EmiDebuさんの映画レビュー・感想・評価

EmiDebu

EmiDebu

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.5

コーエン兄弟にハズレなし!
そもそもこの映画の評価をキッカケにその名を轟かせるようになった、監督にとって転機のような映画ではあるがまさに傑作でした。

コーエン兄弟らしい、大陸的な背景とただのんびりと
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

とても良い。
リングがジャパニーズホラーの金字塔を打ち建て、そこからは数え切れないほど黒髪長髪白服お化けが大量生産されたわけだけど、そんな中全く別のアプローチをここまで力を入れてやろうとしたことが嬉し
>>続きを読む

男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979年製作の映画)

4.5

久しぶりに男はつらいよ周回シリーズ再開。

よくもまぁこんな悲しい話を毎度毎度用意するものだ。人々の営みの中にある美しさや悲しさこれは映画であって自分の話であり、あなたの隣人の人生の話でもあるのかもし
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.0

いつものシリーズ、いつもの感じ。事件の内容は違うが安定のコメディとドタバタ感。今さら「これは素晴らしい!!」などと評価される類の映画じゃないと思うが、映画を選ぶ時にこういう、言ってしまえば箸休め的な存>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

1.5

公開当時から「そそらないタイトルだな」と思ってたものの、25歳、人生はいつだってやり直しがきくと人は言うが、それを語る多くの人は自分の人生に満足しておらず、自分の中で25ってなんとなく節目だなぁと感じ>>続きを読む

呪怨 黒い少女(2009年製作の映画)

2.5

駄作であるには変わらないが白い老女よりかはまだマシというレベルだった。白い老女が、バカみたいに序盤からバンバン出てくるのに対し、こっちはジワジワと攻めてきて最後の最後に大失敗というか大失笑というか。声>>続きを読む

呪怨 白い老女(2009年製作の映画)

2.0

ホラーにありがちな駄作フルスロットル。

怖いシーンが映るたびに「ジャ〜ン」の効果音。そういうテレビ的なやつもういいって。昔友達の家でみた新耳袋のババアが再利用されてるどころかメインだし、呪怨なんてほ
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

4.5

コーエン兄弟の作品はやっぱりいいなぁ。2021年2月28日の今日でネットフリックスでの配信が終わるらしいので、急いでみた。
監督がコーエン兄弟で主演がジェフ・ブリッジスなんてビッグリボウスキを崇拝する
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

怪作であり傑作ですな!最初は舐めてかかってたけどどんどんと引き込まれ最終的な感想は「面白い!」

終始デスクトップやスマホのスクリーン、テレビの映像で象られる今作。なんといっても妥協をせず本当に最後ま
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.5

先日、大学時代の近しい友人が結婚をした。
結婚とは?そのテーマについて結婚式の日まであまり深く考えたことはなかったように思う。それは自分のセクシャリティがそうさせてるわけじゃなくて、自分はそこまで深く
>>続きを読む

ビッグ・ダディ(1999年製作の映画)

2.0

振り切って楽しむにはあまりにこの映画は稚拙で、自分も歳を重ねたなぁと思う。

あらすじを聞いたら結末までおおよそ察しがつくようなありきたりで90年代っぽい映画。ダメ男がひょんなことから子育てに奮闘する
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.0

これぞディズニー。
子供に夢を与えながらしっかりとしたテーマを持って大人も楽しめる。レトロゲームが舞台のこの映画ならなおさらだ。それに恥ずかしながらめっちゃ泣いた。

映画の評価って食事みたいだ。塩っ
>>続きを読む

オースティン・パワーズ:デラックス(1999年製作の映画)

3.0

なんも考えないで観れるとか何言ってんだって話だが、これこそ注意深く観るべき作品だ。なんといってもパロディとメタの多さ、大物ミュージシャンや俳優を実名でカメオ出演させるシーン、なにも考えずに楽しめる?一>>続きを読む

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~(2017年製作の映画)

3.5

なんだこれは!!
そこらへんのB級スリラーを観るつもりだったが想像を遥かに超える良作だった。
B級映画ってある種そのチープさが受けて、なんというかその雑さに胡座をかいている感じが最近は特に強い気がして
>>続きを読む

男はつらいよ 噂の寅次郎(1978年製作の映画)

4.0

第一回アカデミー脚本賞ということは、幸福の黄色いハンカチと公開はほぼ同時期か。

最近、男はつらいよを観ては、始めてこのシリーズを全部観た時一体どんな気持ちで観ていたのだろうと考える。
10年前、まだ
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

4.0

ちょっと、最近は色々と不安定な日々で、なんというかやるせない気持ちだとかまぁはっきり言えば精神的に疲れてしまっているんだけど、だからこそ泣ける映画を探していた。気持ちをシェアできるような。Netfli>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978年製作の映画)

3.5

「ただ、、、。踊りをやめたら後悔するんじゃねぇかなぁ。俺だったらそんなことはさせねぇ」

16作目の葛飾立志篇では考古学と結婚どちらを取るかという選択を迫られ「考古学を一生続けることになんの疑問も持っ
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ5(2015年製作の映画)

