風と共にサリーヌさんの映画レビュー・感想・評価

風と共にサリーヌ

風と共にサリーヌ

映画(984)
ドラマ(28)

透明人間(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

久し振りに面白い映画を観れたー!

序盤は普通にホラーとしてしっかり怖い。音でビビらすん上手いし、誰もおらんのになんとなく人の気配がするような…って経験みんなあるもんな。

信頼できない語り手。中盤ま
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.0

最初に一言、ウディ・アレンのしたことは許されへん。

映画の感想
「ミッドナイト・イン・パリ」観ても思ったけど、ウディ・アレンは雨とか曇りが好きなんか。わかる。ロマンチックや。

ティモシー・シャラメ
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

3.5

めっちゃ良かった……泣いた……。

実はロミオとジュリエットは知らんねんけど、これは近未来版ロミオとジュリエットなんやな。

バレエをちゃんと観たのは多分初めて。
でもやっぱりバレエ好き。ダンス見るの
>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

導師を除いていい大人しか出てこん。

アメッドは母からも愛されてるし、周りの環境も良かったからラストに手を握れたけど、そうじゃない子は誰も手を伸ばせないままどんどんのめり込んでしまうんやろうなと辛くな
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.0

可愛かった〜。
ラストも良かった。
ずっと一緒にいることが正解なわけじゃないもんね。
離れてても変わらず仲良し。

ちゃんと同意を得るのを徹底してた。
当たり前のことやけど当たり前のことができない大人
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.0

ルースが可哀想。しんどい。そらあのラストなるわな。

優等生か怪物かの二択しかないんかい!て感じやし、レッテル貼りだるいわ。
全然自由じゃない。

母が自分の名前の発音が出来ないから改名したってのもな
>>続きを読む

ファインド・アウト(2012年製作の映画)

2.5

主演がアマンダじゃなければ、こんなん観んくて良かったと後悔するかも。
ただ最後のあの皮肉を言うのはいい。

欲望(1966年製作の映画)

3.0

スウィンギング・ロンドン。

観た後なんか消化不良起こしたから他の人の感想ググった。
その中の「彼にとってはファインダー越しの世界が真実だった」っていうのがしっくりきた。
ラストの表情。


盗撮して
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

監督「FBIからたくさんの資料を読んだ結果、人間は銃で撃たれてもちょっとやそっとで死ぬということはない、ということがわかり、今作はそれを基に人間の往生際の悪さを描いた」

公開当時から気になってたやつ
>>続きを読む

さよならも出来ない(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

上野伸弥さん出演作やからっていうのが一番の理由やけど、別れた後も家の中にテープで境界線を引いてまで3年間一緒に住み続ける人達の心理が気になって鑑賞。

登場人物一人一人が生きてた。

「なんで私のこと
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.0

さっき46億年の恋を見たテンションで鑑賞。
松田龍平、当時16歳ということもあり、顔が10代の子特有の浮腫があって可愛らしい。
と思ってたら色気バチバチでぞっとした。

「もろともに」の使い方が上手す
>>続きを読む

46億年の恋(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう色使いと構図の邦画を見たことなかった。ちょいちょい画面がおしゃれ。
舞台っぽい。

冒頭、主人公の説明の「ホテルに連れ込まれ性的暴行を受け、逆上して殺害」「被害者の遺体の損傷があまりにも酷かっ
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.0

ミヒャエル・ハネケやから、タイトル通りのハッピーエンドじゃないことは覚悟して観た。

みんな精神が不健康。
でも別にどこの家庭でもある問題やんな。
殺人はちゃうけど、みんなそれぞれ秘密はあるし。

>>続きを読む

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.0

前日譚って聞いたから、ドラマ版を見ずに鑑賞。
結果、意味がわからんすぎて後悔した。
ドラマ版も見たほうがええやつ。

序盤から何か不気味やった。
母の妹の娘が夢に出てきそうな怖さ。
不穏な空気がずっと
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.0

なんかゆるくていい。

ジュール・ベンシェトリが可愛い。

物語の中で交わることはない3組やけど、繋がりを感じさせる。
擬似母子関係、撮影。

宇宙飛行士とのエピソードはなんかほっこり切ない。

オッ
>>続きを読む

ぼくを葬る(おくる)(2005年製作の映画)

3.0

主人公の祖母の「夫が亡くなったとき、私は絶望して死にそうになった。だから家を出たの。子どもを捨てて…あなたの父親をね。どうしても耐えられなかった。あの子の笑顔や眼差しに夫の面影が重なって。ひどい母親と>>続きを読む

アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生(2014年製作の映画)

