ESRさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ESRさんの鑑賞したドラマ
ESR

ESR

映画(64)
ドラマ(90)

ステートレス -彷徨の行方-(2020年製作のドラマ)

4.2

オーストラリアの移民拘留局を舞台に、様々な人の人生が交錯する、その内部の実態を描くリミテッドシリーズ。

収容所の管理者として自分に求められている役割を演じながら、今にも決壊して泣き出しそうな表情を浮
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由- シーズン3(2020年製作のドラマ)

3.3

過去2シーズンと同様1話で事件が発生し、犯人はなぜ、どのように犯行に至ったのか迫っていく。
しかし、シーズン3ではそこは本題ではなく、容疑者で、潜在的な犯罪者であるジェイミーの人格と、彼に深入りしてい
>>続きを読む

0

ベビー・シッターズ・クラブ(2020年製作のドラマ)

4.3

一話に付き一人(ないし二人)をフィーチャーすることで、持病のある子、一人親家庭の子、親の再婚に悩む子など、様々な状況に置かれている子どもたちすべてにエールを送り、他者には他者の視点があり、事情があり(>>続きを読む

0

ダーク シーズン3(2020年製作のドラマ)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

約1年、待ちに待ったファイナルシーズンを観終えると、混乱した頭を抱えながら、キャストのインタビューや考察の動画を漁り、ファンフォーラムに入り浸った。
そこで発見した自分が見落としていた事実や解釈の一つ
>>続きを読む

0

アップロード~デジタルなあの世へようこそ~(2020年製作のドラマ)

3.7

自動運転の車が標準化され、死後の仮想世界が存在する近未来(2033年)が舞台。
不慮の事故で仮想世界に来たネイサンと現実世界で彼のサポート役についたノラの恋を中心に、コミカルなキャラクターたちが形作る
>>続きを読む

0

メシア(2020年製作のドラマ)

4.1

2019年米軍撤退でISILが再び力をつけ始めたシリアの首都ダマスカスに突如出現し、砂嵐でISILを撤退させ、銃で撃たれた少年の傷を塞ぐなど、“奇跡”を起こしたアル・マスィーフ。彼は救世主か扇動者か。>>続きを読む

0

スペース・フォース(2020年製作のドラマ)

3.6

宇宙軍という架空の窓際組織を舞台にしたコント番組のような趣のあるドラマ。

ふいに笑いが込み上げるシュールなユーモアが独特の空気感を形成する。(上滑りしているシーンも少なくないがそれもそれで味わい深く
>>続きを読む

0

トゥルー・ディテクティブ 猟奇犯罪捜査(2019年製作のドラマ)

4.3

パーセル兄妹の殺害・失踪事件の発生した1980年、再捜査にあたった1990年、隠居しているウェインにTV局が取材に来た2015年の3つの時間軸を行き来して描かれる。
このような構成の場合、作り手の介入
>>続きを読む

0

私の"初めて"日記(2020年製作のドラマ)

4.1

インドにルーツを持つ主人公デービーをはじめ、校内の人気者パクストンは日系、デービーの親友エレノアは中国系、ライバルのベンはユダヤ系と、多様な人種がともに学ぶ高校が舞台のコメディ。
少し調べてみた限り、
>>続きを読む

0

ウエストワールド シーズン3(2019年製作のドラマ)

4.3

「この世は醜いという人もいる。無秩序だと。美しい面を見ろと私は教えられた。でもそれは詭弁だ。世界の真の姿を見て気づいた。美しさなどほとんどないと。」

相変わらずのリッチな映像。
個人的には『ブレイキ
>>続きを読む

0

カリフェイト(2020年製作のドラマ)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

シリアに住み、生まれたばかりの娘の身を案じてISの一員である夫から逃れようと、以前住んでいたスウェーデンの恩師に助けを乞うペルビンの視点。
ペルビンとの連絡役になり、ペルビンの出国とその過程で明らかに
>>続きを読む

0

デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~ シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.3

40代女性の中年の危機的な、過去の後悔、目の前のイシュー、将来への不安にシーズン1より深く踏み込んで描かれている。
出産のリミットを迎えてしまったジュディのような身体の変化、夫との死別やそれに伴う役割
>>続きを読む

0

デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~ シーズン1(2019年製作のドラマ)

4.0

夫をひき逃げ事故で亡くしたジェン。
その加害者であるジュディは、ジェンの悩みを解消したり、手助けをすることで罪滅ぼしをしようと、偶然を装って知り合うも、意外にも意気投合し、ジェンの家に同居することにな
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン5(2020年製作のドラマ)

4.8

キムは独立した聡明な女性であるが、度々法や倫理に反するジミーを制御する道義心の持ち主ではなく、ときに共犯関係にもなるパートナー。
ジミーをシャットアウトしたかと思えば、むしろモラルに反する行動を自ら積
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン4(2018年製作のドラマ)

4.5

チャックが焼死するというショッキングな幕開け。
彼の死を詳細に、センセーショナルに描かず、断片的な情報を与えるに留めたことで、亡くなった喪失感が増す。
シーズン4では兄弟のどのようなやり取りが観られる
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン3(年製作のドラマ)

4.8

シーズン3にして最高潮。
ここまでのセットアップをふんだんに使った公聴会での“兄弟喧嘩”の密度に圧倒された。

その後、キムが事務所を維持するために案件を増やし、過労から交通事故を起こしてしまったこと
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン2(年製作のドラマ)

4.6

マイクと孫娘のシーンは、彼の結末を知っているだけに、切なさでいっぱいになる。
公私ともにジミーの“隣”にいることを選んだキムが、“ブレイキング・バッド”してしまうのではないかと気が気でない。

