エレユズさんの映画レビュー・感想・評価

エレユズ

エレユズ

  • 33Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

セールスマン(2016年製作の映画)

2.7

緊張感にしびれた。かなり社会派な作品だと思った

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.0

もうちょっと、感情が爆発するシーンがあるかと思ったけど、年齢だからかそこまでだった。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

責めることのできないギャップに複雑になる心。そういったギャップを持つ人が鑑賞すれば、どこか他人事には思えない。「障害は君のなかにある」ってセリフは自分自身に言われたような気がする。

ラブストーリーズ エリナーの愛情(2014年製作の映画)

3.0

「女神の見えざる手」を見たあとに知ったけど、ジェシカチャスティン主演作を合計3作も映画館で見てたのか!
全然、作品と関係ない感想だな。コナーの方に少し記録しといた。

ラブストーリーズ コナーの涙(2013年製作の映画)

3.0

2作品とも見た。自分が男だからコナーの行動の方に理解があるかな。コナーのあとにエリナーを見る方がいいね。

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.3

見たのは1~2年前だから記憶が薄いけど、日本人受けするような分かりやすい内容でよかったと思う

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.7

ストーリーとしては面白味はかんじられなかったが、高校生特有の大人と子供の狭間の感情が何だか痛く理解できた気がする。
いとこの小学生の女の子が、果子とキミ子との対話の中でいいバランスを発揮してるようにも
>>続きを読む

パワー・ゲーム(2013年製作の映画)

2.5

あ、こいつが怪しいな。というのが、ずばり予想通り(笑)

まぁまぁ、おもしろかった。

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

2.5

次々死んでいくテンポが、途中で面白くなってきた(笑)

まぁ、鑑賞はこの一回で十分かな(笑)

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.0

ピュアでいい作品。ヴィクトールのお父さんがなんかいいキャラだな。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

字幕を追うのに必死!(笑)
すごくテンポ良く進んで集中して楽しめた。
オチは予測できたけど、なんかかっこよかった

二時間の上映があっという間でした。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.5

ピュアなのにちょいとグロい。
でも、なぜかラストのグロいシーンはホッとした。
観賞後ネットで原作について少し調べたから、理解が深まりました。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.3

あぁ、男女はこういうものなのかなぁと切なくなる。

誰にでも当てはまるようなことで、まるでドキュメント。

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

2.2

なかなかのB級!

というのも、今では様々な技術で迫力のある映像を見ることができるから、B級と感じてしまうんだろうな。

もうちょっと、緊迫したシーンでハラハラしたかった

the fighting men’s chronicle エレファントカシマシ 劇場版(2013年製作の映画)

4.5

これほど追い求めるバンドがいるのか?
ファンでよかった。
エレファントカシマシの歌はリスナーの生活環境や年齢によって受け取り方が大きく変わると思う。
ガチッとそれが合えば、どうしてこんな良い歌に気づか
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

すずさんの日常を中心に描いてるから、戦争の恐怖はもちろん、人の気持ちを考えさせられる作品だと思う。

スキャナーズ(1981年製作の映画)

2.8

最初の頭部爆発とラストの戦闘?シーンは低予算(しかも古い作品)とは思えないビジュアル。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.0

少しずつ出てくる疑問に注意を引かれる。低予算だと視てると分かるけど、むしろそれがいい。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

なんでやろ?最後のシーンまでの流れを観たことがあるような気がする。ストーリーの展開のしかたが素晴らしい

グッド・ストライプス(2015年製作の映画)

3.5

二人のテンションが今時な感じがする。年齢のせいか、すごく身近に感じた映画。予告編の「クグれば?」「お姉ちゃん、デブ」にウケた(笑)

オオカミは嘘をつく(2013年製作の映画)

3.3

シックスセンス的にラストカットが印象的な作品。何度も見たいとは思わない(笑)

天使が消えた街(2014年製作の映画)

1.7

なんか、結局なにがオチなの?とりあえず、女性陣が美人なのが素敵だった。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

音楽がいい。そして、台詞と演技に惹き付けられた。とても胸が苦しくなるような。いい作品だと思った。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.5

台詞は少なく、演者の表情に自然と注目した。
バイオレンスが静かに進むストーリーにいいアクセントになってる気がする

複製された男(2013年製作の映画)

2.0

ストーリーを読んで興味をもって観たが、ちんぷんかんぷん。ネットでレビューを読んで、ようやく何となく理解したって感じ。

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)

3.5

オーソドックスなストーリー展開で初めてのインド映画として、とても満足。

ザ・トライブ(2014年製作の映画)

3.3

セリフ、BGMなし。これで興味を持ち鑑賞決定。自然と集中して見ることができた。内容もあらすじを頭に入れてると全て理解できた。出演者全員ろうあ者のため演技っぽさがなくリアルに感じた、、、、が!あまりに生>>続きを読む

犬に名前をつける日(2015年製作の映画)

3.8

僕はペットを飼ったことがないから問題なく見られたと思う。きっと飼ったことのある人は、見ることも辛いと思う。そのくらい心をうたれた。