3.5

オシャレのプロや…。

カメラマンの人の、撮りたいと思った通行人への声のかけ方が良かった。
リスペクトに溢れてて。

私自身ほんまについこないだまで自分の着る服に興味がなくて、最悪の服装してた。
服は
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

3.0

リアルタイムで進んでいく西部劇。

みんな主人公を称える割には全然協力してくれんくてわろた。
劇中の台詞にもあったけど、結局そんなもんか。腹の中ではどうでもいい。

ラストがめちゃくちゃ良かった。
>>続きを読む

世にも怪奇な物語(1967年製作の映画)

3.0

エドガー・アラン・ポー原作のオムニバス。

『黒馬の哭く館』
主人公がクズ。オチがこうじゃなかったらアカンよな。
あとジェーン・フォンダとリース・ウィザースプーンて顔が似てない?

『影を殺した男』
>>続きを読む

男の親友(2010年製作の映画)

3.5

ドラマチックな11分間。
ラストの会話。
みんな幸せに暮らせますように。

間一髪(2018年製作の映画)

3.0

お肉が塩っ辛いって文句言われた後のシュンとしたパパ可愛すぎた。
娘の気持ちもパパの気持ちもわかる。
ラストシーン、あの表情だけでパパの複雑な気持ちがわかって良かった。
ほっこり。

真西へ(2019年製作の映画)

3.0

く、クラゲ〜……。
子どもって命に対してえげついことするよな。

本当はただクラゲで遊んでただけって知ってるからこそ、お父さん過保護やな〜と思ったけど、まぁ確かに自分がお父さんの立場やったらああいう心
>>続きを読む

1992年(2016年製作の映画)

3.0

めっちゃええお父さんやん…。
ラスト、少年がビデオに収めたお父さんの横顔がいい。

パン屋強盗(2014年製作の映画)

3.0

なんかシュールで笑ってまう。
就職難は笑えんけど。
実話ベースということにビックリ。
オチも良かった。

パン屋の人が優しいし強か。

チョコ泥棒はあいつやな?!

男 女を求む(2015年製作の映画)

3.0

絵画の世界を歩くの楽しそう。

絵画の女性とお見合いは笑った。

でもちょっとあの結婚相談所は娼館?ていうんかな、なんか気持ち悪くも思えた。
路上に立つ娼婦と、無条件で受け入れられる男性っていう感じ。
>>続きを読む

一人の男、私の息子(2017年製作の映画)

3.0

過去は変えられへんけど、未来を変えようとお互いが歩み寄ってた。
優しい愛を感じた。

過去にやらかしてきたパパやけど、ただ謝るとかじゃなくて禁煙断酒するとか行動で示してるのは良かったな。

でも私やっ
>>続きを読む

サマーフィルム(2016年製作の映画)

3.0

挨拶しないとこ、可愛かった。
本当はバイバイしたくなくて拗ねてるねんな。
ちゃんと追いかけてくれて良かった。

他人の記憶を覗き見してる感覚。

永遠に愛して(2016年製作の映画)

3.0

親がこんなんじゃなかったらリリもこういう風にはならんかったやろうな。
毒親のせい。
愛してほしいだけの自分勝手で強制的な愛は長続きせんな。

私たちの愛は誰にも負けない(2018年製作の映画)

3.0

愛や……。
あの手紙は死ぬまで大切にするやろうな。
もっと大人やったらと思うとやるせないね。

エアポート(2014年製作の映画)

3.5

泣いた。私も仕事がんばろって思える。
このグランドスタッフには絶対に出世してほしい。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.0

赤いメイド服とタバコ、武器、最高のビジュアルやな。

ラストぞっとした。

ストローク(2017年製作の映画)

4.0

3.5でもよかったけど男の子と猫が可愛すぎたから4.0😍

音楽の使い方が完璧。
ホコリ一つない生活すげえな。
こういう映像好き。

Blu-ray出してくれたら買うわー9分やけど。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「まだ帰りたくない デートの余韻に浸りたいんだ あと数分間」の台詞が可愛すぎてちょっと泣いた。
浜辺のシーンで辛すぎて泣いたし、もうそっから最後までずっと鼻ズビズビいわしながら号泣してた。

結婚式の
>>続きを読む

快楽の漸進的横滑り(1974年製作の映画)

3.0

私にはまだ早かった。
なんじゃこれ。

真っ白で物が極限まで減らされた部屋とか、椅子だらけの部屋、あとは美女ときれいな裸体しか覚えてない。

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

3.0

観た後めちゃくちゃ解説ググった。
まず「ユング ペルソナ」でググった。
それでも全部は理解できてないと思う、難しかった。

みんな仮面を被ってるし、被らされる。

ここからいろんな映画が影響されていっ
>>続きを読む

>|