
>>続きを読む

>|