ボブ・
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.4

『ブレイキング・バッド』のソウル・グッドマンは如何にして裏の世界とも繋がる弁護士になったのか。
ジミーは地元で詐欺まがいの行為で小金を稼いでいた人物であり、多少の倫理に反することも躊躇わないタイプでは
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド ファイナル・シーズン(年製作のドラマ)

4.7

ウォルター・ホワイトという人物について。
余命宣告され、周囲や視聴者から同情的な目で見られる、というところから始まり、徐々に、成功した白人男性や妻から見下され、マイノリティから社会で利益を得てきた側の
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 5(年製作のドラマ)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

邪魔者を排除したウォルターは、ジェシーと原点回帰で自由を謳歌しながらメス製造を再開する。
その材料を調達するために大胆な列車強盗を計画し、成功するが、その喜びから一転、少年に目撃され、とっさに撃ち殺し
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 4(年製作のドラマ)

4.6

ウォルターの尊大さは膨れ上がる一方。 特に自分の成果に対して、正当な対価や評価が得られなかったときに顕著で、シーズン追うごとに同情できる部分がなくなっていく。
この金を得たら、この問題を解決したら、こ
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 3(年製作のドラマ)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

シーズン2から登場のガス・フリングは、緊張関係にありながら、メスの流通に関しての問題を解決。
ソウル・グッドマンは2人の犯罪を知りながら、弁護士という自分の利用価値を示し、手数料で見かえりを得る。
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 2(年製作のドラマ)

4.5

家族のために、人を傷つけること、罪を犯すことを厭わない覚悟を持って“事業”に取り組むウォルターと、その日暮らしのジェシーとの違いが明確に現れたシーズン2。
罵りあっても、根っこでは信頼していることを伺
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 1(年製作のドラマ)

4.5

5シーズン+『ベター・コール・ソウル』という長さから、なかなか手を出せずにいたが、この期間を利用して視聴することに。

肺ガンにより余命宣告されたウォルターの、自分は死んでもせめて家族に安心して暮らせ
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由- シーズン2(2018年製作のドラマ)

4.2

ナイアガラの滝への旅行中、トラブルで宿泊することになったモーテルで、13歳の少年ジュリアンが両親を殺害する。
シーズン1同様、事件が起こるまでの描写から、事件後容疑者が拘束され、動機や事件の不可解な点
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由-シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

夫と3歳の息子レインと暮らす、ごく普通の主人公コーラは、休日家族で水遊びに訪れた湖で、近くで音楽を流し、抱き合ってキスをしていたカップルの男性を
、梨をむいていた果物ナイフで背後から衝動的に複数回刺し
>>続きを読む

0

マイ・ブロック シーズン3(2020年製作のドラマ)

4.5

1話冒頭でLittle Simz「Office」が流れ始めたとき、もしやと思ったが、ギャングのボス=男という先入観を見透かしたかのように、このシーズン全ての登場人物を振り回すサントスのリーダークチーヨ>>続きを読む

0

マイ・ブロック シーズン2(2019年製作のドラマ)

4.3

ジャスミン、スプーキー、ばあちゃんの3人とコア4との絡みが多くなり、それぞれのキャラクターが深堀りされ、より魅力が増した。
これだけでこのシーズンは成功だったと思える。
スプーキーのような、不器用でど
>>続きを読む

0

アンオーソドックス(2020年製作のドラマ)

4.7

NYのユダヤ教超正統派コミュニティから身一つで逃げ出した主人公エステルが、たどり着いたベルリンの地で、新しい世界を、自分を知っていく。

その小さく華奢な体に “過去”からの追手の声と、未来への不安を
>>続きを読む

0

フィール・グッド(2020年製作のドラマ)

3.8

スタンダップコメディアンのメイと、客としてその舞台を見ていたジョージの恋愛を、ユーモアを交えたコメディで描く。

前半はレズビアンとストレートの乖離、カミングアウトの問題、ホモフォビア全開の同僚などあ
>>続きを読む

0

ザ・イングリッシュ・ゲーム(2020年製作のドラマ)

3.6

19世紀英国、フットボールでお金をもらうこと、お金で他チームから選手を引き抜くこと、試合の観戦料を取ることが悪とされ、FAを上流階級が牛耳っていた時代のお話。

フットボールが起点だが、労働者階級と上
>>続きを読む

0

マイ・ブロック シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.3

ヒスパニック、アフリカン・アメリカンが大半を占めるLAサウスセントラル地区フリーリッジに住む、互いを家族と呼ぶほど親密な高校生の4人組ルビー、モンセ、シーザー、ジャマールが主役のティーンコメディ。>>続きを読む

0

ペーパー・ハウス シーズン4(2020年製作のドラマ)

3.7

一見正論に聞こえても、過去の言動を鑑みると、お前が言うな案件はシーズン4でも健在。
綿密な計画の枠組みがあったうえで、極限状態でより顕著になる人間の愚かさを描くのが本作の肝。だが、 計画部分の後付け感
>>続きを読む

0

ウエストワールド<ファースト・シーズン>(2016年製作のドラマ)

4.5

『ブラック・ミラー』にありそうな世界を膨らませた近未来SF×アンドロイド×西部劇。
ウエストワールドと呼ばれる、西部時代のアメリカが再現されたテーマパークが舞台。
そこでは人と見分けのつかないほど高精
>>続きを読む

0

ナチ・ハンターズ シーズン1(2020年製作のドラマ)

4.2

本作と同様ナチスを題材とした『ジョジョ・ラビット』がポップで、ナチスを人間味を残した描き方をしているのに対し、『ナチ・ハンターズ』は重々しい雰囲気で、ナチスも捕らえたユダヤ人を駒に、人間チェスで殺し合>>続きを読む

0
>|