3.0

長い時間をかけてではあるものの、派生作品も含め今のところおそらく全部観てるシリーズ。
鑑賞毎の間隔が空いてしまって時系列や話の繋がりが全然分からなくなってしまっているが、あんな低予算で作られた映画が、
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.5

ダメダメ!これはダメだぁ笑
なにも、作品を否定しようって訳じゃない。面白くないわけじゃないし確実に観る価値のある映画だ。ただ、これを今後観ようとする人に先駆けて忠告はしておく。トラウマになる可能性大い
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.5

古谷実先生の漫画が大好きで、それも稲中卓球部より後のシリアスとコミカルが入り混じる人間模様を描いてるものが好きでその最高傑作は個人的にヒメアノ〜ル。というか個人的に好きな漫画のかなり上位、もしくは1位>>続きを読む

青鬼 ver.2.0(2015年製作の映画)

2.0

「ガハハ」と笑える部分が2割、鼻で笑う部分が8割、ホラー0割というまぁそもそも期待して観るような映画ではないんだけどね。「これ面白そう!」って思ってみる人そもそもいないんじゃないかな。なぜ観るかと言っ>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

人を動かすほど人と向き合える人、多くの人に慕われた人の死、何もかもが、かつて思い出すと日常生活を送れなくなるため自分で蓋をした記憶に重なる部分があり終始涙が溢れてきた。

邦画らしいお涙頂戴映画といえ
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ 呪いの印(2014年製作の映画)

3.0

marked onesってそういうことね〜。
パラノーマルアクティビティシリーズのスピンオフにあたる作品。なんか別にファンってわけじゃないんだけどなんか観ちゃうんだよなぁこのシリーズ。多分、怖さが薄い
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.5

かなりの話題作で、とても白熱した年のアカデミー作品賞でもあったわけで、しかし、自分が好きな映画や間違いなく面白いと言える映画と比べてみると正直退屈に思えた。これは、「自分の理解不足」と言うこともできる>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

2.5

娯楽としては良いんだろうけど映画としては攻め方が単調でジム・キャリーのポテンシャルの高さでもってるような映画。
正直、「世にも奇妙な物語」くらいの枠で事足りる。ストーリーは「ケーブルガイってこんなヤバ
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

ここまで来るとかなり脚色はしているだろうが一応事実を基に作られたものらしい。
禁酒法が施行された30年代、シカゴの財務省のネスはギャングの買収が蔓延る大海賊時代ならぬ大マフィア時代に立ち上がり巨悪アル
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.5

テネットが話題で周りからも「ぜひ観てみて感想を聞かせて!」と言われるのでその予習がてらインセプション。
半年ほど前だったかにパプリカを観たからか、とてもパプリカへのリスペクトを感じられたしオマージュも
>>続きを読む

殺し屋1(2001年製作の映画)

3.0

バイオレンス映画としてかなり有名な部類に入るこの映画。グロ耐性がないので今まで先延ばしにしてきたがとうとう観るに至る。

同名漫画を映画化したらしい今作。原作は読んだことないのだが、そちらはさらに刺激
>>続きを読む

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

3.5

大きな予算を持つハリウッド映画が必ずしも面白いわけではない。裏を返すと低予算の映画が必ずしもつまらないとは言い切れない。

前々から観たいと思っていたこの映画。グロテスクで胸糞悪い映画なのは間違いない
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

5.0

最高!!
「No Country For Old Men」を昨日観て、コーエン兄弟って良いのかもと思い鑑賞。コメディは基本的に観ないんだけど、コメディそのものの見方が変わるくらいの影響を受けた。話の内
>>続きを読む

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.5

B級映画にも2通りあって「何がやりたいのかが明瞭な上でチープさを楽しめる映画」と「何をしたいんだか良くわからないから、ただただ安っぽいだけの映画」に分けることが出来ると思う。

もちろんこの映画は後者
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

5.0

当フィルマークスで最もフォロワー数を稼ぐユーザーが某サイトの解説をパクってるような感じでなかなかスキャンダラスだが、同一人物の可能性もあるしまぁそれはおいておいて、今年観た映画でかなり上位に入る。1位>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

[シアターからの移行]

僕なんかが改めて言うのも気がひけるくらい不朽の名作として名高い映画。改めて僕から言えることは特にありませんね。DVDを2つ買った。片方は劇場で公開された版でもう一つはディレク
>>続きを読む

NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(2004年製作の映画)

1.0

[シアターからの移行]

シアターでこの映画の最初のレビューをかけることを誇りに思ったりは特にしないけど、そんなに観てる人少ないかな。
なんか週末の映画の番組でやってて、録画して、観たんだけど、まぁ確
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

2.0

[シアターからの移行]


TEDなんて、若者が悪ノリで面白いって言ってるだけなんでしょ?そんなことを考えながらツタヤでレンタル。ちょっと沈むことがあって珍しくコメディを観たいと思ってた。
まぁ、普通
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

1.0

[シアターからの移行]

事前に売り出され過ぎたからか、、、もう事前にある程度知っていたからか、、、
全くもって寒いメタ発言の連発によって観てるのが辛いレベルだった。
アメコミ好きの友達が「アメコミの
>>続きを読む

>|