ゆーきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆーき

ゆーき

映画(1025)
ドラマ(107)

紙ひこうき(2012年製作の映画)

3.1

可愛い

さすがディズニー

契約書で紙飛行機作って飛ばしてもいいのかなという野暮なことはこの際言うまい

夢色の木漏れ日(2017年製作の映画)

3.0

女の子同士の戯れを綺麗に移しましたっていう夢の中の世界

現実との落差が悲しい

Bullying and Behavior(2017年製作の映画)

3.3

尊厳か
この少年はすごいな本当に

学生時代は学校が窮屈だったの思い出した

バーニー/BURN-E(2008年製作の映画)

3.2

バーニー可愛すぎ
しょぼんとしたり、頭コツコツしたりするのいちいちツボ

ウォーリーまだ見てないけど一緒に見たらきっとまた違った楽しみ方が出来ると思う

村上隆作品 SUPERFLAT MONOGRAM(2003年製作の映画)

3.0

サマーウォーズ味を感じた

話の内容はよく分からなかった

(2018年製作の映画)

3.0

BGMがかっこいい
和風アクション

五円玉ww

スペシャルゲストがご覧のあなたってところに視聴者への愛を感じた

リフテッド(2006年製作の映画)

3.0

可愛い

レミーのおいしいレストランよりって書いてあったけど、リングイニが出ているところくらい
ピクサーのゆっくりの瞬き好き
あとベテランの指捌きが良い

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.2

恋愛小説家っぽい感じがあんまり分かんなかった
地上波だからカットされているのかな

不器用な感じが初恋みたいで可愛い

潔癖症って治るのかな

成れに果てり(2019年製作の映画)

2.9

これは映画ではなくMVでは

アンティスティックなとこもあったけど、物語らしいところはなくてあまり入り込めなかった
RADWIMPSのDADA思い出した

陽なたのアオシグレ(2013年製作の映画)

3.0

ハシビロコウww
男の子の恋と妄想

多分リアルだとこんな上手くいかないだろうなと思うけど、かわいい

FASTENING DAYS(2014年製作の映画)

3.0

同じ名前で同じキャラクターデザインの違うお話が沢山あって、監督が全部違った

チャック?のYKKのCMみたい
脚本家さんは同じなのに全然違う作品なのおもしろい

Rain Town(2011年製作の映画)

3.2

絵本みたいですごく綺麗
セリフなくて、雨の音と音楽だけなんだけどすごくせつない気持ちになった

石田監督作品の今まで見た中では1番好き

ポレットのイス(2014年製作の映画)

3.1

ノイタミナの最初のやつはこれかぁ

あったかい良きアニメだった

石田監督、パンツを丸出しにして大空をとぶのが好きなのかしら

フミコの告白(2009年製作の映画)

3.0

なんか映像研には手を出すなを思い出したww

それでもダメだったんだねw

Candy.zip(2017年製作の映画)

3.1

キャンディ綺麗

セリフないけど伝わってくるものがある
努力は見てくれる人がいるし報われる

マイリトルゴート(2018年製作の映画)

3.1

こちらは完全に日本語

トルクは結局どこいってしまったんだ…
すごく生々しく深刻な問題をフェルトと寓話で表現しててことから見たらこんな感じなのかなって思った

あたしだけをみて(2016年製作の映画)

3.1

ハムスターはそれかー
モンスターにしか見えなかった彼女の気持ちが最後にわかる

たまに日本語混じってる不思議な言葉がこの監督の不思議な世界観だよね

MELT(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

汚部屋とか仕草の汚さの再現がすごい

ただ、引きこもりなのにあんな濃いルージュ引かないよなぁ

メルの正体とか何となくわかってたし、表現したいこともつたんったけど壁1面の写真とかはちょっと引いちゃう

だれかのまなざし(2013年製作の映画)

3.3

新海誠監督って猫好きなのかな?
猫目線作品多い気がする

不動産のCMらしいけど普通にショートムービーとして感動してしまった

ただお母さんはお父さんと離婚したのかな?とか
ディティールが曖昧なのはC
>>続きを読む

彼女と彼女の猫 -Everything Flows-(2016年製作の映画)

3.2

猫さん飼うことがあったら本当に大事にしようと思った

浅沼晋太郎さんの声って落ち着くし、心に染み入るわ

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)(2018年製作の映画)

3.1

記念すべきフィルムマークス登録1000本目

自分の異能力と戦うシーンとか、他の戦闘シーンの作画が凄かったけど最近良作を沢山見ているせいか心を動かされる感じはなかった

というか江戸川乱歩さん無能力な
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.2

プリンス・オブ・ペルシャ以来のジェイク・ギレンホールのマッチョ
他の映画だと結構インテリな感じな気がするからちょっと新鮮

ボクシング映画は見てると痛そうとかめっちゃ思うんだけど最終的に熱くなる
倒れ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.1

何を見せられていたのかと思う瞬間もあったんだけど、何かすげぇな

ここまでぶっ飛ぶのは逆に凄い

What the fuck

が結局1番言い得ている気がします

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.0

中谷美紀さんの嫌われ松子の一生の次の作品これだったのか
何となく同じ系統って時期被るもんやなぁ

堤監督の作品って作風が全然違うのサラッと作るなぁ

中谷美紀さんの方言めっちゃ良かったし、阿部寛さんめ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.2

作画とかマジで綺麗でめちゃくちゃ凄かった

煉獄さん本当にやばすぎ
涙が止まらない
感情の波が激しすぎ
かまぼこ隊の活躍も禰豆子の活躍も本当に

いや、もう言葉がない

鬼滅の刃めちゃくちゃ売れてるか
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.9

B級映画…なのだろうか
設定は斬新な気もするけど色々としっくり来ないかなぁ
なんで怪獣が出現するのが韓国なのかも分からなかったし

E.T.(1982年製作の映画)

3.4

これが映画って感じ

ETのビジュアル最初はうーんって思ったけど最終的にめちゃくちゃ可愛い

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.1

何で?って思うことが全部最後に回収されるけど、それ以外の選択もしてほしかったな…

ウィル・スミスって明るいコメディのイメージが強かったけど
やっぱりすごいねぇ

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.1

優しい感じの話だったけれど80分しか記憶がもたないというより1日しか記憶が持たない感じに見えたのが少し残念

数学苦手科目だったけど、こういう授業は受けてみたいかも

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.0

ヤバいやつだ
韓国映画って感じする
本当に徹底的にやるよね

演技力とかそういう点では本当にすごいんだけど
心へのダメージが強い
多分もう一回は見ない

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.0

そりゃジョン、そうなるよ
と思ってしまった

豪華キャストな女性陣の会話劇は見る価値あると思うけど、頭にあまり残らない

ソフィア・コッポラ監督は起承転結がはっきりしてないけどじわじわ来る感じが持ち味
>>続きを読む

>|